タグ:イヤホン

現役駅員の嘆きを聴いて「窓口にイヤホンしたまま来て、無言でICカードを出すのは止めて」「人と対面するときはイヤホン外して」

JR

1: 音無さん 2019/09/29(日)
 駅で自動改札を通れない時、有人改札で駅を出入りすることになります。しかし、最近は改札口でのマナーの悪さを感じる駅員さんも多いのだとか。そんなとある駅員さんのつぶやきが、ネット上で大きな反響を呼びました。

 「改札口にイヤホンしたまま来て、無言でICカードを出すのは止めて欲しいです。駅員も、どうやって処理していいか分かりません。口があるので、自動改札で出られなかったとか、間違って入場したとか喋ってください。そして、接客業全般に言えますが…人と対面するときはイヤホンを外して欲しいです」と、その気持ちをツイッターで吐露しているのは、とある鉄道会社の駅員さん。

 有人改札で無言でICカードを差しだしてきたり、音漏れのするようなイヤホンで、人と会話をするような態度もない様子で来られると、駅員さんだって困ります。
優先させるべきは、自分が何を助けて欲しいかを助けてくれる側に明確に伝えること。だから、無言でICカードを出されても、何をどうして欲しいのかが伝わってこないのでどうにもしようがありません。「会話しなくても駅員に分かってもらいたい」、「察しろ」というのは、助けを求める側なのに傲慢な態度です。

 しかしこういった人はやはり来るので、「駅員もこのケースでは、苦情を頂かないように、極力会話を避けます。言葉を口にするだけで怒る人もいるので、駅員も最低限の単語で淡々と処理します」とのこと。面倒事を避けるためにも、ICカードを最低限の言葉数で預かって処理するなど、察して精算することも多いそうです。

 このツイートには約5.4万件のリツイートと、約12.3万件のいいねが付き、リプライにも接客業の人たちから同様な経験をした人、さらには、「イヤホンつけた客に『音楽聴いてるからもっと大きい声で言ってくれるか?』とさえ言われたことがあります」とまで言われた経験もあるという人も。

 また、最近の一般客のマナーの悪さを、他の一般客から見ても感じるといった意見も多くみられました。「イヤホン外さない人がいるから、イヤホンしてる人=周り見てない自己中って思ってる。ぶつかっても睨んでくるし、怖いから嫌い」といった声も。

 その一方で、聴覚過敏などでノイズキャンセリングイヤホンやイヤーマフなどの聴覚保護具を使っているけど、同じ様に思われていたら……と心配する声も。

 件のツイートの中で、聴覚保護具を使っている人が、こういったイヤホンを使っている人と同じにされないか、心配の声をあげています。心配はいりません。何らかのハンディキャップを抱えている人は、自分が人の助けを必要としている事、そのためにきちんとコミュニケーションをとるべきこと、そしてそのコミュニケーションの取り方を分かっています。

 聴覚だけでなく、極度の人見知りでも、言葉がうまく出ない人でも、コミュニケーションを取ろうとする姿勢が相手に伝われば、大概の人はそこに真摯に反応してくれるはずです。

全文はソースで

https://otakei.otakuma.net/archives/2019092902.html
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1569752725

コミュ障のための聴き方・話し方 人と会っても疲れない
日本実業出版社 (2018-02-02)
売り上げランキング: 34,160

» 記事の続きを読む

広告

3000円のイヤホンから2万のイヤホンに買い替えたら音質劇的に変わる?

背伸び

1: VIPが送るよ 2019/09/02(月) 00:33:13.535 ID:lECfZHDBa
正直3000円だけどこれ以上音質良くなるのを想像出来ない

2: VIPが送るよ 2019/09/02(月) 00:33:38.336 ID:PMhBOPi80
お前の耳の形状による
viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1567351993

ヘッドフォンブック SPECIAL EDITION (CDジャーナルムック)

音楽出版社 (2019-06-03)
売り上げランキング: 21,990

» 記事の続きを読む

広告

【警告】イヤホンで音楽を聴きながら就寝→翌朝に片方の耳が聞こえなくなった!!若者たちの間で症状が頻繁に

耳

1: 音無さん 2019/03/10(日)
スマートフォンの普及に伴いヘッドフォンやイヤホンの使用率が高くなっている昨今、
イヤホンをしたまま音楽などを聴き眠ってしまう若者たちの間で、翌朝に耳が聞こえなくなるという症状が頻繁に起こっているようだ。
このことに対して台湾の医師が警告を発している。台湾メディア『爆新聞』をはじめ『Oddity Central』などが伝えた。

「イヤホンで音楽を聴きながら眠ってしまう人が、翌朝になると耳が聞こえなくなっているという症状に見舞われるケースが多く報告されている。」

そう話すのは、台湾・台中市にある亜州大学附属病院耳鼻咽喉科のTian Huiji医師だ。

スマホに接続したヘッドフォンやイヤホンを使用する人の姿を頻繁に見かけるが、彼らはヘッドフォンやイヤホンを使って音楽を聴いたり、電話で会話をしたり、
また学習のために随時装着している人もいる。中には潜在意識的に外国語を学ぶため、イヤホンから流れ出る音を聞きながら眠る人もいるようだ。
睡眠学習については科学的証拠があげられていないが、脳が睡眠中でも音を知覚することができることから、睡眠中の学習が可能と信じている人も多いと医師は言う。

しかしヘッドフォンやイヤホンを使用して睡眠中に音を聞き続けることはあまり良い結果にはならないとして、

同医師は実際に起こった例を挙げた。

Tian医師によると、大学2年になる男子学生が片耳が聞こえないと来院してきたという。
その学生は就寝前にイヤホンで音楽を聴く習慣があったが、ある日イヤホンを耳にしたまま眠ってしまった。
すると翌朝、片耳が聞こえなくなっていたそうだ。学生は就寝中に片耳からイヤホンが外れてしまっていたため、
イヤホンをしたままになっていたもう片方の耳だけが影響を受け、難聴になっていたということだ。学生は5日間入院したが、徐々に難聴は回復したと医師は述べている。
こういったケースがあることから、医師は「似たような症状を抱えている人は、永久的ダメージを避けるためにもすぐに医師の診察を受けるように」とアドバイスし、
ヘッドフォンやイヤホンの使用は大音量を控えるようにと警告している。

更に医師は「こうした聴覚障害を患うことなく毎日、日中何時間もイヤホンやヘッドフォンを使用している人は、同じ行為を睡眠中にすると危険が増す」と語る。
睡眠中は血流が滞るため、体内は十分な血液を供給することができない。
そのためイヤホンで大音量を聞き続けて耳の有毛細胞が刺激され続けると突然、耳が聞こえなくなる(=難聴になる)という事態に陥ってしまうとのことだ。

最後に同医師は「パット付きヘッドフォンとイヤーフック型ヘッドフォンは音の一部を消散させることができるためまだ安全ですが、
イヤホンは耳の外へ音を漏らすことがなくヘッドフォンと比べて危険です。基本的にどんなタイプのイヤホンでも睡眠中の使用は良くないですし、
起きている時でも50分ごとの使用で耳を10分休憩させるようにしてください」とアドバイスしている。

ソース:Techinsight (2019.03.10 19:02)
http://japan.techinsight.jp/2019/03/ellis06090308.html
.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1552216088

【 血流を改善するとたった1分で耳がよくなる! 】

» 記事の続きを読む

広告

【警告】WHO「おまえらイヤホンの音量下げろ。難聴になるぞ。しかも治らない」

リスニング ヘッドホン

1: 音無さん 2019/02/14(木)
【2月13日 AFP】国連(UN)は12日、10億人以上の若者がスマートフォンやその他オーディオ機器の大音量での使用による
聴覚障害のリスクにさらされていると警鐘を鳴らした。UNは安全な音量レベルに関する新たな安全基準を提案している。
UN専門機関の世界保健機関(WHO)と国際電気通信連合(ITU)は聴覚を守ることを目指し、
オーディオ機器の製造と使用に関する拘束力のない国際基準を発表した。
音楽鑑賞においては、特に若者がリスクを伴う習慣に陥りやすい。
WHOによると、12~35歳の約半数に当たる11億人に「大きな音に長時間にわたって過剰にさらされる」恐れがあり、
個人用オーディオ機器もこうしたリスク要因の一つと指摘された。
しかし、WHOのテドロス・アドハノン事務局長は、世界にはすでに「難聴を防ぐための技術的なノウハウ」があると話す。
同事務局長は声明を発表し、「これほど多くの若者が音楽を聴く間に自身の聴覚に損傷を与え続けるようなことがあってはならない」と述べ、
若者は「ひとたび聴力を失えば回復は困難であることを理解しなければならない」と続けている。
現在、世界人口の約5%に当たる約4億6600万人が、日常生活に支障をきたすほどの難聴に悩まされている。
この中には3400万人の子どもが含まれるが、WHOによると、そのうちどれだけの人がオーディオ機器の危険な使用によって聴力を損傷したのかは分からないという。
しかし、ITUと共同で策定した今回の新基準によって、「日々、音楽を楽しむ若年消費者層を守ることができるだろう」と期待を寄せる。
WHOは、85デシベル(dB)超で8時間、100dB超で15分の音量にさらされるのは安全でないとみなしている。
今回発表した安全基準では、全てのオーディオ機器に「許容音量」を制御するソフトウエアの組み込みを求めている。
その目的は、ユーザーがさらされている音量と継続時間を追跡し、ユーザーの聴力に与えるリスクを評価することだ。
このシステムを活用することで、危険な音楽鑑賞習慣に陥っているユーザーに注意を促すことも可能になると考えられる。
WHOはまた、危険な使用を防ぐために、オーディオ機器に対する音量のペアレンタルコントロール(親による制限)機能と自動音量制限機能も導入するよう提言している。

http://www.afpbb.com/articles/-/3210941
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1550093517

» 記事の続きを読む

広告

お前らが今使ってるイヤホンのメーカーあげてけwwwwwwww

イヤホン

1: VIPが送るよ 2019/02/01(金) 21:34:49.934 ID:hcuiPqCT0
JH Audio
viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1549024489

» 記事の続きを読む

広告

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止