Sound Field
Sound Field

タグ:クラウドファンディング

クラウドファンディングで骨伝導イヤホン買ったヤツ、どんな感じ?もう飽きた?

受話器

1: 音無さん 2018/07/10(火)

音楽を聴きながら街を歩いたり、ランニングしたり、仕事したり。
音楽は生活の中で切っても切り離せない存在だ、という音楽好きの中には、イヤホンやヘッドフォンを愛用している人も多いだろう。
イヤホン部分を耳の中に入れたり、ヘッドフォンのイヤーパッドのように耳を覆うタイプの場合、「音楽は聞こえるが、周囲の音や会話が聞こえにくい」というデメリットもあった。
それなら全く違った切り口のイヤホンをつくろうという試みが、BoCoの「骨伝導イヤホンシリーズearsopen」である。
“骨伝導”の技術を使った、「耳をふさがない新しいリスニングスタイル」のイヤホンだ。

BoCoはSONYのオーディオ事業部で開発に携わっていた技術者を中心に開発をおこなってきた。
2017年に、クラウドファンディングで1億円超を集め、“世界最小の骨伝導イヤホン「earsopen」”が誕生した。
このたび、新モデルが3種類が発表され、7月12日から販売開始される予定だ。
3つとも、前モデルを踏襲した独自特許によるクリップタイプのイヤホン形状だが、ネック部分は約48gに軽量化されていて、内蔵高性能振動デバイス(earsopen®骨伝導デバイス)がさらに進化したという。

新機種3種のうちの1つめは、音楽用の“ワイヤレス骨伝導イヤホンBT-5”。
Bluetooth(ワイヤレス)接続し、“耳をふさがない”ため、周囲の音をちゃんと聞くことができる。
ランニングや街歩き中にも安全に音楽を楽しめる。
独自特許技術による高性能振動デバイス(earsopen®骨伝導デバイス)、デジタルイコライザ補正回路による高音質を実現した。稼働時間は連続最長10時間。

no title

https://techable.jp/wp-content/uploads/2018/07/BoCo.jpg
http://www.boco.co.jp/boco/resources/ueditor/jsp/upload/file/20180704/1530678280838090596.pdf
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1531179065

» 記事の続きを読む

広告

40mまで±2mmの精度で測れるレーザー測距器が登場!お値段はなんと…!

fullsizeoutput_4976-e1528394959640.jpeg

1: 音無さん 2018/06/09(土)
巻尺を使って2人がかりで距離を測定する、というのは過去のものとなりそうだ。
レーザーを発射して跳ね返ってくる光で距離を測定するレーザー距離計が最近、多く商品化されている。
そうした中、現在クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達中の「P1S」の出資額はなんと3000円台。
一家に一つ備えておいても良さそうな値段設定だ。
レーザー距離計のメリットはなんといっても測定が簡単なこと。ワンプッシュで距離を測れる。
P1Sでは最大40メートルまで測定でき、誤差は+-2ミリ。結果はすぐさまスクリーンに表示される。実際は距離だけでなく、面積や容積の算出も可能だ。
高いお金出して買うくらいなら手で測った方がいい、という人もいるかもしれない。しかし、P1Sは現在、Kickstarterで228香港ドル(約3200円)から。
デザインや建築関係の職業の人なら作業の効率化を図ることができ、持っておいてまず損はなさそう。また、子どもの身長測定に使ったりもできるので、家庭でも活躍する。
P1Sはすでに資金調達目標額を達成し、8月にも商品発送が始まる見込み。出資は7月6日まで受け付けるので気になる人はサイトをチェックしてみて。

https://techable.jp/archives/78178
https://www.kickstarter.com/projects/1241079629/worlds-smallest-multi-function-laser-distance-mete
no title


no title
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1528550425

【 マンガでわかる測量 】

» 記事の続きを読む

広告

【画像あり】なんか超ものすごいヘッドフォンが発表される。ただし音質は明らかにされていない

顔の周り

1: 音無さん 2018/03/17(土)

韓国の「Fuman」社が、マッサージ器を内蔵したヘッドホン「Nirvana」を開発した。現在、開発者らは、ヘッドホンの大量生産開始のため、「Kickstarter」でクラウドファンディング・キャンペーンを開始している。
このヘッドホンはプラスチック製の器具を使って「迷走神経」を刺激し、これにより音楽を聴く人は落ち着くことができる。
迷走神経を刺激すると、不安や恐怖を取り除き、記憶力や睡眠を改善することができる。
ユーザーはマッサージ器を、「朝の瞑想」「活動的な昼」「夕方のリラックス」「健康的な睡眠」の4つのモードのうち1つに設定することができる。
事前予約した購入者は、179ドルでヘッドホンを購入できる。発表された小売価格は199ドル。ただ、ヘッドホンの音響の質は明らかにされていない。

https://jp.sputniknews.com/science/201803174677971/
no title

https://youtu.be/r_J_UHouGYs

hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1521269162

【 頭皮ゾクゾク快感 頭スッキリ ひんやり ヘッドスパワイヤー 】

» 記事の続きを読む

広告

みんな大好きAnkerから完全ワイヤレスのイヤホン『ZoloLiberty』登場。クラウドファンディングで1億円の資金を集めた人気モデル

008-1.jpg

1: 音無さん 2017/12/24(日)
Ankerのスマートオーディオブランド『Zolo』の第一弾として完全ワイヤレスイヤホン『Zolo Liberty』をアマゾンと
一部家電量販店にて販売開始。

『Zolo Liberty』はクラウドファンディングサイト、Kickstarterでプロジェクト開始された物で、資金調達額は1億円を
超えるほど人気を集めた。

Kickstarterで購入するには99ドル+日本への送料が必要となるが、この度『Zolo Liberty』が日本国内でも販売開始。
値段は7999円。

完全独立ということで、右と左のイヤホンが分離しており、また専用の充電ケースも付いている。1回の連続再生時間は
3時間半ほどだが、ケースでの充電を繰り返せば24時間の利用が可能。チャージケースそのものの充電はmicroUSBケーブルで行う。

ペアリングは実に簡単で、イヤホンのボタンを1回押すことによりペアリングモードになるのでスマートフォンにて接続するだけ。
使わない時はケースに戻したら自動的に電源が切れる。もしくはボタン長押しで赤く点灯したあとに電源がオフとなる。

ケースから出すだけで自動的にペアリングされ電源がオンになるPUSH AND GOも搭載している。使い勝手はアップルの
『Air Pods』に非常に似ている。

更に上位版の『Zolo Liberty+』はノイズキャンセリング機能やBluetooth 5.0対応、48時間という長時間使用とかなり
パワーアップしている。上位版の『Zolo Liberty+』は2018年1月に発売予定だ。

こちら『Zolo Liberty』は12月24日より販売開始され、500個限定で1000円オフとなる。下記URLより購入限定。

http://gogotsu.com/archives/35675


【 Anker SoundCore 2 (12W Bluetooth4.2 スピーカー 24時間連続再生) 】

» 記事の続きを読む

広告

アナログレコードをはじめよう!ターンテーブルキットがKickstarterに登場 1万4千円で販売予定

dmln53000004gq64.jpg
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1500605413/

1: (北海道) [US] 2017/07/21(金)
no title


アナログレコードが再生できるターンテーブルキット「Spinbox」が、Kickstarterに登場し、注目を集めている。

no title


Spinboxのパッケージにはターンテーブルに加えスリップマット、電源回路やスピーカー、組み立て用
ドライバーなど一式が含まれており、箱を開けて説明書通りに組み立てるだけで使用可能だ。
しっかりとした外箱は収納ケースを兼ねており、Spinboxをそのまま持ち運べる。

no title


本体サイズは327×270×95mmで、外箱収納時はA4サイズ程度の大きさとなる。 筐体部分には撥水性を
備えた厚紙を採用し、本体重量を約1200gに抑えながらも、スクラッチなどハードなDJプレイも可能な
強度を確保しているという。ただし、LP盤など17cmシングルより大きいレコードはターンテーブルから
はみ出た状態になる。

レコードの対応回転数は33/45/78RPMで、トーンアームリフターも用意されている。
電源はmicro-USBから取得可能で、 LINE IN/LINE OUT端子(3.5mmミニジャック)により
ヘッドホンや外部スピーカーに出力したり、外部音源を再生するスピーカーとしても利用できる。

https://fabcross.jp/news/2017/20170720_analogrecordplayer_spinbox.html

【 オーディオそしてレコード ずるずるベッタリ、その物欲記 】

» 記事の続きを読む

広告

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
カウンター
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止