事後
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1437741910/

1: 急所攻撃(家)@\(^o^)/ 2015/07/24(金) 21:45:10.97 ID:RZSlG95f0.net

クリプトン、ネオフェードとカーボンを使ったオーディオ用電源コンセントプレート
ttp://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150723_713080.html

クリプトンは、オーディオアクセサリ「HR(High Resolution)」シリーズの新製品として、
ネオフェード・カーボンマトリックス3層材を使ったコンセントプレートのJIS規格対応モデル
「CP-HR20」を8月下旬に発売する。価格は19,000円。1連3口対応で、3Pコンセントの場合は1連2口となる。
(略)
プレート部分に、クリプトンがインシュレータなどに用いているネオフェード・カーボンマトリックス
3層材を採用しているのが特徴。共振の振動エネルギーを熱エネルギーに変換し、効率良く吸収する
ネオフェード(機能性ポリエステル)を、CFRP(カーボン繊維強化プラスチック)で挟んだ構造になっており、
三菱ガス化学とクリプトンが共同で開発した。

これをコンセントプレートに用いる事で、カーボン素材がコンセントの振動の音速を速め、
それをネオフェードで熱エネルギーに変換して減衰させる。

また、カーボンプレートにはカーボンが編み込まれているが、それが電波を遮断する
銅線の蚊帳のような役割を果たし、電磁波や電流歪などを遮断する効果もあるという。

フレームには測定と試聴の末、「電磁遮蔽に強く、防振に優れて重い素材」としてステンレスが
使われている。外形寸法は70.4×4×114.4mm(幅×奥行き×高さ)。重量は50g。
(略)
「コンセントプレートだけでこれだけ音が変わるのか」と驚くほど、ハッキリと音が変化する。
わかりやすいのは音の輪郭で、CP-HR20に交換すると音像がクリアで、輪郭線にピシッとフォーカスが合い、
音の1つ1つがハッキリと聞き取りやすくなる。中低域の安定度も増し、
電源ケーブルをグレードアップしたような音の変化にも似ている。

さらに音場のクリアさにも顕著な違いがある。ノイズが減り、見通しが良くなり、
無音の空間から音がスッと出てくる様子が生々しくなる。
おそらくカーボンクロスによる電磁波や電流歪の遮蔽効果によるものだろう。

【 VA線ストリッパ 】

» 記事の続きを読む

広告

follow