タグ:スマートスピーカー

カッコイイデザインのソニーの重低音スマートスピーカー、国内発売 3万5000円

ts0153_extra01.jpg

1: 音無さん 2018/09/19(水) 23:28:28.74 ID:CAP_USER


ソニーは9月19日、Googleアシスタント対応のスマートスピーカー第2弾「SRS-XB501G」を国内発表した。重低音再生が特徴の「EXTRA BASS」(エクストラベース)シリーズとして10月6日に発売する。価格はオープン。店頭では3万5000円前後になる見通し(税別)。

 ドイツ、ベルリンで開催されたエレクトロニクスショー「IFA 2018」(8月31日~9月5日)で披露した製品の日本版。Wi-Fi接続時には、話しかけるだけでストリーミング音楽配信サービスなどを利用できる他、Googleアシスタント対応の家電も操作できる。

フルレンジスピーカー2基とサブウーファー1基の2.1chスピーカーによる大音量再生が特徴。またバッテリーを内蔵し、iP65準拠の防じん・防水性能を持つアウトドア仕様。Wi-Fiのない場所ではBluetoothスピーカーとして利用できるため、キャンプやバーベキューなどアウトドアでも活躍するという。バッテリー駆動時間は約16時間(連続再生時)。

 外寸は約232(幅)×228(高さ)×210(奥行き)ミリ。重量は約3.1キロ。ACアダプターと電源コードが付属する。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1809/19/news130.html
anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1537367308

» 記事の続きを読む

広告

follow

これなら欲しいかも!マーシャルアンプなスマートスピーカー。Alexa対応

Marshall アンプ

1: 音無さん 2018/09/01(土)

https://www.gizmodo.jp/2018/08/marshall-smart-speaker-debut.html

アレクサ! マーシャルアンプを使っていたアーティストの曲をかけて!

1960年代以降のロック文化を支えてきたマーシャル。その伝統と歴史にあらたな1ページが加わります。ニューモデルのMarshall VoiceシリーズはAmazon Alexa対応のスマートスピーカー。クラシックなおじいちゃん的装いですが、中身は最新テクノロジーがぎっしりです。

ラインナップはミドルサイズの「Stanmore II Voice」(トップ左、399ドル、約4万4000円)とコンパクトボディの「Acton II Voice」(トップ右、399ドル、約3万3000円)の2モデルです。

ベースモデルとなったワイヤレススピーカーStanmore、Actonの初値より安くなって機能アップ。手触りのいいシボ加工キャビネットカバーに、伝統的なソルト&ペッパーフレットのグリル。さらにグリルの下部にはゴールドパネルが入って、より懐かしみあるマーシャルフェイスを作っています。


no title

1: 音無さん 2018/09/01(土)

https://www.gizmodo.jp/2018/08/marshall-smart-speaker-debut.html

アレクサ! マーシャルアンプを使っていたアーティストの曲をかけて!

1960年代以降のロック文化を支えてきたマーシャル。その伝統と歴史にあらたな1ページが加わります。ニューモデルのMarshall VoiceシリーズはAmazon Alexa対応のスマートスピーカー。クラシックなおじいちゃん的装いですが、中身は最新テクノロジーがぎっしりです。

ラインナップはミドルサイズの「Stanmore II Voice」(トップ左、399ドル、約4万4000円)とコンパクトボディの「Acton II Voice」(トップ右、399ドル、約3万3000円)の2モデルです。

ベースモデルとなったワイヤレススピーカーStanmore、Actonの初値より安くなって機能アップ。手触りのいいシボ加工キャビネットカバーに、伝統的なソルト&ペッパーフレットのグリル。さらにグリルの下部にはゴールドパネルが入って、より懐かしみあるマーシャルフェイスを作っています。


no title
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1535747360

» 記事の続きを読む

広告

follow

【朗報】Amazon Echoに家庭内アナウンス機能追加。これで2階のゆうちゃんにご飯できたよ。と伝えられるぞ。

伝える

1: 音無さん 2018/04/09(月) 12:35:27.32
Amazon Echoシリーズでも「ごはんができたよ」可能に 「Alexa, annouce ~」
http://www.itmedia.co.jp/news/spv/1804/09/news042.html


Amazon.comのスマートスピーカー「Echo」シリーズでも、Googleの「Google Home」と同様に1台に向かって「~とアナウンスして」と命令すると同じネットワーク内のEcho端末からそれを放送できるようになった(日本ではまだ)。
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1523244927

【 伝え方が9割 】

» 記事の続きを読む

広告

follow

アマゾンのAIスピーカー、電子書籍の“朗読”も可能に。一体今度は何が捗るのか?

アシスタント 読み上げ

1: 音無さん 2018/02/23(金) 14:55:13.42 ID:CAP_USER9
アマゾンジャパンが発売したAI搭載のスピーカー端末「アマゾンエコー」
no title


 アマゾンジャパンは22日、人工知能(AI)スピーカー「アマゾンエコー」で電子書籍の読み上げができるようになったと発表した。呼びかけるだけで気軽に読書が楽しめるほか、視覚障害者の読書へのハードルを下げることが可能となる。アマゾンが販売する電子書籍「キンドル本」のうち文芸書やビジネス書などが対象で、絵本や漫画、アダルト商品などは除外される。

2018.2.22 22:34
産経ニュース
http://www.sankei.com/economy/news/180222/ecn1802220054-n1.html
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1519365313

【 心とカラダを整える おとなのための1分音読 】

» 記事の続きを読む

広告

follow

Apple HomePodは買いなのか?買って損しないひとはこんな人

  • 投稿 2018/02/08
  • Apple
Apple home pod スマートスピーカー

1: 音無さん 2018/02/07(水) 15:24:17.72 ID:CAP_USER
AppleのHomePodについて大量の言葉を読みたい人には、あれやこれなどがおすすめだ。もちろん、苦労して稼いだお金を最初の世代の製品に350ドルも投げ出すつもりでいる方はぜひそうすべきだが、しかし長くても短くても結論は同じだ。Appleはとっても良いスピーカーを作った…このクラスではベストの製品だろう。

でも、ご用心。Appleはいつものように、もっとも基本的なデバイスを作っただけだから、購入を検討する前に各自がチェックすべき問題がいくつかある。

そのチェックのためのフローチャートを、ご覧いただこう。
https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2018/02/homepod-flowchart_preview.png?w=815&h=1280

〔図の訳〕

HomePodを買うべきか?

スピーカーに払える349ドルを持っているか?

HomePodを買うな   iOSデバイスを持っているか?

高価なAirPlayスピーカーを欲しくなければHomePodを買うな   Apple Musicの会員か?

HomePodを買うな   スマートアシスタントを使う気があるか?

Google Home MaxやAmazon Echoを検討したか?   Siriを使う気があるか?

おめでとう。あなたはHomePodの購入を真剣に検討すべきだ。文句なしに、今市場にあるメジャーなスマートスピーカーの中では最高の音質だ。

チャートのデザイン: Bryce Durbin

http://jp.techcrunch.com/2018/02/07/2018-02-06-should-i-buy-an-apple-homepod/
anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1517984657

【 Amazon Echo Dot 】

» 記事の続きを読む

広告

follow

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
カウンター
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止