タグ:スマートフォン

【おっさん速報】スマホの着信音を黒電話にしてる奴は、もうすでに○○になっている

黒電話

1: 音無さん 2019/06/13(木)
iPhoneで特定の人からの着信は常に音を鳴らす方法
https://weekly.ascii.jp/elem/000/000/429/429261/

hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1560415645

いちばんやさしい 60代からのiPhone 8/8 Plus/X
増田 由紀
日経BP
売り上げランキング: 150,566

» 記事の続きを読む

広告

ソニーのXPERIA、イヤホンジャックが無くなる。ソニーらしさとは何だったのか

ソニー Xperia ZX

1: 音無さん 2018/03/17(土)

https://japanese.engadget.com/2018/03/13/xperia-xz2/

主にエンタメ機能やベースとなるスペックとしては磨きをかけた
Xperia XZ2、XZ2 Compactですが、一方で、長くZシリーズが続いてきたこともあり、
丸みを帯びたデザインは「Xperiaらしくない」と賛否両論あったのも事実。
3.5mmのイヤホンジャックがなくなるなど、仕様面でマイナスになっている部分もあります
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1521221345

【 iWans Bluetooth イヤホン 完全ワイヤレス左右分離型IPX5級防水 充電式収納ケース 】

» 記事の続きを読む

広告

日本人の「ラジオ離れ」が深刻 ネットとラジオの相性は抜群なのに

ラジオ チボリ

1: 音無さん 2018/03/11(日)

福岡のFM放送局「エフエム福岡」(略称・FM福岡、福岡市)を退職した歴代アナウンサーたちが、
FMラジオの魅力を発信するイベントの自主企画に取り組んでいる。2020年の開局50周年に向けて、
自慢の声を生かしたトークや朗読などでファンと交流し、全盛期を振り返る内容。「ラジオ離れ」の逆風をかわし、
長年培った技術と“FM愛”で存在感をアピールする。

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/400222/
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1520728643

» 記事の続きを読む

広告

スマホ 3.5mmイヤホンジャックの盛衰、ないことが高級機の証拠、しかし低価格機では必須

イヤホンジャック

1: 音無さん 2018/02/27(火) 17:02:38.60
ワイヤレスの産業が今、Mobile World Congressで最新の技術と製品を披露している。Samsung, Sony, Nokia, LGなどからここで発表されたスマートフォンの新製品は19機種だ。各社はそれらを、2018年に消費者に売っていくつもりだ。その多くに3.5mmのジャックがあるが、でもその多くは中級から初級レベルの機種で、各社の旗艦的製品からは急速に姿を消しつつある。

上記19機種の中で、古典的な3.5mmのヘッドホーンジャックがあるのは17機種だ。ないのは、Sony XZ2, Sony XZ2 Compact, そしてNokia 8 Siroccoだ。しかしこれらの機種の前の型には3.5mmジャックがある。〔下図参照〕

いわゆる旗艦機の中でも、Samsung Galaxy S9とLG V30s ThinQは3.5mmのヘッドホーンジャックがある。SamsungはS9の発表の席で、このスマートフォンは革新的である、3.5mmのポートがあるからBluetoothが要らない、とジョークを言った。

3.5mmのジャックは2016年から徐々に姿を消し始めた。その年の4月にLeEcoは、ジャックがなくて、USB-Cをオーディオ用とする一連のスマートフォンを発表した。その後、Appleは2016年9月にiPhone 7でジャックを消し、さらにGoogle Pixel, Moto Z, HTC U11, Xiaomi Mi 6らがこのトレンドに乗った。

ヘッドホーンジャックがある機種と、ない機種の境(さかい)が明確になってきた。

MWC 2018で発表されたスマートフォンの多くが、低価格のミッドレンジ機で、それらはどれも3.5mmのジャックがある。いくつかの旗艦機も発表されたが、ヘッドホーンジャックがあるのはその半分だ。ただし量販されていないLand Rover ExploreとCat Rugged S61は、計算から除外する。

MWC 2018で新製品を発表しなかったのが、Motorola, HTC, Xiaomi, Huaweiだが、彼らの今後の機種に3.5mmのジャックがあることは、考えられない。すでに、前の機種からないのだから。

低価格機の3.5mmジャックは、Bluetoothヘッドセットがうんと安くなるまで、なくならないだろう。今は、ミッドレンジのBluetoothヘッドセットの方が、一部のスマートフォンよりも高い。

2018年の初めという今の時点では、ヘッドホーンジャックはミッドレンジから初級レベルのスマートフォンでのみ、標準装備だ。各社の旗艦的機種では、3.5mmジャックは徐々に姿を消し、やがて、このジャックがないことが高級機であることの印(しるし)のひとつ、と見なされるだろう。
no title


2018年2月27日
TechCrunch Japan
http://jp.techcrunch.com/2018/02/27/2018-02-26-in-2018-the-headphone-jack-is-a-rare-beast/
anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/151971858

【 シンボルの謎バイブル 】

» 記事の続きを読む

広告

子供の耳疾患が最多。イヤホンの貸借で外耳炎、爆音による音楽鑑賞で難聴続出。おまえら気をつけろ

子供 ヘッドホン 警鐘

1: 音無さん 2017/12/23(土) 08:26:10.06 ID:CAP_USER9
子ども耳疾患最多イヤホン影響か

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/shutoken/20171223/1000005340.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

中耳炎や外耳炎など耳の病気にかかる子どもの割合が文部科学省の調査で
過去最多となったことがわかりました。
文部科学省は「スマートフォンの普及でイヤホンを使用する頻度が増えていることが
影響した可能性がある」と分析しています。

この調査は子どもの健康状態を把握するため文部科学省が毎年実施し、
今年度は全国の幼稚園から高校生までの340万人余りが対象となりました。
このうち、中耳炎や外耳炎など耳の病気にかかった子どもの割合は小学生が6.24%、
中学生が4.48%、高校生が2.59%で、いずれも調査を始めた平成7年度以降、最も多くなりました。

東京・中央区の診療所です。
このところ耳の病気にかかる子どもの患者が1割から2割ほど増えているといいます。
院長の大場俊彦さんによりますとこうした子どもの患者の中にはスマートフォンなどで
音楽などを聴く際などに使用するイヤホンが原因で病気にかかるケースもあるということです。
文部科学省も、子どもの耳の病気が増えている背景にスマートフォンなどの普及で
イヤホンを使用する頻度が増えたことが影響している可能性があると分析しています。

大場院長は
「他人とイヤホンを共有したり音楽などを長時間にわたって
大きな音で聞いたりしないようしっかりと注意してほしい」
と話しています。

12/23 06:29
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1513985170

【 耳は1分でよくなる! 】

» 記事の続きを読む

広告

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止