タグ:ソニー

【災害用】ソニーの手回しラジオが爆売れで生産が間に合わず品薄に 今から買おうとしても5月以降

サバイバルキット

1: 音無さん 2019/03/01(金)
北海道胆振東部地震によって引き起こされた全道の停電は2日間以上に及び、被災者はスマホはもちろん、ラジオの電池切れの脅威にさらされることに…。
このニュースが流れると、全国で“手回しラジオ”の需要が急増。
特にソニーの「ICF-B09」と「ICF-B99」は大人気で、現在でもメーカー品切れが続いています。


ソニーは手回しラジオ老舗メーカー
東日本大震災以降、ラジオに付いたハンドルを回して発電、
内蔵バッテリーを充電して使う手回しラジオが、多種多様なメーカーから発売されました。
その中でも知名度が高いのがソニーです。

それもそのはず、ソニーは1997年から手回しラジオを作り続けてきた老舗メーカーだからです。
そんなソニーの伝統ある手回しラジオの現行モデルが「ICF-B09」です。ソニーストア価格は8,910円です。

前モデルの「ICF-B08」をワイドFM対応にしたモデルで、上位機種には「ICF-B99」があります。
こちらはICF-B09ではソフトライトとなっているボディ上面に、ソーラーパネルを備えて充電力をより高めた仕様。
ICF-B99の方が価格が高騰するのもうなずけます。

ソニーは手回しラジオの開発に20年
手回しラジオの開発に20年の実績を持つソニー。
充電用ハンドルの握りやすさや、回転時のトルク感などに一日の長があります。
他メーカーにはマネのできないノウハウが詰まっているというわけ。
その発電能力は1分間回してFMラジオ放送が50分聞けるというものです。

ソニーの手回しラジオICF-B09の受信周波数は530~1710kHz(AMラジオ放送)、76.0~108.0MHz(FMラジオ放送)。
スピーカー外径/出力は36㎜/90mWです。
FMスピーカー作動時間は80時間(乾電池使用時)で、電源は内蔵充電池、単3形乾電池×2本となっています。
サイズ/重さは132W×77H×58D㎜/376gです。

なお、ソニーストアのWebサイトには、注文の一時停止の告知がなされています。注文済みでも最長で2019年5月の受け渡しになるというほどの品切れ状態が続いているのです。

ソニーの手回しラジオの品切れが続いている理由
https://radiolife.com/tips/radio/30134/
no title
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1551438825

» 記事の続きを読む

広告

follow

ソニーやさしく照らすハイレゾグラススピーカーを発売!ν速のおじさん達による安定の発狂ぶりをご覧ください

s01_s_20190227094153.jpg

1: 音無さん 2019/02/26(火) 18:57:59.62 ID:CAP_USER
ソニーは、新しいグラスサウンドスピーカー「LSPX-S2」を3月16日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は45,000円前後。

ガラス管ツィーターによる360度に広がるサウンドと、インテリアになじむLEDライトとしてのデザインを融合した「グラスサウンドスピーカー」。2016年発売の「LSPX-S1」を小型化しながら、ハイレゾ対応やWi-Fiによるスマートフォン連携などを強化した。

LSPX-S1も併売され、大きな部屋での利用向けの上位モデルとして展開。なお、LSPX-S1は、「生活空間そのものを使った映像/音楽の楽しみ方を提案する」という「Life Space UX」ブランド製品だったが、LSPX-S2はLife Space UXではなく、シンプルにグラスサウンドスピーカーとして展開される。

小型化+ハイレゾ高音質の新グラスサウンド
「音と光による空間リノベーション」をコンセプトとして開発したグラスサウンドスピーカー。「Sountina(サウンティーナ)NSA-PF1」(2008年発売/105万円)の技術を継承し、有機ガラス管ツィータによるクリアで広がりあるサウンドが特徴。

上部の有機ガラス管は、高域を再生するツイータとして動作し、亜鉛ダイキャストで一体成型した下部筐体に、35mmウーファとパッシブラジエーターを内蔵。ガラス管内にはフィラメント型LEDを内蔵し、間接照明としてインテリアに馴染みながら、広がりある音場を再現する。

https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1171211.html
anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1551175079

» 記事の続きを読む

広告

follow

ソニーの最新技術!コンサートを360度音声配信でリアルに聴く「360 Reality Audio」

360度カメラ

1: 音無さん 2019/01/08(火) 13:52:26.10 ID:GLy1r2pW
ソニーは、米国ラスベガスで行なわれる「CES 2019」において、新たな音楽体験を実現する技術「360 Reality Audio」を発表した。アーティストが演奏している空間で聴いているような臨場感/立体感のある音を、スマホなどのストリーミングサービスで楽しめるというもの。主要音楽レーベルや音楽配信サービスのDeezer、nugs.net、Qobuz、TIDALなどと連携し、対応コンテンツの制作から配信、再生に至るまでの技術提供を通じて、エコシステムの形成を進める。クリエイターやアーティスト、音楽ファンに向けても提案。新しいエンタテインメントの創出を目指す。

「360 Reality Audio」の技術で目指しているのは、「演奏や録音の現場で音楽が生まれた空間を、その場に居合わせているかのようにリアルに再現する」こと。クリエイターのイメージする、立体的/動的な音楽空間をリスナーに届けることも可能になるという。

リスナーの周囲360度全方位に音を配置でき、聴取位置より下方の音も聴こえるようにすることで、ライブ会場などの床面で反射した音なども感じることで、リアルな体験ができる点を特徴としている。ソニーが音楽制作などの業界向けに制作、配信、再生のソリューションを提供。クリエイターからリスナーまで、一気通貫のフロー構築を目指す。

使用する音声はオブジェクトベースで、オープンフォーマットのMPEG-H 3D Audioをもとにしたフォーマットにより、対応サービスと機器を増やしていく。

音源をオブジェクト化する制作ツールをソニーが開発・提供し、クリエイターはこれを使って楽器の音を3次元空間に自由に配置できる。音声はPCM 48kHz/24bit対応。配信は、最大24オブジェクト、1.5Mbpsのフォーマット。10オブジェクトの場合は640kbps、16オブジェクトでは1,024kbps。再生する機器/サービスに合わせて設定する形となる。音楽ストリーミングサービス事業者などの様々なパートナーに向けて、フォーマット規格書の公開を計画している。

ソニーが開発する制作ツールを使い、それぞれの音源に位置情報を付加。360度全天球空間にオブジェクトとして配置可能。オブジェクトをダイナミックに移動でき、音楽制作者の創造性を喚起するという。

再生は「Music Serviceアプリ」用に再生ライブラリを供与。通常のヘッドフォンでも立体的に聴ける。アプリに備えたデコーダー/レンダラーによってオブジェクトオーディオを最大13chの音声とし、バーチャライザーで、標準HRTF(頭部伝達関数)に基づいた音声に変換すると、ヘッドフォンで聴ける。

また、オープンフォーマットに基づいて互換性のあるスピーカーは、ソニー以外も開発可能。再生する機器側でスピーカー構成に合わせてレンダリングする。スピーカーは、13台を使う本格的なリファレンススピーカー配置から、サウンドバーのような一体型まで、様々な展開が可能だという。

ヘッドフォンを数多く手掛けているソニー独自の技術も活用。個人の耳を撮影した写真から、その人に合った音に最適化できるという。人の頭や耳の形は異なるため、実際に耳へ伝わる音にも違いがあるが、それを補正するために専用のマイクなどで測定しなくても、スマホなどで撮った耳の写真から、簡単に最適化できるという。

ソニーは、様々なオーディオ機器での対応を検討。ヘッドフォンやワイヤレススピーカーでの技術開発を進めている。

ヘッドフォンの場合、「360 Reality Audio」対応のコンテンツがあれば、専用機器の必要なく、従来のヘッドホンでは実現困難だった臨場感のある音場を再現できるという。ただし、より良い体験のためには、個人の聴感特性を計測し、再生音に信号処理を施すことが必要となる。スピーカーの場合は、全方向に音を放射するスピーカーシステムで再生可能となる予定。

他社のオーディオ機器でも、ソニーの公開する配信フォーマットに対応すれば360 Reality Audioが再生可能とのこと。中でもヘッドフォンは、対応配信サービスのアプリケーションを使用するだけで再生可能となる予定。
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1160897.html
anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1546923146

» 記事の続きを読む

広告

follow

伝説の技術者ウォークマンの父がソニーの現状に警鐘 「管理屋の跋扈でヒットが消えた」

輪廻らない歯車
anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1464610872/
 
 
1: 2016/05/30(月) 21:21:12.43
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/16/031800001/052700007/

 戦後間もなく発足し、かつては世界に驚きを与え続けたソニーが、今も苦しみ続けている。業績は回復してきたものの、
国内外で圧倒的なブランド力を築いた面影は、もはやない。日本人に希望をもたらしたソニーは、どこで道を誤ったのか。
長くソニーの歩みを見た経営幹部が、今だからこそ話せる赤裸々なエピソードとともに、ソニーの絶頂と凋落を振り返る。
あの時、ソニーはどうすべきだったのか。
 連載3回目は、初代ウォークマンを開発した伝説の技術者、大曽根幸三氏。ソニー創業者の井深大や盛田昭夫
と直接やり取りしながら進めたウォークマン開発の秘話や、なぜソニーを始めとする日本の
電機産業が新しいモノを生みだせなくなったのかを、3日連続で語る。今回はその前編。

大曽根幸三(おおそね・こうぞう)氏。
1933年生まれ。56年日本大学工学部卒業後、ミランダカメラに入社。61年にソニー入社。
一貫してオーディオ分野を担当し続け、カセットテープからMDまで、一連のウォークマンシリーズの開発を手掛けた。
89年に常務、90年に専務、94~96年まで副社長。2000年にアイワ会長へ就任。2002年にアイワ会長を退任した。(撮影:北山 宏一)

(中略)

【 ソニー 盛田昭夫 】

» 記事の続きを読む

広告

follow

ソニー平井社長「デザインと音質を両立した自動車向けハイレゾで勝負する」まずは欧米で展開

カーステレオ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1441291217/

1: アトミックドロップ(京都府)@\(^o^)/ 2015/09/03(木) 23:40:17.15 ID:pzCUs9GB0.net

 【ベルリン=星正道】ソニーの平井一夫社長兼最高経営責任者(CEO)は2日、ベルリンで開催中の欧州最大の家電見本市「IFA2015」で
日本経済新聞などの取材に応じた。CDよりも高音質なハイレゾリューション(ハイレゾ)の商品分野で「自動車向けに参入した」とし、
カーオーディオで新市場を創出する考えを示した。

 ソニーはIFAでハイレゾ対応の車載用オーディオプレーヤーを出展した。日本での導入は未定。まず欧米で展開する。

 また、デザインを重視した新ヘッドホンブランド「h・ear(ヒア)」を立ち上げた。平井社長は「ファッションを重視する顧客ニーズに合わせた」
とし、ハイレゾの高音質とデザイン性を両立させ、新たな顧客を掘り起こす考えを示した。

 中国市場が不透明感を強めていることについては「エレクトロニクス分野の売上高全体に占める中国の割合は約7%にとどまる」とし
影響は限定的との見方を示した。世界首位の画像センサーについても「需要計画に今のところ影響はない」と述べた。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ03HHT_T00C15A9TJC000/

【 Pioneer カーオーディオ MVH-3100 】

» 記事の続きを読む

広告

follow

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
カウンター
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止