Sound Field
Sound Field

タグ:テクノロジー

【ハッキング】ネットから隔離されたPCのデータを「電源のノイズ」から盗み出す方法が登場

a01_20180414122443.jpg

1: 音無さん 2018/04/13(金)
◆ネットから隔離されたPCのデータを「電線」から盗み出す方法が登場

コンピューターからデータを盗まれないようにするためのセキュリティ手法の1つとして、コンピューターそのものをインターネットやローカルネットワークに接続せず隔離するエアギャップ(物理的遮断)があります。
エアギャップされたコンピューターはネットワークにつながっていないので安全なように思えますが、なんと「電線を伝わる電流の変動からエアギャップされたコンピューターのデータを盗むことが可能」と主張する研究論文が発表されています。

Hacker Can Steal Data from Air-Gapped Computers through Power Lines
https://thehackernews.com/2018/04/hacking-airgap-computers.html

(PDFファイル)PowerHammer:Exfiltrating Data from Air-Gapped Computers through Power Lines
https://arxiv.org/pdf/1804.04014.pdf

エアギャップされたコンピューターからデータを盗み出す手法は、これまでにも熱や超音波などを用いたハッキングの方法が指摘されていました。
そんな中、新たにイスラエルのネゲヴ・ベン=グリオン大学の研究チームが、電線を伝わる電流の変動からエアギャップされたコンピューターのデータを盗む手法「パワーハンマリング」を発表しています。
パワーハンマリングは、マルウェアを使ってコンピューターのCPU使用率を制御し、データを0か1かのバイナリ形式に変換し、モールス信号のように電流の変動で外部に情報を伝えるというハッキング方法です。

このやり方では、電流を常に監視する機器をどこかにとりつけて、検出した電流の変動からデータに復号する必要があります。
電流操作によるハッキングには、復号機器を建物内の電線にとりつける「パワーライン・ハンマリング」、分電盤にとりつける「フェイズレベル・ハンマリング」という2つの方法が考えられると研究チームは述べています。

実際に、研究チームがパワーライン・ハンマリングによってデータを盗み出す実験を行ったところ、Intel Haswell世代のCPUを搭載したPCから1000ビット毎秒で、Inter Xeon E5-2620搭載のサーバーから100ビット毎秒でデータを抽出することができ、どちらも読み取ったデータ内容にエラーはほとんどありませんでした。
また、フェイズレベル・ハンマリングによる実験も行ったところ、最大3ビット毎秒という遅い速度ながら、PC内のデータを読み取ることに成功しました。

フェイズレベル・ハンマリングで機器をとりつける分電盤ではライト・空調・他のPCなどとも電気を共有するため、パワーライン・ハンマリングに比べるとどうしても速度が落ちてしまうとのこと。
「フェイズレベル・ハンマリングでは、パスワードや暗号キーなどのサイズの小さなデータしか盗み出せないだろう」と研究チームは主張しています。

■解説図
no title

no title




GIGAZINE 2018年04月13日 12時30分00秒
https://gigazine.net/news/20180413-steal-through-power-lines/
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1523621946

【 サンワサプライ ノイズフィルタ内蔵タップ 3P 8個口 】

» 記事の続きを読む

広告

オーバーテクノロジーの魅力

音楽

1: 音無さん 2018/03/18(日)
米スミソニアン国立自然史博物館などの人類学チームは、32万年前に東アフリカに住んでいた人びとが前期旧石器時代には典型的ではない着色顔料や複雑な道具を用いていたことを発見した。
科学技術ニュースサイト「Phys.org」のプレスリリースで報じられた。
これらは現在のケニア南部オロルゲサイリーでの調査発掘中に見つかった。この地域で人類の存在を示す最古の証拠は120万年前のもの。
ホモ・ハイデルベルゲンシスとホモ・エレクトスは斧やナイフ、つるはしとして用いられた石斧を使っていた。
しかし今回の発見は、30万5000年~32万年前により何かに特化し繊細に作られた道具があったことを示す。
いくつかの道具は発掘場所から24キロ~88キロ離れた場所で採掘できる黒曜石製だった。
これは、アフリカの様々な人集団の間で交易が行われていたことを示唆する。さらに、着色料として使われていたマンガンや黄土のクリスタルも発見された。
「Phys.org」によると、チームはまた、道具の年代が地域の気候が不安定だった時代と一致することを判明した。環境の変化が技術的社会的な急進を引き起こし、生存率を高めたとチームは見ている。

https://jp.sputniknews.com/science/201803184680535/
no title
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1521353580

【 世界を変える7つの次世代テクノロジー 】

» 記事の続きを読む

広告

カテゴリ

東工大、省電力「ブルートゥース」無線機を開発。ボタン電池一つで15年の稼働が可能

ワイヤレスイヤホン

1: 音無さん 2018/02/12(月)
東京工業大学の松澤昭教授と岡田健一准教授らは、省電力で動作する近距離無線通信「ブルートゥース」無線機の開発に成功した。あらゆるモノがネットにつながるIoT機器に導入すれば、小型のボタン電池でも15年程度は交換せずに使えるという。成果は米国で開催される国際固体素子回路会議(ISSCC)で13日と14日(現地時間)に発表する。

研究グループは電気をためるキャパシター(蓄電器)の位置を改良することで、アナログ信号をデジタル信号に変換するのに必要な静電容量を10分の1に抑えられるようにした。無線機の構成も簡素にした。

チップは横2.3ミリ、縦1.9ミリ程度と小型。消費電力は送信時に2.9ミリワット、受信時に2.3ミリワットであり、これまでに報告のあったブルートゥース無線機の半分以下で動作する。既存の規格に準拠しているため幅広い種類のIoT機器に搭載可能という。

低電圧の小型集積回路に搭載するため、情報を電圧の振幅で表していたアナログ信号をある一定のしきい値を超えるまでの時間で表現し、デジタル信号に変換する手法の開発が進んでいる。ただ、しきい値を超えるまでに多くの電力を要していた。

IoT技術の発展に伴い、2023年には1兆個、33年には45兆個のモノがネットに接続されると言われている。年間数兆個の機器の電池交換が必要だとすると、作業員の人件費や電池の廃棄からくる環境負担は膨大になる。


https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26749530Z00C18A2X90000/
anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1518390141

【 Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード 】

» 記事の続きを読む

広告

な、なんと!脳で念じるだけで会話や食事、感情の共感ができる技術。PCと脳を直結する時代へ。息をするのもめんどくさくなるなるな

超能力

1: 音無さん 2017/11/30(木)
ポスト平成は人間の脳と機械が直結する時代になる。脳とコンピューターをつなぐブレーン・マシン・インターフェース(BMI)技術の進化で、
頭に浮かんだ言葉や意思を機械が読み取って伝えたり、自分の身代わりのロボットを念じて動かしたりできるようになる。
障害などで身体や会話が不自由な人々には福音で、福祉の風景を一変させそうだが、人の内心や好みといった究極の
プライバシーが脅かされる危うさもはらむ。

女性は頭で念じて「飲食する」を選ぶ。すると画面には「カレー」「フライドチキン」「ハンバーガー」など詳しいメニューが表示される。
8つずつの選択肢を3段階進めば512種類の項目を意思表示できる。

BMI技術が進展すれば、30年代の小学校の教室はこうなるかもしれない。

体の不自由な生徒、障害で言葉が話せない生徒も同じ教室で学ぶ。生徒らは帽子のような脳波読み取り装置をかぶっている。
生徒の横にはアバター(分身)と呼ぶ小型ロボットが立ち、生徒に代わって質問し、喜びや悔しさなどの感情をジェスチャーで表現する。
移動したいときは念じて車イスを自在に動かす。コンピューターが子どもたちの脳に浮かんだ言葉を解読し、ロボットに伝えているのだ。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24030770Z21C17A1TCP000/
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1512016188

【 メンタルマジックシリーズ ハイパーESPカード 】

» 記事の続きを読む

広告

【衝撃】6本目の指が追加できる不思議なガジェットを英国大学院生が開発 おまえらはどこにナニを追加したい?

007-1.jpg
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1499942613

1: (庭)@ [US] 2017/07/13(木) 19:43:33.91
英国王立美術学校(The Royal College of Art、RCA)大学院生が開発した機器を紹介したい。

今回紹介するのは指の形の機器で、これは本来5本の指を6本に増やすことが出来るという。
指を手首に巻くセンサーはケーブルで接続されている。

この指は着用している人の足の裏にある圧力センサーを介して制御される。
片足を降ろせば、Bluetoothから情報が伝わり、親指を掴む動作となる。指の操作方法に慣れてくると、
自動車のアクセルを踏むかのように簡単に操作できると説明している。

公開された映像を見ると、この指で痛いサボテンのトゲに触れたり、ギターを演奏したり、
レモンの汁を搾る様子などが確認出来る。

この指は主に作業現場や体の不自由な人を対象に開発された。現在、この製品はプロトタイプだが、
もう少し拡張すると、一方の手で業務を行いながらもう一方の手では人と握手する姿などを想像することができる。

多くの人がこの指を体験して実際に指を動くのを確認し、驚きそして笑っている。
実際に自分の意識と同時に作られた指が動きビックリしてしまっているようだ。

動画あり
http://gogotsu.com/archives/31281
http://fast-uploader.com/file/7055498067223/
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【 ロボット入門 (図解ロボット技術入門シリーズ) 】

» 記事の続きを読む

広告

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
カウンター
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止