タグ:ノイズキャンセリング

いびきの騒音を減らすスマートイヤホン、元ノキア社員が開発

快適な眠り

1: 音無さん 2018/03/18(日) 23:29:28.59
睡眠の妨げになるいびきの騒音を軽減するスマートイヤホンが発表された──。「QuietOn Sleep(クワイエット・オン・スリープ)」と呼ばれるこの製品は、ロンドンで開催されたテックイベント「Wearable Technology Show 2018」で公開され、クラウドファンディングサイトの「Indiegogo」でプリセールが開始された。

フィンランドの企業「QuietOn」が開発したこのデバイスは、いびきの騒音を軽減するノイズキャンセリング機能を持ち、睡眠の邪魔となる低帯域のノイズを減らす。内蔵のマイクがいびきの音を拾い、逆位相のサウンドをスピーカーから鳴らすことで、いびきのサウンドを抑制するという。

恋人や家族のいびきに悩まされている人には、大きな助けとなる製品といえそうだ。

QuietOnは以前に航空機の機内での騒音を軽減し、眠りやすくするイヤホンも発売しており、今回のプロダクトはそのリニューアル版的位置づけだ。同社のエンジニアたちはノキアのオーディオ部門の出身で、これまでの経験を製品開発に役立てたという。

QuietOn Sleepの製作にあたってはフィット感を特に大事にしたという。また、眠る際に着用するイヤホンのため、大きすぎると寝返りを打った際に外れてしまう。耳の中にちょうどよく収まり、快適な眠りが実現できるサイズになっている。

また、軽減する騒音はいびきのみに限定されており、着用したままで会話を行うことも可能だ。QuietOn Sleepは1回の充電で20時間にわたり使用できる。また、充電機能を持つ専用ケースも付属している。

QuietOn Sleepの定価は239ドルだが、Indiegogoでは109ドルの早期価格で販売されている。発送は10月の予定だが、3月14日時点で既に800名以上から10万ドル(約1060万円)近い支援金を獲得している。
https://forbesjapan.com/articles/detail/20153


【 ブリーズライト スタンダード 肌色 レギュラー 鼻孔拡張テープ 快眠・いびき軽減 】

» 記事の続きを読む

広告

ソニー、世界初ノイキャン対応で防滴仕様の完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP700N」発表。1000Xシリーズのアップデート間近か

002_20180110104028.jpg

1: 音無さん 2018/01/09(火) 17:51:38.47 ID:CAP_USER
ソニーは1月8日(米国時間)、完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP700N」や、スポーツ向けネックバンド型ワイヤレスイヤホン「WI-SP600N」を発表した。発売は6月で、価格はWF-SP700Nが179.99ドル、WI-SP600Nが149.99ドル。

ともにソフトウェアアップデートによって、Googleの音声アシスタント機能「Google Assistant」への対応を予定。このほか、音楽再生中も外部の音を取り込むアンビエントサウンドモードをサポートする。色はピンク、イエロー、ホワイト、ブラックの4色展開だ。

WF-SP700Nは、左右独立型の完全ワイヤレスイヤホンとして世界で初めて(ソニー調べ)、ノイズキャンセリング機能とIPX4の防滴性能を両立させた。連続再生時間は3時間。同梱の充電ケースを利用すると、最大2回イヤホンをフル充電できる。再生周波数帯域は20Hzから20,000Hz。Bluetoothのバージョンは4.1で、対応コーデックはSBCとAAC。
no title



WI-SP600Nは、ノイズキャンセリング機能を備えたネックバンド型のワイヤレスイヤホン。IPX4の防滴性能を備え、スポーツ中でも雨や汗を気にせず使用可能だ。連続再生時間は6時間。再生周波数帯域は20Hzから20,000Hz。Bluetoothのバージョンは4.1で、コーデックはSBCとAACをサポートする。
https://news.mynavi.jp/article/20180109-569324/


【 ソニー SONY ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズ NW-WS413スポーツ用 防水/海水/防塵 】

» 記事の続きを読む

広告

ノイズキャンセルヘッドホン最強のBOSE QC35にかげり…バッテリー、NC性能…

ポータブルオーディオの電池
【QC25】BOSE QuietComfortシリーズ Part19【QC20】
toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1477879543

653 : ┃】【┃ (ワッチョイW 753c-mSPD) : 2016/12/16(金) 12:25:05.00 ID:1Kd9spUv0.net
QC35で残念なのはバッテリーが単4を使えないことだなあ。

Bose QuietComfort 35 wireless headphones : ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン 密閉型/オーバーイヤー/Bluetooth・NFC対応/リモコン・マイク付き ブラック QuietComfort35 WLSS BLK【国内正規品】

【 Bose QuietComfort 35 ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン QC35 】

» 記事の続きを読む

広告

完璧な遮音が出来る耳栓 なんてあるの?

静けさ
【ER】Etymoticのイヤホン Part73【カナル】
toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1479914778

226 : ┃】【┃ (ワッチョイ b153-0G5/) [sage] : 2016/12/21(水) 23:22:49.91 ID:bO+wmGjY0.net
ER20って遮音性は低いの?
ER4S使ってて、そこら辺で買える耳栓よりも遮音性高いから
ER20もそこら辺の耳栓よりも遮音性高いのかなと思って
amazonでぽちろうとしたら、レビューにはある程度音を通すと書いてある

Etymotic Research ER20 ETYPlug イヤープラグ 聴覚保護 耳栓 並行輸入品 水色/白(blue/white)
【 Etymotic Research ER20 イヤープラグ 聴覚保護 耳栓 】

» 記事の続きを読む

広告

騒音問題の救世主登場か?部屋用ノイズキャンセル機器が登場!窓に貼り付けるだけで外からのノイズを減衰させ部屋ごと静かに

隔てる
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1467177747/

1: (空) 2016/06/29(水) 14:22:27.26
部屋用ノイズキャンセル機器「Whisper」は格安物件の味方?

 不動産物件の紹介では「閑静」という単語がよく見られるように、部屋探しの際は周囲の騒音の有無が気になるもの。
騒音が多い物件では就寝時に耳栓を使う、ノイズキャンセル(NC)ヘッドフォンを利用するといった対策もありますが、つねに耳栓やヘッドフォンを着用しているわけにはいきません。

 遮音シートや防音マット、防音カーテンなどによる騒音対策もひとつの手ではありますが、どれだけ効果があるのか購入前にわかりにくく、それだけコストもかかるのが悩みどころ。
騒音でストレスをため込んでしまうと、自宅で過ごす優雅な休日も台無しです。

部屋用ノイズキャンセルユニット「Whisper」
no title


 クラウドファンディングKickstarterで資金調達中の「Whisper」は、騒音源側にある自室の窓ガラスやドアに貼り付けて使う部屋用ノイズキャンセル機器。
部屋の最大推奨サイズは60平方メートルで、屋外側のユニットが拾った騒音の逆位相の音を屋内側のユニットが出力することで200Hz~140000Hzのノイズをキャンセルする仕組み。
2017年11月出荷予定のファーストバッチの価格は414豪ドル(プレミアム版:約3万1500円)で、日本までの送料は+54豪ドル(約4100円)。

no title

no title


 「Whisper」の屋外ユニットはソーラーパネルを搭載し、屋外だけでなく屋内ユニットにもワイヤレスで給電。
屋内ユニットにはUSB充電端子があり、USB充電時に屋外ユニットにもワイヤレス給電されます。
屋内ユニットのタッチセンサーはオンオフの加えてBluetooth接続に切り替え可能。
スマホなどをBluetooth接続すると、ワイヤレススピーカーとして使うこともできます。
なお、1.8メートル以上の高所で使う際には、落下防止用のセーフティーロープの装着が推奨されています。

no title

no title


ソース
http://ascii.jp/elem/000/001/184/1184961/

【 Bose ノイズキャンセリングイヤホン QuietComfort 20 】

» 記事の続きを読む

広告

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止