タグ:パナソニック

襟巻き型ヘッドホン、パナソニックが製品化へ 視界を遮り集中高める

馬 目隠し

1: 音無さん 2018/10/02(火) 22:28:21.53 ID:CAP_USER
パナソニックは2日、クラウドファンディングを活用して襟巻き型のヘッドホン「ウエア・スペース」を製品化すると発表した。ヘッドホンのまわりに視界を遮るパーテーションを付けたユニークなデザインにした。家電などの量販品の枠組みにとらわれず、これまでにない斬新さで新たな需要を掘り起こす。

ウエア・スペースは視界を80度ほどに制限する。ヘッドホンのノイズキャンセリング効果と合わせて、視野を狭めて「心理的なパーソナル空間をつくる」(同社)。約360グラムで持ち運びやすく、コワーキングスペースやオフィスなどでの作業に没頭できるという。

12月11日までカルチュア・コンビニエンス・クラブ系のクラウドファンディング「グリーン・ファンディング」を通じて資金を募る。目標は1500万円で、調達額に応じて生産台数を決める。

連結売上高が約8兆円規模のパナソニックにとって、意欲的なプロジェクトになる。試作品をスピード感を持って作り改良を重ねる「アジャイル(俊敏な)開発」と呼ばれる手法を学ぶため、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」関連のスタートアップ、シフトール(東京・中央)を4月に買収した。今回は同社が設計や製造、販売を担う。

ウエア・スペースは半年ほどで試作品を開発した。新商品の企画・開発は社内調整に時間をかけがちだが「競争環境は大きく変わっている」(臼井重雄デザインセンター所長)。従来手法に縛られないプロセスを通じた意識改革を促す狙いもある。
no title

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36030570S8A001C1X20000/
anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1538486901

【 机に向かってすぐに集中する技術 】

» 記事の続きを読む

広告

follow

秋冬色「キャメル」や「ワインレッド」のファッション性の高いヘッドホン、11年ぶりデザイン刷新 パナソニック

パナソニック ヘッドホン

1: 音無さん 2017/11/22(水)
http://www.sankei.com/smp/west/news/171121/wst1711210102-s1.html

 パナソニックは21日、キャメルやワインレッドなど、洋服の秋冬ファッションになじむ色のヘッドホンを発売した。デザイン刷新は11年ぶりで、ほかにブラックやグレーの計4色で、市場想定価格は6千~1万円程度という。

 同社アプライアンス社のデザインセンターが消費者に受け入れられやすい流行の色を予測。そのうえで、商品企画担当者が、防寒用の耳当てを着けるように、洋服のファッションとの親和性が高くなる色を選んだ。

 ヘッドホンの利用者は約7割が男性でブラックが人気色だが、今回のターゲットは20代の男女。新たな購入者を開拓するため、キャメルなど女性の利用も考慮した。11年前に出た旧デザインは、2年前に販売個数が世界で100万個に達するロングセラー商品。新商品は初年度、世界で5万台の販売を目指す。

 同社は平成24年に就任した津賀一宏社長が、各事業部を横断的につなげて新発想を生み出す「クロスバリューイノベーション」を推進。3年前に冷蔵庫など白物家電とテレビやオーディオの黒物家電部門を合体、人的交流も活発化している。

 今回の開発も、白物部門内で、顧客の声を頻繁に取り入れることでヒットした美容家電に携わっていたメンバーが、黒物のヘッドホンを手がけた格好。ヘッドホン商品部の大田馨(けい)子(こ)部長は「美容家電での経験を生かし、ヘッドホンもヒットさせたい」と話した。

no title



【 最速でおしゃれに見せる方法 】

» 記事の続きを読む

広告

follow

パナソニックが昭和生まれのおっさん感涙デザインのICレコーダーを発売!

パナソニック ICレコーダー
パナソニックが昭和生まれのおっさん感涙デザインのICレコーダーを発売!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1411388469/


1 :スパイダージャーマン(長野県)@\(^o^)/ [sage] :2014/09/22(月) 21:21:09.11 ID:r1n66m3L0.net

見た目はカセットテープ、でも中味はICレコーダー。
こんなデザインのICレコーダーがひょっこりカバンから出てきたら、俺含むおじさんホッコリ、「カセットテープといえば~」なんて昔話に花が咲きそう。
そして、懐かしいだけでなく、8GBメモリーを内蔵し、最長180時間録音が可能な実力派。デザインも相まってボタンの配置もわかりやすい。

 そして、なんと録音&再生時には、液晶の左右に表示してあるリールハブが回転するとのこと……これは回ってるところが見たい!

●おもな仕様
内蔵メモリー 8GB
録音時間 約90時間(標準)/約180時間(長時間)
音声入出力 マイク/ライン端子、ヘッドホン端子、スピーカー出力
録音ファイル MP3(192/kbps、96kbps)
電源 単4形乾電池×2本
サイズ/重量 109.9(W)×23.6(D)×70.5(H)mm/約106g(利用時)

おじさん感涙デザインのICレコーダーRR-SR30をパナソニックが発表


http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/260/260092/

【メイド・イン・ジャパンのデザイン! 70 年代 アナログ家電カタログ】

» 記事の続きを読む

広告

follow

【最高傑作】パナソニックが社運をかけて送り出す超高級炊飯器をご覧ください

42.jpg
引用元 ニュース速報 パナソニックが社運を賭けて全力で送りだす最高傑作の炊飯器をご覧下さい
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1364378642/l50


1 名前: コーニッシュレック(神奈川県) [sage] 投稿日: 2013/03/27(水) 19:04:02.38
パナソニックは、6月1日発売の炊飯器「スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器 SR-SPX103/183」の
メディア向け説明会を開催した。同炊飯器は、パナソニックが持つ炊飯器の技術と三洋電機の技術を
結集したもので、同社では“パナソニック史上最高傑作”と位置づける。
価格はオープンプライスで、店頭予想価格は5合炊きの「SR-SPX103」が110,000円前後、
1升炊きの「SR-SPX183」が115,000円前後。

パナソニックでは、日本人誰もがおいしいと感じるごはんは「かまど炊きのごはん」とし、
同社の炊飯器には、追い炊き時に200℃の「高温スチーム」や、蓋にもIHを搭載し、
全方位から包んで加熱する「6段全面IH」、通電切り替え時間を調節することで
泡の熱対流を発生させる「高速交互対流」など独自の技術を搭載してきた。

新モデルでは、これらの技術に加えて、従来三洋電機の炊飯器が特徴としてきた
「可変圧力」技術を搭載した点が特徴。可変圧力技術とは「加圧」と「減圧」を繰り替えることで、
米を釜底から踊らせるようにして加熱するもので、パナソニックでは、従来の高速交互対流と合わせて
「W(ダブル)おどり炊き」としている。米を効率的に攪拌することで、炊飯時に米から出てくる、
澱粉が分解されて生まれる甘み成分「おねば」の濃度が高くなり、ごはんの甘みや粘りが向上するという。

以下ソース

http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20130327_593350.html

【バカシリーズの最高傑作をもう一度】

» 記事の続きを読む

広告

follow

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
カウンター
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止