Sound Field
Sound Field

タグ:ヘッドホン

【悲報】ぼくの高級ヘッドホンたった二年でついに逝ってしまう(泣

ショック

1: VIPが送るよ 2018/07/07(土) 19:14:25.406 ID:4BzwfsDKa0707
ヒンジの部分がへし折れた上に断線気味で何回もケーブルを挿し直したりグニャグニャしないと音が出ない

2: VIPが送るよ 2018/07/07(土) 19:14:47.674 ID:2PSagWEC00707
よくそこまで使ったな

3: VIPが送るよ 2018/07/07(土) 19:15:07.059 ID:4BzwfsDKa0707
>>2
2年ぐらいしか使ってないんだが
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1530958465/

【 「座りすぎ」が寿命を縮める 】

» 記事の続きを読む

広告

ピュアオーディオをやっている人もヘッドホンで音楽聴いたりするのかな?

耳機 B&W P5

97: 音無さん 2018/04/22(日) 00:08:58.62 ID:xqlaqdmm
台湾の台北の街並み
no title

98: 音無さん 2018/04/24(火) 08:40:42.94 ID:MYFL3Nu2
>>97
看板よりも カオナシの色違いみたいなヤツが気になる
アキュフェーズ/Accuphaseについて語ろう Part90 awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1523933734

» 記事の続きを読む

広告

初代ウォークマンのヘッドホンをBluetoothヘッドホンにリバイバルした新作がたったの2000円

fullsizeoutput_43be-e1522877957100.jpeg

1: 音無さん 2018/04/06(金)

米国のオーディオメーカーJLabは、ソニーのウォークマンヘッドフォンをモデルとした新作「Rewind Wireless Retro Headphones」を発表した。
商品名にある通りレトロなデザインだが、Bluetooth 4.2対応の現代版に仕上げている。
Rewindはオーバーイヤースタイルだが、bやBOSEなどメジャーブランドから出ているものに比べるとイヤーパッドは小さめ。
ヘッドバンドもいくぶん細く、イメージとしては飛行機内に備わっているヘッドフォンをやや丈夫にしたような感じだ。
しかし、れっきとしたBluetooth対応のワイヤレスイヤホン。1回のフル充電で12時間駆動する。イコライザーをカスタマイズすることも可能だ。
しかも、マイクも内蔵されていて、連携するスマホの通話にも使える。ボタン一つでかかってきたコールをとったり、切ったりすることも可能だ。
驚きなのは、これだけの機能を搭載しながら、価格が19.99ドル(約2100円)とかなりお手頃なこと。
開発の背景には、JLabのCEO、Win Cramer氏が子供だった1980年代にウォークマンヘッドフォンで音楽を聴いていた体験がある。時代のアイコンとなっているそのヘッドフォンを、現代風に甦えらせたわけだ。
また低価格設定としたのも、多くのひとに使ってほしい、という思いからとのこと。Rewind Wireless Retro HeadphonesはすでにJLabのサイトで販売されている。

https://techable.jp/archives/74978
https://www.jlabaudio.com/products/rewind-wireless-retro-headphones?variant=1561135480852

no title

no title

no title


モデルとなったMDR-3 H・AIR
no title
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1522985245

【 SONY ウォークマン Aシリーズ 16GB NW-A45 】

» 記事の続きを読む

広告

【画像あり】なんか超ものすごいヘッドフォンが発表される。ただし音質は明らかにされていない

顔の周り

1: 音無さん 2018/03/17(土)

韓国の「Fuman」社が、マッサージ器を内蔵したヘッドホン「Nirvana」を開発した。現在、開発者らは、ヘッドホンの大量生産開始のため、「Kickstarter」でクラウドファンディング・キャンペーンを開始している。
このヘッドホンはプラスチック製の器具を使って「迷走神経」を刺激し、これにより音楽を聴く人は落ち着くことができる。
迷走神経を刺激すると、不安や恐怖を取り除き、記憶力や睡眠を改善することができる。
ユーザーはマッサージ器を、「朝の瞑想」「活動的な昼」「夕方のリラックス」「健康的な睡眠」の4つのモードのうち1つに設定することができる。
事前予約した購入者は、179ドルでヘッドホンを購入できる。発表された小売価格は199ドル。ただ、ヘッドホンの音響の質は明らかにされていない。

https://jp.sputniknews.com/science/201803174677971/
no title

https://youtu.be/r_J_UHouGYs

hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1521269162

【 頭皮ゾクゾク快感 頭スッキリ ひんやり ヘッドスパワイヤー 】

» 記事の続きを読む

広告

Appleが新しいヘッドホンの制作に着手しているとの噂。目玉機能はノイズキャンセリング

Apple ヘッドホン コンセプトデザイン

1: 音無さん 2018/03/11(日)
2019年初めに、ノイズキャンセリング機能を搭載した次世代AirPodsが発売される、との予測が発表されました。AirPodsの販売は好調が続き、2018年で3,000万台が売れる、と見積もられています。

AirPodsにノイズキャンセリング機能を追加?
Barclaysのアナリストが、ノイズキャンセリング機能を搭載したAirPodsが2019年初めに発売される、との予測を投資家向けのレポートで発表しました。

AirPodsの小さなボディでノイズキャンセリング機能を実現するのは難しいように思われますが、アナリストはレポートで、次世代AirPodsではデザインの刷新と改善がなされる、と述べています。

耐水機能の強化でノイズ遮断性能が向上?
次世代AirPodsは、耐水機能を装備し「Hey, SIri」に対応する、とBloombergが2月に報じています。しかし、Barclaysの今回のレポートでは、耐水機能については触れられていません。

米メディア9to5Macは、「Bloombergの報道とBarclaysのレポートの内容はかみ合っている」と指摘します。

耐水性能のために、AirPods内部に液体の侵入を防ぐ部品を追加することで、装着時に外部からのノイズを遮断することになり、結果的にノイズキャンセリングのような効果が得られる、というわけです。

2018年、AirPodsは3,000万台売れる
2016年12月に発売されたAirPodsは、現在も人気商品です。

Barclaysはレポートで、AirPodsの人気は今後も継続し、2018年通年で3,000万台が売れる、と予測しています。

日本では、2017年秋には即時購入が可能な時期もありましたが、年末から品薄状態に戻り、本稿執筆時点では約2週間待ちとなっています。

Appleは、ワイヤレス充電に対応したAirPodsの充電ケースを2018年に発売すると予告しています。
2018年3月10日 23時06分
https://iphone-mania.jp/news-205442/
anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1520714989

» 記事の続きを読む

広告

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
カウンター
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止