タグ:ミニコンポ

パナソニックからCD録音やBluetooth、ラジオなどハイレゾ対応の多機能コンパクトシステム「SC-RS75」登場 3.6万円~

Ovo_742216_1.jpg
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1462627037/

1: キングコングラリアット(愛知県)@\(^o^)/ 2016/05/07(土) 22:17:17.81 ID:Ukbd6ZZu0● BE:905222649-PLT(81001) ポイント特典
2016年5月7日
注目のハイレゾ音源だけじゃなくスマホの音楽や、CDもしっかりと楽しみたい。そんな欲張りな今どきの音楽の聴き方に合いそうな多機能小型ステレオシステム「SC-RS75」と「SC-RS55」が、パナソニックから5月20日(金)に発売される。価格はオープンで店頭ではSC-RS75が50,000円前後、SC-RS55が36,000円前後となる見込み。

 SC-RS75/RS55は、USB端子を備えUSBメモリーに保存したハイレゾ音源(PCM192kHz/24bit)、MP3などの圧縮音源が楽しめ、さらにRS75ではネットワーク機能(DNLA)も装備。家庭内LANでつながった同社DIGAやNAS内のハイレゾ音源が楽しめる。またBluetoothにも対応し、スマートフォンとワイヤレス接続して、その音楽を聴くという楽しみ方もできる。

 新しいのは「デジタル5チェンジャー」という機能で、CDを5枚まで録音でき、ボタン1つでそれを呼びだして再生できる。聴くたびにCDを探してセットして再生するという手間がなくなるので、お気に入りのCDは録音しておくと便利だ。

 ハイレゾに対応するためにオーディオも強化。低音を増強するためのポートは曲線状に設計して長さを稼ぎ、コンパクトボディながら豊かな再生を目指すほか、スピーカーの振動板には独自技術による竹の繊維をナノレベルまで微細化した素材を採用し、高音域50kHz以上というハイレゾスペック40kHzを超える特性も得ている。…
また、ハイレゾ音源との相性もよいデジタル(クラスD)アンプは、よりデータに忠実でパワー感あるサウンドを再生するために、デジタル動作をつかさどるクロック制御やデジタル変調回路の精度を高めるための技術を凝らしている。
 設置のしやすさと「いい音」が両立したシステムを目指した本体は、ホルンをイメージしたという丸みのあるフラットなシンプルデザイン。高さもCDケースと並んでちょうどいい高さとしている。サイズは幅450×高さ107×奥行245㎜で2機種共通、重さがSC-RS75が約3.4kg、SC-R55が約3.1kg。

【 パナソニックV字回復の真実 】

» 記事の続きを読む

広告

ゴミと思いきや、黒電話4万円、ワープロ3万円、MDコンポ8万、ゲームソフトも…高値で売れる意外な「中古品」

MD
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1445424465/

1: (東日本)@\(^o^)/ 2015/10/21(水) 19:47:45.55 ID:ztlH7Tfp0.net
10月20日は「リサイクルの日」。環境省ほか8省庁が10月をリサイクル推進月間に定め、数々の啓蒙活動を行っている。
ならば、環境のためにも実家の押し入れに眠っている“再利用品”も探してみたい。これが意外に高値で売れたりする。

田舎の家に置いたままの高校生時代に愛用したCDラジカセ。もう使わないので「粗大ゴミとして……」と思った人は、ちょっと待った!

「中古のCDラジカセは買い取らせていただきます」

こう話すのは、全国で89店舗のリサイクルショップを展開する「ベクトル」広報担当者だ。

「実家に眠っていそうな中古品の買い取り実績としては、黒電話が4万円、MDコンポ8万円という例がございます。
買い取りのメーンは衣料品、アクセサリー、かばんなどですが、使わなくなった老眼鏡、フィルムカメラも買い取ります。
長嶋茂雄氏のユニホームなら210万円です」

■ゲームソフトも根強い人気
田舎の実家から意外な掘り出し物が出てくるかもしれない。例えば、「maxellカセットテープUDⅡ60分」(未使用)は、
ネットで1本699円で売られている。

意外なところでは、昔使っていたファミコンのソフトがお宝になる。復刻ブームの「ロックマン」(87年発売)は、3000~5000円。
スーパーファミコンソフト「ドラゴンクエストⅤ」も1800円前後と人気は根強い。また、壊れて使えなくなったゲーム機も、
部品として使えるので買ってもらえる。うっかり捨ててはいけない。

今や骨董モノとなったワープロも高値買い取りの代表例だ。「シャープ書院 WD-VP1」は3万円~、
「NEC文豪 JX-S510」も買い取ってもらえる可能性はありそうだ。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/166819

【 今すぐ使えるかんたんPLUS ヤフオク! 攻略大事典 】

» 記事の続きを読む

広告

ソニー、ハイレゾコンポ「CMT-SX7」 人に聞こえない大音響が発生する不具合について修正プログラム配布。

SONY コンポ
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1438310230/

1: 海江田三郎 ★ 2015/07/31(金) 11:37:10.43 ID:???.net
http://news.mynavi.jp/news/2015/07/31/110/

ソニーは7月30日、ワイヤレスハイレゾコンポ「CMT-SX7」のソフトウェアアップデートを公開した。
一部製品で、音楽が正常に再生されない、ツィーター部が高温になるなどの現象が確認され、
使用中止を呼びかけていた。不具合改善のためのソフトウェアは2回に分けて提供される。

CMT-SX7の一部製品において、電気部品の不具合により、音楽が正常に再生されずにノイズが聞こえる、
人の耳では聞き取れない高い周波数の信号が大音量に相当する音圧レベルでスピーカーもしくはヘッドホンから出力される、
ツィーター部が高温になり破損するといった現象が確認された。これを受けてソニーは、対象製品のユーザーに対し、
製品の使用中止を呼びかけ、8月6日までに対策方法をWebページ上で案内するとしていた。

このたび、不具合の原因となる電気部品を制御するソフトウェアを改善することで、製品を使用できるようになると発表。
不具合改善のためのソフトウェアは2回に分けて提供される。1回目では、ツィーターが破損するなどの
不具合を回避するための修正を行う。これによって音質調整用の「BASS」「TREBLE」を使用できなくなるが、
製品自体は使えるようになる。2回目では音質調整用の「BASS」「TREBLE」を使えるようにする修正を行う。
1回目のソフトウェアアップデートは7月30日に提供開始されており、2回目は8月中旬に提供する予定だ。

対象となるのは製造番号が「2100001」~「2105394」で、ソフトウェアバージョンが「MC:1.06」以下の製品。
アップデートの方法など詳細については、ソニーのWebページを参照のこと。




» 記事の続きを読む

広告

オンキヨー、ミニコンポ ”FRシリーズ” 新モデル登場

ONKYO ミニコンポ FRシリーズ
引用元 ニュース速報 オンキヨー、ミニコンポ ”FRシリーズ” 新モデル登場
http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1307526874/l50


1 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) 投稿日: 2011/06/08(水) 18:54:34.79 ID:kHHuM2+c0
sssp://img.2ch.net/ico/gaku3.gif
「ND-S1」と組み合わせてiPodデジタル伝送にも対応オンキヨー、
単品コンポ技術を投入しUSB録再も行えるミニコン“FRシリーズ”新モデル

オンキヨー(株)は、本格単品オーディオの設計手法を投入したオールインワンコンポ
“FRシリーズ”の新モデル「X-N7NX」を6月24日に発売する。価格はオープンだが、45,000円前後での実売が予想される。

アンプにCDプレーヤー、MDデッキ、AM/FMチューナーを一体化した本体部と、
単品のスピーカーを組み合わせたセパレート型のコンポ。フロントにUSB端子を1系統備えており、
USBメモリー内音源の再生のほか、CD-R/RW内の音源やAM/FMラジオをUSBメモリーへ録音することもできる。
再生対応フォーマットはMP3/WMAで、録音対応フォーマットはMP3。

また、別売りのデジタルトランスポート「ND-S1(関連ニュース)」と組み合わせることで、
iPodのデジタル伝送にも対応する。iPod接続時は、本機の付属リモコンでiPodの主要操作が可能なほか、iPodの充電も可能となる。

本体部はサイズ215W×142H×349Dmmで、共振に強いとされるシャーシ構造や剛性の高いアルミフロントパネルを採用。
搭載端子は、音声入力がデジタル×1/アナログ×2、音声出力がアナログ×1/サブウーファープリアウト×1のほか、
フロントにステレオミニ入力×1とUSB端子を備える。

アンプ部はディスクリート構成で、独自のアンプ技術「WRAT」を採用するなど、
本格的な単品アンプと同じ設計手法を投入している。
ボリューム回路には、小音量時でも豊かな音質を再現できるようノイズの値を低くコントロールする
「オプティマムゲイン・ボリューム」、低音を補強するスーパーバス回路も採用した。
高域/低域それぞれを7段階に設定できるトーンコントロール回路も備えている。
実用最大出力は26W+26W(4Ω)で、アンプ部の周波数特性は10Hz~100kHz(TAPE、±3dB)。


http://www.phileweb.com/news/d-av/201106/08/28597.html
ONKYO ミニコンポ 中身

» 記事の続きを読む

広告

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止