タグ:メディア

【悲報】音楽CDがオワコン!シングルCD5457万枚 ダウンロード1億229万回

CD

1: 音無さん 2019/02/11(月) 22:30:48.97
CDシングル:5,457万枚(前年比99%)

PC/スマホ シングル:1億229万6千DL(前年比94%)

http://tanimiyan.hatenablog.jp/entry/2017/02/22/230356

3: 音無さん 2019/02/11(月)

スマホに
CDが入らないから
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1549891848

» 記事の続きを読む

広告

follow

音楽のDL販売はすでにオワコン? ストリーミングが主流、ダウンロードはCD以下に 現物派はアナログ回帰 ガラパゴス化した日本

音楽 ライブ

1: 音無さん 2018/04/01(日)
CDからダウンロード、そしてストリーミングサービスが登場して大きく様変わりした音楽産業が、再度の大きな転換を迎えそうだ。

アメリカレコード協会(RIAA)が2018年3月22日発表した2017年の音楽産業の収益報告によると、ストリーミングの割合が更に上昇して収益の65%を占める一方、CDなどの収益(17%)がダウンロード販売(15%)を上回るという、特徴的な傾向が生まれている。加えて、アップルミュージックの関係者がダウンロード販売の終了を示唆するなど、音楽産業に更なる変化が訪れそうだ。

■収入の6割はストリーミング

RIAAの発表によると、昨今盛り上がりを見せているストリーミングサービスは成長を続け、17年の音楽産業の収益の約6割を占めるまでになっている。ストリーミングサービスによる収益は14年には18億ドルだったものの、15年は23億ドル、16年は4億ドル、そして17年には57億ドルまで規模を拡大した。

SpotifyやApple Music、Amazon Unlimitedといった有料の定額聞き放題プランのユーザーは前年から約1.5倍の3530万人に大幅に増加し、収益額は40億ドルを超え、収益の軸となっている。

こうしてストリーミングサービスが勢力を伸ばす一方で、ダウンロード販売とCD販売には逆転現象が起こっている。

■現物派はアナログ回帰

17年に大きく構造が変化したのが、ダウンロード販売とCD等の販売の関係だ。

手軽さから勢力を伸ばしていたダウンロード販売は前年からシングル、アルバム問わず25%と大幅に減少して13億ドルで、15億ドルだったCD・レコードの売り上げを2011年以降で初めて下回ったのだ。

ダウンロード販売が大きく数字を落とす一方で、CDなどの従来の手に取ることのできる音楽商品の減少幅は4%と小さい。RIAAは、これにはCDではなくLP、アナログレコードの存在があると解説しており、実際にCDの出荷数が10.3%減少する一方で、LPの出荷数は5.3%増加している。未だに割合は小さいながら、近年ではレコードブームが再燃しており、レコード時代の過去の作品だけでなく、人気アーティストが新譜のフォーマットの1つとしてLPを選択するケースも増えている。

対照的に、アップルミュージックの重役で音楽プロデューサーのジミー・アイオバイン氏は、BBCに対してアイチューンズのダウンロードストア閉鎖は、「人々が音楽を買うのを辞めた時」訪れると言及したことも、25日報じられた。

2018/3/31 11:00
J-CASTニュース
https://www.j-cast.com/2018/03/31324783.html?p=all
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1522547182

【 はじめてのPrime Music 】

» 記事の続きを読む

広告

follow

今はヒット曲一曲だけ買ってDLする時代だから捨て曲の多いCDなんて買わないよなぁ

量産

1: 音無さん 2018/02/12(月)
ほしい楽曲がある時にCDではなく、ネットで購入する人が増えている。そのため、「CDが売れない時代」と表現されることも多い。
そんな中、この「CDが売れない時代」についてのあるつぶやきが、「的を射ている」と話題になっている。
https://sirabee.com/2018/02/12/20161422942/
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1518438360

【 音楽の未来を作曲する 】

» 記事の続きを読む

広告

follow

世界の「音楽CD離れ」が深刻 世界最大の家電量販店「ベスト・バイ」がCDの販売を終了へ

CD

1: 音無さん 2018/02/07(水)
no title


音楽の売上が従来のCDからネットを通した配信へのシフトが進み、「CD不況」が叫ばれる中、世界最大の家電量販店である
アメリカの「ベスト・バイ」が店舗での音楽CDの販売を終了する方針であることが明らかになりました。これに合わせるように
別のストアチェーンでも委託販売制が導入される動きが起こっており、「音楽を購入する」というカタチが大きな変革の時を迎えています。

ベスト・バイはアメリカでも最大の音楽販売チャンネルでしたが、近年はCDの売上が大きく低迷しており、年間売上がなんと
4000万ドル(約43億円)規模にまで落ち込んでいます。

ベスト・バイは全米で1300店舗以上の販売網を擁しているため、1店舗あたりの売上高を単純計算すると約330万円規模ということに。
これではさすがに大手チェーンとしてリソースを割くに値しないという判断につながったものと考えられます。しかし一方で、
復調の兆しが見られるレコード販売については、今後2年間は継続する方針が示されているとのこと。

日本の音楽業界もその状況に直面しています。日本有数のビッグアーティストであるDREAMS COME TRUEのメンバーで
プロデュースを担当する中村正人氏は、2014年のインタビューですでに「CDは死んだ」という旨の認識を示しており、
過去のスタイルでは音楽業界が成り立たない状況を語っています。

https://gigazine.net/news/20180207-bestbuy-stop-cd-selling/
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1517990886

【 audio-technica CDクリーナー 】

» 記事の続きを読む

広告

follow

ソニーのアナログレコード国内生産再開、アニソンレコード流行の兆し?やっぱりレコードが一番!

SONY レコード
アニソン向けのピュアオーディオ part14
http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1494503555/

18: 名無さん 2017/06/29(木) 12:42:44.84 ID:OVTEXU/6
ソニーDADCジャパンにアナログレコード用プレス機を導入 アナログレコードの制作・製造を本格的にスタート
https://www.sme.co.jp/s/SME/pressrelease/detail/NEWS00755

ソニーミュージック、アナログレコード国内生産。ソニーDADCジャパンがプレス機導入
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1067850.html

アニソンのレコードが増えるかな?

【 ヘッドフォン王国 No.6 みんなアニソンを聴いてきた 】

» 記事の続きを読む

広告

follow

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
カウンター
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止