タグ:レオパレス

【悲報】レオパレスまたまた新たに2450棟で不備 たぶんほとんど不備

曲がった釘

1: 音無さん 2019/08/08(木)
 賃貸アパート大手レオパレス21は8日、物件の施工不良問題について、新たに2450棟の物件で不備が
判明したと発表した。全国約3万9000に上るアパートを対象に全棟調査を進めているが、6月末時点から
さらに拡大し7月末時点で2万2139棟となった。調査が終わっていない物件は約1万棟残っており、
施工不良物件はさらに増える見通しだ。 

 昨春に施工不良が見つかって以来、同社は全棟調査を続けている。当初は不備があった全物件の
改修工事は今年10月までに終える予定だった。しかし、新たに発覚した不備への対応や、建築士の
不足などにより、期限には間に合わない状態となった。すべての改修完了の時期は確定していない。

 7月末時点で全棟の7割超の2万9385棟で調査判定を終えている。「界壁」と呼ばれる屋根裏の延焼を防ぐ
壁が設置されていないなどの不備が見つかった物件2万2139棟のうち、改修済み物件は865棟となっている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019080800972&g=eco
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1565255956

企業不正の研究 リスクマネジメントがなぜ機能しないのか?
安岡 孝司
日経BP
売り上げランキング: 12,211

» 記事の続きを読む

広告

follow

【悲報】レオパレス「10月までに改修工事を完了させる」→まだ4%!しかも不良物件はさらに増加!!

ベニヤ板

1: 音無さん 2019/07/09(火)
 賃貸アパート大手のレオパレス21は9日、施工不良問題に関連し、自社が手がけた物件で、不備があるものが6月末時点で1万9689棟になったと発表した。
5月末時点から約3000棟増えた。一方、改修が完了した物件は839棟で、5月末時点から13棟しか増えなかった。
同社に対し、国土交通省は10月末までに、すべての不備物件の改修を終えるよう指示している。
だが、現在の改修率は4%に過ぎず、10月末までの完了は厳しい状況だ。

 同社は、全施工物件3万9085棟で、不備の有無を調査している。6月末段階での調査終了は2万5992棟で、75%に不備があったことになる。
今後も、1万3千棟を調査することになっている中で、不備物件の上積みは必至だ。

 また、改修は遅れが目立つ。宮尾文也社長は、「10月末までの改修を必ず終える」と再三発言し、現時点でも方針の変更はないという。
しかし、今年4月末時点の改修完了は800棟で、この2カ月で39棟しか完了していない。このペースならば10月の改修完了は困難だ。
改修の遅れで、入居者、アパートオーナー、株主など関係者からの信頼をさらに失うことになる。
https://www.sankei.com/economy/news/190709/ecn1907090018-n1.html
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1562680797

世界一速い問題解決
世界一速い問題解決
posted with amazlet at 19.07.10
SBクリエイティブ (2018-09-05)
売り上げランキング: 26,438

» 記事の続きを読む

広告

follow

ムール貝さん、耳がないのに船の騒音にストレスを感じていた。海洋学者が発見!

ムール貝

1: 音無さん 2019/07/09(火)
・Mussels are getting STRESSED by underwater noise from ships and it may be the reason behind falling numbers of the animals on British shores, scientists claim

科学者達は、船舶の水中の騒音によって英国のムール貝の数の減少が引き起こされる可能性があると示唆している。
軟体動物には耳がないにもかかわらず、彼らは変化する音量レベルを聞き分ける事ができるという事が発見された。

エジンバラのネーピア大学とヘリオットワット大学の海洋科学者達は、これは生物にとって「直ちに危険」という訳ではないが、その成長には影響を与える可能性があると述べた。

これまでの研究では、騒音がクジラやイルカなどの大型の海洋生物にとってどのように影響するかが調べられている。

科学者達は、エジンバラ郊外にあるマッセルバラの海岸からムール貝を集め、アイマス近くのセント・アッブズマリンステーション内の実験室で、ムール貝の騒音に対する反応をテストした。

エジンバラネイピア大学の海洋局の研究責任者、カレン・ディール氏は次のように述べた。「ヨーロッパイガイ(ムール貝)は英国ではとても重要な生き物です。商業的な価値があり、サンゴの成長に不可欠な生態学的役割を果たし、水質をきれいに保つためのフィルターでもあります。」

「ムール貝には耳がありませんが、彼らのいる環境下の音量の変化を感知できます。」

「私達は船舶のモーターの音を録音し、制御下にある被験体のムール貝に聞かせ、彼らの生物化学的、そして行動の変化をじっくり観察しました。

「DNAの健全性の上で、海洋生物の種の中で初めてこのムール貝が騒音による変化を示したことを検出しました。これはストレスが原因である事を示しています。」

同じくエジンバラネイピア大学のマット ウェール氏は、騒音にさらされていたムール貝の酸素消費量が12%少なくなった方法と、それによりエネルギー使用量が増え、成長が遅くなる可能性を語った。

「ろ過率、または藻の消費量は80%以上減少し、弁の開口が60%増加。これは、ムール貝が捕食者に対し、脆弱となる時間が多くなるという事を意味します。」

ヘリオットワット大学の研究チームのマーク ハートル氏は、
「ムール貝が騒音に晒される可能性のある地域で、ムール貝が広く分布図している事を考えると、騒音の影響というのはムール貝にとって致命的なものではなく、直ちに危険という訳ではないようです。」と述べた。

また、チームはノルウェーのロブスター、イカ、在来種のカキが水中の騒音にどう反応するかについても調べている。

※全文はリンク先へ

(ムール貝)
https://i.dailymail.co.uk/1s/2019/07/08/10/15764266-7222873-image-a-10_1562576768899.jpg

・Mussels stressed by underwater noise from ships
https://www.bbc.com/news/uk-scotland-edinburgh-east-fife-48908656

10:42 BST 08 Jul 2019 Daily Mail
https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-7222873/Mussels-stressed-sea-noise-research-suggests.html
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1562630162

石光商事)殻付きボイルムール貝 500g
石光商事
売り上げランキング: 43,109

» 記事の続きを読む

広告

follow

【反社会組織】レオパレス21 まーた詐欺まがいが766棟、全部で16766棟の壁がペラペラ【超極薄】

ベニヤ板

1: 音無さん 2019/06/22(土) 13:28:16.93 ID:Ft0B0r369
賃貸アパートの施工不良問題が発覚したレオパレス21は21日、
同社が設計・監理し、他の事業者が施工した「他社物件」で、766棟に不備があったと発表した

防火や防音のために各戸を隔てる「界壁」が設置されていないことなどが確認された。

自社が施工した不備のある物件は5月末時点で1万6766棟に上っており、
施工不良物件がさらに上積みされたことになる。

施工不良問題をめぐっては、これまで自社物件のみを調査してきたが、
他社施工の物件も多く存在することから、他社物件も国土交通省が調査、報告するようレオパレスに指示していた。

https://www.sankei.com/economy/news/190621/ecn1906210017-n1.html

1スレの日時 2019/06/22(土) 11:32:08.89
前スレ https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1561170728/

関連スレ
【悪徳企業】大和ハウス 違法住宅4千棟に 新たに1885件が判明
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1560859456/
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1561177696

【 マイホーム建築の罠 】

» 記事の続きを読む

広告

follow

【悲報】レオパレス、また施工不備が見つかる!前月より1100棟増えて全体の4割以上が不良物件!!

建築

1: 音無さん 2019/06/11(火)
レオパレス21は、施工に不備が見つかった建物が、先月末の時点で前月よりも1100棟余り増えたことを
明らかにしました。これで不備が見つかった建物は1万6700棟と全体の4割以上に当たります。

建物の耐火構造が、法律の基準を満たさないなどの施工不備が問題となっているレオパレス21は、
建設した約3万9000棟すべてを対象に調査を進めています。

その結果、何らかの不備が見つかった建物は、先月末の時点で、前月よりも1100棟余り増えたということです。

不備が見つかった物件はこれで1万6766棟と、この会社が建設した建物全体の42%に当たります。

一方で、約1万7000棟、全体の43%余りについては、調査が終わっておらず、国土交通省は調査のうえ、
ことし10月までにすべての建物の補修を終えるよう指示しています。

また、調査や補修に伴って、一部で入居者の募集停止を続けているため、レオパレス21の先月末時点の
入居率は去年の同じ時期より10%余り低い81%と、採算の目安とされる、80%近くにまで落ち込んでいます。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190611/k10011948091000.html
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1560216769

【 企業不正の研究 リスクマネジメントがなぜ機能しないのか? 】

» 記事の続きを読む

広告

follow

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
カウンター
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止