Sound Field
Sound Field

タグ:ワイヤレスイヤホン

「完全ワイヤレスイヤフォン」の売れ行き好調 Appleが起爆剤。30社がしのぎを削る

ts0153_airpods03.jpg

1: 音無さん 2018/04/13(金)
 左右のハウジングが独立した「完全ワイヤレスイヤフォン」の売れ行きが好調だ。家電量販店やネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」によると、2018年3月の日本国内での販売数量が前年比で10倍以上を記録するなど、「停滞感が漂っていたイヤフォン市場を活気づける材料となっている」(BCNアナリストの山口渉さん)という。

起爆剤となったのは、米Appleが16年12月に発売した「AirPods」だ。AirPods発売当時、完全ワイヤレスイヤフォンを手掛けるメーカーは10社に満たなかったが、17年夏以降に急増し、現在は約30社がしのぎを削っている。

製品が増え、AirPodsの供給も安定したことで、完全ワイヤレスイヤフォンの市場全体における販売構成比は17年12月に10.5%にまで拡大。また平均単価が1万7000円台と高額なため、16年には2000円台だったイヤフォン全体の平均単価を倍の4000円台まで押し上げたという。「完全ワイヤレスイヤフォンが市場を後押ししている状況といっていい」

 市場シェアは相変わらずAppleが強い。17年9月時点には「ほぼ独占」状態の83.7%に達し、その後はソニーやBoseなど大手音響機器メーカーの参入などで低下したものの、「依然として50%前後確を保し続けている」という。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1804/13/news099.html
anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1523605015

【 Beats by Dr.Dre ワイヤレスイヤホン BeatsX 密閉型 Bluetooth対応 】

» 記事の続きを読む

広告

やべぇwwww今日三万円のBluetoothイヤホン届くわwwwwww

自慢 ヘッドホン

1: VIPが送るよ 2018/03/18(日) 06:01:57.255 ID:6Z4WaJYw0
やばくね?

3: VIPが送るよ 2018/03/18(日) 06:02:58.522 ID:77sDiEUk0
うん

4: VIPが送るよ 2018/03/18(日) 06:03:22.540 ID:UWxOyhqG0
何買ったん

6: VIPが送るよ 2018/03/18(日) 06:04:28.817 ID:6Z4WaJYw0
>>4
e8ってやつ
B&O Play 完全ワイヤレスイヤホン Beoplay E8 NFMI AAC対応 リモコン・マイク付き 通話可能 ブラック(Black) Beoplay E8 Black by Bang & Olufsen(バングアンドオルフセン) 【国内正規品】
iper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1521320517

» 記事の続きを読む

広告

俺「ワイヤレスイヤホン」お前ら「充電!音質!遅延!接続!ああああブリブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!」

ワイヤレスイヤホン

1: VIPが送るよ 2018/02/12(月) 23:28:52.451 ID:KsSe8Acx0
充電→ケースにしまっとくだけ30分で5時間駆動
音質→有線と大差ない
遅延→音ゲーやんないしまず遅延そんなない
接続→ケースから出した瞬間繋がる
viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1518445732

【 Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き 】

» 記事の続きを読む

広告

Ankerが完全無線イヤホンの上位モデル『Zolo Liberty+』を発売!バッテリーを強化し周辺音取り込み機能を搭載

anker イヤホン zolo Liberty+

1: 音無さん 2018/01/09(火)
Ankerのスマートオーディオブランド『Zolo』の第一弾として完全ワイヤレスイヤホン『Zolo Liberty』が昨年12月24日に
リリースされた。
それに続き上位版である『Zolo Liberty+』が2018年1月9日にリリースされ、アマゾンと一部家電量販店にて販売開始。

完全無線ということで左右が完全に独立している同イヤホン。充電ケース付きで、イヤホン単体では3.5時間の利用が可能で、
充電ケースで充電を繰り返せば48時間の利用が可能。充電ケースそのものは付属のmicroUSBケーブルにて行う。

ペアリングは実に簡単で、イヤホンのボタンを1回押すことによりペアリングモードになるのでスマートフォンにて接続するだけ。
使わない時はケースに戻したら自動的に電源が切れる。もしくはボタン長押しで赤く点灯したあとに電源がオフとなる。

ケースから出すだけで自動的にペアリングされ電源がオンになるPUSH AND GOも搭載している。
使い勝手はアップルの『Air Pods』に非常に似ている。

『Zolo Liberty』の違いは周囲の音を遮断の有無を切り替える周辺音取り込み機能、充電ケースのバッテリー時間が
24時間から48時間に、Bluetooth 5.0対応しているというところだ。

値段は1万4980円だが、発売記念で先着200個限定で2000円オフのセールを行う。下記URLより購入した際に割引が適応されるぞ。

見た目は『Zolo Liberty』と非常に似ているが細かい箇所が異なる。
『Zolo Liberty』と上位版の『Zolo Liberty+』、どちらも良い製品なので好みに応じて購入してみてはどうだろうか?

(製品情報は記事参照)
http://gogotsu.com/archives/36056 
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1515460213

【 Zolo Liberty+ (Bluetooth 5.0 完全ワイヤレスイヤホン) 】

» 記事の続きを読む

広告

ソニー、世界初ノイキャン対応で防滴仕様の完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP700N」発表。1000Xシリーズのアップデート間近か

002_20180110104028.jpg

1: 音無さん 2018/01/09(火) 17:51:38.47 ID:CAP_USER
ソニーは1月8日(米国時間)、完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP700N」や、スポーツ向けネックバンド型ワイヤレスイヤホン「WI-SP600N」を発表した。発売は6月で、価格はWF-SP700Nが179.99ドル、WI-SP600Nが149.99ドル。

ともにソフトウェアアップデートによって、Googleの音声アシスタント機能「Google Assistant」への対応を予定。このほか、音楽再生中も外部の音を取り込むアンビエントサウンドモードをサポートする。色はピンク、イエロー、ホワイト、ブラックの4色展開だ。

WF-SP700Nは、左右独立型の完全ワイヤレスイヤホンとして世界で初めて(ソニー調べ)、ノイズキャンセリング機能とIPX4の防滴性能を両立させた。連続再生時間は3時間。同梱の充電ケースを利用すると、最大2回イヤホンをフル充電できる。再生周波数帯域は20Hzから20,000Hz。Bluetoothのバージョンは4.1で、対応コーデックはSBCとAAC。
no title



WI-SP600Nは、ノイズキャンセリング機能を備えたネックバンド型のワイヤレスイヤホン。IPX4の防滴性能を備え、スポーツ中でも雨や汗を気にせず使用可能だ。連続再生時間は6時間。再生周波数帯域は20Hzから20,000Hz。Bluetoothのバージョンは4.1で、コーデックはSBCとAACをサポートする。
https://news.mynavi.jp/article/20180109-569324/


【 ソニー SONY ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズ NW-WS413スポーツ用 防水/海水/防塵 】

» 記事の続きを読む

広告

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
カウンター
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止