タグ:ワイヤレスイヤホン

アップルのワイヤレスイヤフォン「AirPods Pro」は、ジョブズ時代を思わせる驚きに満ちている

AppleStore

1: 音無さん 2019/11/17(日) 17:04:47.13 ID:CAP_USER
アップルの新しいワイヤレスイヤフォン「AirPods Pro」は、よくできている。あまりにもよすぎて、ねじれた小さなゴルフティーが耳からぶら下がっているような奇妙な見た目や、ほかのワイヤレスイヤフォンと同じくおそらく数年もすればバッテリーがだめになってしまうことを忘れてしまうくらいだ。つけている姿がいかにも金持ちみたいだという理由でネット上でミームにされても、構わないとさえ思ってしまう。

ここでは不満を並べ立てるのではなく、このAirPods ProがこれまでのAirPodsの2つのモデルと比べて、いかに優れているかを語っていくつもりだ。新しいシリコーン製のイヤーチップは本当に快適で、アクティヴノイズキャンセリングを使えばお菓子売り場の幼児の叫び声もほとんど聞こえなくなるのは最高である。ランニングには耐水性能は欠かせないし、Siriはあらゆる要求にしっかり応えてくれる。

アップルがiPhoneから“勇敢”にもヘッドフォンジャックを廃止して以来、これがアップルのイヤフォンのあるべき姿だった。

使い勝手もフィット感も向上
まず、フィット感は申し分ない。イヤーチップは従来のモデルよりも大きく人間工学に基づいたデザインになっていて、シリコーンのおかげで耳の密閉性は素晴らしい。アップルは以前までのモデルと同じく自然な着用感を維持しつつ、イヤフォンに通気孔を設けることによって耳の内外の圧力を解消することに成功している。これによりイヤフォン着用時の圧迫感がなく、軽いのでほとんど耳に何も着けていないような感覚だ。

軸部分は短くなってより湾曲が増し、マイク部分がやや口元に近くなった。これにより少し通話品質が向上し、全体として耳から突き出している部分も少なくなった。これは安定性向上にもつながっている。従来のAirPodsは耳につけていて不安になることが多々あった。通勤電車で誰かに肩をぶつけられただけでイヤフォンがどこかに飛んでいってしまうのではと、いつも不安になるくらいだ。AirPods Proでは、そういった心配はない。

操作性もよくなっている。これまでのタッチ操作では、イヤフォンの位置を調整しようとして誤って操作してしまうことがあったが、このモデルは軸部分に感圧式のセンサーが搭載された。軸部分をつまむようにして押し込み、その押し込む時間の長短によって音楽の再生や一時停止、曲の変更、周囲の音を聞くことができる外部音取り込みモードの切り替えなどが行える。イヤフォンを片耳だけ外せば自動で一時停止し、旧来のBluetoothヘッドセットのように片耳だけで使うこともできる。

充電ケースはこれまでのAirPodsに比べてやや大きくなったが、これはイヤフォンの形状によるものだろう。それでも小型でポケットサイズであることには変わりなく、小さすぎて普段は役に立たないジーンズのポケットにも入れられるほどだ。アップルによると、充電ケースのバッテリー容量は本体1回分の充電に加えて19.5時間ぶんとなっており、実際に使ってみてもほぼそれと同じくらいの稼働時間だと感じた。
以下ソース
https://wired.jp/2019/11/16/apple-airpods-pro-review/
anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1573977887

Apple AirPods Pro
Apple AirPods Pro
posted with amazlet at 19.11.17
Apple(アップル) (2019-10-30)
売り上げランキング: 12

» 記事の続きを読む

広告

follow

ワイヤレスイヤホンの革命児とも言える『TrueOpen』がマジで凄い!周りの音も聴ける新しい体験をして

TrueOpen

1: 音無さん 2019/10/30(水)
現在、数々のワイヤレスイヤホンがリリースされており、左右独立完全ワイヤレスイヤホン、
左右のケーブルが繋がっているワイヤレスイヤホンなど様々な種類が存在する。
中でも先日唐突に発売開始された『AirPods Pro』はファンの間で話題となり品薄状態。
今から注文しても11月上旬~中旬まで入手できないようだ。

しかしここでは革命とも言えるワイヤレスイヤホンを紹介したい。それは『TrueOpen』というもので、
10月17日にクラウドファンディングサイトMakuakeでプロジェクトが開始されたばかりのもの。

耳に差し込むタイプのイヤホンでは無く、耳にかけて聞く完全オープンイヤーなワイヤレスイヤホンとなる。
いわゆる耳元にスピーカーを置いているような感じだ。考え方とはしてSTAXやAKGのヘッドホンと似ている。

発売前にお借りした『TrueOpen』を早速試聴してみたところ、驚きのサウンドだ。OGS(OpenGuidedSound)により、
耳が持っている音を増幅させる機能を利用し、広がりのある音が楽しむ事ができる。また耳に差し込むタイプでもないので、
耳の穴や鼓膜への負担も少ない。

普段私が常用している、『WF-1000XM3(ソニー)』や『Falcon(Noble Audio)』とはまた別格のサウンド体験となる。
良い悪いではなくこれは新たな音の楽しみ方として評価したい。ソニーが過去に発売した肩に乗せるスピーカー『SRS-WS1』に近いだろう。

当然欠点もあり、オープンイヤーなので外で使い際は音漏れに注意だ。モロに音が漏れてしまうので外で使いたい人は
音を下げるなど工夫が必要だ。

また最近流行りの完全ワイヤレスではなく、左右がケーブルで繋がったタイプとなる。ただこれは欠点と言うべきかは好みによる。
むしろケーブルがあった方が落とさなくて良いという方や、手元にリモコンがあるので楽だという意見もある。

充電に関しては流行りの専用充電ケースでは無く、リモン下にあるmicroUSBに差し込んで充電となる。3時間で満充電で、
10時間の連続再生、連続通話が可能。

こちら『TrueOpen』はMakuakeでは既に374%と見事目標達成である。一般販売予定価格は7980円だが、
Makuakeでは5580円を支援することにより入手可能。8770円の支援だと2個セットとなる。

これは是非聞いてみて欲しいサウンドだ。興味のある人は是非支援するなり発売後に購入してはどうだろうか。

https://gogotsu.com/archives/54699
no title

no title

no title

https://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/10/004-12.jpg
https://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/10/005-6.jpg
https://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/10/008-1.jpg

関連
ワイヤレスイヤホン『FALCON』を発表 連続再生10時間で累計40時間再生 防水で高音質を保つ高級イヤホン
https://gogotsu.com/archives/54483
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1572421935

» 記事の続きを読む

広告

follow

最近流行の ブルータスイヤホンってどれ買えばいいの?

BT

2: 音無さん 2019/10/08(火) 20:51:29.64 ID:NHT9/k5i0
ソニーのxm3
ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3 : 完全ワイヤレス/Bluetooth/ハイレゾ相当 最大6時間連続再生 2019年モデル ブラック WF-1000XM3 B

3: 音無さん 2019/10/08(火) 20:51:56.12 ID:cqXyrtQl0
>>2
ググってみたけど高くね?

5: 音無さん 2019/10/08(火) 20:52:57.35 ID:bgacwiF/0
>>3
じゃあ有線にすれば?

22: 音無さん 2019/10/08(火) 21:04:28.60 ID:dVwwfrKd0
>>5
今のスマホにはイヤホンジャックが無いんだよガラケーじゃないんだから
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1570535429

» 記事の続きを読む

広告

follow

マニアの間で名門ブランドと名高い「Noble Audio」から最高峰のワイヤレスイヤホン「FALCON」登場! 防水・高音質・連続再生10時間と完璧

FALCON

1: 音無さん 2019/10/18(金)
株式会社エミライは2019年10月18日に都内某所にてワイヤレスイヤホン『FALCON』を発表した。

『FALCON』はアメリカの高級イヤホンメーカーNoble Audioが設計、開発しており完全ワイヤレスにしつつも
有線イヤホンに匹敵する品質を保ったもの。
Noble Audio初のワイヤレスイヤホンでクアルコムのQCC3020を搭載しており、TWS+、apt X、AAC、SBCに対応。

それだけでなく「Dual-Layered-Carbon Driver」により歪みを2分1に低減、伸びがやかな高域表現が可能となった。

■防水設計
『FALCON』は完全防水設計のIPX7となっており、イヤホン本体が濡れるだけでなく水没しても故障しない。
また外気と水中の温度差が5度未満の環境下で約1メートルの深さに一時的に30分間沈めても動作に影響がしない。

■搭載累計30時間再生可能
ワイヤレスイヤホンの課題であるバッテリーは、60分の充電で10時間再生、ケースで3回分充電可能なので
累計30時間の再生が可能となっている。ケースはUSC Type-Cでの充電となる。

■細かい設定が可能な専用アプリ
イヤホン本体のボタンを任意に変更することができる機能やイコライザー機能など、またファームウェアアップデータが
可能となる専用アプリが提供される。
こちらはiOS、Androidにて年内に提供開始予定。

■安心補償サービス
イヤホンの片方か充電ケースのいずれか1つを紛失してしまった場合、8000円で新品と交換することが可能。

こちら『FALCON』は2019年10月25日に発売となっておりオープン価格。
eイヤホンやヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機などで取り扱いが決定しているほか先行展示も行う(先行展示はヤマダ電機は除く)。

※仕様は記事参照
https://gogotsu.com/archives/54483
Noble Audioが発売してきた高級イヤホン
no title
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1571382548

» 記事の続きを読む

広告

follow

今買いたい決定版ワイヤレスヘッドホン。何をかっていいか分からない人必見!!

ヘッドホン

1: 音無さん 2019/10/08(火)
Bluetooth接続のスピーカーを内蔵したアイマスク「BTアイマスク」があきばお~弐號店で販売中。

 トーシン産業のプライズ向け製品で、店頭価格は税抜き1,400円。

https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/img/ah/docs/1209/786/tbteyems7_s.jpg

これは、2個のスピーカーを内蔵したアイマスク。
アイマスクは超柔軟性素材を採用しており、高い遮光性をもつという。
スピーカーはBluetooth接続で、アイマスクに装備されたパネルから電源のON/OFFや音楽再生、音量調整などの操作できる。

https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/img/ah/docs/1209/786/tbteyems2_s.jpg
https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/img/ah/docs/1209/786/tbteyems3_s.jpg
https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/img/ah/docs/1209/786/tbteyems4_s.jpg

 重量は約60g。内蔵バッテリーで動作し、約3時間の充電で約1時間の使用ができる。充電は付属のUSBケーブルで行う。

(後略)
https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1209786.html
.sc/test/read.cgi/news/1570535429

ヘッドフォンブック2019 (CDジャーナルムック)

シーディージャーナル (2019-04-17)
売り上げランキング: 285,741

» 記事の続きを読む

広告

follow

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
カウンター
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止