タグ:企業

音響機器メーカーのオンキヨー、オーディオ部門の社員3割削減へ Pioneerと供に沈む

カット

1: 音無さん 2019/11/11(月) 14:38:44.59 ID:CAP_USER
オーディオ機器のオンキヨー(ジャスダック、6628)は11日、10月4日に売却の中止を発表していたホームAV事業ついて構造改革を発表した。拠点の集約や組織体制の見直しで約30%規模の人員削減を実施し、役職ポストを約半分に減らす。迅速な意思決定や新しい発想を実現できる組織を目指すことがねらい。拠点集約や組織体制の見直しで、年10億円程度の費用削減を見込む。

オンキヨーは人員削減策の詳細について「決定次第、後日開示する」としている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕
2019/11/11 14:04
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL11HU3_R11C19A1000000/


リストラなう!
リストラなう!
posted with amazlet at 19.11.12
綿貫 智人
新潮社
売り上げランキング: 608,879

» 記事の続きを読む

広告

タグ

オンキヨー、音響事業を外資に売却。事実上の撤退。オーディオ業界が崩壊した理由とは?

おわり
1: 音無さん 2019/05/27(月) 17:02:45.50 ID:dLEI6Ghg9
オーディオ名門また撤退 オンキヨーが音響事業を外資に売却

 かつて一世を風靡したオーディオ界の名門ブランドが、またも事実上の撤退に追い込まれた。創業70年を超えるオンキヨーが今月、主力の音響事業を外資に売却することを決めた。携帯型音楽プレーヤーやスマートフォンの普及で、コンポなど据え置き型のオーディオ機器市場はここ10年間で6割ほど縮小。国内メーカーは踏ん張りどころを迎えている。

 オンキヨーは今月21日、連結売上高の多くを占める「ホームAV事業」(音響・映像)の売却に合意したと発表した。売却先は「マランツ」や「デノン」といったブランドを持つ米同業のサウンド・ユナイテッドで、売却額は7500万ドル(約82億円)。平成27年に買収した「パイオニア」ブランドの事業も対象だ。

 オンキヨーは売却後も引き続き「オンキヨー」ブランドを保有するが、製造・販売はサウンド社が引き継ぐ。オンキヨーは今後、ヘッドホン事業などに経営資源を集中する。

 オンキヨーは昭和21年に大阪市で創業。家庭向けの高品質のオーディオで人気を集め、1980年代後半には「ミニコンポ」ブームを牽引した。

 ところが近年は、スマホの普及などによる音楽鑑賞スタイルの変化で業績が低迷。今月24日に発表した平成31年3月期の連結決算は最終損益が3400万円の黒字に転換したが、30年3月期まで5期連続で赤字だった。

 電子情報技術産業協会によると、30年のオーディオ関連機器の国内出荷額は853億円で、20年の2104億円から約6割も縮小。この間、多くのオーディオ機器メーカーが淘汰の波にさらされてきた。


 20年には日本ビクターとケンウッドが経営統合。高級アンプで知られた山水電気は24年に民事再生法の適用を申請し、26年に破産した。パイオニアはオンキヨーにオーディオ事業を売却後、カーナビ事業を中心に生き残りを図ったが、今年3月には経営危機を抜け出せないまま外資の傘下になった。

 一方、パナソニックは26年に「テクニクス」ブランドを復活させ、CDよりも高音質の「ハイレゾリューション」音源に対応した高級機で市場の活性化を図ろうとしている。同社の広報担当者は「音響事業は高収益事業とは言い難いが、将来的には住宅事業や車載事業と組み合わせることで新たな価値やサービスを提供できる可能性もある。今後も技術開発に精力的に取り組んでいく」としている。

オンキヨーのミニコンポ「FRシリーズ」の最新モデル。20年以上続く定番商品だ
https://www.sankei.com/images/news/190527/ecn1905270006-p1.jpg

https://www.sankei.com/economy/news/190527/ecn1905270006-n1.html
2019.5.27 11:03  産経新聞

前スレ (1が立った日時:2019/05/27(月) 14:23:25.75)
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1558934605/
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1558944165

ONKYO デジタルオーディオプレーヤー rubato ハイレゾ対応 ブラック DP-S1(B)
オンキヨー(Onkyo) (2017-03-17)
売り上げランキング: 34,702

» 記事の続きを読む

広告

タグ

【終了】オンキヨー主力のホームAV事業のを米企業へ売却。日本のオーディオメーカーは壊滅状態へ

ONKYO

1: 音無さん 2019/05/15(水) 23:00:37.44
 
オンキヨー、主力ホームAV事業を米社に売却へ

 オーディオ機器大手のオンキヨーは15日、主力のホームAV事業の売却に向けて
米同業のサウンド・ユナイテッド(SU)などと協議を始めたと発表した。
具体的な売却規模については明かしていないが、最大でオンキヨーの連結売上高の7割弱が対象となる可能性がある。

 売却対象のホームAV事業には、AVレシーバーと呼ぶアンプや高級スピーカー、ミニコンポなどの主力製品を含む。
2015年に買収したパイオニアのオーディオ事業と統合した中核子会社「オンキヨー&パイオニア」などが検討対象になる。
同事業の18年3月期の売上高は346億円、営業利益は25億円だった。
オンキヨーが手掛ける3事業のなかで唯一黒字だった。

SUはAVレシーバーなど幅広くオーディオ製品を手掛ける。17年には「デノン」などの音響ブランドを持つ企業を買収するなど
有名ブランドの取り込みを進めている。
オンキヨーは今後、SUとその持ち株会社であるバイパー・ホールディングスと売却対象や譲渡額などについて詰める。

 オンキヨーは00年代にスマートフォン(スマホ)など新しい音楽プレーヤーの台頭を受けて経営が悪化した。
12年に米老舗ギターメーカー、ギブソン・ブランズと資本・業務提携を結んで経営再建を目指していた。
だが18年にギブソンが経営破綻し、中国家電大手TCL集団との提携など再建へ向け施策を模索していた。

オンキヨーは15日に予定していた19年3月期の決算発表を24日に延期すると発表した。


日本経済新聞(2019/5/15 15:01)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44820810V10C19A5000000/
.sc/test/read.cgi/news/1557928837/

【 なぜ日本企業は勝てなくなったのか 】

» 記事の続きを読む

広告

カテゴリ
タグ

【悲報】パイオニア…中華企業に日本企業が買われ続けてる件…昨年度は過去5年で最多 59件

stop

1: 音無さん 2019/05/03(金)
昨年度、中国系の企業が日本企業の買収や出資に参加した件数は、過去5年間で最も多かったことが民間の調査でわかりました。

M&Aの助言業務を行う「レコフ」の集計によりますと、昨年度1年間に香港を含む中国系の企業が日本企業の買収や出資に参加した件数は、前の年よりも22%増えて59件でした。

これは過去5年間でみても最も多いということです。

中国のエネルギー関連企業が、日産自動車のリチウムイオン電池の生産事業を買収したり、香港のファンドが、業績の不振が続くパイオニアを買収したりする大型の案件があった一方で、中国系の企業が日本の大学発のベンチャーや中堅企業に出資する事例もありました。

今年度に入ってからも、経営再建中の液晶パネルメーカー、ジャパンディスプレイの資本増強に中国の投資ファンドが加わるなど、中国系の企業が日本企業に資本参加する動きが続いています。

2019年5月3日 4時31分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190503/k10011904171000.html
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190503/K10011904171_1905030711_1905030724_01_03.jpg
.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1556862354

【 「中国製造2025」の衝撃 習近平はいま何を目論んでいるのか 】

» 記事の続きを読む

広告

タグ

【終焉】香港ファンドの完全子会社になったパイオニア、3000人をリストラへ

集まり

1: 音無さん 2019/04/19(金) 05:55:14.93 ID:CAP_USER
 経営難から香港ファンドの完全子会社になったパイオニアが、国内の管理職を対象に希望退職の募集を始めたことがわかった。昨年12月にまとめた人員削減計画の一環で、近く管理職以外にも対象を広げる方針だ。まずはリストラを軸にして再建を急ぐ。

 パイオニアの昨年3月末の単体従業員数は3182人で、平均年齢は43・2歳。管理職の割合は明らかにしていない。今月から募集を始めており、退職日は6月ごろの見通しだ。想定人数は「公表できない」(広報)としている。管理職以外の募集についても、労働組合から合意を得ているという。

 パイオニアは主力のカーナビ事業の不振で、2019年3月期の純損益が3年連続の赤字になる見通し。昨年12月、香港の投資ファンド「ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア」の完全子会社になって再建をめざすと発表し、グループの従業員約3千人を削減する計画を打ち出した。希望退職のほかに、採用の抑制や非正規社員の縮小なども実施する方向で、開発や生産、販売などの拠点を再編する方針も示している。

 ベアリングから得る資金のうち…

残り:184文字/全文:633文字
2019年4月19日02時30分
https://www.asahi.com/articles/ASM4L44M3M4LULFA011.html
anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1555620914

【 仕事のできるあなたが、なぜリストラされるのか~「無差別リストラ時代」の処世術~ 】

» 記事の続きを読む

広告

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止