タグ:健康

みんな笑うけど、ぎっくり腰は地獄!10万円で買えるアシストスーツが登場!アンプもらくらく持ち上げられるな

ぎっくり腰

1: 音無さん 2019/10/19(土)

日本の腰痛生涯有病率は83%、「一家に1台アシストスーツ」が救世主に!
https://newswitch.jp/p/19694
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1571463449

人生を変える幸せの腰痛学校 ―心をワクワクさせるとカラダの痛みは消える
伊藤 かよこ
プレジデント社
売り上げランキング: 11,089

» 記事の続きを読む

広告

follow

どう考えても不摂生しているおまえらが「健康」のためにやっていることある?

健康

1: 音無さん 2019/09/24(火)
9月18日(水曜日)午後1時30分から、曙会館(札幌市中央区南11条西10丁目)で、曙地区連合町内会(笹川 信雄(ささがわ・のぶお)会長)主催の「健康づくり教室」が開催され、住民約50人が参加しました。

 この教室は、高齢化が進む中、地域住民にいつまでも元気に楽しく過ごしてもらうことを目的として、年4回開催しているものです。

 今年度2回目となるこの日は、「すこやか倶楽部」(「絹うた(歌唱療法士)&ウッキー」さんを講師に招き、「音楽と脳トレ」をテーマに講話と実技が行われました。

 参加者は、絹うたさんの美しい歌声とウッキーさんのウクレレ演奏による「ふるさと」や「みかんの花咲く丘」などの童謡の他、並木路子(なみき・みちこ)さんの「リンゴの唄」などの楽曲に合わせて手指を動かしながら楽しみました。

 健康づくり教室に毎回参加しているという角田泰子(かくた・たいこ)さんは「みんなの知っている歌ばかりでとても楽しめた。来年も参加したいし、それまでの元気をもらった」と満面の笑みで話していました。

 なお、3回目となる次回は、「サプリメントと薬 食事と食べ合わせ」をテーマに11月20日(水曜日)に開催する予定です。

※「すこやか倶楽部」:概ね65歳以上の要介護認定を受けていない方を対象とした心と身体の健康づくりを目的とした札幌市の委託事業

http://www.city.sapporo.jp/chuo/news/h31/190918.html
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1569299855

健康をマネジメントする 人生100年時代、あなたの身体は「資産」である
横山 啓太郎
CCCメディアハウス
売り上げランキング: 13,566

» 記事の続きを読む

広告

タグ
follow

【難聴】“キーン”激しい耳鳴り、ひどい頭痛、めまい←こうなったら人生終わりだろ

めまい

1: 音無さん 2019/03/25(月)
二宮和也 耳鳴り、頭痛、吐き気で緊急検査、結果は問題なし

芸能関係者が明かす。

「ロスから帰国した直後、病院を受診したのは、腰の持病のためではないそうです。腰の持病に関しては、嵐のメンバーが日頃から頼っている
スゴ腕のスポーツマッサージ師などのサポートスタッフもいますし、ある程度はセルフコントロールもできるはずです。
その日は、めまいや“ブーン”“キーン”といった耳鳴りがして、ひどい頭痛がしたり、吐き気を催したりする症状を感じて、大学病院で緊急検査を受けたそうです」

音楽関係者、特に大音量でのコンサートを頻繁に行う歌手の中には、そうした症状を訴える人は少なくない。重症化すると、スガシカオ(52才)や
浜崎あゆみ(40才)、KinKi Kidsの堂本剛(39才)が患ったような「突発性難聴」と診断され、しばらくステージの上に立てないということもある。

日本橋大河原クリニックの大河原大次院長の解説。

「突発性難聴を罹患するのは20~60代で男女差はなく、詳しい原因は不明ですが、血流障害やウイルス、ストレスが原因とされます。
症状が起きてから遅くても2週間以内にステロイドホルモンで治療すれば、治療は充分に可能です」

https://www.news-postseven.com/archives/20190314_1329576.html
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1553507060

【 1分で「聞こえ」が変わる耳トレ! 】

» 記事の続きを読む

広告

タグ
follow

【今すぐ試して】WHOがイヤホン難聴を防ぐための診断アプリを発表!

ヘッドホン
1: 音無さん 2019/03/04(月) 10:38:16.92 ID:CAP_USER
【ジュネーブ=共同】世界保健機関(WHO)は4日までに、難聴になるのを防ぐため、自分の聴覚を診断できるスマートフォンなど向け無料アプリ「hearWHO」を開発し、運用を始めたと発表した。世界では聴覚障害に苦しむ人が増加傾向にあり、予防のための早期診断に役立ててほしいとしている。

利用者はヘッドホンを付け、さまざまな雑音の中、英語で話される3つの数字の組み合わせを複数回聞き取って入力。正答の数によって聴覚の状態が診断される。

WHOは2月、スマホなどの携帯音楽機器で長時間、大音量の音楽を聴き続けると聴覚障害になる恐れがあるとして、音量制限機能などの搭載を求める国際基準を発表した。

WHOによると、世界で聴覚障害のある人は約4億6600万人。2050年には9億人に達するとの試算もある。

WHO広報によると、アプリは現時点では有線のイヤホンでのみ利用可能で、ブルートゥースなどの無線通信では作動しないという。
2019/3/4 10:08
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41983370U9A300C1CR0000/


【 「病気にならない人たち」は何をしているのか 】

» 記事の続きを読む

広告

follow

【話題】耳かき型の綿棒が驚きのヒット 耳かき界に革命を起こした「黒」に挑戦した会社

フクロウ

1: 音無さん 2019/02/16(土) 02:51:42.68 ID:ZFhOghPD9
https://news.goo.ne.jp/article/asahi/trend/ASM1Z53PPM1ZOHGB00X.html

「耳にもぜいたくな時間を」――岐阜県高山市の老舗綿棒メーカー「平和メディク」が開発した耳かき型に加工した綿棒が販売好調で想定の倍を超える売れ行きだ。「プチぜいたく」がコンセプトで、ともに開発した保湿成分たっぷりの綿棒も今月発売した。

昨年8月に発売された「おとなの耳かきこっとん」は綿棒の片方がしゃもじのような耳かき型。綿を耳かきの形に加工し固める。

「固ければ、耳かきと一緒、柔らかければ耳あかをかき出せない」と、開発には、ほどよい固さを目指して1年以上の試行錯誤を繰り返したという。

全国で販売を始めると、年間の販売想定を半年で達成した。同社は衛生商品のタブーに挑戦した黒い綿棒を製造したことでも知られる。開発に携わった同社の蓑谷章一さん(32)は「黒い綿棒を超える新商品をと思って開発したが、予想以上だった」と驚く。
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1550253102

» 記事の続きを読む

広告

follow

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
カウンター
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止