タグ:医療

え!?漢方ってインチキじゃなかったの?WHO、漢方薬の効果に「お墨付き」を与える

中国 土瓶

1: 音無さん 2019/09/16(月)
(CNN) 漢方薬は何世紀にも渡り、世界中で病気の予防や治療に使われてきた。しかし、漢方薬が最も広く使用され、その効用が実証されてきたのは中国だ。

中国医学の支持者らは、伝統中国医学(TCM)を世界で主流とされる西洋医学に統合するための取り組みを行ってきたが、その長年の努力がついに結実した。
世界保健機関(WHO)の政策決定機関である世界保健総会(WHA)は5月25日、伝統医学に関する章を初めて盛り込んだ
「疾病及び関連保健問題の国際統計分類」(以下、国際疾病分類:ICD)の第11回改訂版(ICD-11)を正式に承認した。

しかし、この動きに批判的な見方もある。生物医学界からは、WHOは一部の漢方薬に毒性があること、漢方薬の効果を裏付ける証拠が
不十分であることを見過ごしている、との声が上がっている。また動物の権利擁護者らも、TCMの一部の治療にはトラ、センザンコウ、クマ、サイなどの
臓器が使用されており、WHOがTCMを承認したことにより、今後これらの動物が一段の危険にさらされると主張する。

ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校の薬理学・医学部教授アーサー・グロールマン博士も、この動きは効果が実証されていない
治療を正当化することになり、医療費の大幅な増加にもつながると指摘する。

世界基準?

国際疾病分類(ICD)は、数千の疾病や医療診断を分類した重要文書で、研究の仕方に影響を与えたり、保険の補償範囲の決定に利用されることもある。

WHOは、今回の改訂版に伝統医学の条件や医療行為を含めた理由について、全世界で数十万人がこれを利用しているため、と説明する。

WHOのタリク・ヤシャレビチ報道官は、伝統医学は診療記録が不十分であったり、全く記録されていない場合もあり、ICDに伝統医学を盛り込むことにより、
「伝統医学の医療行為を世界基準や標準開発と結びつけることができる」と語る。

しかし、ヤシャレビチ報道官は、ICDへの追加は、伝統医学の医療行為の科学的妥当性や伝統医学の介入の有効性を承認するものではない、と付け加えた。

全文
https://www.cnn.co.jp/fringe/35140363.html
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1568639127

【 自分にぴったりの薬が見つかる! 漢方薬キャラクター図鑑 】

» 記事の続きを読む

広告

タグ

なぜ!?発達障害の子供が過去最多!!おまえらもか?

人形

1: 音無さん 2018/11/13(火)
学習障害などの発達障害がある小中学生と高校生の数が、いずれも統計を取り始めてから最も多くなったことが分かりました。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/tottori/20181113/4040001586.html
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1542107524

【 ライブ講義 発達障害の診断と支援 】

» 記事の続きを読む

広告

体内に埋め込んだ機械にワイヤレスで給電するシステムをMITの研究者らが開発

充電 スマホ

1: 音無さん 2018/06/06(水)
◆体内に埋め込んだ機械にワイヤレスで給電するシステムをMITの研究者らが開発

電子機器へワイヤレスで給電するワイヤレス電力伝送の仕組みは、スマートフォンなどのデバイスで実用化されています。
MITの研究者らはこの技術を使い、動物の体内に埋め込んだ機械に対してワイヤレスで給電するシステムを開発しました。

Wireless system can power devices inside the body | MIT News
http://news.mit.edu/2018/wireless-system-power-devices-inside-body-0604

従来、体内に埋め込んで駆動するタイプのペースメーカーを始めとする機器は、機器そのものに一定の寿命を持つバッテリーを搭載する必要がありました。
しばらくの間機器を動かすための容量を備えたバッテリーは、機器の大部分を占めるほどの大きさになることもあり、体内に埋め込む機器の小型化にとって大きな障壁となっていたそうです。

MITのファデル・アビブ准教授らの研究チームは、体内に埋め込んだ機器に対して、体内を安全に通過させることが可能な高周波を利用して給電するシステムを開発しました。
研究チームはすでに豚を使った動物実験において、豚の皮膚から深さ10cmの深さに埋め込んだ機器に対し、皮膚から1m離れた距離から発した高周波で電力を供給することに成功しています。
また、埋め込み機器が皮膚の表面近くに設置されている場合、実に38mも遠くからでも電力を供給することができたとのこと。


■解説図
no title

no title

https://i.gzn.jp/img/2018/06/05/wireless-power-devices-inside-body/02_m.png

GIGAZINE 2018年06月05日19時00分
https://gigazine.net/news/20180605-wireless-power-devices-inside-body/


【 cheero Power Plus 3 13400mAh 大容量 モバイルバッテリー iPhone&Android対応 2ポート 】

» 記事の続きを読む

広告

【画像あり】腕で耳を培養、事故で左耳失った米兵に初の移植手術

パーツ マネキン

1: 音無さん 2018/05/11(金)
米テキサス州の陸軍医療施設でこのほど、女性兵士の前腕部で新たな耳を培養し、頭部に移植する手術が行われた。兵士は2年前の車事故で瀕死(ひんし)の重傷を負い、一命は取り留めたものの、左耳を失っていた。

手術では、形成外科医が女性兵士シャミカ・バレージさんのあばらの軟骨を採取し、これを前腕部の皮膚下で培養した。そして、テキサス州エルパソにある陸軍医療センターの医師が、腕から頭部に耳を移植することに成功した。

同医療センターで形成再建外科の責任者を努めるオーウェン・ジョンソン中佐によると、この技術は「積層遊離前腕皮弁術」と呼ばれるもの。陸軍で施術が行われたのは初めてだという。

この技術により、バレージさんの耳にさらなる傷痕を残す可能性を減らすことができ、前腕部の皮膚下で耳を培養することで新たな血管の形成を促すことも可能だという。

ジョンソン氏は米陸軍のウェブサイトで、「耳には新しい動脈や静脈が備わるほか、新たな神経も通うため、彼女はそれを感じられるようになるだろう」とした。

バレージさんはさらに2回の手術を受ける必要がある。ただ、事故以来かつてなく将来に前向きな気持ちが芽生えているといい、「何かにつけて長い時間がかかったが、私はすっかり元に戻った」と話している。

ソース/CNN
https://www.cnn.co.jp/usa/35119000.html

画像
https://www.cnn.co.jp/storage/2018/05/11/ace317ad639e1db3c32f3ac28a3ba178/t/640/359/d/ear-in-forearm.jpg
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1526027928

【 iPS細胞が医療をここまで変える 】

» 記事の続きを読む

広告

欧州科学アカデミーが、ホメオパシーは「ニセ科学」 EUの医療から分離すると表明。ホメオパシー製品は深刻な害をもたらすと警告

一滴 医療
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1506340953

1: (東京都) [ES] 2017/09/25(月)
欧州科学アカデミー諮問委員会(EASAC)がロシアや米国の例に倣い、ホメオパシーを医療から分離した。委員会によると、
ホメオパシー製品は深刻な害をもたらす可能性がある。
肯定的感情は米国人の健康を増進する だが日本人の場合はそうではない
これまでも多くの臨床実験が、ホメオパシーによって得られる効果はプラセボ(有効成分を持たない薬)による効果と同等だ
と示していた。だが、ホメオパシーという代替医療を支持する人は世界各地で見られる。
2017年2月、ロシア科学アカデミー付属委員会がホメオパシーを攻撃。ロシア科学アカデミーのニセ科学対策委員会が、
ホメオパシーを「ニセ科学」だと明記した覚書を公開したのだ。学際的なこの作業班には、心理学者や物理学者、化学者な
どの学者30人が参加していた。
そしてEASACが現在、「ホメオパシー製品の広告や使用は大きな害をもたらす可能性がある」とホメオパシーを痛烈に批判
する声明を出したのだ。
全12ページの文書は、ホメオパシー製品が効かないことを示す、利用可能な研究やレビューの結果をまとめている。EASAC
によると、ホメオパシーにより、効果的な薬を探すことが妨げられるおそれがある。

https://jp.sputniknews.com/science/201709254121704/

【 ニセ科学を見抜くセンス 】

» 記事の続きを読む

広告

カテゴリ

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止