タグ:地震

【オカルト】猫には地震予知能力があるのか?人では感じない何かを感知している可能性

7713b96cd4f1033e0871bc2edcd8b0bd_640px.jpg

1: 音無さん 2019/05/20(月) 13:11:18.74 ID:jdpTugwN9
日本は地震大国。阪神・淡路大震災の時、大きな揺れが来る前に慌てだした猫もいるようですが、猫には地震予知能力があるのでしょうか。京都大学で猫の心理を研究しているチームCAMP-NYANに教えてもらいました。

「大阪の叔父が可愛いがってた猫の話。ある日の早朝もの凄く鳴くので叔父が起き上がって廊下に出た瞬間、あの阪神大震災がきて布団の上半身側に大きなタンスが倒れてたらしい。それ以後私の一族はみんな猫を飼ってる。布団も猫さま優先です」

「猫の行動が普段と違っていたら、油断せずに備えて下さい。熊本地震本震前、愛猫が窓や扉から外に出たがってものすごくガリガリしてました。ちなみに完全室内猫で外の世界を知りません」(いずれもツイッターの投稿より)

-猫は地震を予知することができるのでしょうか。予知したかのような行動をした猫もいれば、何も知らずに寝ていて、地震が揺れたら、驚いて外に逃げてしまった猫もいるようですが。

CAMP-NYAN:猫は環境の変化にとても敏感で、特に、音に関しては人間より、ずっとよく聴こえるので、地震の初期に発生するP波が聞こえるのかもしれません。P波は、地中で起こる初期微動と言われる地震波で、小さな揺れが発生すると同時に地響きもするので、音に敏感な猫は、落ち着かなくなる。つまり、地震をいち早く予知、あるいは察知しているのかもしれません。

-猫が「いまから地震が来るよ~」と、教えてくれるといいですね。

CAMP-NYAN:それができるといいのですが、人間と話せる言語を持っていないので、仮に予知能力や察知能力を客観的に証明することが難しいのです。猫については、まだ分かっていないことが多いのですが、地震と猫についても、これから研究が進められるでしょう。

-ところで、猫はそんなに音に敏感なのでしょうか。
CAMP-NYAN:たとえば、掃除機の音やテレビの音、ドライヤーの音など、家電の音も猫には大きな音なので、ストレスになることがあります。ベッドは、テレビから離れたところに設置しましょう。

-チャイムの音がすると隠れてしまう猫もいるようですが。

CAMP-NYAN:大きな音や不自然な音だけでなく、チャイムや電話のように突然鳴り出す音も苦手なんです。その音が嫌な体験と結びつくとさらに不快感が増すとも考えられています。たとえば、「ピンポーンとチャイムが鳴ったら、知らない人が家の中に入ってきて怖かった」という経験をすると、チャイムの音を聞くだけで嫌な気持ちになるのです。

機械音の他にも、人間のくしゃみや子供が発する大きな声というのも、猫は苦手なので、注意してあげるといいでしょう。

https://maidonanews.jp/article/12382914?p=16297401
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1558325478

【 日本人は知らない「地震予知」の正体 】

» 記事の続きを読む

広告

タグ

大阪のオーディオショップ eイヤホン、逸品館。地震の影響は…?

お休み お店

150: 音無さん 2018/06/18(月) 09:52:42.45 ID:C+Tq9C4W0
日本橋店は緊急閉店かしらね

151: 音無さん 2018/06/18(月) 10:45:29.28 ID:Ssnws2OU0
梅田と日本橋は営業見合わせのようね。
店内悲惨なことになってそう。

地震の影響による配送遅延及び出荷遅延について【e☆イヤホン】
http://www.e-earphone.jp/html/page354.html
【e☆イヤ】専門店統一スレ 38店舗目 【フジヤ】

【 サンワサプライ 耐震ジェル 透明両面粘着(中) 地震 転倒防止 】

» 記事の続きを読む

広告

【再掲】【大阪地震】 被害のない地域でも起きるエア被災を知っていますか。 「心因的病状悪化」に要注意

モノクロ風 悲しげ ポートレート 顔 人感情


1 名前: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) 投稿日: 2011/03/28(月) 20:55:11.63 ID:TmZhu6rt0
東日本大震災の影響は、直接大きな被害を受けていない地域の医療現場にも影響をおよぼしているようです。
QLife(キューライフ)は、『大震災の医療現場への影響実態調査』結果を発表しました。
調査には、茨城県を除く関東地方(栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川の1都5県)の医師252人が回答、
実施期間は3月24~25日です。


同調査の結果によると、関東では半分以上の医療現場で患者に
「震災で心因的な病状悪化」が見られることが明らかになりました。
病状悪化は、「子ども」よりもむしろ「大人」に認められ、
特に「女性」「高齢者」に多いとする医師が多数を占めています。

典型的な症状は、「不眠」「めまい・浮遊感」「血圧上昇」の順に多く、
「余震」や「テレビ映像」がきっかけになっておう吐や目まい、耳鳴りが出現した人も。
「心労と過労で軽度のアトピー性皮膚炎が悪化」「阪神淡路大震災の被災者で、
今回の震災で当時を思い出してパニック発作を発祥」
「定期受診している人全員がふだんより20~30血圧が高い」などの報告が寄せられているようです。

http://getnews.jp/archives/107102

[エア被災]東京でも半分以上の医療現場で「心因的病状悪化」 なんと震災による影響が明らかに!
hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1301313311

» 記事の続きを読む

広告

タグ

巨大地震まで1時間あったら何する? ジオネット利用でM7地震、1時間前に予知可能か

制限時間
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1475238514

1: (やわらか銀行) 2016/09/30(金)
M7地震、1時間前に予知可能? 京大教授ら電離圏異常検知で
京都新聞 9月30日(金)17時0分配信

マグニチュード(M)7以上の大地震の発生を、1時間~20分前に予測できる可能性のある手法を、
京都大情報学研究科の梅野健教授や大学院生の岩田卓也さんのグループが開発した。
震源域の上空の電離圏の異常を、国土地理院のGPS連続観測網「ジオネット」のデータを用いて
検知する手法で、米国地球物理学連合の学会誌で30日発表する。
■有効性の検証が必要

 梅野教授は「公開データのみを用いる手法であり、今後、有効性などの検証が進むことを期待
したい」としている。
 2011年の東日本大震災(M9・0)では、本震の直前に震源域の上空60キロ以上に存在する
電離圏で電子数が異常に増えることが報告されている。ただし、ジオネットの一つの観測局の
データを用いて解析しているために精度が不十分で、他の地震に適用しようとすると誤差も生じていた。
 グループは、複数の観測局のデータを組み合わせて精度を格段に高める手法を新たに開発した。
新手法を用いると、東日本大震災の前後に周辺で起きたM7クラスの地震についても電離圏の
異常を捉えられる例があることを確かめた。
 電離圏の異常が起こるメカニズムはよく分かっておらず、梅野教授は「今後、東日本大震災以外の
地震についても今回の手法を適用し、研究を進めていきたい」と話している。
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-00000017-kyt-sctch

【 非常用持ち出し袋36点セット 防災セット 】

» 記事の続きを読む

広告

テレビの地震対策してる?最近の薄型テレビは震度6弱で死ぬぞ

壊れたテレビ
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1442708794/

1: 海江田三郎 ★ 2015/09/20(日) 09:26:34.67 ID:???.net
http://hbol.jp/60117

12日の午前5時49分、東京湾を震源とする大きな地震があった。
 調布市では震度5を観測するなど、東京では4年ぶりになるほどの大きな地震であったが、
記者会見をした気象庁地震津波監視課の長谷川洋平課長によれば、「想定されている首都直下地震と震源のエリアは同じだが、
規模は想定の1000分の1であり、今回の地震が今後、より大きい地震を誘発することも考えにくい」という。

 こうした大きな地震が起きると改めて気になるのは自宅の地震対策だ。
「東日本大震災以降、背の高い家具は買わないようにしている」「本棚には転倒防止のストッパーを付けた」
などといる人は多いが、意外と少ないのは最近低価格がが進んできた薄型テレビだろう。
大画面化や4Kなどの高画質化の一方で価格もお手頃になってきたこともあり、家電量販店でも売れ行きは好調だという薄型テレビだが、
意外と忘れがちなのが転倒防止対策だ。
 あれだけ薄い液晶テレビ、無対策のまま設置すると果たしてどれくらいの揺れで倒れてしまうかご存知だろうか?
 実は東日本大震災後の2012年3月15日に国民生活センターが地震によるテレビの転倒についてのリポートを発表している。

 そのリポートによれば、“PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)には、地震でテレビが転倒したとの
相談事例が2011年3月11日以前では5年間で3件であったが、3月12日以降は60件寄せられており、
その多くが画面等を破損して修理が必要となっていた。
中には「42型のテレビが地震で倒れて液晶が粉々になってしまった。
小さな子供が危うく下敷きになるところだった」といった危険なものも含まれていた”としている。
 そのため、国民生活センターは、32V型、42V型、50V型と大きさの異なる3銘柄の薄型テレビをテスト対象銘柄として、
震度5弱~6強の揺れによる転倒実験を実施したのである。

 その結果はというと……。
転倒防止をしないと震度6弱で転倒・落下
【転倒防止対策なし】震度5弱相当ではテレビに大きな揺れは見られなかったが、震度5強相当では大きな揺れが見られ、
震度6弱相当ではすべてのテレビが転倒し、テレビ台から落下。
【粘着マット】転倒防止用にテレビの下に置いてテレビ台とテレビを粘着させるマットを使用した場合、
50V型を除き震度6強相当でも大きな揺れはなし。50V型も震度6弱相当までは大きな揺れは見られなかったが、
震度6強相当で転倒はしなかったもののスタンドとテレビ本体をつなぐ部品が折損したものの落下はしなかった。
【テレビ台に固定】木ネジでテレビスタンドをテレビ台に固定した場合、震度5弱相当では大きな揺れは見られなかったものの
震度5強相当から震度6弱相当では大きな揺れが見られた。50V型は震度6弱相当で移動が見られたが後方への移動であり、
危険性は小さいものと考えられた。震度6強相当では32V型は大きな揺れが見られたが移動や転倒はなかった。
42V型はスタンドをテレビ台に固定していたネジが抜けたために転倒し落下した。50V型はスタンドの首振り機構の回転軸が折損し、テレビ本体が前方に落下した。

【壁に紐で固定】壁に紐で固定した場合、震度5強相当で大きな揺れや移動が見られ、震度6弱相当では42V型や50V型に後方への転倒や落下が見られたが、
前方に落下する危険性は見られなかった。震度6強相当では32V型に移動が見られた。
 意外なことに粘着マットがかなり優秀だという結果が出たが、いずれにしても転倒防止対策をしているのとしていないのでは一目瞭然。
 大きな手間ではないので何らかの転倒防止対策は忘れないようにしたほうがよさそうだ。

【 地震イツモノート 】

» 記事の続きを読む

広告

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止