Sound Field ~オーディオのまとめ~

未来に残したい2chの情景。オーディオのまとめブログ。
Sound Field
Sound Field

小室哲哉「宇多田ヒカルとiPodが音楽界を変えた」

20170425-00000010-nikkeisty-000-1-view.jpg
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1493075393/

1: (東日本) [ニダ] 2017/04/25(火) 08:09
98年の年末はちょうど日本にいたんですが、デビューしたばかりの宇多田ヒカルさんの衝撃がすごかった。大みそかから元旦に切り替わったとき、
テレビで『Automatic』のスポットが大量に流れたのを鮮明に覚えています。宇多田さんは、スラングも交えてネイティブな英語を流暢に話す
アメリカ育ちの逆輸入なのかと思いきや、お母さんがすごい人(藤圭子)だったり。

プロセスや出自など、どこを取っても斬新。それまでの日本の芸能界のスターとは違って、海外のパパラッチが追うような人たちに近いなと感じました。
当時の僕は、憧れていた海外のミュージシャンの力も借りながら、見よう見まねでできる限りのことをやって、だいぶ近づけたかなという時期でした。
でも、そうした枠には収まりきらない子が出てきたんです」

99年に出たglobeのベストアルバムは265万枚以上のセールスとなったが、宇多田の1stアルバム『First Love』はこの年約736万枚を売り上げ、
日本記録を樹立した。21世紀に入るとCD市場は急激に失速。ネットの普及に伴って音楽配信サービスがその役割を取って代わった。
ITを早くから音楽ビジネスに導入してきた小室にとって、「iPod」の出現が大きなインパクトだったという。

「01年にiPodが出てきて、音楽との関わり方が大きく変わりました。それ以前のウォークマンは、インドアだけでなく、アウトドアへと
場所を選ばずに音楽を聴ける『居場所の変化』を可能にした機器でしたが、 iPodと、それを管理する役割を果たすiTunesは
楽曲やアーティスト名や曲名まで全部をデータ化にしたデバイス。あのときアメリカで自分の手持ちのCDをすべてデータ化したのですが、
『まだ入るの?』と容量の大きさに驚愕しました。この容量はなかなか1人では埋められない、
音楽との距離感が変わっていくのかもしれないなと、ふと思ったりしました」

全文はソースで
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170425-00000010-nikkeisty-musi

【 音楽業界で起こっていること 】
[ 2017/05/08 05:58 ] 音楽 | TB(-) | CM(16) | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク

【5月5日】岡崎律子さん逝去から早13年 林原めぐみ トリビュートアルバム 「with you」発売

夕暮れ
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/asong/1481051160/

111: ゆりかご会 2017/02/26(日) 00:05:12.56 ID:???0
やっとめぐさんの、岡崎さんトリビュートアルバムが出るみたいね

112: ゆりかご会 2017/02/26(日) 00:09:09.99 ID:???0
新録でもうちょっと曲に寄り添った音・歌になってるといいね

113: ゆりかご会 2017/02/26(日) 21:40:11.44 ID:???0
岡崎律子の名前を出して商売しても許容できるのは林原めぐみとmeg rockのみ

114: ゆりかご会 2017/02/26(日) 22:00:56.38 ID:???0
あやいさんは良いんでないの?

115: ゆりかご会 2017/02/26(日) 22:45:32.61 ID:???0
俺は長谷川智樹さんでも大地丙太郎監督でも喜久子さんでも許容できるぜ
岡崎さんの歌の世界感をちゃんと理解してる人なら誰でもOK

116: ゆりかご会 2017/02/26(日) 23:09:49.05 ID:???0
岡崎さんの事好きなら誰でもいいよ。つまり誰でも良い
忘れられていくよりずっといい

【 For RITZ 】

WHO「イヤホンで音楽を聴くのは一日1時間まで!」将来11億人が難聴になる可能性がある

リスニング
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1492610049

1: (やわらか銀行)[US] 2017/04/19(水) 22:54:09
若い世代で難聴になる危険性が高まっている。
かつてより、音楽ライブに積極的に足を運ぶ人が増え、イヤホンで必要以上の音量で音楽を聴くケースが目立つようになったからだ。
世界保健機関(WHO)も世界で11億人が難聴になる可能性があると警告する。若者の音との付き合い方に何が起きているのか。 (田村匠)

※続きは以下
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO14882760U7A400C1NZBP00
NIKKEI STYLE


1日当たりの許容時間

120dB 9秒 ブブゼラ
115dB 28秒 ロックのライブコンサート
105dB 4分 最大音量の音楽プレーヤー
100dB 15分 ドライヤー
95dB  47分 バイク
85dB  8時間 車の騒音

http://sign.jp/d7c62d08

【 MOLDEX メテオ モルデックス メテオ 】

イチゴ、メロン、レモン かき氷のシロップはすべて同じ味 「色」でみんな騙されていた

同じ
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1464500177/

1: (東日本) 2016/05/29(日) 14:36:17.98
夏本番を目前に控え、かき氷を食べたくなる人も多いだろう。そんな人には気になる情報がネット上で飛び交っている。なんと、
かき氷に使うシロップはすべて同じ味付けだ、というのだ。

確かに、イチゴやブルーハワイ、レモン、メロンなど色とりどりのシロップに違いをもたらしているのは、多くの場合着色料と香料だ。専門家は
「食べものの『見た目』と『ニオイ』にどれほど味が左右されるかが分かります」という。

no title


「『今まで騙されていたのか』とショックを受ける人は多いです」

最近は果汁をふんだんに使った無添加シロップも販売されているが、食品スーパー等で見かけるかき氷シロップの多くは、一般に果汁を使用していない。
果汁に代わる甘味成分は果糖ぶどう糖液糖や甘味料で、これに香料や酸味料、着色料などを加えて作る。

ある食品メーカーが販売するかき氷シロップの原料はいちご味でもメロン味でもブルーハワイ味でも「果糖ぶどう糖液糖、砂糖、食塩、香料、酸味料、
着色料」で、違いは着色料と香料の種類だけだった。

同じ原料なのに、なぜ違う味に感じるのか。味の錯覚などを研究している東京大学大学院情報理工学系研究科助教の鳴海拓志さんは、
かき氷シロップは着色料と香料以外ほとんど同じ原料だと話した上で、「見た目」(視覚)と「匂い」(嗅覚)が味に及ぼす影響の大きさを指摘した。

http://www.j-cast.com/2015/07/09239857.html

【 味覚を磨く 】

カセットテープが人気再燃 若者に人気 CDより温かい音

暖かみ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1452979962/

1: (東日本)@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 06:32:42.87

カセットテープの人気が再燃している。渋谷にあるレコード店ではカセットテープの専用コーナーもできている。
中古のラジカセを販売する店も増えているが、背景にはアメリカでの動きがあったという。ミズーリ州にあるカセットテープメーカーでは、
今では唯一生産している場所だという。だが過去最高のペースで生産していた。販売本数は80年代が500万本もなく97年で1,000万、
09年で1,500万本だったが、去年は2,400万本の生産をしたという。ナショナル・オーディオ・カンパニーのスティーブ・ステップ社長も、
若者を中心に売上が伸びており、将来は明るいなどと話した。

カリフォルニアでもカセットテープの人気が高まっていた。去年オープンした店ではカセットテープの売上が好調だといい、来ていた若者は、
生まれる前に流行していたことを友達から聞いて興味を持ったなどと話した。人気を支えているのがデジタル世代の若者だといい、
ニューヨーク州でバンド活動をしている若者たちは、コンピュータのデジタル録音よりもカセットテープは温かい音などと話していた。

日本でもカセットテープが注目を集めている。渋谷の大手レコード店では特設コーナーが組まれているといい、若い世代を中心に人気を集めている。
店に来ていた若者はCDの音よりも温かい感じがするのでいいなどと語った。

カセットテープは質感や重さが素晴らしく、デジタルに対する反動から人気があるようだ。カセットテープの場合、CDと違って曲を簡単に
スキップさせることができないため、曲順に聞くことから、かえってアーティストの作品を深く理解できる。また「モノ」として持てることも愛着を生む要因になる。
中古ラジカセの展示会などもあり、USB端子がついた新しいラジカセの開発と販売も予定されている。今年はカセットテープ元年であり、
カセットテープが世の中に再び広く普及する年になるかもしれない。CDの売上が落ちてデジタルコンテンツに移行している中、
あたたかみのあるカセットテープが今、新しい。若者に支えられて再びカセットテープブームが来ているのはアメリカでも日本でも同じのようだ。

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160116-32139120-mynavis

【 足の冷えない不思議なスリッパ 】


オーディオ系サイト様
Sound Field ~オーディオのまとめ~