タグ:流行

意外と高音質 完全ワイヤレスイヤフォン人気上昇 ビジネスやスポーツに最適

ワイヤレスイヤホン

1: 音無さん 2018/06/08(金) 07:40:23.65
スマートフォンなどと無線でつなぐワイヤレスイヤホンの中でも、左右のイヤホンをつなぐケーブルがない「完全ワイヤレス型」の人気が高まっている。平成28年に米アップルが発売すると、ソニーなども相次いで新商品を投入し、市場は急拡大した。ケーブルが邪魔にならず、断線の心配もない完全ワイヤレスイヤホンは通勤や通学、スポーツ時のお供として、学生やビジネスマンを中心に支持を集めている。(中山玲子)

特設売り場も
ワイヤレスイヤホンは近距離無線通信「ブルートゥース」に対応しており、スマートフォンやタブレット端末と無線で接続して音楽を聴く。完全ワイヤレス型は左右のユニット間も無線通信でつなぐ仕組みだ。

完全ワイヤレスイヤホンはつながりにくかったり、音が途切れることが多く、音質も良くないというイメージがあったが、最近はそれらを改善した商品が登場している。家電量販店「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」(大阪市北区)でオーディオ製品を担当する泉周作さんは「完全ワイヤレスイヤホンを試聴してみて、意外に音質がよいことに驚く人が多い」と話す。

認知度の高まりもあり、同店舗の今年1~4月の完全ワイヤレス型を含めたワイヤレスイヤホンの販売台数は前年同期の約2倍に増加した。今年のゴールデンウイーク期間中には完全ワイヤレスイヤホンの特設売り場を設け、使い勝手や音質の良さをアピールした。

新商品が続々と
完全ワイヤレスイヤホン市場で50%前後の圧倒的なシェアを握るのが、米アップルが28年に発売した「AirPods(エアポッズ)」(税抜き価格は1万6800円)。同社のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」などと連動して使え、1回の充電で連続5時間使用できる。

ソニーが販売する「WF-SP700N」(市場想定価格は税込み2万4840円前後)は、外部の騒音を打ち消して音声を聞きやすくするノイズキャンセリング機能を搭載。さらに、防滴性能を高め、雨や汗、水しぶきでぬれて故障するのを防ぎ、運動時でも安心して使えるようにした。

ソニー子会社のソニーモバイルコミュニケーションズは4月、外部の音と音楽の両方が美しく聞こえるデュアルリスニング機能を備えた「Xperia Ear Duo(エクスペリア イヤー デュオ)」(同3万2400円前後)を発売した。耳をふさがない形状のため周囲の音を聞きながら音楽を聴くことができ、交通量の多い場所や仕事中など聞き漏らしを防ぎたいシーンでの使用に最適だ。


以下ソース
2018年06月08日 06時51分
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1806/08/news058.html
anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1528411223

【 ヘッドフォンブック2018 ~音楽ファンのための最新 】

» 記事の続きを読む

広告

【ブーム】ビックカメラ、「完全ワイヤレスイヤホン」の接客カウンター導入で売れ行き3倍!土日は80台を販売

air pods ワイヤレスイヤホン

1: 音無さん 2018/05/30(水) 19:00:16.53 ID:CAP_USER9
no title


家電量販店のイヤホン・ヘッドホン売り場で、左右分離型の完全ワイヤレスイヤホンの販売が活況だ。5月9日に新しく対面式で接客できる「ご案内カウンター」を導入したビックカメラ新宿西口店では、Bluetoothイヤホン全体の販売台数が導入前と比較した前年比で270%、金額ベースでは320%と上昇した。このうち、完全ワイヤレスイヤホンは台数で4割、金額で6割を占める稼ぎ頭だ。

●土、日は約80台を販売

 同店オーディオコーナーの山本賢志主任は、完全ワイヤレスイヤホンの売れ行きについて「金曜日に約50台、土曜、日曜の休日では80台ほどが売れる。年齢・性別やマニア・初心者に関係なく幅広いお客様が関心を示している商品」と語る。5月下旬の平日午後2時に取材で訪れた際も、カウンター付近に10分ほどいただけで3人の顧客が購入した。その日は午前中だけで10台売れたという。

  全国の主要家電量販店・ネットショップの実売データを集計した「BCNランキング」でも、アップルからAirPodsが発売された2016年12月に、わずか0.5%にすぎなかった完全ワイヤレスイヤホンの販売台数構成比は、1年後には10倍の10.5%に急拡大した。17年夏以降に参入メーカーが急増し、約30社まで拡大したことが大きい。「昨年の年末商戦に一気に盛り上がった」と山本主任も手ごたえを感じている。

 ビックカメラは4月28日にラゾーナ川崎店と名古屋JRゲートタワー店で完全ワイヤレスイヤホンの「ご案内カウンター」を設置したのを皮切りに、5月に新宿西口店、6月は池袋本店や有楽町店など、順次、導入店舗を拡大する予定だ。

 新宿西口店のカウンターは、2階の正面玄関からエスカレーターで3階に上った正面で展開。完全ワイヤレスイヤホンだけで42アイテムを取り揃える。従来は縦150cm、横90cmのガラスケース2台に展示していたが、試聴する際の商品の出し入れが不自由だったり、顧客が接客待ちするといった問題があった。

 だからといって完全ワイヤレスイヤホンは、本体に盗難防止用のケーブルをつけて通常の売り場で展開することは難しい。顧客が試聴する際の装着感が損なわれるからだ。ガラスケースは仕方のない苦肉の策だった。

 新しい「ご案内カウンター」なら、対面で接客しながらスムーズに試聴を促せる。販売員も、鍵でガラスケースの扉を開けて展示棚を手前にスライドすれば商品を簡単に取り出せるし、横長のカウンター形式なので接客待ちも減らせる。また、通常では珍しく、売り場単独の専用レジを設置しているので、ワンストップでの買い物が可能だ。

 専用什器を用いた「ご案内カウンター」は、高級ブランド時計の売り場をイメージしてつくられたという。耳に装着する機器であるため、試聴するたびにキレイにして清潔感を保つのはもちろん、「最近はカラーバリエーションも増えてきて、見た目を気にされる方も多いので鏡を置いている」と山本主任が指摘するように、ファッションアイテムとして購入する顧客も増えている。

 それ以外にも「ご案内カウンター」は、完全ワイヤレスイヤホンならではの顧客からの細かい相談に、丁寧に受け答えできるメリットがある。音質の違いはもちろん、例えば、スポーツジムで使うなら防水・防滴を気にする必要があるし、通勤や通学などで使うならバッテリの持ちやノイズキャンセリングの有無が気になる。

 カウンター式の高級腕時計売り場で長年ノウハウを蓄積してきたビックカメラの販売手法が、完全ワイヤレスイヤホンで再び開花しそうだ。(BCN・細田 立圭志)

/30(水) 18:00
BCN
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-00000020-bcn-sci
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1527674416

【 プレミアムヘッドホンガイドマガジン vol.10 (2018-05-07) 】

» 記事の続きを読む

広告

イヤホンはもうワイヤレスが当たり前だぞ!時代遅れのおっさんに完全ワイヤレスイヤホンの買い得モデル5選

02-63.jpg

1: 音無さん 2017/12/27(水)

2017年のイヤホントレンドは”完全ワイヤレス”タイプといえよう。昨年アップルがAirPods発売した際には、”完全ワイヤレスのイヤホンは
落下しそう問題”なども語られていたが、一年経った現在は沈静化。発売後の課題は通信の安定性程度で、本来のケーブルレスの
快適さからイヤホンの選択肢が受け入れられ始めた形。初モノの心配が解消された今、通勤・通学の満員電車でもケーブルの煩わしさから
解放される”完全ワイヤレス”こそがベストな形と受け入れられ始めている。

完全ワイヤレスの市場を作ったアップルのAirPodsは2016年12月発売
no title

スマホとの接続もイヤホン左右の接続もワイヤレス化した”完全ワイヤレス”
no title

■日本メーカー製で直販価格1万円以下のコスパ決定版「Sound Air TW-5000」
メーカー:GLIDiC
製品名:Sound Air TW-5000
実売価格:9130円
no title

no title


■メーカー:OPTOMA/NUFORCE
製品名:BE Free8
実売価格:1万6880円
no title

no title


■完全ワイヤレス×ノイズキャンセルを実現したソニー「WF-1000X」
メーカー:ソニー
製品名:WF-1000X
実売価格:2万4880円
no title

no title


■ランニング用途で欲しい機能が揃った完全ワイヤレス「Jaybird RUN」
メーカー:JAYBIRD
製品名:Jaybird RUN
実売価格:2万5700円
no title


■業界トップブランドのBOSEが発売する完全ワイヤレス「SoundSport Free」
メーカー:BOSE 製品名:SoundSport Free 実売価格:2万7000円
no title

https://dime.jp/genre/files/2017/12/12-17.jpg
https://dime.jp/genre/491907/
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cginews/1514378910

【 家電批評 2018年 1月号 】

» 記事の続きを読む

広告

「写ルンです」が今になって売れている意外な理由? デジタルにはないアナログの魅力

写真撮影
anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1497060813

1: ノチラ ★ 2017/06/10(土) 11:13:33.36 ID:CAP_USER
最近、レンズ付フィルムの「写ルンです」が売れていると聞いて驚いた。

「写ルンです」は、今から30年以上も前に売り出された、写真のフィルムとレンズ、シャッター、巻き取り機構が一体化した簡便な使い捨てカメラ。スマホはおろか、携帯電話もデジカメも普及していなかった当時、いつでもどこでも気軽に写真が撮れるという理由で大ヒットした商品だ。

 2017年の現在は、誰もが持ち歩いているスマホや携帯で、気軽にアナログの「写ルンです」とは比べものにならない美麗な写真が撮れる。さらに、撮った写真はその場で見ることができるし、SNSにアップすればどこにいる友だちともシェアできる。

 一方「写ルンです」は、写真屋に預けて現像してもらわないと撮った写真は見られない。それまでに数日は待たなければならないし、お金もかかる。現像した後に撮影に失敗したことがわかっても撮り直しは不可だ。

 そんなスマホやデジカメに比べれば格段に低機能で、不便きわまりない「写ルンです」が、2年ほど前から10代後半~20代の女性たちの間で再び流行り始めたのだそうだ。フィルム独特の味わいある写真が新鮮に感じられたり、現像しないとどんな写真かわからないワクワク感がウケているとのことだ。

「写ルンです」の機能やデザイン自体は大きく変わったわけではない。なのに勝手に売れ始めた。つまり、ユーザーがその商品に、メーカー側も想定していなかった「新たな意味」を見出した結果、再び売れるようになったのだ。

本書『デザインの次に来るもの』を読むと、このような現象は「意味のイノベーション」の結果と同じであることがわかる。「意味のイノベーション」とは、極端に言えば、製品の仕様やパッケージをまったく変えることなく、「新たな意味」を付与することで生じるイノベーションである。
http://diamond.jp/articles/-/131324

» 記事の続きを読む

広告

スマホ用のイヤホンはワイヤレスタイプが流行の兆し。日常にさりげなく溶け込むガジェット

イヤホンと
anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1497119994

1: ののの ★ 2017/06/11(日) 03:39:54.47 ID:CAP_USER
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO17503430Z00C17A6NZ2P00/

2017/6/10付日本経済新聞 夕刊

 イヤホン端子が廃止された新型iPhone(アイフォーン)の登場を受け、スマートフォン用のイヤホンやヘッドホンはワイヤレスタイプが主流になりつつある。ケーブルがなく使い勝手に優れるだけでなく、装着していることを周囲に気づかれないメリットもあるという。

 イヤホンやヘッドホンは、ケーブルで接続する有線タイプが長らく中心だった。だが、ケーブルはやはりわずらわしい存在だし、ケーブルが服や腕に触れるとガサガ…

» 記事の続きを読む

広告

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止