タグ:海外

もうすでに半数の音楽がYoutubeで聴かれていた!おまえらCD買ってるんじゃなかったのかよ!!

スマホ Youtube 視聴

1: 音無さん 2018/10/11(木)
http://www.afpbb.com/articles/-/3192707?cx_part=latest

音楽を聴く時間の約半分はユーチューブ、英団体が報告書
2018年10月10日 12:24 
発信地:ロンドン/英国 [ 英国 ヨーロッパ ]

【10月10日 AFP】英ロンドンに本部を置く国際レコード産業連盟(IFPI)は9日、消費者の86%がオンデマンド型のストリーミングサービスを通じて音楽を聴いており、消費者が音楽を聴く時間の47%は動画投稿サイト「ユーチューブ(YouTube)」に充てられているとの報告書を発表した。

 報告書によるとストリーミングで音楽を聴く時間の52%は動画視聴に充てられており、音楽ストリーミング配信大手スポティファイ(Spotify)や音楽共有サービスのサウンドクラウド(SoundCloud)にとっての課題となっている。

 ただ、ユーザー1人当たりの年間の推定収益額はスポティファイが20ドル(約2260円)であるのに対し、ユーチューブは1ドル(約113円)にも満たないという。


 IFPIは今年4月、ストリーミングサービスをはじめとするデジタルでの売り上げが史上初めて音楽売り上げの最大の収益源になったとする報告書を発表した。(c)AFP
ai.2ch.sc/test/read.cginews/plus/1539189577

【 誰も教えてくれなかったジャズの聴き方 】

» 記事の続きを読む

広告

follow

【騒音殺人】隣人に音楽のボリュームを下げてと言った女性(49)、男にハンマーで殴られて殺される 英国ノリッチ市

バールのようなモノ

1: 音無さん 2018/09/12(水)
https://www.thesun.co.uk/news/7233542/homeowner-bludgeoned-to-death-with-a-hammer-after-asking-neighbour-to-turn-his-music-down/?utm_campaign=Echobox&utm_medium=Social&utm_source=Twitter#Echobox=1536688619

要約
ファルナツ・アリ(49)は、英国ノリッチ市のダニー・ウィリアムズの住居の浴室で死体で見つかった。
アリの体には59箇所の傷があった。

検察官のアンドリュー・トンプソンは陪審員へこう語る。
「被害者は、隣人に音楽のボリュームを下げるように言って殺された。凶器はおそらくハンマー。首への圧迫の跡も。」

容疑者のウィリアムズは金曜の夜に大音量で音楽を聴き、窓も開けていた。アリは彼女のパートナーに夕方には騒音についての文句を言ってた。
アリの死体がウィリアムズの浴室に転がっているころ、ウィリアムズは30マイル離れた友人の家へ行っていた。
ウィリアムズは、犯行を否定している。


殺されたファルナツ・アリ(49)
https://www.thesun.co.uk/wp-content/uploads/2018/09/Farnaz.jpg
https://www.thesun.co.uk/wp-content/uploads/2018/09/GODRIC.png
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1536690657

【 隣人を妹せよ!】

» 記事の続きを読む

広告

follow

「世界で最も黒い物質」を深さ2.4mの穴に塗ったトラップを美術館に設置 → 案の定

下から見る 穴

1: 音無さん 2018/08/22(水) 13:22:09.07
「ブラック・ホールに男性が落ちた」として話題に


「世界で最も黒い物質」でコーティングされた深さ2.4メートルの「黒い穴」に男性が落下し、
病院に運ばれることとなりました。この黒い穴はポルトガルの美術館に展示された作品の1つでした。

これが実際に美術館で展示されていた「穴」。インド出身の彫刻家であるアニッシュ・カプーア氏の作品で、
「Descent into Limbo(辺獄への転落)」と名付けられていました。
no title



穴は深さ8フィート(約2.4メートル)で、「世界で最も黒い物質」といわれる
「Vantablack(ヴァンタブラック)」で塗られていました。


しわくちゃにしたアルミホイルをヴァンタブラックでコーティングすると、目視ではアルミホイルの
しわが全くわからないほどになります。
no title


光を99.6%吸収するヴァンタブラックでコーティングされた穴は、深さを目で測ることができず、
底がないように見えます。

美術館には、穴に落下する危険性があることへの警告サインが複数記されており、展示の近くには
スタッフも配置されていたとのことで、美術館側は「プロトコルには従っていた」と説明しています。
なお、穴に落ちた60代のイタリア人男性は背中を痛めて病院に運ばれたものの、重傷にはいたらず
既に帰宅しているそうです。

https://gigazine.net/news/20180822-man-hospitalised-after-falling-blackhole/
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1534911729

【 なぜ戦略の落とし穴にはまるのか 】

» 記事の続きを読む

広告

follow

イスラムの礼拝の呼びかけ「音が大きすぎる」 モスクに苦情の仏教徒、宗教冒とく罪で禁錮刑

イスラム教

1: 音無さん 2018/08/23(木) 03:24:14.57 ID:CAP_USER9
禁錮1年6月の判決を言い渡されたメイリアナさん=アンタラ通信
no title

no title


 「アザーン(イスラムの礼拝の呼びかけ)の音が大きい」とモスクに苦情を言った仏教徒の女性に対し、北スマトラ州メダン地裁が21日、宗教冒とく罪で求刑通り禁錮1年6月の判決を言い渡した。アザーンへの苦情に同罪が適用されるのは異例で、有力イスラム団体も「重すぎる判決」と疑問視。人権団体は「表現の自由の侵害だ」と非難している。

 事件は2016年7月、北スマトラ州タンジュンバライ市に住む華人で仏教徒のメイリアナさん(44)が、近所のモスクのアザーンの音が大きすぎると苦情を入れたことが発端。これを受け、フェイスブックなどのソーシャルメディアでは「モスクでアザーンが禁止された」などとデマ情報も流れ、暴徒化した群衆が十数の仏教・中国寺院を襲撃、放火する騒動に発展した。

 地元メディアによれば、同市では騒動前から、多数派のムスリムと少数派の仏教徒らの対立が過熱化していた。特に09年に仏教寺院の屋上に建設された高さ6メートルの仏像をめぐっては、ムスリムから非難が噴出。「ムスリムが多数派の町が仏像に見下ろされている」「仏像が町のシンボルとみなされるようになった」「場所によっては仏像の方角に向かって礼拝をしなければなくなった」などの声が上がり、騒動後の16年10月にはイスラム団体の要求を受け入れた市が仏像の撤去を命じた。

 アザーンについては当初、ユスフ・カラ副大統領がモスクにも音量の配慮を呼びかけるなど沈静化を図っていた。だが国内のイスラム団体を統括するイスラム学者会議(MUI)の北スマトラ支部は17年1月、メイリアナさんの言動が「宗教冒とくにあたる」とするファトワ(宗教見解)を発表、メイリアナさんは起訴された。

 21日の判決でメダン地裁のワヒュ・プラスティヨ裁判長は、被告は特定の宗教に対し、公共の場で意図的に対立感情をあおる発言をし、冒とくしたと指摘、禁錮1年6月を言い渡した。弁護側は控訴する方針を示している。

 メイリアナさんには宗教冒とく(刑法156a条)と公共の場での憎悪表現(同156条)の罪が適用された。17年5月にはアホック元ジャカルタ特別州知事が、視察先の住民対話での演説でイスラムの聖典コーランに言及、イスラムを侮辱したとして、同じ条項を根拠に禁錮2年の判決を受けている。

 今回の判決に、国内最大のイスラム団体ナフダトゥール・ウラマ(NU)のロビキン理事長は「『アザーンの音が大きすぎる』と言うことが、特定のグループや宗教への憎悪表現や敵対姿勢にあたるとは思えない」と疑問を呈した。

 人権団体アムネスティ・インターナショナルは「騒音に抗議することは犯罪行為ではない。判決は、表現の自由に対する目に余る侵害だ」と非難。「宗教冒とく罪の恣意(しい)的・抑圧的な運用が増えていることを示している」と懸念を示した。(木村綾)

じゃかるた新聞 2018/08/23 00:44:28
https://www.jakartashimbun.com/free/detail/43426.html
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534962254

【 日本人のためのイスラム原論 】

» 記事の続きを読む

広告

follow

【騒音おばさん】16年間も、大音量でオペラ「トラビアータ」の4分間のアリアをノンストップで流し続けていた女を逮捕

騒音

1: 音無さん 2018/08/16(木)
スロバキア南部の女が16年間、自宅で大音量のオペラ音楽を鳴らし続けたとして、嫌がらせなどの容疑で逮捕された。欧米メディアが報じた。

 女は近所の犬の鳴き声をかき消すために、イタリア作曲家ベルディのオペラ「トラビアータ」の4分間のアリアをノンストップで流し続けていた。
自宅は周辺住民から「オペラハウス」と呼ばれ、苦情が相次いでいた。女は最長で禁錮3年の刑を受ける可能性がある。

16年間も大音量、近所迷惑な「オペラハウス」
https://www.sankei.com/world/news/180816/wor1808160026-n1.html
https://youtu.be/fJHkGiEJmI0?t=7s

hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1534413371

【 オペラ座の怪人 】

» 記事の続きを読む

広告

follow

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
カウンター
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止