酒場

1: 音無さん 2018/09/22(土)
デザイン会社で非正規社員として働く男性(26)はこう語る。

「月収は20万円足らずで、家賃5万円、光熱費とスマホ代で4万円くらい。これらを差し引いたら、とても飲みに行くような余裕なんかありません。以前はコンビニで
弁当と一緒に缶ビールを買うこともありましたが、それもやめました。飲酒習慣が身につく前だったせいか、いまは飲みたいとも思いません」

 厚生労働省が2016年に実施した「国民健康・栄養調査」の「飲酒の状況」を見ると、若年層になるほど酒を飲まない実態が浮き彫りになる。飲酒習慣のある人が
最も多いのは、男性では「50~59歳」の46.1%。以下、「40~49歳」は37.9%、「30~39歳」は29.0%と一貫して減り続け、「20~29歳」ではわずか10.9%しかない。
女性も男性ほど顕著ではないが、やはり減少傾向にある。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180920-00000009-sasahi-life
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1537612891

【 酒のやめ方講座 】

» 記事の続きを読む

広告