タグ:病気

【緊急】キーーンと耳鳴りがして何者かに命令されているのだがどうしたらいいんだ?

お薬

1: 音無さん 2018/11/16(金)

「耳鳴りにはカウンセリング」初の指針 1,000万人以上が“患う”
https://www.fnn.jp/posts/00403718CX ←動画ソースあり
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1542359160/

【 耳鳴りに悩んだ音楽家がつくったCDブック 】

» 記事の続きを読む

広告

follow

識者「ミソフォニア(音嫌悪症)の日本人が増えている」 クチャ食い嫌うやつはこれだぞ

神経症

1: 音無さん 2018/11/14(水)
日本人はいつから「雑音恐怖症」になったのか | 「コミュ力」は鍛えられる! | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
https://toyokeizai.net/articles/-/249007

赤ん坊の泣き声や子どもの騒音がうるさい。都会の密集地のマンションなどで、そういった苦情騒動は増えている。
全国の地方公共団体の相談窓口に寄せられた苦情に基づく公害等調整委員会の平成28年度の調査では、大気汚染など「典型7公害」のうち、騒音が32.8%と最も多かった。

この背景には、日常生活で発生する物音が騒音ととられるケースも増えていることもある。
都会ではマンションやアパートなど、多くの世帯が近接して生活することも多く、物音が気になりやすい。
最近では、他人が発する音を異常に嫌がるmisophonia(ミソフォニア=音嫌悪症候群)という症状があることもわかってきた。

人が食べ物をクチャクチャとかむ音、人の息遣い、ヘッドホンの漏れ音など特定の音に敏感になり、どうしても耐えられないという症状で、赤ちゃんの泣き声や子どもの声などを極端に嫌悪する人もいるという。
もちろん赤ちゃんの泣き声は、そういった症状のない普通の人にとっても、心地よいものではないが、特にセンシティブな人もいるということだ。

人と人とのつながりの希薄化も影響している。
地域の結び付き、近所付き合いなどが少なくなるにつれ、これまでは日常に存在していた生活の音が不快になったりするということもあるだろう。
かつては、路地や町中にあふれていた子どもたちの笑い声や叫び声も、少子化に伴って少なくなり、それが、つねに身の回りにある音ではなくなった。
保育園などの建築への反対運動や、現在ある保育所や幼稚園など学校への苦情といったケースは後を絶たない。
子どもの声を「騒音」ととらえる国で、少子化が進むのはやむをえない話ではないだろうか。

特に日本は、そうした「人の雑音」に対して、許容度が低いところがあるように感じる。
たとえば海外では、公共交通機関内での携帯電話の使用に目くじらを立てられることはない。
狭い空間の中でも平気で大声で話し、お構いなしだ。

さらに特殊なのがエレベーターだ。
あの中での私語がマナー違反だということになったのは、ここ十数年のことだろうか。
最初は、会社の情報が社外の人に聞こえることが問題なので、仕事の話はしないように、ということなのかと思っていたが、私語そのものが、他人にとっては迷惑という解釈のようだ。
かつて聞かれたような「おはようございます。どうだった、昨日は?」「いやあ、飲みすぎちゃいまして」なんていう会話はもう、はるか昔の思い出だ。
一方、海外で、エレベーターが「私語禁止の空間」などといった認識はあまりない。
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1542180828

【 寛容力のコツ: ささいなことで怒らない 】

» 記事の続きを読む

広告

タグ
follow

医者「余命1年です」 患者「そうか…じゃあ財産処分しよう」→5年後「まだ生きてるんですけど」

旅支度

1: 音無さん 2018/07/30(月)
余命宣告トラブル 医師から「1年」、それから5年…仕事や財産手放し困惑

治療経過を書き込んだ日記帳を眺める笠井駿さん。財産を処分し、今は年金や貯金を
切り崩して生活しているという=福岡県久留米市

 「余命1年もないと医師に宣告されながら、5年たっても生きています」。難治性血液がんの
成人T細胞白血病(ATL)と診断された男性から、西日本新聞の特命取材班に悲痛な声が届いた。
死を受け入れ、仕事や財産などの整理も済ませたという。「何も手元に残していない。どう生きていけば…」。
そもそも余命宣告とは-。

 声を寄せてくれたのは、福岡県久留米市の笠井駿さん(71)。自宅を訪ねると、日記帳をめくりながら
経過を説明してくれた。

 2013年1月、顔と上半身に紅斑が現れた。同県内の病院に検査入院し、ATLと診断された。
体内にウイルスHTLV1があることは知っていたという。

 ATLは主に母乳を介して感染するHTLV1が原因。保有して必ず発症するわけではないが、
発症すると免疫機能が低下したり、リンパ節が腫れたりする。根治が難しく、「発症後の平均生存期間は
半年から1年と短い」という研究成果もある。

 笠井さんは「医師から『次の誕生日は120パーセント迎えられない』と説明を受けた」と言う。取引先に
あいさつして回り、経営する設計企画事務所を閉じた。財産は売却したり、子どもに譲ったりしたほか、
親族には別れの手紙を書いた。ホスピスにも一時入所した。

 診断から5年。体に痛みがあり通院しているものの、「死」が訪れる気配は感じていない。
抗がん剤治療の影響で歩行が難しくなり、車の運転もできなくなった。生きていることは喜ばしいことだが、
「ATLというのは誤診だったのでは。納得できない」と憤る。

 笠井さんによると、双方の代理人弁護士がやりとりした書面の中で病院側は「次の誕生日は
120パーセント迎えられない」との発言を否定。「診断に誤りはなく、治療が奏功して症状が改善した」などと
説明しているという。病院側は本紙取材に「コメントを控えさせてもらう」とした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00010000-nishinp-soci
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1532923919

【 あなたの寿命は食事が決める 】

» 記事の続きを読む

広告

カテゴリ
follow

【神】聴くだけで病気が治るMP3音源がたったの500円。「波動」のデジタル化でエボラも治癒に成功

パワー

1: 音無さん 2018/05/30(水)

 米国の医師が自身のウェブサイトで販売するMP3形式の音声ファイルが物議をかもしている。というのも、そのサウンドトラックを聴くだけで下痢や頭痛、インフルエンザ、さらにはエボラ出血熱の症状にまで効果があるというのだ。この問題は現在、米「Newsweek」など多数のメディアで取り上げられ、大騒動に発展しつつある。


http://tocana.jp/2018/05/post_17041_entry.html

2: 音無さん 2018/05/30(水) 22:45:46.67 ID:ArW01mVG0
■聴くだけで病気が治るMP3

 スマートフォンやPCでMP3を聴くだけで病気が治る??そう主張しているのはカリフォルニア州ロスガトスの医師ビル・グレイ氏だ。彼は自身のウェ
ブサイト「MD in Your Hand」で、頭痛や発熱、インフルエンザ、ペットの膀胱炎などに効果があるという23種類の音声ファイル「eRemedies」を1本
5ドル(550円)で販売している。それぞれ13秒ほどのサウンドトラックで、所定のスケジュールに従って聴くだけで様々な体調不良や感染症に対応
できるという。「eRemedies」は過去4年間におよそ500人が購入したとされ、販売サイトには購入者の喜びの声が多数掲載されている。

「eRemedies」という商品名を見てピンと来た方もいるだろうが、グレイ氏はホメオパシーを専門とする医師である。そう、この音声ファイルはホ
メオパシーの考え方に基づきグレイ氏が独自技術(特許出願中)によって作成したレメディ代わりの音声ファイル、つまり“デジタルレメディ”なのである。
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1527687924

【 人生の99%は思い込み 】

» 記事の続きを読む

広告

follow

3月に入ると増える「頭が痛い」「だるい」の体調不良、もしかして全て”気圧のせい”かも

雨の日

1: 音無さん 2018/03/12(月)
それは気象病かも
3月12日 17時51分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180312/k10011361601000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_026
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180312/K10011361601_1803121654_1803121750_01_02.jpg

3月に入り、春の訪れと共に気分も晴れやかに…と思いきや、ネット上には「頭が痛い」「だるい」など体調不良を訴える声が相次いでいます。その体調不良、もしかしたら天気のせいかもしれません。
そして、歴史上有名なあの人も、天気による体調不良に悩んでいたかも!?。(ネットワーク報道部記者 飯田暁子・玉木香代子)

急に気温が上がったり下がったり、強い雨や風に見舞われたりと「春の嵐」が吹き荒れた先週。
ツイッター上には「頭痛と耳鳴りがする」「頭が痛いというか重い。体もだるい」などの書き込みが相次ぎました。
no title


中でも活況だったのが、「全部気圧のせい」というハッシュタグ。

「きのうから頭が痛くて治らない」「朝からイライラする」といった投稿に付けられているほか、中には「よかった。ここしばらくずっと調子が落ち気味なのも気圧のせいなのね」などこのハッシュタグで気分が楽になったという投稿もありました。

■ それは「気象病」かも

「古くから『古傷が痛むと雨が降る』と言われているように、気温や湿度、気圧の変化で痛みが出たり体がだるくなったりする。それは『気象病』と呼ばれています」

そう話すのは、愛知医科大学学際的痛みセンター客員教授の佐藤純医師です。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180312/K10011361601_1803121525_1803121556_01_04.jpg

20年以上にわたって天気と体調の変化について研究を続けています。
気象病の症状は頭痛、関節痛やせき、めまい、体のだるさなど人によってさまざまですが、天気の急な変化、特に気圧が大きく下がったり上がったりするときに症状が出る人が多いということです。

なぜ気圧の変化で体調が崩れるのか。佐藤医師に聞きました。
「これまでの実験で、耳の鼓膜の奥にあり体の平衡感覚をつかさどる『内耳』には気圧の変化を感じるセンサーがあるのではないかと考えられます。
この内耳が気圧の変化を脳に伝えて体を順応させるのですが、内耳が気圧の変化に敏感すぎると少しの変化でも過剰に脳に情報が伝わり、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうのです」

交感神経が活発になると頭痛などの痛みを感じやすくなり、副交感神経が活発になるとだるくなったり眠くなったりするということです。
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1520850522

【 天気痛を治せば、頭痛、めまい、ストレスがなくなる! 】

» 記事の続きを読む

広告

カテゴリ
follow

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
カウンター
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止