タグ:病気

【緊急】キーーンと耳鳴りがして何者かに命令されているのだがどうしたらいいんだ?

お薬

1: 音無さん 2018/11/16(金)

「耳鳴りにはカウンセリング」初の指針 1,000万人以上が“患う”
https://www.fnn.jp/posts/00403718CX ←動画ソースあり
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1542359160/

【 耳鳴りに悩んだ音楽家がつくったCDブック 】

» 記事の続きを読む

広告

識者「ミソフォニア(音嫌悪症)の日本人が増えている」 クチャ食い嫌うやつはこれだぞ

神経症

1: 音無さん 2018/11/14(水)
日本人はいつから「雑音恐怖症」になったのか | 「コミュ力」は鍛えられる! | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
https://toyokeizai.net/articles/-/249007

赤ん坊の泣き声や子どもの騒音がうるさい。都会の密集地のマンションなどで、そういった苦情騒動は増えている。
全国の地方公共団体の相談窓口に寄せられた苦情に基づく公害等調整委員会の平成28年度の調査では、大気汚染など「典型7公害」のうち、騒音が32.8%と最も多かった。

この背景には、日常生活で発生する物音が騒音ととられるケースも増えていることもある。
都会ではマンションやアパートなど、多くの世帯が近接して生活することも多く、物音が気になりやすい。
最近では、他人が発する音を異常に嫌がるmisophonia(ミソフォニア=音嫌悪症候群)という症状があることもわかってきた。

人が食べ物をクチャクチャとかむ音、人の息遣い、ヘッドホンの漏れ音など特定の音に敏感になり、どうしても耐えられないという症状で、赤ちゃんの泣き声や子どもの声などを極端に嫌悪する人もいるという。
もちろん赤ちゃんの泣き声は、そういった症状のない普通の人にとっても、心地よいものではないが、特にセンシティブな人もいるということだ。

人と人とのつながりの希薄化も影響している。
地域の結び付き、近所付き合いなどが少なくなるにつれ、これまでは日常に存在していた生活の音が不快になったりするということもあるだろう。
かつては、路地や町中にあふれていた子どもたちの笑い声や叫び声も、少子化に伴って少なくなり、それが、つねに身の回りにある音ではなくなった。
保育園などの建築への反対運動や、現在ある保育所や幼稚園など学校への苦情といったケースは後を絶たない。
子どもの声を「騒音」ととらえる国で、少子化が進むのはやむをえない話ではないだろうか。

特に日本は、そうした「人の雑音」に対して、許容度が低いところがあるように感じる。
たとえば海外では、公共交通機関内での携帯電話の使用に目くじらを立てられることはない。
狭い空間の中でも平気で大声で話し、お構いなしだ。

さらに特殊なのがエレベーターだ。
あの中での私語がマナー違反だということになったのは、ここ十数年のことだろうか。
最初は、会社の情報が社外の人に聞こえることが問題なので、仕事の話はしないように、ということなのかと思っていたが、私語そのものが、他人にとっては迷惑という解釈のようだ。
かつて聞かれたような「おはようございます。どうだった、昨日は?」「いやあ、飲みすぎちゃいまして」なんていう会話はもう、はるか昔の思い出だ。
一方、海外で、エレベーターが「私語禁止の空間」などといった認識はあまりない。
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1542180828

【 寛容力のコツ: ささいなことで怒らない 】

» 記事の続きを読む

広告

タグ

3月に入ると増える「頭が痛い」「だるい」の体調不良、もしかして全て”気圧のせい”かも

雨の日

1: 音無さん 2018/03/12(月)
それは気象病かも
3月12日 17時51分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180312/k10011361601000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_026
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180312/K10011361601_1803121654_1803121750_01_02.jpg

3月に入り、春の訪れと共に気分も晴れやかに…と思いきや、ネット上には「頭が痛い」「だるい」など体調不良を訴える声が相次いでいます。その体調不良、もしかしたら天気のせいかもしれません。
そして、歴史上有名なあの人も、天気による体調不良に悩んでいたかも!?。(ネットワーク報道部記者 飯田暁子・玉木香代子)

急に気温が上がったり下がったり、強い雨や風に見舞われたりと「春の嵐」が吹き荒れた先週。
ツイッター上には「頭痛と耳鳴りがする」「頭が痛いというか重い。体もだるい」などの書き込みが相次ぎました。
no title


中でも活況だったのが、「全部気圧のせい」というハッシュタグ。

「きのうから頭が痛くて治らない」「朝からイライラする」といった投稿に付けられているほか、中には「よかった。ここしばらくずっと調子が落ち気味なのも気圧のせいなのね」などこのハッシュタグで気分が楽になったという投稿もありました。

■ それは「気象病」かも

「古くから『古傷が痛むと雨が降る』と言われているように、気温や湿度、気圧の変化で痛みが出たり体がだるくなったりする。それは『気象病』と呼ばれています」

そう話すのは、愛知医科大学学際的痛みセンター客員教授の佐藤純医師です。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180312/K10011361601_1803121525_1803121556_01_04.jpg

20年以上にわたって天気と体調の変化について研究を続けています。
気象病の症状は頭痛、関節痛やせき、めまい、体のだるさなど人によってさまざまですが、天気の急な変化、特に気圧が大きく下がったり上がったりするときに症状が出る人が多いということです。

なぜ気圧の変化で体調が崩れるのか。佐藤医師に聞きました。
「これまでの実験で、耳の鼓膜の奥にあり体の平衡感覚をつかさどる『内耳』には気圧の変化を感じるセンサーがあるのではないかと考えられます。
この内耳が気圧の変化を脳に伝えて体を順応させるのですが、内耳が気圧の変化に敏感すぎると少しの変化でも過剰に脳に情報が伝わり、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうのです」

交感神経が活発になると頭痛などの痛みを感じやすくなり、副交感神経が活発になるとだるくなったり眠くなったりするということです。
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1520850522

【 天気痛を治せば、頭痛、めまい、ストレスがなくなる! 】

» 記事の続きを読む

広告

カテゴリ

お医者さん「耳垢が原因で認知機能の低下が起きる。高齢者は耳鼻咽喉科で定期的にチェックを」

耳

1: 音無さん 2018/01/30(火) 21:52:40.56 ID:CAP_USER9
 耳は、音を聞き、体のバランス感覚をつかさどる。耳の穴から鼓膜までが外耳道。
耳あかが栓になって外耳道をふさぐと、外界から入った音が鼓膜を振動させるのを邪魔し、聞こえにくくなる。

 国立長寿医療研究センター耳鼻咽喉科研究員(元科長)の杉浦彩子さんは
「高齢者は耳あかがたまりすぎないように耳鼻咽喉科で定期的にチェックを」と話す。

 両方の外耳道をふさいでいたピーナツ大の耳あかを取り除いた途端、話しかけに返事をするようになった認知症の96歳の男性、
耳掃除をしたら、認知機能が良くなった80歳の女性など、耳あかと聴力、認知機能の関係も診療現場で明らかになってきた。

 耳あかがたまって聴力が低下すると、会話が難しくなる。
会話しなくなると脳への刺激が減って認知機能が低下、耳を清潔に保とうとする意識が薄れ、ますます耳あかがたまる……
杉浦さんは、こうした悪循環を指摘する。

 外耳道には耳あかを外へ押し出す「自浄作用」があるが、これが衰えて耳あかがたまりすぎると、炎症が起きて骨まで溶ける。
「外耳道真珠腫」という病気だ。放置すると自浄作用がさらに落ち、炎症がどんどん進行する。80歳以上でしばしばみられる。

 耳あかがたまりすぎない早い段階で発見することが大切だ。耳鼻咽喉科で数か月に1度、耳あかを除去してもらうと良い。
ただ、乱暴な耳掃除をすると、外耳道を傷つけてしまうので注意したい。

■耳掃除、やり過ぎに注意…2週間に1回程度に
 高齢者や外耳道が狭い小児は耳あかのたまりすぎが問題になるが、耳の病気などがない成人では、過度の耳掃除は禁物だ。

 そもそも耳あかとは何か。
外耳道を覆う皮膚が古くなったものや、保護・保湿のために分泌される粘液、ほこりや砂などがまざったものが耳あかになる。

 杉浦さんによると、外耳道の奥にある皮膚は外側へとベルトコンベヤーのようにゆっくりと移動しており、これにあごの動きなどが加わった
「自浄作用」が働けば、自然と耳あかは排出される。

 毎日のように耳掃除をしたり、硬い耳かきで奥の方をガリガリこすると、外耳道に傷がついたり、炎症が起きたりして、自浄作用を妨げてしまう。

 転んだり、子どもや犬がぶつかってきたりして鼓膜を破るような事故も起きている。
東京消防庁によると、2012~16年の5年間に耳掃除中の事故で364人が救急搬送された。

 アメリカの耳鼻咽喉科頭頸(けい)部外科学会は17年の指針で
「耳あかを奥に押し込めるだけで、外耳道を傷つけている」などとして、耳掃除のやり過ぎに注意するよう求めている。

 欧米では点耳薬で耳あかを溶かして洗い流すことが推奨されているが、日本ではまだ一般的ではない。

 このため、杉浦さんは耳掃除の注意点として、
〈1〉2週間に1回程度にする
〈2〉綿棒にはベビーオイルなどを塗り、耳の穴の入り口付近を軽くぬぐう程度にする
〈3〉事故が起きないように周囲に十分注意を払う――をあげている。

※続きはソースでどうぞ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00010000-yomidr-sctch


【 耳洗潔 20ml 】

» 記事の続きを読む

広告

カテゴリ

今日尋常じゃない耳の痛みで起こされたんだがwwwwなんだこれwww

最悪な目覚め
hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1499113718

1: 名無しさん@おーぷん 2017/07/04(火)05:28:38 ID:PCV
耳がとても痛い常に痛い、喋ったりあくびしたりつば飲むと尋常じゃないくらい痛いなんでだと思う?

【 ロキソニンSプレミアム 】

» 記事の続きを読む

広告

カテゴリ

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止