Sound Field
Sound Field

タグ:社会

東京メトロ 日比谷線車内で、高音質ステレオスピーカーでクラシックやヒーリング曲をBGM放送。試験運用

ミュージックトレイン エレキ 楽器

1: 音無さん 2018/01/24(水)
http://news.livedoor.com/article/detail/14202834/

東京メトロが日中の日比谷線車内で、クラシック音楽やヒーリング音楽のBGM放送を試行運用します。

高音質ステレオスピーカーでBGM放送

東京メトロは2018年1月24日(水)、日比谷線車内でBGM放送を試行運用すると発表しました。

車両は2017年3月から営業運転をしている新型の13000系電車を使用。東京メトロによると、
車内のスピーカーは「高音質ステレオ放送システム」を搭載し、よりクリアな音質を楽しめる仕様に
なっているといいます。クラシックなどの音楽データを収録していることから、放送設備を用いて
車内に音楽を流すことが可能です。

試行運用の期間は1月29日(月)から当面のあいだ。対象列車は次のとおりです。

●平日
・中目黒発:10時28分、12時11分
・北千住発:11時20分、13時00分
●土休日
・中目黒発:11時00分、12時41分
・北千住発:11時50分、13時30分

放送区間は日比谷線の中目黒~北千住間です。直通先の東武スカイツリーライン(伊勢崎線)内では実施しません。
また、ダイヤが乱れたときなども、BGMを流さない可能性があります。音楽は13101編成などの奇数編成と、
13102編成などの偶数編成で異なります。曲目の一例は次のとおりです。

●奇数編成:クラシック音楽
・「月の光」ベルガマスク組曲より/クロード・ドビュッシー作曲
・「ノクターン」第2番変ホ長調 作品9-2/フレデリック・ショパン作曲
・「春の歌」作品62-6/フェリックス・メンデルスゾーン作曲
●偶数編成:ヒーリング音楽(Mitsuhiro作曲)
・「朝空を開いて」
・「そよぐ緑」
・「陽を浴びて」

13000系のBGM機能は、イベント列車の運行時や、車両点検時のスピーカー試験のために導入されたものです。
2017年7月には、イベント運転の設定にしていたことにより、車内に音楽が流れ続けたことが話題にもなりました。

東京メトロによると、今回の試行運用は「より快適な車内空間をご提供すること」が目的とのこと。
「通勤用列車における営業列車内でのBGMの放送は国内で初の試みで、当面の間運行する予定」としており、
利用者からの意見をもとに、今後のBGMの有用性などを検討していくとしています。
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1516775408

【 月曜日が楽しくなる幸せスイッチ 】

» 記事の続きを読む

広告

カテゴリ
タグ

【街を行く人間地雷】なぜ「キレる老人」が増えているのか? 脳の観点から考察

老人 街 孤立
hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1460375628

1: (東京都)@\(^o^)/ 2016/04/11(月)
 最近、キレる老人による事件が増えている。たとえば、タバコのポイ捨てを小学1年生男児から注意された75歳の男が
男児の首を絞めて逮捕されたという騒動なども。なぜ、キレる老人が増えているのだろうか。「脳」の観点からこの問題を
考察するのは、脳情報を提供する「脳の学校」の代表取締役で医学博士の加藤俊徳さんだ。

 これまで1万人以上の人間の脳と向き合ってきた脳のスペシャリストは、「脳の老化こそキレる原因」と指摘する。

「高齢者の脳は、使っていない範囲がどんどん増えていき、それに伴って脳の機能が衰えていきます。それゆえ物事に
対する理解力が低下して感情的にイライラしやすくなる。一方で、老化によって、脳内の感情をコントロールする部分が縮み、
怒りの感情を抑制することが難しくなります。理解力の低下と感情を抑制できなくなることが車の両輪となり、暴走老人を生む
のです」(加藤さん)

 脳はさまざまな機能を分担する「脳番地」に分かれて働いており、そのうち、物事や言葉を理解するのに関係する「理解系
脳番地」と、感性や社会性に関する「感情系脳番地」の働きが劣化することで、キレる老人が出現するというのだ。

 携帯ショップで昨今よく見かけるが、ガラケーからスマホに変えようと店を訪れた高齢者が「ちっともわからないよ! 
もっとわかりやすく説明しろ!」とキレる場面などが良い例だ。

「この高齢者は、スマホを使いたいのに、店員の説明がまったく理解できずに腹を立てます。しかも増すばかりのイライラを
抑制できず、ついには人目もはばからず、店員相手にキレてしまうんです」(加藤さん)

 老年精神医学に詳しい精神科医の和田秀樹さんは、加齢による脳機能の低下により、もともと持っている性格がさらに
「剥き出し」になるとも指摘する。

「イライラしやすい、キレやすいという性格は、その人の持って生まれた脳やホルモンの働きによる部分が大きい。老化により
脳の機能が低下すると、そうした性格がさらに顕著になります。もともと短気でキレやすい人は、高齢になるとさらにキレやすく
なるんです」

以下ソース
http://www.news-postseven.com/archives/20160411_401917.html

【 暴走老人! 】

» 記事の続きを読む

広告

子どもの声は騒音か?全国アンケートした結果 → 東北の陰湿さが明らかにwwww

子供 影 遊ぶ
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1504595878

1: (東日本)[CH] 2017/09/05(火)
子どもの声を「騒音」と感じるか否か。程度の差にもよるとはいえ、甲高い声に耐えられない、という人もいれば、
「子どものやることだから......」と大目に見られる人もいるだろう。

Jタウン研究所では、子どもの声は「騒音」だと思うか、都道府県別にアンケート調査を行った。

no title


「騒音だ」の占める率を、各県ごとに0~30%、31~50%、51~70%、71~100%と4段階に分け、比較を試みてみた。
その結果を色分けすると、上のような日本地図になった。

色分けされた地図を見ると、「騒音だ」率が高い赤とオレンジの地域は全国に広がってはいるが、東北に赤が集中しているのが目立つ。
また関東・甲信・東海の各県は一様にオレンジとなっている。一方、「騒音だ」率の低い白と黄色の分布の中では、
大阪など近畿エリアが目立つと言えるかもしれない。

http://j-town.net/tokyo/research/results/204151.html

「園児がうるさい」苦情で保育園の開園延期に 為末大氏がチクリ

●「園児の声がうるさい!」という苦情で武蔵野市の保育園が開園延期になった
●元陸上競技選手の為末大氏は、Twitterでニュース記事を引用して言及
●市が園児の声に対して条例を制定するようなら引っ越したいとツイートした

http://news.livedoor.com/article/detail/13541887/

【 田舎暮らしに殺されない法 】

» 記事の続きを読む

広告

「ひとり」でいるほうが良い3つのメリット ←なにをそんなに逃げているんだ?

籍 椅子
anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1500179350

1: 2017/07/16(日) 13:29:10.45
ひとりの時間の3つのメリット

ひとりの時間のメリットには、次の3つがあります。

(1)惑わされない
(2)自由に考えられる
(3)自在に動ける
以下ソース
http://diamond.jp/articles/-/134969

【 一人が好きで悪いか!! 】

» 記事の続きを読む

広告

【衝撃】値上げしたのに商品やサービスの質が下がってしまったものやサービス

質か量か
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1472901869

1: (庭) 2016/09/03(土) 20:24:29.72
台風ラッシュ、食材高騰 タマネギ・サンマ…値上げ続々(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160901-00000075-asahi-soci
3個で298円。8月下旬、名古屋市中区のスーパーに並べられた北海道産タマネギの価格だ。購入した一人暮らしの女性(73)は「健康のためにタマネギは欠かさず買っている。最近かなり値段が上がってると感じる」と話した。

 名古屋市中央卸売市場では、8月下旬のタマネギの卸値は約3200円(20キロあたり)で、過去5年の平均の1・6倍。8月に相次いで上陸した台風が影響しているという。

 三つの台風が8月に上陸した北海道。日本一のタマネギ産地、オホーツク地方の北見市の農業生産法人は、タマネギ農地約33ヘクタールの大半が川の氾濫(はんらん)などで冠水した。
畑には商品にならないタマネギが放置されたまま。台風10号へも手の打ちようがないといい、男性役員(51)は「こんな被害は初めて。もう勘弁してほしい」と嘆く。

 収穫した農作物は臨時貨物列車の通称「タマネギ列車」で運ばれるが、この列車も走るJR石北(せきほく)線の路盤が台風で崩れ、20日から不通が続く。
トラックで代行輸送しているが、全面復旧は少なくとも1カ月以上かかるという。

 ほかにも、ジャガイモ(一昨年の全国シェア83%)、カボチャ(同56%)、ニンジン(同31%)の価格が高騰している。名古屋市中区の「カレークミン」では、看板メニューの「野菜のカレー」(840円)に、
この4種類すべてを使う。店主の稲葉達男さん(62)は「特にルーづくりで大量に使うタマネギの値上げは痛い」。材料費は高くなっているが、「お客さんのためにも値上げはできるだけ我慢します」と苦笑する。

【 幸せの値段 】

» 記事の続きを読む

広告

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
カウンター
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止