Sound Field ~オーディオのまとめ~

未来に残したい2chの情景。オーディオのまとめブログ。
Sound Field
Sound Field

「ひとり」でいるほうが良い3つのメリット ←なにをそんなに逃げているんだ?

籍 椅子
anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1500179350

1: 2017/07/16(日) 13:29:10.45
ひとりの時間の3つのメリット

ひとりの時間のメリットには、次の3つがあります。

(1)惑わされない
(2)自由に考えられる
(3)自在に動ける
以下ソース
http://diamond.jp/articles/-/134969

【 一人が好きで悪いか!! 】
[ 2017/07/17 22:55 ] オーディオじゃない話 | TB(-) | CM(11) | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク

【衝撃】値上げしたのに商品やサービスの質が下がってしまったものやサービス

質か量か
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1472901869

1: (庭) 2016/09/03(土) 20:24:29.72
台風ラッシュ、食材高騰 タマネギ・サンマ…値上げ続々(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160901-00000075-asahi-soci
3個で298円。8月下旬、名古屋市中区のスーパーに並べられた北海道産タマネギの価格だ。購入した一人暮らしの女性(73)は「健康のためにタマネギは欠かさず買っている。最近かなり値段が上がってると感じる」と話した。

 名古屋市中央卸売市場では、8月下旬のタマネギの卸値は約3200円(20キロあたり)で、過去5年の平均の1・6倍。8月に相次いで上陸した台風が影響しているという。

 三つの台風が8月に上陸した北海道。日本一のタマネギ産地、オホーツク地方の北見市の農業生産法人は、タマネギ農地約33ヘクタールの大半が川の氾濫(はんらん)などで冠水した。
畑には商品にならないタマネギが放置されたまま。台風10号へも手の打ちようがないといい、男性役員(51)は「こんな被害は初めて。もう勘弁してほしい」と嘆く。

 収穫した農作物は臨時貨物列車の通称「タマネギ列車」で運ばれるが、この列車も走るJR石北(せきほく)線の路盤が台風で崩れ、20日から不通が続く。
トラックで代行輸送しているが、全面復旧は少なくとも1カ月以上かかるという。

 ほかにも、ジャガイモ(一昨年の全国シェア83%)、カボチャ(同56%)、ニンジン(同31%)の価格が高騰している。名古屋市中区の「カレークミン」では、看板メニューの「野菜のカレー」(840円)に、
この4種類すべてを使う。店主の稲葉達男さん(62)は「特にルーづくりで大量に使うタマネギの値上げは痛い」。材料費は高くなっているが、「お客さんのためにも値上げはできるだけ我慢します」と苦笑する。

【 幸せの値段 】
[ 2016/09/14 22:58 ] ニュース速報板 | TB(-) | CM(10) | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク

【電線】日本の風情?観光立国へ障害も、電柱地中化の機運再び

電柱
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1447122052/

1: 2015/11/10(火) 11:20:52.28
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1511/09/news049.html
電線を地中に埋設して電柱をなくす「電柱地中化」いわゆる「無電柱化」の機運が、あらためて高まってきた。
都市景観や生活環境の改善に加え、最近では、激甚化する災害への対策や地方創生、観光振興といった
成長戦略メニューとも親和性が高いことで政策としての大義名分も獲得。無電柱化推進を掲げた自治体首長の集まりには、
国会議員が与野党を超えて結集するなど、来夏の参院選も見据えた動きも出始めた。
 「ネクタイの次は、電柱を引っこ抜きます!」。元環境相としてクールビズを推進した小池百合子衆院議員は10月20日、
東京・永田町で開かれた「無電柱化を推進する市区町村長の会」の設立総会で気勢を上げた。
 同会に来賓として駆け付けた国会議員の数は12人で、与党の自民、公明だけでなく、維新や民主党議員の姿もみられるなど、
多彩な顔ぶれだった。会を呼びかけた奈良県葛城市の山下和弥市長は、「非常にありがたい」と口元を緩ませた。

 国土交通省によると、電力会社や通信会社が全国に設置している電柱の総数は平成24年度末で約3552万本で、
「サクラの木とほぼ同じ数」(小池氏)。近年も年間約7万本ペースで増えている。
 国は昭和61年度から、景観向上や歩行者の安全確保などを旗印にして無電柱化を推進してきたが、
「1キロ当たり3億円」(山下市長)とされる自治体ら道路管理者の費用負担がネックとなり、最も進んでいる東京都でも
無電柱化されている道路は全体の5%未満。完全無電柱化しているパリやロンドンはおろか、韓国・ソウルの46%にも水をあけられている。
 政治の世界では、安倍晋三首相を会長とする議員連盟が平成26年1月に無電柱化促進の必要性をうたった決議を採択。
それを引き継いだ自民党小委員会を中心に、電柱撤去や無電柱化の技術開発を行うことを電力会社や通信会社の
「責務」と規定した議員立法の無電柱化推進法案が与党合意にまで持ち込まれた。
 ところが、27年の通常国会にも提出予定だった同法案が、安全保障関連法案による与野党対立の影響で、
野党との合意形成が暗礁に乗り上げた。結局、法案は会期末まで提出されずじまいで、頼みの臨時国会も年内に開かれる
見通が立っていない。政府関係者は「重要法案ではあるが、どうしても優先順位が下がった」と打ち明ける。
 ただ、潮目は変わりつつある。9月に茨城県常総市で起きた鬼怒川の堤防決壊では、現場周囲の電柱と電線が、
今にも濁流に流されそうな住民を救助しようと近づくヘリコプターの行く先を阻む光景がテレビに大映しにされた。
その1カ月前となる8月の台風でも、各地で電柱が倒壊し、道路通行止めの原因となった。

 政府が進める観光立国の推進にとっても、電柱の存在は「百害あって一利なし」となりつつある。
世界遺産にふさわしいか実質的に審査する国際記念物遺跡会議(イコモス)は、世界文化遺産に登録された富士山に対し、
いくつかの環境保全策を実施するよう求めており、その一つが景観を妨げる電柱への対応とされる。
対応次第では、世界遺産登録が取り消される可能性もゼロではない。
 世界から注目を集める2020年の東京五輪でも、競技場周辺の無電柱化は喫緊の課題だ。
市区町村の会は、無電柱化を進めるNPO(特定非営利活動法人)とも連携して、安全・安心に関心の高い子育て世代をターゲットに、
世論の合意形成を進めていく方針だ。政府・与党も今後、無電柱化のために取得した電線の固定資産税軽減などを検討するなど、支援態勢を整えていく。

 課題となるのは、やはりコスト負担だ。現行制度では、電線を地中に埋設するための共同溝工事費用は、
自治体など道路管理者が持つとされ、電力会社などは電線や機器などの費用負担にとどまる。法案が成立すれば埋設の
「責務」が電力会社に移るため、自治体の負担が軽減される可能性が出てくる。
国交省もコスト削減につながる埋設構造の浅層化に向けた規制緩和に向け、浅層化に伴う通信線の影響を調べている。
 また、電線を地中に埋めると、目視によって痛んだ箇所を断線前に発見できなくなるため、
破損・断線箇所が特定しにくくなるというテクニカル上の課題もある。
 旗振り役となる自治体の意識向上もカギを握る。「市区町村長の会」の設立総会の名簿には、参加自治体がない県もある。
山下市長は、「無電柱化による災害対策や景観美化などの効果は、地方ほど恩恵が大きい。
政府にもしっかりと関与してもらえれば、自治体の政策の優先順位も上がっていくはず」と、賛同の広がりに期待を込めた。

【 無電柱革命 】
[ 2015/11/13 22:55 ] ニュース速報板 | TB(-) | CM(10) | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク


オーディオ系サイト様
Sound Field ~オーディオのまとめ~