タグ:科学

【人体の不思議】音で周囲を知覚する盲目の人は「音で見る」ように脳が変化しているという研究結果

視覚

1: 音無さん 2019/10/16(水) 23:26:32.17 ID:drpZ79lY9
盲目の人の中には、イルカやコウモリのようにエコーロケーション(反響定位)で周囲を知覚している人もいます。そんな盲目の人の脳が音を聞くときには視覚に関する脳の部位である視覚野が稼働しているという研究結果が発表されています。

Retinotopic-like maps of spatial sound in primary ‘visual’ cortex of blind human echolocators | Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences
https://royalsocietypublishing.org/doi/10.1098/rspb.2019.1910

Neuroscientists See Unique Brain Changes in Blind People Who Learn to 'See' With Sound
https://www.sciencealert.com/blind-people-who-echolocate-can-see-with-sound-using-an-adapted-visual-cortex

エコーロケーションは、音の反響を使って周囲の物体の位置を知覚するという行為で、特にイルカやコウモリがエコーロケーションを使用する生き物として知られています。そんなエコーロケーションは、盲目の人が訓練によって習得することが可能です。

音だけで周囲の状況を「見る」エコロケーションを練習する7つのコツ - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20181016-echolocation/

人間のエコーロケーションについて、脳をスキャンして画像化するニューロイメージングの研究が始まったのは2011年のこと。2011年の研究ですでに、エコーロケーションによって脳が刺激されると、視覚野と聴覚野が連動することと、エコーロケーションが視覚野のみを活性化させることが示されていました。

今回発表されたイギリスのダラム大学心理学部リアム・ノーマンさんとロア・セイラーさんの研究は、舌を鳴らすことでエコーロケーションを行う盲目の人の脳に関するものです。実験では、エコーロケーションを習得した盲目の5人と、エコーロケーションを使えない盲目の5人、そして目の見える5人に、それぞれ「部屋の中にある物体からの反響音」を聞いてもらい、「反響音がどの方向から来たか」を考えてもらいました。

ニューロイメージングで脳の活動を画像化した結果、エコーロケーションのエキスパートである盲目の人が音を聞いたときの脳の活動は、目が見える人が物を見たときの脳の活動に匹敵し、エコーロケーションを使えない盲目の人とは全く異なる脳の活動をしているとわかりました。エコーロケーションが熟練した人ほど、脳の活動は物を見ているときの活動に近かったそうです。

研究グループは「エコーロケーションを使える盲目の人と使えない盲目の人を比較することによって、この脳の変化が『目が見えない』ことが原因ではないということが示されました」と述べており、「人間の脳機能の解釈において極めて重要です」とコメントしています。

2019年10月16日 08時00分
https://gigazine.net/news/20191016-blind-people-using-adapted-visual-cortex/
https://i.gzn.jp/img/2019/10/16/blind-people-using-adapted-visual-cortex/rspb20191910f04.jpg
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1571235992

【 驚くほど耳がよくなる! たった10秒の「耳トレ」 】

» 記事の続きを読む

広告

follow

“夢の物質” 炭素素材の製造技術の開発に成功 名古屋大学

CPU

1: 音無さん 2019/06/27(木)
次世代の半導体の材料などとして期待され、合成するのが難しいことから夢の物質とも呼ばれる炭素素材の「グラフェンナノリボン」を自在に製造する技術を開発したと名古屋大学のグループが発表し、コンピューターの小型化などに応用できる可能性があるとして注目を集めています。

「グラフェンナノリボン」という物質は、六角形の環状の炭素分子がつながった「ナノメートル」サイズの炭素素材で、大きさなどによって電気の通しやすさなどの性質が変化するため、次世代の半導体などへの応用が期待されていますが、効率よく合成する方法はなく、夢の物質とも呼ばれています。

名古屋大学の伊丹健一郎教授のグループは、環状構造を持つ特定の炭素分子を独自の触媒で反応させたところ「グラフェンナノリボン」を効率的に合成でき、材料の量などを調整することで、形や大きさを制御することもできたということです。

「グラフェンナノリボン」を使った半導体は、これまでより小さなサイズで同等以上の能力を発揮することができると考えられていて、コンピューターの小型化や高性能化などにも応用できる可能性があるとして注目を集めています。

伊丹教授は「長年の課題を解決でき、企業と量産化のための技術開発を始めていて、できるだけ早く応用につなげたい」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190627/k10011970331000.html
anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1561641791

量子コンピュータが変える未来
寺部 雅能 大関 真之
オーム社
売り上げランキング: 13,667

» 記事の続きを読む

広告

タグ
follow

雷雲はなんと10億ボルト、ピカチュウの100倍以上だった。電圧の測定に成功!!

雷

1: 音無さん 2019/05/07(火) 13:28:42.31
雷雲はなんと10億V超、電圧の測定に成功 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

(略)
素粒子のシャワーの異変
 2001年の運用開始以来、インド南部のウダガマンダラムにある宇宙シャワー現象観測施設「GRAPES-3
(Gamma Ray Astronomy PeV EnergieS phase-3)」で、物理学者たちはミュー粒子を観測している。ミュー
粒子は、宇宙線が地球の上層大気に衝突すると発生し、地上に降り注ぐ素粒子だ。

 どういうわけか、高感度のGRAPES-3はしばしば、4月から6月の間と、9月から11月の間にミュー粒子の
シャワーがわずかに弱くなることを示す。それがちょうど一年で最も雨の多い時期と重なっていた。
 ノーベル物理学賞を受賞したチャールズ・トムソン・リーズ・ウィルソンが1929年、ある雷雲の電場を計測
したところ、1インチ(約2.5センチ)の間隔で1万2700ボルトという驚きの数値が出た。ということは、数キロも
先まで広がる雷雲は、全体で乾電池10億個分に相当する電位差を秘めている可能性がある。

 電圧を測るには通常、2本の端子を対象物の両端にそれぞれ接続する必要がある。だが、雲のように巨
大でつかみどころのないものを相手に、どうしたらそんなことができるのか。これまで誰も思いついた者は
いない。雷雲の中に飛行機や風船を飛ばす実験も行われたが、その結果これまでに記録されたのは、最
高でも1億3000万ボルトだった。

 今回の研究の共著者バラクリシュナン・ハリハラン氏は、GRAPES-3が検出するミュー粒子の数が変化
するには、電場がどれほど強力でなければならないかを測るモデルを考案した。これがあれば、観測され
たミュー粒子から雲の電場を逆に推測できる。

 次に、GRAPES-3の過去3年間のデータを使って、研究チームは184の雷雲を分析した。すると、ミュー粒
子の数値から、2014年12月1日に発生した雷雲の電圧は瞬間的に13億ボルトに達していたことがはじめて
明らかになった。

以下ソース
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/042500253/
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1557203322

【 エレコム 電源タップ 雷ガード 個別スイッチ ほこりシャッター付 6個口 2.5m 】

» 記事の続きを読む

広告

タグ
follow

思っていることを音声に変換、脳内埋め込み型機器を開発!

脳 思考

1: 音無さん 2019/04/25(木) 20:27:38.25

 外傷や脳損傷などが原因で話せない人が、再び話せるようになる日が来るかもしれない。

 人の思考を直接解読し言葉にする革新的な脳内埋め込み型機器(インプラント)を開発したとの研究結果が25日、発表された。

 神経学的疾患の中には患者の言葉を発する能力を損なうものがあるが、このような患者の多くは、頭部や目の動きを使って文字をつづるコミュニケーション機器に依存し、苦労して一文字ずつ書いているのが現状だ。

 米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(University of California, San Francisco)の研究チームは、志願者に数百の文章を読み上げてもらい、
埋め込み型の機器を用いてその間の脳信号をスキャンすることで「合成」発話として再構成することに成功した。

 研究チームはこの技術がまだ初期段階にあると強調している。だが、この技術により、言葉を発せられない患者の思考をリアルタイムで発話に変換できるようになることが期待されるという。
(以下略)

https://www.afpbb.com/articles/-/3222561
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1556191658

【 人と会っても疲れない コミュ障のための聴き方・話し方 】

» 記事の続きを読む

広告

タグ
follow

【オカルト】チーズは音楽を聞き分けることが出来ることが判明!!ヒップホップを聴かせると最高に喜ぶ

チーズ 工場

1: 音無さん 2019/03/19(火)
[ブルクドルフ(スイス) 14日 ロイター] - スイスのベルン芸術大学の研究チームは14日、チーズに24時間音楽を聞かせると味が濃くなり、その効果はモーツァルトよりもヒップホップのほうが高い可能性があるとの報告を発表した。

研究は昨年9月、音楽が風味と香りに与える影響を調査する目的で実施。一塊10キロのエメンタールチーズ9個を木製の容器に置き、24時間音楽を聞かせる実験を行った。塊によって、米ヒップホップ・グループ「ア・トライブ・コールド・クエスト」の「We Got it From Here」、モーツァルトのオペラ「魔笛」、レッド・ツェッペリンの「天国への階段」、ダンステクノなど、聞かせる音楽を変えた。

さらに、割った塊と丸ごとのものを、高・中・低周波それぞれの音波にさらす実験も行った。

研究チームは、審査員らによるブラインドテイスティングの結果として「最大の違いは、風味、香り、味の強さに表れた。フルーティーさと香り、味において、ヒップホップを聞かせたものが最も強くなった」と述べた。

審査員の1人はロイターテレビに対し「食感、味、見かけが極めて明確に違っていた」と語った。

no title

https://mainichi.jp/articles/20190318/reu/00m/030/002000c
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1552996447

【 音楽療法はどれだけ有効か―科学的根拠を検証する 】

» 記事の続きを読む

広告

タグ
follow

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
カウンター
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止