Sound Field
Sound Field

タグ:科学

【衝撃】「ほとんどの人は30歳になるまでに新しい音楽を探さなくなる」 +日記

好奇心

1: 音無さん 2018/06/09(土)
「ほとんどの人は30歳になるまでに新しい音楽を探さなくなる」英国人対象の新調査結果

新しい調査によれば、人は年を取るにつれて新しい音楽を探さなくなり、昔の曲やジャンルを何度も繰り返し聴く「音楽的無気力」とも言える現象が起き、ほとんどの人は30歳になるまでに新しい音楽を探すことを止めてしまう、とのこと。ストリーミング・サービスのDeezerが1000人の英国人を対象に行った調査結果を発表しています。

新しい音楽を探さなくなる理由については、新しい音楽の量に圧倒されている(19%)、仕事が忙しい(16%)、幼い子供の世話(11%)など様々な要因を挙げています。回答者の半分近く(47%)は新しい音楽を探すためにもっと時間を費やしたいとも回答していますので、少なくても半分近くは音楽への興味を失ったためではないようです。

調査では新しい音楽を発見する探求心がピークを迎える年齢は24歳であるとも説明しており、この年齢の75%の回答者が週に10曲以上の新しい曲を聴いたと答え、また64%が毎月5人の新しいアーティストを探していると答えています。

また調査によれば、60%の人は普段聴いている同じ曲を何度も聴いているだけであり、また25%は自分が好きなジャンル以外の新しい音楽を試してみることはないと答えています。


Why we stop discovering new music around age 30 - Business Insider
http://www.businessinsider.com/why-we-stop-discovering-new-music-around-age-30-2018-6

http://amass.jp/106231/
ai.2ch.sc/test/read.cgi#newsplus/1528505373

【 「老いる」とはどういうことか 】

» 記事の続きを読む

広告

【動画あり】ねぇ、星の音を聞いたことはある? 恒星が音を発する仕組みは楽器と同じなんだって

ピラミッドパワー

1: 音無さん 2018/04/19(木) 21:30:23.40 ID:CAP_USER9
http://www.bbc.com/japanese/video-43805992
※リンク先に動画あり

星の音を聞いたことがあるだろうか。

英バーミンガム大学のビル・チャップリン教授によると、恒星が音を発する仕組みは楽器と同じ。

また、音からはその恒星の大きさや年齢などが分かるという。
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1524141023

【 眠れなくなるほど面白い 図解 宇宙の話 】

» 記事の続きを読む

広告

宝石業界に激震、原価10円・鑑別不能「パーフェクト人工ダイヤモンド」の製造方法が公開されてしまう

ダイアモンド 石

1: 音無さん 2018/03/14(水) 15:18:50.91
意図的に不純物を含ませ、特殊な量子力学的特性をもつ「合成ダイヤモンド」が活用され始めている。
量子物理学だけでなく、センシングや神経科学への応用も期待されるダイヤモンドは、いかにつくられているのか。
その可能性についても紹介する。

no title


2000年代半ば、物理学においてダイヤモンドが新たに注目を集めたことがあった。
その理由は、宝石としての大きさや色、輝きではない。
これらのダイヤモンドは必ずしも美しいものではなかった。
研究者たちが数ミリメートル四方の平らな正方形にカットし、ガラスの薄い破片のようなものにして、
レーザー光を透過させるためのものだからだ。

このような研究目的で使われるダイヤモンドとして最も価値のあったのは、ウラル山脈で採掘された
小粒のダイヤモンドだった。「わたしたちはそれを『ロシアの魔法のサンプル』と呼んでいました」
と、ワシントン大学で物理学を教えるカイ=メイ・フー准教授は語る。

このダイヤモンドは極めて純粋だが(ほとんどすべてが炭素というのは、物が混在するこの世界では珍しいことだ)、
わずかに含まれる不純物によって不思議な量子力学的特性をもつようになったものだ。
「複数の研究者グループがそれを小さく切り刻んで分け合っていました」というフー准教授自身も、
そのひとつを使って研究したという。

「ノミを使って削り取るのです。それほど多くは必要ありません」。
その特性は有望なものだったが、研究に使えるダイヤモンドは数が限られていたので、
それほど多くの実験をすることはできなかった。

https://wired.jp/2018/03/10/perfectly-imperfect-diamonds/
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1521008330

【 「ユダヤ人とイスラエル」がわかれば「世界の仕組み」が見えてくる 】

» 記事の続きを読む

広告

【ロマン】反響音で世界を「見る」、視覚障害者の”エコーロケーション”能力

覚醒

1: 音無さん 2018/03/01(木)

コウモリが暗闇の中で進路を定めるために音波を物体に反響させるのと全く同じように、一部の視覚障害者
は周囲の状況を把握しながら進むために、自分の口を使ってクリック(舌打ち)音を自然に発しているとの
研究論文が2月28日、発表された。認識が困難な物体に「ズームイン」する必要がある場合には、舌打ちの
速度と音量を調整するという。

 英国王立協会紀要(Proceedings of the Royal Society B)に掲載された論文の共同執筆者で、英ダラム大学
(Durham University)のロア・セイラー(Lore Thaler)氏は「人間は自身が出す音を反響させて位置情報を
確認する『エコーロケーション(反響定位)』を行えるような『設計』にはなっていないが、視覚障害者は
かすかな反響を聞き取ったり、課題の変化に応じて発する音を無意識に調節したりするように、自分の脳を
非常にうまく適応させている」と話す。

 研究チームは今回の研究で、エコーロケーションの経験を持つ視覚障害者8人を詳細に調査した。

 実験では、エコーロケーションに熟達した被験者を雑音が遮断された部屋に入れ、被験者の正面、そして
左にそれぞれ45度、90度、135度、180度(真後ろ)とさまざまな位置に木製の円盤を置いた。被験者と円盤
との距離は常に1メートルになるようにした。

 被験者には、円盤が部屋の中にあるかどうかを判断するために、所定の場所に立って頭を動かさずに自分
の口で舌打ち音を発するという課題を与えた。

 実験の結果、円盤を0度、45度、90度の角度に置くと、被験者は100%の確率で正解することが分かった。
被験者のちょうど左肩越しの位置となる135度に円盤を置くと、正解率が約80%に下がった。真後ろの180度
では、正解率は50%だった。

 角度が大きく、より難しい位置になるほど、被験者は「舌打ち音を発する回数を増やすとともに、舌打ち音
の強度を高める」ことを、研究チームは発見した。

 セイラー氏によると、視覚障害者が誰にも教わらずにエコーロケーションを習得する可能性があるという
事実は過去の論文でも報告されていたが、まるで音波探知機のように放射音を調節できることを示したのは、
今回の研究が初めてだという。

 舌打ち音は、舌を口蓋に押しつけて素早く引き下げると、真空状態ができ、これが「弾ける」ことで音
が発せされる。この音が空間を伝わり、視覚障害者の周囲にある壁面や物体に反射して、反響音として跳ね
返ってくる。

「今回の研究で明らかになったことは、人々にエコーロケーションを指導する際に非常に有用だ」と、
セイラー氏は話した。

http://www.afpbb.com/articles/-/3164742
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1519896917

【 立体4目並べ 】

» 記事の続きを読む

広告

音楽の好みは14歳の頃に決まってしまうことが判明。おまえらが中学のころ聴いていた音楽は?

音楽 ライブ

1: 音無さん 2018/02/20(火) 17:47:47.93
http://fnmnl.tv/2018/02/19/47697

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていることが、新たな研究により明らかになった。

『NY Times』によると、リスナーの生まれた年が音楽の好みを左右しており、14歳の時に聞いた音楽が私たちの音楽の好みに最も重要な影響を与えるとのこと。

今回おこなわれた、Seth Stephens-Davidowitzによる音楽の好みに関する研究。Spotifyのデータをもとに人々の聞く音楽を分析した結果、10代の時聞いた音楽が、その後の音楽の好みに最も大きな影響を与えることが判明した。

1960年~2000年のBillboardのチャートを調査し、それを年齢別の選曲ランキングと照らし合わせて分析。男性の場合は13~16歳の間にリリースされた曲が、大人になってからの音楽の好みに大きな影響を与えるとのこと。
平均すると、男性の最も好きな曲は、14歳の時にリリースされた曲であることが多いそうだ。

女性の場合は男性より少し早い。11~14歳の時に聞いた音楽の影響が大きく、平均13歳の時にリリースされた曲が最も好きな音楽になるという。
女性のほうが男性より幼少期に受ける影響が大きいらしく、好みを形成する年は思春期の終わりと重なることが明らかになった。

記事ではRadioheadの”Creep”が例として挙げられた。1993年にリリースされた"Creep"は38歳の男性の最も聞く音楽ランキングで164位。
年齢が10歳前後すると"Creep"はトップ300にもランクインしなくなる。また、1987年にリリースされたThe Cureの"Just Like Heaven"が再生数ランキングで最も上位にくるのは41歳の女性のチャート。これは彼女たちが11歳のときにリリースされた曲である。

20歳のときに聞く音楽は10代の時に聞いた音楽の半分ほどの影響力しかないそうだ。
viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1519108049

【 女子中学生の小さな大発見 】

» 記事の続きを読む

広告

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
カウンター
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止