Sound Field
Sound Field

タグ:素材

日本製紙、セルロースナノファイバーの塗料化に成功、なんでも塗るだけで最強強度に!!

セレンピアTM

1: 音無さん 2017/12/26(火)
日本製紙株式会社(社長:馬城 文雄、以下「当社」)は、明治大学名誉教授の宮腰 哲雄氏、
および漆芸家の石井 昭氏と共同で、日本古来の天然塗料である「漆(うるし)」への、
木材から得られる最先端素材であるセルロースナノファイバー(以下CNF、当社製品名「セレンピアTM」)(注)の
添加について研究を進めてきましたが、このたび、「セレンピアTM」添加の漆塗料は、
通常の漆塗料よりも高光沢、高強度の性能を発揮することを確認しました。

「セレンピアTM」添加の漆を塗布した漆器
(制作 漆芸家 石井 昭氏)

http://www.nipponpapergroup.com/news/year/2017/news171129004002.html
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cginews/1514286316

【 生漆 40g 】

» 記事の続きを読む

広告

ハーバード大学 自己修復可能な画期的なゴムを開発!「ひび割れが起きない&切断してもまた結合する」

ゴム 輪ゴム
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1503304341

1: (catv?)@ [CN] 2017/08/21(月) 17:32:21.38 ID:N+iHJF7Y0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
 ハーバード大学は8月14日、天然ゴム並みに丈夫で自己修復が可能な新しいタイプのゴムを開発したと発表した。

 ゴムはしばしば永久的な共有結合によって結合されたポリマーでできており、自己修復特性を持たせることは困難とされていた。
これらの共有結合は強力である反面、一度壊れると再結合することができなくなる。自己修復可能なゴムを作るためには、ポリマーを接続する結合を可逆的にする必要があった。

 以前の研究では、可逆的な水素結合を用いてポリマーを結合させゴムを形成したが、可逆的な結合は共有結合よりも弱いとされていた。
そこで、同大学の論文の主著者であるデイビット・ワイツ博士は、共有結合と可逆的な結合の両方の性質を持つ、透明で強く自己修復可能なハイブリッドゴムを開発した。

 ハイブリッドゴムは力を加えてもひび割れを起こさない。
一時的に切断されるが、繊維状の構造が共有結合を保ち、負荷が解消されると元の形状に修復される。
同大学の技術開発局は、同技術の特許出願を提出し、積極的に商業化の機会を模索している。

ハーバード大学 自己修復可能な新ゴムを開発
http://www.gomutimes.co.jp/?p=121090

【 アイテック 天然ゴム板 100x100mm 厚さ1mm 】

» 記事の続きを読む

広告

マジかよ…コンクリートしっかり固まるまで20年位かかるんだぜ。

コンクリート 作業員 現場 建設
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1501746881

1: (秋田県) 2017/08/03(木) 16:54:41.2
NEDO、AIでコンクリートひび割れを検出する技術を開発 - 点検作業を省力化
http://news.mynavi.jp/news/2017/08/03/192/

【 新設コンクリート革命 】

» 記事の続きを読む

広告

【悲報】ダイヤモンド、1カラット500円で買える。研磨剤くらいにしか需要がないな

ポリッシャー
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1499583942

1: (埼玉県) [GB] 2017/07/09(日) 16:05:42.50
なぜダイヤモンドよりも美しい宝石に需要がないのだろうか?

最も一般的な理由は、キュービックジルコニアが安価なことだ。
キュービックジルコニアの婚約指輪では、愛のために大枚をはたく意欲を示せない。
ダイヤモンドの価値は、その価格にある。

近年、人工ダイヤの製造は進化を遂げ、優れた人工ダイヤが「天然ダイヤ」の半額以下で買えるようになった。
そのため宝石商は、天然ダイヤの証しである細かな傷を探すのだ。

私に言わせれば、これは完全にばかげている。
繰り返しになるが、ダイヤモンドはもはやその美しさではなく、その値段こそが価値だと思われるようになった。

そして、ダイヤの希少価値を維持しているのは、市場を厳格に制御するダイヤ商人たちなのだ。
https://forbesjapan.com/articles/detail/16851

【 ダイヤブロック BASIC 100 】

» 記事の続きを読む

広告

【鉄オタ集合スレ】 鉄鋼各社 鉄より軽く強いチタン事業強化

素材 メタル
anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1498369830

1: ノチラ ★ 2017/06/25(日) 14:50:30.56 ID:CAP_USER
中国の過剰生産の影響で、主力の鉄鋼事業が伸び悩んでいる大手鉄鋼メーカー各社は、鉄よりも軽くて強度が強い「チタン」の需要の拡大が見込まれるとして事業の強化に乗り出しています。
このうち「新日鉄住金」は、観光名所として知られる東京の浅草寺の五重塔の瓦にも使われる新しいチタンの製品を開発しました。「チタン」は、鉄よりおよそ4割軽いうえ2倍の強度を持ち、さびにくいのが特徴です。このメーカーでは、100種類以上の色あいを出せる技術を開発したということで、今後は自動車や家電製品などにもチタンの使い道を広げたいとしています。新日鉄住金のチタン・特殊ステンレス事業部の知見徹摩室長は「機能面だけでなく、デザインの面でも工夫できる金属なので、今までにない需要を掘り起こしたい」と話しています。

また、「神戸製鋼所」も軽量化が進む航空機の分野で、チタン製の部品の需要の拡大が見込まれるとして、チタンの製造に欠かせない「溶解炉」と呼ばれる設備を増強する方針です。

鉄鋼メーカー各社は中国で鉄鋼製品が過剰に生産されている影響などで業績が伸び悩んでいて、チタンなど今後成長が見込まれる事業を模索する動きが続いています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170625/k10011029691000.html

» 記事の続きを読む

広告

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
カウンター
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止