タグ:考察

【朗報】「Youtuber切り抜き動画」が今儲かる話。時代のYoutubeに就いていけ?2ちゃんまとめブログ管理人の再就職先が決まる!!

新聞

この頃、クラブハウスという招待制の新しいSNSが話題ですが、こういう新しいものが出てきたときにすぐ適応出来る人が、今後のネットで勝てる人だと思います。しかしながらそういう情報への敏感さだったり適応能力の高い人って結局、そういう場所でなくても一定の成績が出せるいわゆるエリートであることは間違いないでしょう。そういう意味で、現実世界は有象無象の一般人以下の人間にとても厳しいと感じます。

そんな社会でも、少しの労力と知識でまあまあ良いところまで行けたのが2ちゃんねるまとめブログでした。以前も説明したとおり、初期~中期のまとめブログは本当に適当にコピペしているだけでほぼすべてのブログが一定の水準まで行けたと思います。
それが、近年ネット社会の変化と競争率の過激化により集客も仕事としての面白さもさっぱり無くなってしまいました。

詳しくはこちら→【令和最新版】まとめブログの育て方、昔のコピペブログとは?

ネットの中心的存在になったYoutuber
2015年あたりからYoutubeを中心に広告がネットへ集中しはじめ、Youtuberという言葉が一般へ浸透し、一部では莫大な資産を築くまでの一大産業へと変貌しました。この頃から、Youtuberはもう新規参入は無理だとかトップYoutuberも後数年で終わりとか…今でも相変わらず言われ続けてますが、結局世界の人達にYoutubeという動画サイトを見る習慣ができ、主力ネットコンテンツとして今後も健在でしょう。
規約が厳しくなってオワコン化するとか、広告収益が下がっていくとか、職業としてのYoutubeに懸念されることは考えていたらキリがありませんが、取りあえずは、今もっとも注目がつまっていて実際にクリエイターも視聴者も多種多様な人が集まっている人気プラットフォームには変わりありません。

しかしながら、まとめブログをやるような人種にYoutubeは非常にハードルが高すぎます。理由は3つです。
1.圧倒的で且つ持続性のある作業量
2.カリスマ性や独自性のセンス
3.マネジメント

一度に説明すると、動画コンテンツでありSNSであるYoutubeで成功できる人はそうそう多くありません。故に莫大な利益が上げられるのですが。 競争が激しさを増し、より伝わる話し方やより見やすい編集と撮影、アイディアの独創性など非常に高いレベルが求められ続けます。加えてSNSであるがために、とにかく炎上が起きやすいですので個々の社会的な能力が要求されます。ぶっちゃけいってしまうとそこまで出来てしまう人は、普通に起業してもある程度の成功を収めそうであります。
もちろん趣味でYoutube動画投稿をしたいとなれば、カメラはスマホで編集も簡素で、参入ハードルは非常に低いです。

そうして、より質が高く、濃いコンテンツがYoutubeに集まるわけです。
全盛期のまとめブログ管理人のトップ層と、現在の日本Youtuberのトップ層を比較してみるとそのバイタリティであったり実際の年収であったりは10倍~100倍程度違うのではないかと感じます。まとめブログもある意味で金の鉱脈でしたが、Youtubeはそのスケールが何倍も違うのです。


それだけ大きなプラットフォーム、マーケットなので、ニッチ産業いわゆる「コバンザメ」「二匹目のどじょう」「三番煎じ」が狙い目だと思います。一つの巨大産業には都市部のようなより複雑でマイナーな産業が広く浅く栄えます。

大きすぎるが故に2番煎じ3番煎じとコンテンツを形骸化させても金額的には十分な収益が見込めます。これは初期の日本Youtuberが、海外のトップYoutuberからネタを拝借してきていたことを見れば分かると思います。現在では、少し前のアルミホイルを叩いてみたのようなプラットフォーム全体に影響を与えるようなネタ被りは発生しなくなりましたが、逆に、バラエティ系Youtuberを中心に人気テレビ番組のネタをそのまま拝借して自身のコンテンツとしているところは多々見受けられます。ゲーム実況動画でも人気ゲームが出現したらほとんどの実況者が後を追い揃いもそろって同じゲームをして同じようなことを言っているのです。
Youtuberがテレビ局の人気番組の真似をして、タレントや芸人が大食い企画だったり高級品買って開封してみたとかのYoutuberみたいなことをしている奇妙な状況です。こうして文章にしてみるとYoutubeってかなりつまらないように感じますね。

独創性とセンスが要求されると言いつつも、結局はパクリパクられ、オマージュの世界です。

思考法図鑑 ひらめきを生む問題解決・アイデア発想のアプローチ60

» 記事の続きを読む

広告

オーディオのレビューに意味はあるのか?ネット時代でレビューは終わったのか

雑誌

冬の気圧配置が緩み、春を感じる今日ですが、今年もまた冬があっという間に終わって嵐の春がすぐに来るのかなと感じます。
さて、ブログを書いてもう15年くらいになりますが、オーディオ趣味とブログは割と相性が良いように思います。しかしながら、そんなブログもしばらく前からオーディオ業界の以上の縮小に転じています。

オーディオレビューの変遷
社会の中心は言わずもネットであり、ネットの世界はSNSやTwitterといった場がメインストリートになっている今日この頃。紙媒体の雑誌の販売数は年々減少していき、一時期ブームになっていたブログサイトですら趣味でも仕事でも表立って取り扱われることは少なくなりました。

そんな現状ですが、オーディオ趣味の皆様は、新しくオーディオ製品を買うとき何を頼りにしますか?
オーディオ趣味を本格的に始める前のことをふと思い出すと、価格.comの口コミやAmazonレビューを熱心に漁っていたことを思い出します。ヨドバシカメラで適当に試聴したり、ヘッドホンブックやスピーカーブックなどを買って読んでいました。併せて、2ちゃんねるのメーカースレを見たり、質問スレで聴いてみたりとネット上だけでも意外に多くの切り口があったと思います。

2010年頃の私のオーディオまだポータブル寄りのヘッドホン主体で、2ちゃんねるに人が多く集まっていた頃、新製品の話題や趣味の話は専門のスレでほぼ完結していたように思います。
それが、自分がが買うオーディオ機材の高額化とネット社会の変貌を境に、価格.comにはもう該当製品の口コミどころかページすらもない。2ちゃんねるでは、過疎と煽り合いで欲しい情報がない。雑誌に関してはどこもバックにスポンサーの存在があり、文章の真意を読み解くのが非常に難しいと感じていました。プロが書くレビューは精度こそ素人よりも高いものの、どうしてもメーカーへ忖度した、メーカーカタログの付録のようなレビューになっていて、読者が欲しい情報がうまくカモフラージュされたようなレビューになりがちです。

近年では、コロナによって大規模なイベントが相次いで中止され、話題の製品や新製品だったりの情報を得る機会がばっさり減ってしまったように思います。


寄り添うツイッター わたしがキングジムで10年運営してわかった「つながる作法」

» 記事の続きを読む

広告

カテゴリ

Google検索から見る「オーディオ オタク」のヤバさ…オーオタは差別用語? ヘッドライン2020/12/19

感歎

大寒波の到来とともに、風邪引きました。
冬ってこんなに辛かっただろうかと、朝起きるたび、お風呂に入るたびに感じる今日この頃。
今年寒すぎというより、去年がかなり暖かくて過ごしやすかったんだなと。

コロナと冬に寒さですっかり家に閉じこもりっきりですが、
とりあえず、ブログの整理作業と大晦日に向けての家の掃除を始めたわけですが、
どうにも気になることが一つあります。

特定ニッチ市場の「需要」に応えることで「オンリーワン」になれるヒント集

» 記事の続きを読む

広告

とある魔術の禁書目録、川田まみのSee visionSのヒミツ。オーディオで見えるインデックスの世界

仮面

218: 音無さん 2019/02/08(金) 22:13:01.51 ID:jq+rC4Pn0
川田まみのSee visionS
鳴らすのが難しい気がするけど気のせいやろか

219: 音無さん 2019/02/08(金) 22:44:20.08 ID:VDFrE9TK0
>>218
これ聴くと福島のトラウマが蘇るンゴ
ちな音はいうほど悪くない
アニソン向けのピュアオーディオ part16 awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1541509530

See visionS 〈通常盤〉 TVアニメ「とある魔術の禁書目録II」新オープニングテーマ
川田まみ
ジェネオン・ユニバーサル (2011-02-16)
売り上げランキング: 163,851

» 記事の続きを読む

広告

【オーディオ】ハイレゾとアナログは共存できるのか?…その前にハイレゾって流行ってる?

混乱
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1444914731/

1: 2015/10/15(木) 22:12:11.57
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/5482?page=1
10月8日、日本国内ヘッドフォン販売台数6年連続No.1のオーディオテクニカが2016年に
向けての新製品発表会をおこない、ヘッドフォン、イヤフォン合計9モデルの新製品を発表した。
大画面に映し出されたヘッドフォン製品写真の下には金色に輝くハイレゾ対応機器のロゴが並んだ
オーディオブーム再来の要と言われているハイレゾとは何か。一言でいえばCDよりも音がいいハイレゾリューショーン
高解像度)の音源を意味する。そもそもアナログレコードはレコード盤に刻まれた溝の深さと振幅によって音楽信号
を記録していたため、録音できる周波数帯域に下限も上限もなかったのだが、CDが生まれた時、
アナログ信号をデジタル化する必要が生まれた。そこで再生周波数帯域の上限を人間の耳に聞こえる限界である
20kHzに決め、44.1kHz/16bitという規格が決定された。これによってCDは20kHz以上の高音が入っていないから
、アナログの方が音がいいという論争がなされ、アナログ派とデジタル派の確執が生まれることになる。
 一部のオーディオマニアを除いてCDはその音質より、利便性によって評価され急速に一般家庭に普及、
アナログレコードを駆逐した。利便性の追求はとどまるところを知らず、CDよりもコンパクトで扱いやすいMDが生まれ、
「iPod」の登場により、音楽データはHDDに収納された。さらにケータイの着メロまで音質は劣化してしまったが、
ポータブルミュージックプレーヤーとハイレゾ音源によって再び高音質を取り戻そうとしている。音楽を聴くために
リスニングルームを作ろうとしてた世代に替わって、PCを中心としたデスクトップミュージック世代、
そして通勤通学時や出先でも音楽を楽しみたいポータブルオーディオ世代の台頭により、音楽環境も様変わりしている。
ハイレゾデータはPCに収められ、ポータブルのハイレゾプレーヤーに転送される。デスクトップオーディオの
主役はPCとUSB接続できるUSB/DACである。CDプレーヤーではハイレゾ音源が再生できないため、ハイレゾ対応DACはどうしても必要になる。

 ハイレゾ音源はどこで手に入れるのか、音楽配信サイト「e-onkyo music」などから購入してダウンロードするのが一般的である。
最初はハイレゾに消極的だったソニーはスマホやハイレゾウォークマンなどのハードウエアのハイレゾ対応完成に合わせて
音楽配信サイト「mora」でも大々的にハイレゾ音源の配信を開始した。あとはアップルが参入してくれれば世界的にも
ハイレゾ普及に拍車がかかるに違いない。ソニーは自社製品がハイレゾ対応であることをアピールするために
ハイレゾのロゴマークを作成した。同社のハイレゾ基準は例えばスピーカー、ヘッドフォンであれば
40kHz以上の再生周波数帯域を出力できること。それでは40kHz以下しか再生できないヘッドフォンでは
ハイレゾの高音質が再生できないかと言えば、そんな事はない。

 ハイレゾ音源とハイレゾ対応機器に対する定義は曖昧でオーディオメーカー各社バラバラでいいのか。
そんなもやもやに対する回答が、2014年3月にJEITA(電子情報技術産業協会)発表の「PCM音源におけるハイレゾの呼称について」
の定義付けである。内容はCDのスペック、44.1kHz/16bitを超えるものを全てハイレゾリューション・オーディオと呼ぶことだ。
ここでちょっと面倒なのが、再生周波数帯域を決めるサンプリング周波数44.1kHzだけでなく、
情報量を決める16bitだけが、CDを超えていればいい点で、例えば44.1kHz/24bitもハイレゾ音源となる。
この場合、高域の再生限界はCDと同じ20kHzになるため、必ずしもハイレゾ対応機器が40kHzまで再生できる必要はない。 

 すると同年6月に日本オーディオ協会がハイレゾの定義と同時にオーディオ業界全体で使用できるハイレゾロゴマークを発表した。
日本オーディオ協会は民生用機器では96kHz/24bitに対応したものをハイレゾ対応機器と定義した。
スピーカー・ヘッドフォンの高域再生性能40kHz以上が再生可能であることも組み込まれた。さらに聴感評価という項目も加わった。
これはハイレゾの基準を満たせば高音質とは限らないので、聴感評価委員会で該当製品が認証されていることという条件だ

【 聞こえくる過去 】

» 記事の続きを読む

広告

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止