タグ:若者

  • 2018/09/23ニュース速報板

    1: 音無さん 2018/09/22(土) デザイン会社で非正規社員として働く男性(26)はこう語る。 「月収は20万円足らずで、家賃5万円、光熱費とスマホ代で4万円くらい。これらを差し引いたら、とても飲みに行くような余裕なんかありません。以前はコンビニで 弁当と一緒に缶ビールを買うこともありましたが、それもやめました。飲酒習慣が身につく前だったせいか、いまは飲みたいとも思いません」  厚生労働省が2016年に実施...

    記事を読む

  • 2018/09/17ニュース速報板

    1: 音無さん 2018/09/15(土) 16:32:36.14 深刻な若者の献血離れ 「少子高齢化に伴い、将来の献血基盤を支える若年層の献血率の増加が重要な課題」と日本赤十字社 若者の献血離れが深刻だ。10~20代の献血者数はこの20年で半減し、それに伴って総献血者数も減少傾向にある。 日本赤十字社の広報担当社は「社会の少子高齢化に伴い、将来の献血基盤を支える若年層の献血率の増加が重要な課題となっている」と話す。 同社は、...

    記事を読む

  • 2018/09/04ニュース速報板

    1: 音無さん 2018/09/03(月) タレントのマツコ・デラックス(45)が3日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に出演。現代を生きる若者の不安について語った。 同番組では「夕刊ベスト8」のコーナーで「20代男性より、40代女性の方が飲んべえ」という記事について紹介。週3回以上、 1合以上飲む人の割合を見ると、全年代を通し男性の飲む量が低下する中、女性は20代から30代が男性同様...

    記事を読む

  • 2018/08/29雑誌

    59: 音無さん 2018/08/25(土) 13:20:54.81 ID:z7oV2PRJ ステサンがTwitterでアイディアを募集 Stereo Sound ONLINEさん スピーカーで音楽を聴く楽しさ、若いひとに伝えたい。どーする? https://twitter.com/StereoSound_inc/status/1032183463690952705 65: 音無さん 2018/08/27(月) 13:20:26.29 ID:3sROg+du >>59 >Twitterでアイディアを募集 なんか 終わったな ステレオサウンド読んだ? No.18 awabi...

    記事を読む

  • 2018/08/07ニュース速報板

    1: 音無さん 2018/08/06(月) 安い価格で、それなりのものが買える時代。そんな中でも「高くていいもの」を求める人は、一部にはいるものだ。 しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,477名に「買い物について」の調査を実施。 「高くても品質のいいものを選ぶほうだ」と答えた人は、全体で34.5%だった。どのような人たちが、安さよりも品質を求めているのだろうか。 ■こだわりのものにはお金をかける 年代が...

    記事を読む

若者の飲酒離れ。お金がないから呑まないの?

酒場

1: 音無さん 2018/09/22(土)
デザイン会社で非正規社員として働く男性(26)はこう語る。

「月収は20万円足らずで、家賃5万円、光熱費とスマホ代で4万円くらい。これらを差し引いたら、とても飲みに行くような余裕なんかありません。以前はコンビニで
弁当と一緒に缶ビールを買うこともありましたが、それもやめました。飲酒習慣が身につく前だったせいか、いまは飲みたいとも思いません」

 厚生労働省が2016年に実施した「国民健康・栄養調査」の「飲酒の状況」を見ると、若年層になるほど酒を飲まない実態が浮き彫りになる。飲酒習慣のある人が
最も多いのは、男性では「50~59歳」の46.1%。以下、「40~49歳」は37.9%、「30~39歳」は29.0%と一貫して減り続け、「20~29歳」ではわずか10.9%しかない。
女性も男性ほど顕著ではないが、やはり減少傾向にある。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180920-00000009-sasahi-life
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1537612891

【 酒のやめ方講座 】

» 記事の続きを読む

広告

まともな職がなくて貧乏になっただけなのに、なんでも若者の○○離れにする風潮キライ

つながり

1: 音無さん 2018/09/15(土) 16:32:36.14
深刻な若者の献血離れ 「少子高齢化に伴い、将来の献血基盤を支える若年層の献血率の増加が重要な課題」と日本赤十字社

若者の献血離れが深刻だ。10~20代の献血者数はこの20年で半減し、それに伴って総献血者数も減少傾向にある。
日本赤十字社の広報担当社は「社会の少子高齢化に伴い、将来の献血基盤を支える若年層の献血率の増加が重要な課題となっている」と話す。
同社は、女優の広瀬すずさんを起用した「はたちの献血」キャンペーンなどで若年層にアピールしているが、なかなか厳しい状況のようだ。

ソース
https://zuuonline.com/archives/188432

金だけじゃなくて血液まで吸い取る気か
( ´ー`)y-~~
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1536996756

【 はたらく細胞 】

» 記事の続きを読む

広告

タグ

マツコ「若い人は無駄なお金を使うことに恐怖を覚えているよね 大人の責任」

野良猫

1: 音無さん 2018/09/03(月)

タレントのマツコ・デラックス(45)が3日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に出演。現代を生きる若者の不安について語った。

同番組では「夕刊ベスト8」のコーナーで「20代男性より、40代女性の方が飲んべえ」という記事について紹介。週3回以上、
1合以上飲む人の割合を見ると、全年代を通し男性の飲む量が低下する中、女性は20代から30代が男性同様低下する一方、
40代以上から増加。特に40代は9・9パーセントから15・6パーセントへと倍増しているという記事を紹介した。

この問題について、マツコはMCのふかわりょう(44)から「実感としてありますか」と聞かれ、「若い人、可哀想なのはさ、個別の飲みとか何とか
そういう問題の前に、やっぱり無駄なお金を使うことに対してさ、恐怖を覚えているよね」と語り、スタジオからは同意の声が上がった。

さらに「老後への不安とかさ、だからやっぱり、1個1個の問題とかもそうだけど、もうちょっと若い人たちが、希望を持てるような政策なり、
未来像みたいなものをちゃんと提示してあげないと」と独自の見解を述べた。

http://news.livedoor.com/article/detail/15252477/
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1535985340

【 若者貧困: 何故若い人はお金がないのか 】

» 記事の続きを読む

広告

スピーカーで音楽を聴く楽しさ、若いひとに伝えたい。どーする?

アンケート 教室

59: 音無さん 2018/08/25(土) 13:20:54.81 ID:z7oV2PRJ
ステサンがTwitterでアイディアを募集
Stereo Sound ONLINEさん
スピーカーで音楽を聴く楽しさ、若いひとに伝えたい。どーする?
https://twitter.com/StereoSound_inc/status/1032183463690952705

65: 音無さん 2018/08/27(月) 13:20:26.29 ID:3sROg+du
>>59
>Twitterでアイディアを募集
なんか 終わったな
ステレオサウンド読んだ? No.18 awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1532661641

【 マーケティングとは「組織革命」である。 】

» 記事の続きを読む

広告

高くても品質のいいものを買う中高年層 一方でコスパ重視の若者たち

物の価値 お店

1: 音無さん 2018/08/06(月)
安い価格で、それなりのものが買える時代。そんな中でも「高くていいもの」を求める人は、一部にはいるものだ。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,477名に「買い物について」の調査を実施。

「高くても品質のいいものを選ぶほうだ」と答えた人は、全体で34.5%だった。どのような人たちが、安さよりも品質を求めているのだろうか。



■こだわりのものにはお金をかける

年代が上がるほどに、品質がいいものにお金をかける傾向がある。

興味があることには、お金をかける人も多いだろう。

「こだわりのあるものには、お金をかけたほうがいい。私は料理が好きなので、食材や調味料には奮発する。でも他は節約するから、無駄使いとは思っていない」(40代・女性)

いい洋服は、長持ちするとの声も。

「洋服にはこだわりがあるほうなので、全部ファストファッションで済ますとかはありえない。ちゃんとしたところのものを買えば、生地がいいので長持ちする。

長い目で見れば、いいものを買ったほうが得な気がする」(40代・男性)

■お金がないから…

若い人たちが高いものを買わない理由は、やはりお金がないからである。

「給料も良くないから、安いものを買うしかない。必要なものはまず100円ショップで見て、あったら『これはコスパがいいのか?』を考えてから買う。

スーパーで食品を買うときでも、同じような考え」(20代・女性)

贅沢に興味がない人も多い。

「ファストファッションの洋服を数年間着て、スマホは格安SIMを利用している。別に『もっと贅沢したい』とも思わないし、この生活を続けていくつもり」(20代・男性)

■学生と会社員の差がない現実

会社員と学生を比べても、ほとんど差はない。

高くても品質のいいもの職業別グラフ

自分でお金を稼ぐようになっても高いものを買わないのは、学生にとって夢がない話だ。

「学生のときのほうがバイトして、自分の好きなものを買っていた気がする。服も当時のほうが、いいものを着てたし。今は限られたお小遣いで、安い酒を飲むのが密かな楽しみかな」(30代・男性)

学生の人たちは、今のうちにいいものを楽しんでおいたほうがいいのかも。

https://sirabee.com/2018/08/04/20161677230/
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1533481939

【 選択の科学 コロンビア大学ビジネススクール特別講義 】

» 記事の続きを読む

広告

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止