タグ:超音波

「超音波でゴキブリなどの害虫駆除」←ただうるさいだけでした。消費者庁が措置命令

警告

1: 音無さん 2019/04/26(金) 19:33:51.97 ID:UQwgfu9g9
「超音波で害虫駆除」に根拠なし 静岡の通販会社が違反

 消費者庁は26日、「超音波でゴキブリなどの害虫を駆除できる」と
宣伝する電気製品に合理的根拠がなく、景品表示法違反(優良誤認)に
当たるとして、静岡市の通信販売会社「BLI」に再発防止などを求める
措置命令を出した。

 同庁表示対策課によると、同社は2017~18年、コンセントに差し込んで
使う中国製の電気製品「RIDDEX PLUS(リデックス プラス)」を2700円で
販売。弱っているゴキブリのイラストとともに「部屋からゴキブリ消える!」
などと通販サイトで宣伝していた。

 消費者庁の求めを受け同社が提出した資料に、科学的な根拠が
示されなかった。


一般社団法人共同通信社(2019/4/26 18:15)
https://this.kiji.is/494430944377472097?c=39546741839462401

BLIが販売していた「RIDDEX PLUS」
no title
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1556274831

» 記事の続きを読む

広告

follow

音でPCのHDDを物理攻撃する音響ファイル「ブルーノート」が出現!!

HDD clash

1: 音無さん 2018/06/01(金) 11:15:21.92
◆スピーカーで音を鳴らすだけでPCがクラッシュ 「ブルーノート」攻撃に注意

PCの内蔵スピーカーや近くにあるスピーカーから音を鳴らすだけでPCをクラッシュさせる
――そんな攻撃が行われる可能性を、ミシガン大学や浙江大学などのセキュリティ研究者グループが実証したとして、ESETのセキュリティニュースサイト「welivesecurity」が注意を呼びかけている。

ESETによれば、この攻撃は「ブルーノート」と呼ばれ、超音波や可聴域の音を利用してHDD(ハードディスクドライブ)を攻撃する。
音波でHDDの磁気ヘッドやプラッタを振動させ、ハードウェアに物理的なダメージを与えるという。

また研究者グループは、ブルーノート攻撃で狙われるのはPCだけでなく、監視カメラなどの可能性もあると指摘する。
例えば監視カメラの映像を保存しているHDDレコーダーがブルーノート攻撃を受けた場合、HDDに録画データを書き込めなくなるという。

ESETは、HDDのように動く部品がないSSD(ソリッドステートドライブ)のPCであれば振動を受けても心配はないかもしれないが、「多くのデバイスがブルーノート攻撃を受ける可能性があるという事実は変わらない」と警告している。
ブルーノート攻撃の対策について研究者グループは、HDDの磁気ヘッドが前後に振動するのを防ぐためのファームウェアのアップデートなどを提案しているという。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1805/31/news131.html

ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1527819321

【 ブルーノート・レコード 妥協なき表現の軌跡 】

» 記事の続きを読む

広告

タグ
follow

「音」をつかってシカとの衝突事故を防ぐ試みが十勝で行われる。シカは高い周波数の音を嫌うらしい

飛び込み 像
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1504781710

1: 2017/09/07(木) 19:55:10.36
「音」でシカ衝突防止 効果は

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/sapporo/7003695701.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

例年、この時期から増えるエゾシカと車の衝突事故を防ごうと、シカが反応する
高い周波数の音を出しながら車で走り、衝突防止にどの程度効果があるかを調べる実験が
十勝の上士幌町で行われました。

この実験は、北海道科学大学の松崎博季教授の研究室が中心になって行いました。
エゾシカは、通常よりも周波数が高い音に反応しやすいとされています。
今回の実験では、こうした音を発生させる装置を車に取り付けて
山間部の道などを走り、シカの反応を調べました。

その結果、装置をつけていない車が近くを通っても反応は見られませんでしたが、
装置を取り付けた車では耳をたてて振り向き動きを止める様子が確認されました。
また、高い周波数の音は車から400メートル離れたところに届いていることもわかったということです。

研究室では、道路脇の森などにいるシカがこうした音を聞けば道路に飛び出さず
衝突を避けられる可能性もあるとして、さらに実験を重ねることにしています。

松崎博季教授は
「シカが多い地域を走る時にシカが嫌がる音を出すスマートフォンの
アプリのようなものを開発できれば事故の防止に役立つと思う」
と話していました。



(今回の実験が行われた機器。)
効果が期待されますが、私たちがエゾシカの特徴を知ることも事故の防止に役立ちます。
専門家によりますと、エゾシカは夜明けや日没ごろ道路に飛び出すケースが多いということです。

また、シカは群れで行動するため、1頭が道路を横切ったあとも
群れの仲間の2頭目、3頭目が続けて現れることが多いということです。
また、素早く動く印象のあるエゾシカですが、舗装された道路では動きが鈍くなりやすいということです。

これから山間部を走るときには、こうしたシカの特徴を思い出して十分に注意して運転することが必要です。

» 記事の続きを読む

広告

follow

ミミズの脳を音波で操作することに成功!!!!!!!!!!!!!

誘導
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1443156240/

1: @\(^o^)/ 2015/09/25(金) 13:44:00.80 ID:X/q6TF+i0

脳の細胞をコントロールするために大げさなヘッドフォンを
使う時代はなくなるかもしれません。
no title


これからは音波と少しの化学薬品でそれが可能になります。
研究者は小さなミミズの脳を音波で操作することに成功しました。
ミミズに音波を送ることで動く方向を変えることができたということです。
http://www.patriotpost.top/archives/1040459055.html

【 一瞬で人の心を誘導する技術 】

» 記事の続きを読む

広告

follow

ハイレゾ厨歓喜!!超音波で皮膚の再生を促進!26Hzの猫のゴロゴロにも治癒力があるらしい

芽生え
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1437479054/

1: レッドインク(家)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 20:44:14.67 ID:ft5K1SX40.net
発見、超音波に皮膚の再生を促進する効果。副作用なし、3~4年後には実用化の可能性も
ttp://japanese.engadget.com/2015/07/18/3-4/

英シェフィールド大学の研究チームが、超音波に皮膚の再生プロセスを促進する効果が
あることを発見しました。副作用もなく、臨床試験が順調にいけば3~4年で実用化できるとしています。

研究チームは、弱い超音波を使ってタンパク質が持つシグナル伝達機構を活性化し、
線維芽細胞を傷のある部位へと導き出すことに成功しました。線維芽細胞には
コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸など真皮になる成分を作り出す機能があり、
これによって皮膚の再生促進が期待できます。

この効果の発見は、たとえばさまざまな皮膚の病変や、寝たきりで床ずれに悩む
人々にとって朗報となるかもしれません。これまでにもブリストル大学がチームが
糖尿病で治癒力の低下した老マウスに超音波を使い、皮膚の傷が30%も早く癒えることを確認していました。

研究チームを率いるマーク・バス博士は「超音波による治療は、それによって引き起こされる
副作用などのリスクがない」と語ります。さらに今後は幅広い臨床試験をおこない、
3~4年には多くの現場で使われるようになるだろう」としています。
(略)
ちなみに、猫がゴロゴロと喉を鳴らすのは一般に機嫌が良いときと言われますが、
諸説あるなかには「ゴロゴロ音の約26Hzの振動が体や骨の治癒力を高める効果がある」という話も。
上のような研究現場での実例を考えると、あながちそれも嘘ではないのかもしれません。

【 ごろごろいい気持ち 】

» 記事の続きを読む

広告

カテゴリ
follow

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
カウンター
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止