タグ:車

【ドゥンドゥンッ】車の中で大音量、漏れてくる音楽が意味不明のものばかりなのはなぜ?

クルマ スピーカー

1: 音無さん 2019/04/14(日)

カーオーディオイベント・シーズンの開幕が迫ってきた。このタイミングで、
これらがどのようなものなのか、そして参加することでどのような楽しさを
味わえるのかを解説する特別企画をお贈りしている。今回はその第3弾をお届けする。

初夏に行われる3つのイベントに焦点を当て、それぞれの特長や参加方法等々を端的に解説していく。


01・第7回 ヨーロピアンサウンド カーオーディオコンテスト

全国区のハイレベルなサウンドコンテストの1つとしてすっかり定着しているこちら、
『ヨーロピアンサウンド カーオーディオコンテスト』。その第7回目となる大会が、
6月2日に石川県「小松ドーム」にて開催される。

当コンテストは、有名欧州ブランド(主催ブランド)の製品が装着されている
クルマのみがエントリーできる大会だ(主催ブランドの詳細は、同コンテストのHPを要参照)。
欧州にはHi-Fiフリークに人気のブランドが多くあり、結果、当コンテストにはハイレベルな
システムを搭載した車両が多数集結する。加えて、審査員を務めるのが
オーディオ評論家の方々ということもあり、“権威ある大会”という印象の強い大会となっている

https://response.jp/article/2019/03/18/320290.html
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1555231792

ざんねんなクルマ事典

講談社
売り上げランキング: 153,527

» 記事の続きを読む

広告

follow

【デザイン】若者は「四角いクルマ」が好き?その理由とは

車 四角さ

1: 音無さん 2018/11/20(火)
とにかく四角くてかわいいクルマということが大事

「どういうデザインのクルマが好き?」と聞かれたとき、どんなクルマを思い浮かべるだろう。クルマ好きなら、メーカーや車種はもちろん、細かい世代やモデルチェンジの仕様変更までこだわる方もいるかもしれない。

私と同世代の20~30代の友人たちのなかで、クルマに詳しい人はほとんどいない。メーカー名すら曖昧で、クルマを購入するときには親の代からお世話になっているディーラーにあるクルマの中から比較的自分に合ったクルマを選ぶ。私の実家は田舎だったので、とくにその傾向が強かった。

ところが最近、女友達が「ジムニーかわいい」とツイートしているのを見つけた。詳しく聞いてみると、昔からジムニーはいいなと思っていて、新型のCMを見てまた改めて欲しくなったという。「かわいいってどういうところが?」と聞くと、「四角いから」と一言。ほかに欲しいクルマを聞いてみると、「昔のランクルかジープ」。なるほど見事に四角いクルマだ。結局その友人は、ジムニーは中古でも値段が高いという理由で、日産キックス(三菱パジェロ ミニのOEMモデル)を愛車にしている。なぜ本家のパジェロ ミニじゃないの? と思うかもしれないが、彼女にとってメーカーがどこかなど関係はなく、「四角くてカワイイ(そして安い)」ことが大事なのだ。

これは私の友人のみならず、同世代には総じて言える傾向かもしれない。最近、都内や高速道路を走っていると、たとえばメルセデス・ベンツのW124型のワゴンや、ボルボ240のワゴンなどの「四角いクルマ」を見かけることがあり、ちらりと運転席を覗くと、ファッション雑誌に出てきそうなおしゃれな若者が運転していることがよくある。かくいう私も、こういうクルマを見かけると「かっこいいなぁ」と純粋に思うのだ。
バブル後の世代が求めるのは実用性のあるスマートなもの

なぜ若者は四角いクルマが好きなのだろう? 色々と考えてみた結果、あくまで個人的な結論ではあるが、ある答えに行き着いた。私たちはバブル崩壊後に学生時代を過ごし、社会人になった。その世代は贅沢をあまり経験したことがなく、きらびやかなスーパーカーに憧れる機会もなかった。そのなかで私たちなりの所有欲を満たしてくれたのは、「実用性のあるスマートなもの」だったように思う。たとえば、無印良品やユニクロなど、日々しっかり使えて、シンプルながらセンスを感じる商品。贅沢ではないけれど、心を満たしてくれるもの。それがクルマの好みにもつながっているのではないだろうか。着飾ってはいないけれどセンスがあって、しっかり使える実用的なクルマ…、つまり、直感的に良いと思うのが「四角いクルマ」なのではないだろうか、と。

クルマの種類をよく知らないまま、なんとなく見聞きしたことのある四角いクルマを選んでいる若者も多いと思う。専門家がよりすぐった「四角いクルマの中古車屋さん」なんて始めたら案外流行るのではないだろうか? そして、若者の自動車ファンもすこしばかりは増えそうな気がする。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00010000-carv-ind
anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1542708105

【 若者わからん! 「ミレニアル世代」はこう動かせ 】

» 記事の続きを読む

広告

follow

車のシートに座った瞬間寝る人がいるけどそういう人うらやましいよな

車 睡眠

2: 音無さん 2018/11/07(水) 13:36:44.77 ID:Hl/ApSnM0
はい

3: 音無さん 2018/11/07(水) 13:39:11.55 ID:h/1O6YR90
無呼吸症候群の人は自身が運転中でも寝るぞw
羨ましいか?

19: 音無さん 2018/11/07(水) 14:41:14.75 ID:19q/GfQn0
>>3
幽霊が書き込んでるw

20: 音無さん 2018/11/07(水) 14:41:23.31 ID:PijH7oU00
>>3
死んだように寝れるならうらやましいwww
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1541565383

【 スタンフォード式 最高の睡眠 】

» 記事の続きを読む

広告

follow

【騒音】車のマフラーを改造する奴にまともな奴はいない。うっせんだよカス!!

車 排気

1: 音無さん 2018/08/25(土)

音と性能は比例する? マフラーを交換するメリット4つ

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180825-00010004-wcartop-bus_all
音や見た目だけでなく性能面でも効果がある

多くのスポーツカーがマフラーを交換している
 マフラーは消音器、サイレンサーといわれる通り、エンジンの爆発音・排気音を消音するための装置。クルマの近接騒音は、保安基準で厳しく定められていて、現行車
(平成11年以降)は、96db以下をクリアしないと車検がクリアできなくなる(保安基準違反)。
というわけで、「マフラーを変えて、迫力あるサウンドにしたい」と思っても、車検対応マフラーでは、音量の上限は必然的に決まっている。では、それでもマフラーを交換するメリットはどこにあるのか?
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1535200051

【 クロスバイクDIY BOOK 】

» 記事の続きを読む

広告

タグ
follow

教習所「踏切では窓を開け警報機を確認すること」車カス「は?誰がやるかよ。ズンドコズンドコズンドコ♪」

踏切 電車

1: 音無さん 2018/06/09(土)

踏切ではクルマの窓を開けないとダメ? 道交法には規定なし それでも教わるワケは
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00010001-norimono-bus_all

運転免許の教習では、踏切で一時停止した際、窓を開けたうえで左右を確認するように教わります。

【写真】けっこう多い? 遮断機も警報器もない踏切

 しかし、多くの踏切では遮断機と警報器がついており、列車が近づけば遮断機が下がりカンカンと音が鳴ります。
東京都世田谷区の自動車教習所、フジドライビングスクールの田中さんは、
「現実には、窓を開ける人は少ないでしょう。しかし、教習や試験の際にこれを実践しないと減点です。実際に、これを怠ったため本試験に落ちた人もいます」と話します。

 そもそも、道路交通法で踏切の通過方法を定めた第33条には、「踏切の直前で停止し、かつ、安全であることを確認した後でなければ進行してはならない」とあります。
安全確認については義務付けられているものの、窓を開けることについては言及されていません。それでもなぜ教習では窓を開けるように教わるのでしょうか。

 田中さんによると、このようなルールができたのは昭和30年代だといいます。
「いまでも地方では、遮断機も警報器もない踏切がありますが、当時はもっと多かったかもしれません。当時はMT車ですから、踏切内でエンストすることもあります。列車が来ないことを耳で確かめたうえで、一気にわたる必要があったのです。
いまはそのような踏切は少なくなっているかもしれませんが、交通法規は全国を網羅しないといけないので残っているのでしょう」と話します。

 遮断機も警報器もない踏切(第四種踏切)は、確かに都会ではあまり見かけないかもしれませんが、国土交通省の資料によると、2017年3月末現在で全国に2759か所にあるそうです。
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1528535019

【 運転テクニックおさらい 】

» 記事の続きを読む

広告

タグ
follow

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
カウンター
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止