タグ:音楽

???「クラシック・ジャズ以外は子供の聴く音楽」 それ以前に音楽ですらない

学び

1: VIPが送るよ 2018/12/02(日) 13:36:51.106 ID:DmeN6ueG0
いつまでもサブカルチャーに甘んじて
メインカルチャーを無視してると人間として成熟できないぞ

2: VIPが送るよ 2018/12/02(日) 13:37:36.276 ID:UYLsVGty0
そうですか。
viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1543725411

【 母と子のおやすみまえの小さなお話 生きる知恵を学ぶお話 】

» 記事の続きを読む

広告

follow

空気録音という趣味を知っていますか?ジャスラックと戦うYoutube戦士です

収録

1: 音無さん 2019/02/14(木) 06:12:11.89 ID:MmgkhrrC9

【経産省】音楽コンテンツの販売システムを整備 替え歌など二次創作物にも利益配分できる仕組み目指す
2019年02月10日14時43分
https://www.jiji.com/sp/article?k=2019021000275&g=eco

 経済産業省は、人工知能(AI)など最新技術を駆使した音楽コンテンツの販売システムづくりを検討している。替え歌や昔の曲に合わせたダンスなど二次的な創作物も対象とし、歌い手や振付師らさまざまなクリエイターの貢献度に応じて利益分配できる仕組みを目指す。2019年度は、オンライン取引向けの試用版アプリケーションを開発する民間企業を支援する。

 近年は、原曲をアレンジした動画がネット上で人気を得るケースが増えているが、対価を得るためこうした作品を勝手にアップロードすると、著作権法上のペナルティーを受ける。
 そこで同省は、原曲制作者の同意を前提に、アレンジ作品をネット上で発表しやすくする方針。原曲の制作者とアレンジ曲などの創作者ら全員に利益が分配される仕組みを整える。
 具体的なルールは、利用者がアプリ利用開始時に結ぶ契約約款に明記。契約内容が後で改ざんされないよう、システムには仮想通貨にも使われる最新のIT技術「ブロックチェーン」を採用。自動的に利益を分配できるようにする。
 ただ一方で、創作活動に携わった人たちのうち誰が実際の売り上げに貢献したかを事前に決めるのは難しい。そのため新システムは、視聴者の興味に応じた瞳孔の開き方や購買履歴、アンケート結果などをAIが分析。その内容に基づき、最終的な利益分配率を計算する機能の開発を検討している。
 ネット上で情報やサービスをやりとりする場(プラットフォーム)をめぐっては、「GAFA」と呼ばれる米巨大IT企業が圧倒的優位で、独占を危惧する声が高まっている。経産省には、巨大企業が情報を集中的に支配するのではなく、ブロックチェーンに記録される一定のルールに基づき、利益を自動分配する独自のプラットフォームを作って対抗したい狙いもある。
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1550092331

ソニー SONY リニアPCMレコーダー 32GB ハイレゾ対応 PCM-D100
ソニー(SONY) (2013-11-21)
売り上げランキング: 97,523

» 記事の続きを読む

広告

follow

【真理】オーディオって突き詰めすぎるとマジでJポップとかの低レベルな録音音源が聞けなくなるよな、、、

クラシック

1: VIPが送るよ 2019/02/02(土) 16:08:57.627 ID:XubNMnnXM0202
粗が浮き彫りになってしまう
viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1549091337

クラシック音楽全史 ビジネスに効く世界の教養
松田 亜有子
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 8,590

» 記事の続きを読む

広告

follow

【悲報】音楽CDがオワコン!シングルCD5457万枚 ダウンロード1億229万回

CD

1: 音無さん 2019/02/11(月) 22:30:48.97
CDシングル:5,457万枚(前年比99%)

PC/スマホ シングル:1億229万6千DL(前年比94%)

http://tanimiyan.hatenablog.jp/entry/2017/02/22/230356

3: 音無さん 2019/02/11(月)

スマホに
CDが入らないから
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1549891848

» 記事の続きを読む

広告

follow

【衝撃】「4分33秒、楽器の前で何もしないで過ごす」JASRACに著作権費用が取られることが判明!!

雑踏

1: 音無さん 2019/01/26(土)
米国の実験音楽家ジョンケージの代表作品に「4分33秒」があります。
4分33秒間にわたり楽器の前で何もしないで過ごすという「作品」です。
ライバッハ、ニュー・オーダー、デペッシュ・モード、キャバレー・ヴォルテール等のアーティストによるこの作品のカバー映像作品のボックスセットを、
イギリスのインディレーベルMUTEが発売するというニュースがありました。

なお、これに関して、虚構であるはずの過去記事が現実化してしまったとして虚構新聞がお詫び記事を出しています。

さて、この作品の著作権権利処理がどうなっているのか調べてみました。
何と、JASRACに通常どおり登録されています(タイトル画像参照)。
映像化の権利もJASRACに信託されていますので、日本においてこのDVDが売れるたびに所定の著作権使用料が
JASRAC→GEMA(ドイツの著作権管理団体)を経て作詞家・作曲家たるジョンケージの遺族に支払われることになります。

ちなみに、4分33秒がカラオケで歌えるという話があったような気がして調べてみましたが、
こちらはネタだったようです(まあカラオケにあってもいいとは思いますが)。

「4分33秒」の著作権権利処理について
https://news.yahoo.co.jp/byline/kuriharakiyoshi/20190126-00112521/
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1548499932

【 前衛音楽入門 】

» 記事の続きを読む

広告

follow

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
カウンター
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止