心の叫び
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1506162612

1: 2017/09/23(土) 19:30:12.18
産経ニュース、2017.9.23 19:00更新
http://www.sankei.com/premium/news/170923/prm1709230011-n1.html

我が家には5歳の男の子がいるのだが、なぜかボタンのついた服を見ると怖がる。自分がボタンつきのシャツを着るなんて絶対に嫌がるし、私がボタンシャツを着ているのも嫌なようで「こっちにこないで」と言われる。

何かトラウマになることがあったとは思えないのだが……。人間には自分でも説明のつかない“嫌なもの”がある。例えば、“音”もそうである。

「教えて!goo」に、「聞くのは絶対無理!嫌いな音ってどんな音」という質問をさせてもらった。みなさんが苦手とする音にはどんな種類があるのか、見ていこう。

嫌な音には高い音が多い?

まずは嫌な音の代表格である黒板を引っかく音が嫌だという意見。「教室の黒板に、チョークを鋭角に当ててキッとさせる」(t_fumiakiさん)、「黒板を爪で掻く音」(Epsilon03さん)など、ほかにもいくつか同様の回答があった。

また、「歯科医院で歯を削る音」(かりさん)、「列車がホームに入って来るときのブレーキの踏み具合?で起こる金属音の『キィキィキィーーー』って言う耳をつんざくのが耐えられません」(momocinnkoさん)など、頭にキーンとくるような高い音が苦手だという意見が多かった。

「発泡スチロールのキュッキュする音。今思い出して書いてるだけで鳥肌が」(さかえちゃんさん)、「子供の頃は食器やグラスなどを指でキュッキュッとこする音が強烈に苦手でした」(carobさん)という二つの回答もやはり高い音という点で他と共通している。

冒頭でボタンを怖がっている我が家の男児のことを書いたが、その子どもが生まれたばかりの頃のことをふと思い出すとき、いつも脳裏に浮かぶのはどうしても泣き止まない子どもを抱きかかえて深夜の町をあてもなくさまよった時のことだ。

【 8割の人は自分の声が嫌い 】

» 記事の続きを読む

広告

タグ