Sound Field
Sound Field

タグ:Amazon

【AKG】Amazonでヤバイものが売られる。コレは買いたい衝動にかられる…

AKG K240 studio

40: 音無さん 2018/04/14(土) 16:40:19.25 ID:BTX0L04J0
ポチりたい衝動が半端ない
ttps://www.amazon.co.jp/dp/B074HCKSDF

44: 音無さん 2018/04/14(土) 18:27:57.58 ID:a1bonlGD0
>>40
これでポチって商品画像と違うってクレームしたらタダ?
AKG ヘッドホンスレ K97 toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1521767471

■AKG K240 studio 【直輸入】
■AKG K240 studio 【直輸入】

» 記事の続きを読む

広告

カテゴリ

【朗報】Amazon Echoに家庭内アナウンス機能追加。これで2階のゆうちゃんにご飯できたよ。と伝えられるぞ。

伝える

1: 音無さん 2018/04/09(月) 12:35:27.32
Amazon Echoシリーズでも「ごはんができたよ」可能に 「Alexa, annouce ~」
http://www.itmedia.co.jp/news/spv/1804/09/news042.html


Amazon.comのスマートスピーカー「Echo」シリーズでも、Googleの「Google Home」と同様に1台に向かって「~とアナウンスして」と命令すると同じネットワーク内のEcho端末からそれを放送できるようになった(日本ではまだ)。
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1523244927

【 伝え方が9割 】

» 記事の続きを読む

広告

Amazon特選タイムセールでHD598CS買ったから開封レビューする!!!!!【SF管理人レビュー】

HD598CS ゼンハイザー ヘッドホン Amazon

年の瀬ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。
雪が降り出した頃からお掃除を少しずつ始めて松飾りもセットしてお正月を迎える準備は万端です。

12月の特大セール、Amazonサイバーマンデー最終日にHD598CSやHD598SRなどが衝撃特価となり
思わずポチってしまった方も結構いるんじゃないかなと思います。

今年ヘッドホン界隈を見渡すと、高級ヘッドホンブームがすこし落ち着いて
一部の超ハイエンドモデルを除くとハイエンドモデルは10~20万円越えたあたりで頭打ちされ
従来から売れ筋だった1~5万円程度の級ハイエンド帯のヘッドホンがどうにも影が薄くなり
5ちゃんのヘッドホンスレも2ちゃん離れも手伝い一時期よりずいぶんと勢いが落ちている様子です。

しかしながら価格コムやヨドバシカメラの店頭などを見るとやはり現実的な売れ筋ヘッドホンは
HD598やDT990、K612などこの1~3万円の辺りに集中していると感じております。

今年あの伝説とも言えるヘッドホン、ゼンハイザーのHD650がモデルチェンジされHD660Sとなりました。
その中の記事では、HD650やK701が売れすぎてもう普通の人は
高級ヘッドホンを向こう10年は買わないのではないかと愚痴をこぼすようなことを書きましたが、

このオーディオブログを続けていく以上、オーディオに興味を持って頂き
手頃なところからヘッドホンなりDACなりを実際に購入して頂かなければブログが成り立ちません。
いや、オーディオブログで購入されることのマージンもさることながら、
それ以上に実物を手にすることによるオーディオ界の活性化は計り知れないと感じます。

掲示板、価格比較サイト、TwitterやSNS、ブログで口コミでもっとオーディオに触れて欲しいオーディオを盛り上げていきたい
そういう起爆剤的な役割がAmazonタイムセールにあった二つのHD598にあると感じております。

そんなことで、第一歩はまず自分からと言うわけで
手頃な密閉型ヘッドホンが欲しかったのでHD598の密閉型HD598CSを購入させて頂きました。
台数制限なししかもHD598SRでは価格コムの最安を大きく下回る大胆な値引率!!
もちろん自腹ですし、普段使いで来たら良いなと思っての購入です。

前置きが少し長くなってしまいました。
続きよりフォト付きのレビューです!!!

【Amazon.co.jp限定】ゼンハイザー ヘッドホン 密閉型 HD 598 CS【国内正規品】

» 記事の続きを読む

広告

最近私は、中国製品とAmazon レビューの多くの高い評価を見てきましたが、それはあなたは信じることができますか?

人民元 お金 中国

1: 音無さん 2018/03/18(日) 17:19:03.31

Amazonのサイトに明記されているガイドラインでは、企業自身がレビューを投稿することはもちろん、レビュアーにサンプル品を渡すことも禁止を明記しています。
とはいえ「やらせ」レビューは完全になくなっているわけではなく、悪質なメーカーやレビュアーは、ルールの穴を突く形で不誠実なレビューを投稿しているのが現状。

こうしたレビューもアマゾンの今後の改良で減っていくかもしれませんが、一方でさらに巧妙化した「やらせ」レビューが登場するのも想像に難くありません。
アマゾンのレビューが個人による投稿である以上、そうしたアマゾンと「やらせ」のいたちごっこをゼロにすることはどうしても難しいのかもしれません。

以下ソース

Amazonと「やらせレビュー」の戦いの歴史 ゼロにするのは至難の業か
http://news.livedoor.com/article/detail/14434281/
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi#news/1521361143

【 基本の中華 】

» 記事の続きを読む

広告

アマゾンのAIスピーカー、電子書籍の“朗読”も可能に。一体今度は何が捗るのか?

アシスタント 読み上げ

1: 音無さん 2018/02/23(金) 14:55:13.42 ID:CAP_USER9
アマゾンジャパンが発売したAI搭載のスピーカー端末「アマゾンエコー」
no title


 アマゾンジャパンは22日、人工知能(AI)スピーカー「アマゾンエコー」で電子書籍の読み上げができるようになったと発表した。呼びかけるだけで気軽に読書が楽しめるほか、視覚障害者の読書へのハードルを下げることが可能となる。アマゾンが販売する電子書籍「キンドル本」のうち文芸書やビジネス書などが対象で、絵本や漫画、アダルト商品などは除外される。

2018.2.22 22:34
産経ニュース
http://www.sankei.com/economy/news/180222/ecn1802220054-n1.html
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1519365313

【 心とカラダを整える おとなのための1分音読 】

» 記事の続きを読む

広告

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
カウンター
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止