HITACHI おひつ御前
炊飯器って高い予算振り分けても期待に答えてくれるの?答えてくれるなら高い予算組むんだが
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1403595865/

1 名前: フェイスクラッシャー(秋田県)@\(^o^)/ [sage] 投稿日: 2014/06/24(火) 16:44:25.83 ID:ohGBMPr60.net

日立がきょう発表したのは、2合炊きの炊飯器。本体と電源部分の土台を取り外して簡単に持ち運べます。中を断熱材が覆っており、電源部分から外しても、食べごろとされる70度をおよそ
2時間保ちます。小容量タイプの炊飯器は、ここ数年、販売構成比で伸びており、家電メーカーは、小さ目タイプに機能性を高めた機種を相次いで投入しています。日立は、
今回の小容量タイプの炊飯器を起爆剤としてシェア獲得を目指します。



http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/mplus/news/post_69245/

日立アプライアンス、少量炊飯にこだわったIHジャー炊飯器「RZ-VW3000M」、食卓に持ち運べるIH炊飯器「RZ-VS2M」

「RZ-VS2M」は、「少量炊飯」に加えて「食卓でもあつあつご飯が食べられる」というスタイルを新たに提案するIH炊飯器。最大の特徴は、お米を入れるおひつ部分と加熱する熱源部を切り離すことができる分離構造だ。おひつ部分は約2.0kgと軽く、食卓にそのまま持ち運ぶことができる。

 炊飯時には、おひつの熱を閉じ込めて高温をキープする全周断熱構造や、蒸らし時の蒸気が逃げるのを防ぐ調圧構造によって、お米をしっかり炊き上げる。炊飯容量は0.36リットル(2合)の少量に特化した炊飯器ながら、大容量5.5合の炊飯器と同じ重厚打込鉄釜を採用。容量が小さいぶん、約1.5倍の蓄熱量を伝える。

 カラーはブラウンゴールドとブライドシルバーの2色。価格はオープンで、実売価格は6万円前後の見込み。9月中旬に発売する。


http://bcnranking.jp/news/1406/140624_28274.html

日本の米

» 記事の続きを読む

広告