タグ:PTSD

巨大災害の”恐怖”再び来る。東日本大震災から10年 withコロナの社会で何が起きる?

ソーシャルディスタンス

今年の年末年始はどこもかしこも自粛で正月気分が全くなかった、そんな気分の人が多いようですが、時間が過ぎるのははやいもので1月も半分が終了しました。 静かなお正月が終わりお供えの鏡餅も片付け、いつもの生活に戻りきった今日この頃ですが、テレビを見ているとなんだか強い違和感に襲われます。 例年であれば華やかな年末年始を無事終えてホッと一息、冬の生活を楽しんでいる所ではありますが、今年は重苦しい空気に押しつぶされそうな息苦しい日々が続いているようです。一体この息苦しさの原因はなんなのかふと考えていました。

日本では、あのクルーズ船でのコロナが始まってもうすぐ1年が経とうとしています。2度目の緊急事態宣言が発令され、世界では約3000万人ほどの人が1回目のワクチン接種を終えたと言います。それでも感染の勢いは世界の各地で猛威を振るい、連日発表される感染者数の報道にもウンザリしてきた頃でしょう。テレビをつけてもYoutubeを見てもコロナのニュースが引っ切りなしに入ってきます。

しかし今年は、それだけでありません。あの激甚災害、東日本大震災からちょうど10年の年となりました。
例年、1月の終わり頃から少しずつ震災の報道や特集が増えていくわけですが、今年はコロナも重なってその陰鬱さが二重にも三十にも感じられます。
ちょうど1月17日は阪神淡路大震災の日でもありました。NHKでは、特別特集を組んでいました。
「巨大地震と“未治療死” 〜阪神・淡路から26年 災害医療はいま〜」

ふと、日常的に触れるテレビを初めとするニュースのあまりの陰惨さにはっと足がすくむような思いをするのでした。

※ここまでで700字です。この記事は全体で3千字あります。※

セルフケアの道具箱

» 記事の続きを読む

広告

カテゴリ

京アニ事件を見てこころを病む人が続出。「焼き肉食べれない」「火を見るのがつらい」PTSDになるぞ

憂鬱

1: 音無さん 2019/07/27(土)
京アニ事件 報道を見るとつらい、苦しい人の心のケア

京都アニメーションの事件後1週間余りが経過する中で気がかりなことがある。
それはSNSの投稿で、この事件の報道を見るとつらくなるので見ないようにしている、苦しくてとても見ていられない、というものだ。
事件の報道を見てから焼き肉が食べられなくなってしまったという20代の女性もいた。
調理しようとすると火災現場を想像してしまう、ということであった。

報道を見てストレス障害か

気になるのは、実際に事件に遭遇していなくても報道で見た人たちが急性ストレス障害(ASD)を起こしているのではないかということだ。
ASDは、命にかかわるような出来事に遭遇したり、あるいはそれを目撃するだけでなく、
報道でその出来事を見た場合にも起こることがある。出来事から4週間以内に起こるとされていて、症状はさまざまだ。
夢を見る、眠りが浅い、フラッシュバックが起こる、ゆううつな気分になる、突然怒りがこみ上げる、
ぼーっとする、あるいは逆に興奮状態になる、びくびくする、不安感に襲われる、集中力が低下する、といった症状が現れる。


1か月以上続く場合は

ASDは予後は良好で1か月以内に回復するのだが、中には1か月以上続いて心的外傷後ストレス障害(PTSD)に移行することがある。
かつて9・11のニューヨークの世界貿易センターテロ事件の後の調査で、
3万3千900名のPTSD患者のうち1万人以上が、直接の被害者や家族ではなくメディアを見たことで精神的打撃を受けた人だったという報告がある。(Taylor .C, Viswanath .Kら)
今回の事件の報道をとても見ていられない、とするのはアニメファンの比較的若い世代が多いと見られるが、
そうした人たちが受けた影響が気になるのである。


https://news.yahoo.co.jp/byline/umiharajunko/20190727-00135874/
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1564227268

» 記事の続きを読む

広告

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止