タグ:SSD

未だにHDDを使っている奴はなんで全部SSDにしないの?

パソコン

1: 音無さん 2019/11/11(月)
Hewlett-Packard
HP S700Series 250GB 2DP98AA#UUF

no title


250GB
厚さ 7mm
規格 2.5インチ
最大書き込み速度 515MB/s
インターフェース SATA 6Gb/s
フラッシュ規格 3D TLC NAND
最大読み込み速度 555MB/s

S700シリーズ 2.5インチ SATA 6.0Gb/s インターフェース対応 SSD TLC

■ 保証期間 : 3年

※ デザイン/仕様等は予告なく変更される場合があります。
  これによる返品/交換は受け付けることはできませんのでご了承ください。

https://shop.tsukumo.co.jp/goods/6955914605060/201405000000000
.sc/test/read.cgi/news/1573442804

Transcend SSD 240GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s 3D TLC NAND採用 3年保証 TS240GSSD220S
トランセンドジャパン (2016-04-22)
売り上げランキング: 798

» 記事の続きを読む

広告

タグ
follow

【ピュアオーディオ】SSDはHDDよりも音がいい。ピュア界ではマジのガチで常識です。

SSD

322: 音無さん 2019/07/29(月) 10:34:01.78 ID:GGT9oPNH0
音源収納庫の2TBのHDDをSSDに置き替え検討中
DELAやfidataの高額なサーバーに搭載されているSSDもSLCやMLCじゃない
俺もTLCのSSDに置き換えるかな

323: 音無さん 2019/07/29(月) 18:25:24.62 ID:44wmIDkm0
>>322
SSDのほうが音悪いって言ってる人も時々いるので、期待し過ぎに注意。
うちの環境でも、昔、OS/システムは断然SSDが音良かったけど、音源がSSDからだと騒々しい耳障りな感じがした。

今現在ならどうなんだろうと、古いMLCにコピーして、聴き比べて見たら、あれ?w いいなこれw 弦バスのアタックと音程がはっきりするわw
なんだよ~うちも移行しよう SSDはどれがいいんだ?
https://chimolog.co/bto-best-ssd/
SSDのスレ見てきたが、なにやらMX500は地雷らしい。アマのレビューがたしかにそんなだった。
お安い WD BLUE にするかなぁ

【Windows】PCオーディオ総合72.0J【AU】 lavender.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1556756630

WD 内蔵SSD 2.5インチ / 1TB / WD Blue 3D / SATA3.0 / 5年保証 / WDS100T2B0A
Western Digital (2019-03-05)
売り上げランキング: 418

» 記事の続きを読む

広告

カテゴリ
タグ
follow

サンディスクが8TB・16TBのSSD発売へ、2年後にはGB単価がHDDを超える見通し!?

サンディスク SSD
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1438061259/

1: 海江田三郎 ★ 2015/07/28(火) 14:27:39.37 ID:???.net
http://buzzap.jp/news/20150727-sandisk-8tb-16tb-ssd/

低消費電力で振動などにも強く、データの読み書きも高速……という大きなメリットがある反面、
容量面でHDDに見劣りしていたSSDですが、圧倒的な大容量を実現したモデルが発売されることになりました。
また、長年の懸念事項だった単価の高さも、今後さらにHDDに近づきます。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、2014年4月にデータセンターなどのエンタープライズ向けに
4TBモデルのSSDを発売したサンディスクが、2016年後半にも6TBおよび8TBのSSDを発売するそうです。

現在開発されている6TB・8TBモデルのSSDは東芝とサンディスクが共同開発を進めている次世代の
15nmプロセスの製造技術を採用した、MLC NANDフラッシュメモリを用いたもので、毎秒最大12GBのデータ転送が可能。

しかしその後は(PDFファイル)3次元構造の「BiCS技術」を採用したフラッシュメモリに切り替えるとしています。

東芝が試算したBiCSフラッシュメモリの容量当たりのコスト。平面メモリを単純に積層するより、GBあたりのコストを引き下げることができます。
サンディスクは4TB→8TB→16TBと、SSDの容量を拡大してゆく予定。
ノートパソコンのハードディスク1台分のサイズで16TBの記録容量というものは、なかなかとんでもないことではないでしょうか。
また、新技術の採用によって1GBあたりの単価は2017年にはHDD並みに近づく見通し。
2010年と比較して、実に10分の1以下に引き下げられると見積もられています

【 SanDisk Extreme SDHCカード UHS-I U3対応 R:60MB/s W:40MB/s 32GB 】

» 記事の続きを読む

広告

follow

【耐エージング】SSDも経年使用で速度が低下するってマジ!?サンディスク、速度低下を起こさないSSD発売

サンディスク SSD extremePro
【自作PC】SSDも経年使用で速度が低下するってマジ!?サンディスク、速度低下を起こさないSSD発売。
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1407237577

1 :ハーフネルソンスープレックス(愛知県)@\(^o^)/ :2014/08/05(火) 20:19:37.09 ID:q5Xd8W5i0.net
sssp://img.2ch.sc/ico/2-1.gif

米サンディスク、日本のリテール参入-SSD最上位モデル、開始時性能を長期間維持
掲載日 2014年08月05日

米サンディスクは4日、半導体を使った記憶装置のSSD事業で、日本のリテール市場に参入すると発表した。
データ処理能力と信頼性の高さを特徴とする製品を9月上旬に出荷する。東京都・秋葉原などのパソコン部品
販売店や、インターネット販売を通じ、本格派のパソコン利用者に売り込む。
サンディスクが投入するのはSSDの最上位モデル「エクストリーム プロ」で、使用開始時の性能を長期間
維持できることが特徴。連続読み出し速度は毎秒最大550メガビット、書き込み速度は同520メガビット。
価格はオープンだが、記憶容量960ギガバイトが6万5000円前後、480ギガバイトが4万円前後、240ギガ
バイトが2万円前後。

今後、中級モデルなどに製品ラインアップを広げていく意向で、サンディスクバイスプレジデントのディネシュ・
バハール氏は「日本のリテール市場のリーダーを目指す」とシェア上位を狙う考えを示した。


http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0320140805bjak.html

【シリアルATAケーブル 片方L型】

» 記事の続きを読む

広告

カテゴリ
タグ
follow

おまちかね 容量1TBのSSD登場!ハイレゾ!ハイレゾが…!

adata1.jpg
容量1TBのSSDが登場した件について
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1402806398/

1 名前: バックブリーカー(家)@\(^o^)/ [sage] 投稿日: 2014/06/15(日) 13:26:38.16 ID:AKOddGSw0.net
ソース:http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/20140614_653457.html
容量1TBのSSDがA-DATAからも登場、SMIコントローラ搭載
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/img/ah/docs/653/457/adata1.jpg

容量1TBの2.5インチSSDがA-DATAからも登場、「Premier SP610」シリーズの
1TBモデル「ASP610SS3-1TM-C」が発売された。同時に512GBモデル
「ASP610SS3-512GM-C」も発売されている。店頭価格は1TBモデルが
税込56,000円前後、512GBモデルが税込29,000円前後(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

 Premier SP610は、Silicon Motion製コントローラ「SM2246EN」と、
MLCタイプのNANDフラッシュを搭載した2.5インチ/7mm厚の6Gbps SATA対応SSD。

 現在、店頭販売を確認している1TBの2.5インチSSDについては、
Crucial(Micron)とSAMSUNGの製品があり、これらにADATAが加わった形だ。

 1TB/512GBモデルともに、発売済みの256GB/128GBモデルより高い
シーケンシャルアクセス性能が謳われている。パッケージに記載されている
最大パフォーマンス値は、1TB/512GBモデルともにリード560MB/s、ライト450MB/s。

 また、Webサイトの製品情報では、ランダムアクセス性能はリード73,000IOPS、
ライト72,000IOPSとされている。

 付属品は2.5インチ-3.5インチ変換ブラケット、7mm-9.5mm厚変換スペーサー、
バックアップソフト「Acronis True Image HD 2013」(シリアルコードのみ)。

 ちなみに、A-DATAは先日開催されたCOMPUTEX TAIPEIで、
容量2TBのSSDを展示しており、第4四半期にサンプルが出荷予定という。


» 記事の続きを読む

広告

follow

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
カウンター
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止