タグ:Walkman

ハイレゾウォークマン「NW-A100シリーズ」発売!ストリーミング音楽も聴けるAndroid搭載DAP!

ウォークマンA105

1: 音無さん 2019/10/16(水) 14:04:28.25 ID:CAP_USER
ソニーは、ウォークマンAシリーズの新モデル「NW-A100」を11月2日に発売する。価格はオープン。店頭価格(税別)は、内蔵メモリ16GBの「NW-A105」が32,000円前後、32GB「NW-A106」が37,000円前後、64GB「NW-A107」が47,000円前後を見込む。ノイズキャンセル機能を備えたイヤホン付きで16GBの「NW-A105HN」は39,000円前後。

カラーは“New h.ear”カラーのレッド、ブラック、アッシュグリーン、オレンジ、ブルーの5色を用意する。

また、「A100」に初代カセットウォークマンのデザインを模したソフトケースなどをセットにした、ウォークマン40周年記念モデル「NW-A100TPS」も限定販売。11月14日より順次出荷する。A100TPSについては別記事で紹介する。

Android搭載でストリーミングも高音質な「A100」
A100は、ソニーのAndroidウォークマン「NW-ZX2」(2015年発売)以来となるAndroid OSの採用により、音楽ストリーミングサービスのアプリも利用できるようになった。SpotifyやAmazon Music、Youtube Musicなどの音楽を再生できる。さらに、PCを使わずにダウンロード型の音楽配信サービス(mora、e-onkyo music)から、ウォークマンで直接音楽を購入してダウンロードすることも可能。

ただし、A100はSIMなどは備えていないため、単体ではネットワーク通信はできず、無線LAN環境が必要。また、カメラは無く、QRコードの読み込みなどは行えない。本体スピーカーも非搭載で、音楽を聴くにはイヤホンやヘッドホンが必要だ。ここがAndroidスマートフォンとの違いとなる。

音楽再生の機能面では、フルデジタルアンプの「S-Master HX」を搭載。DSDは11.2MHzまで再生できるが、リニアPCM(192kHz/24bit)への変換再生となる。PCMは384kHz/24bitまでサポートする。

CD音源や、MP3などの圧縮音源も、ハイレゾ相当(最大192kHz/32bit相当)にアップスケーリングして再生する「DSEE HX」も進化。新たにAI技術を投入し、処理している楽曲のタイプをAIが自動で判別、音の広がりや奥行きの補正に加え、「高さ感」の補正性能も向上させた。これらのウォークマンの高音質化技術は、音楽ストリーミングサービスの再生時にも適用できるとする。

音楽専用機として、通常のAndroid端末とは異なるボリュームの仕組みを装備。通常のAndroid端末は“メディアの音量”(メディアボリューム)で段階的に音量が決まるが、A100ではこれとは別のMaster Volume(マスターボリューム)を用意。メディアの音量とマスターボリュームの掛け合わせで、120段階で細かく音量を調整できる。

また、ウォークマンの高音質機能の設定を単独アプリ化し、新たに「音質設定アプリ」として搭載。従来は、ウォークマンの中の楽曲にしか設定できなかったが、単独アプリになったことであらゆるサービス・アプリの音にウォークマンの高音質設定を適用して聴けるようにした。

カセットが画面で回る、ユニークな再生画面UI
標準プレーヤーアプリ(W.ミュージック)には、再生中のアルバムや楽曲のジャケットなどの代わりに、カセットテープが回っているかのようなビジュアルを表示するユニークな機能「カセットテープスクリーンセーバー」を備えている。再生画面で一定時間操作をしないでいると、カセットテープUIが現れてハブとともにテープが回る。早送りや巻き戻しも、それに準じた回転となる。

これはウォークマン登場から40周年を迎えた、2019年モデルのウォークマンを象徴する機能で、上位モデルの「ZX500シリーズ」にも備わっている。

https://news.mynavi.jp/article/20191016-910241/images/001.jpg
https://news.mynavi.jp/article/20191016-910241/
anago.2ch.sc/test/read.cgi#bizplus/1571202268

» 記事の続きを読む

広告

follow

ソニー、あのカセットウォークマンを再現した40周年記念モデルWalkmanを発表!!

Walkman
1: 音無さん 2019/09/07(土)
ソニーは、ドイツ・ベルリンで9月6日(現地時間)に開幕するエレクトロニクスショー「IFA2019」の会場で、
1979年に発売した初代ウォークマン「TPS-L2」の外観を再現したウォークマン40周年記念モデル「NW-A100TPS」を披露した。
中身はAndroidを搭載した最新型だが、付属のソフトケースを装着するとTPS-L2にそっくりになる。

画面にカセットテープが回る動画を映し出す機能を備えた。
ソフトケースを装着すると、透明な窓から画面の一部が露出し、初代ウォークマンでカセットテープを再生しているように見える仕掛け。

動画は再生中の音源によって変化する。例えばテープのインデックス(ラベル部分)には音源の曲名やアーティスト名が表示され、早送りや早戻しボタンを押すとテープはそれぞれの回転方向で高速に回る。
さらに音源がCD音質以下なら、動画のカセットはノーマルポジション、CD相当ならハイポジション、ハイレゾ音源ではメタルポジションと音質によってテープが変わるという。

音源 表示されるカセットテープ
MP3/AAC/WMA(128kbps以下) CHF ノーマルポジション
MP3/AAC/WMA(160kbps以下) BHF ノーマルポジション
MP3/AAC/WMA(256kbps以下) AHF ノーマルポジション
MP3/AAC/WMA(320kbps以下) JHF ハイポジ
FLAC/ALAC APE/MQA(CD相当) UCX ハイポジ
AIFF(CD相当) UCX-S ハイポジ
PCM(CD相当) DUAD フェリクローム
FLAC/MQA/ALAC PCM/AIFF/APE(ハイレゾ) METAL メタル
DSD(ハイレゾ) METAL Master

本体の背面にはウォークマンロゴを模した「40周年特別ロゴ」をプリントした。
製品のパッケージも特別仕様で2種類のステッカーが付属する。
16GBのメモリを内蔵して価格は440ユーロ(約5万2000円)。
欧州で11月の発売を予定しているが、ソニーによると日本での販売は未定としている。

初代ウォークマンを再現した40周年記念モデル登場 音質でカセットが変わる
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/06/news113.html
no title

https://youtu.be/CT8BCUsSdU4

hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1567818612

» 記事の続きを読む

広告

タグ
follow

【朗報】携帯オーディオ、ソニーのウォークマンが圧倒的No1を占める!8年連続の快挙!

DAP

1: 音無さん 2019/05/25(土)
全国の主要家電量販店・ネットショップのPOSデータを集計した「BCNランキング」の携帯オーディオ部門で、2018年1月~12月の1年間の販売台数シェアNo.1だったメーカーはソニー/ソニーマーケティングだった。
8年連続8回目の受賞となる。

ウォークマンの独壇場、携帯オーディオ部門で8年連続の販売台数シェアNo.1
https://www.bcnretail.com/market/detail/20190524_119755.html
no title
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1558735201

» 記事の続きを読む

広告

タグ
follow

ウォークマンは独自規格「WMポート」を辞めろ。一人旅でケーブル忘れてもどこにも売ってない絶望

  • 投稿 2018/09/04
  • DAP
Walkman ソニー

826: ┃】【┃ 2018/08/30(木) 22:56:53.88 ID:EB8R2RTw0
良い加減独自端子捨ててほしい

827: ┃】【┃ 2018/08/30(木) 23:06:42.38 ID:qzVZyp300
>>826
独自規格大好きSONYだぞw

828: ┃】【┃ 2018/08/30(木) 23:08:42.76 ID:+Hqg1tcq0
WMポートであることによってユーザー側の利点ってあるのだろうか
【音質】DAP総合スレ77http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1532614473/

【 ソニーは銀座でSONYになった 】

» 記事の続きを読む

広告

カテゴリ
follow

ソニー、新S-Master HX搭載で4.4mmバランス対応 6万円のウォークマン「NW-ZX300」 すでに初回予約分は完売

  • 投稿 2017/09/16
  • DAP
SONY Walkman ZX300
anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1504181935

1: 2017/08/31(木)
 ソニーは31日、ドイツのベルリンで開幕される「IFA 2017」においてウォークマンの新製品「NW-ZX300」を発表した。Signatureシリーズ「WM1」の高音質化技術や、4.4mm 5極のバランス出力を取り入れながら、コンパクトさも追求したミドルクラスモデル。10月に欧州で発売され、価格は約700ユーロ/600ポンド。


 NW-ZX300の特徴は、最上位「WM1」シリーズで採用された、新開発の独自フルデジタルアンプ「S-Master HX」を採用している事。これにより、DSDのネイティブ再生を実現。さらに、ステレオミニのアンバランス出力に加え、4.4mm 5極のバランス出力も新たに装備した。

なお、新S-Master HXの基板との接続には、高音質はんだを使用している。

 内蔵のストレージメモリはZX100の128GBから、ZX300は64GBへと減った。しかし、microSDカードスロットは備えており、128GBまでのカードが利用可能。

 DSDのネイティブ再生は11.2MHzまで対応。PCMも、ZX100は192kHz/24bitまでだったが、ZX300では384kHz/32bitまで再生できる。また、新たにMQAの再生も可能になった。

 ジッタ低減のため、2つの独立した水晶発振器を搭載。基板上でデジタルブロックを分離する事で、ノイズを低減しているほか、シャーシはWM1Aと同様に、抵抗値の低いアルミニウムシャーシを採用。FTCAP(導電性ポリマーアルミソリッドコンデンサ)と新しいフィルムコンデンサを使い、高音質化を図っている。

 新たにUSB DAC機能も搭載。PCのサウンドをウォークマンから高音質で楽しむこともできる。

 Bluetoothにも対応。LDACに加え、aptX HDコーデックも新たにサポートしている。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1078538.html

【 SONY microSDXC 128GB Class10 UHS-I 高速 】

» 記事の続きを読む

広告

カテゴリ
follow

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
カウンター
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止