Sound Field
Sound Field

カテゴリ:ニュース速報板

ハゲが気になる人の「シャンプーの頻度」 2~3日に1回が一番イイ

髪

1: 音無さん 2018/02/17(土)
30代後半の男性です。最近、薄毛が気になり始めました。シャンプーのし過ぎはよくないという話を聞いたのですが、
どのくらいの頻度でシャンプーをするのがいいのでしょうか?

2~3日に1回 です

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO22594660T21C17A0000000?channel=DF140920160927
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1518859086

【 シャンプーをやめると、髪が増える 抜け毛、薄毛、パサつきは“洗いすぎ"が原因だった! 】

» 記事の続きを読む

広告

音楽の好みは14歳の頃に決まってしまうことが判明。おまえらが中学のころ聴いていた音楽は?

音楽 ライブ

1: 音無さん 2018/02/20(火) 17:47:47.93
http://fnmnl.tv/2018/02/19/47697

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていることが、新たな研究により明らかになった。

『NY Times』によると、リスナーの生まれた年が音楽の好みを左右しており、14歳の時に聞いた音楽が私たちの音楽の好みに最も重要な影響を与えるとのこと。

今回おこなわれた、Seth Stephens-Davidowitzによる音楽の好みに関する研究。Spotifyのデータをもとに人々の聞く音楽を分析した結果、10代の時聞いた音楽が、その後の音楽の好みに最も大きな影響を与えることが判明した。

1960年~2000年のBillboardのチャートを調査し、それを年齢別の選曲ランキングと照らし合わせて分析。男性の場合は13~16歳の間にリリースされた曲が、大人になってからの音楽の好みに大きな影響を与えるとのこと。
平均すると、男性の最も好きな曲は、14歳の時にリリースされた曲であることが多いそうだ。

女性の場合は男性より少し早い。11~14歳の時に聞いた音楽の影響が大きく、平均13歳の時にリリースされた曲が最も好きな音楽になるという。
女性のほうが男性より幼少期に受ける影響が大きいらしく、好みを形成する年は思春期の終わりと重なることが明らかになった。

記事ではRadioheadの”Creep”が例として挙げられた。1993年にリリースされた"Creep"は38歳の男性の最も聞く音楽ランキングで164位。
年齢が10歳前後すると"Creep"はトップ300にもランクインしなくなる。また、1987年にリリースされたThe Cureの"Just Like Heaven"が再生数ランキングで最も上位にくるのは41歳の女性のチャート。これは彼女たちが11歳のときにリリースされた曲である。

20歳のときに聞く音楽は10代の時に聞いた音楽の半分ほどの影響力しかないそうだ。
viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1519108049

【 女子中学生の小さな大発見 】

» 記事の続きを読む

広告

これは欲しい!サンコーからカメラで見ながら耳掃除!爽快USBイヤースコープ発売!!

狙いを定める

1: 音無さん 2018/02/16(金)

サンコー、小型カメラ搭載「耳かき」発売、耳の中をスマホでリアルタイム確認
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1106884.html

 サンコーは、耳掃除をしている最中の耳の中の様子を、スマートフォンやタブレットの画面上に映せる
「カメラで見ながら耳掃除!爽快USBイヤースコープ」を2月16日に発売した。同社公式オンラインストアでの販売価格は税込2980円。
(略)


【 天使のミミクリン 30本+10mL 】

» 記事の続きを読む

広告

スマートフォンのカメラはなぜ「1眼」から「2眼」になったのか

二眼レフ カメラ ビンテージ

1: 音無さん 2018/02/16(金) 07:50:09.69 ID:CAP_USER
これまで前面と背面に1つずつというのが一般的だったスマートフォンのカメラ。だが最近は、背面に2つのカメラを搭載した「2眼」の機種が増えており、中には自分撮り用のフロントカメラも2眼という機種が出てきている。なぜ、スマートフォンのカメラの数が増えているのだろうか。

背面だけでなく前面のカメラも2眼に
スマートフォンに欠かせない機能の1つとなっているカメラ。最近ではSNS、特にInstagramなどの人気もあって、カメラを使う頻度が増えているという人も多いのではないだろうか。だがここ数年、そのカメラ機能に大きな変化が起きている。

スマートフォンのカメラは通常、写真撮影などに用いる背面のメインカメラが1つ、自分撮りやビデオ電話などに用いる前面のフロントカメラが1つ、というのが一般的だ。だが最近、メインカメラを2つ、つまり「2眼」のカメラを搭載した機種が、急激に増えているのである。

代表的な例としてアップルのiPhoneシリーズを見ても、2016年発売の「iPhone 7 Plus」から、大画面モデルにはカメラが2つ搭載されるようになった。2つのカメラを切り替えることで、通常画角の写真だけでなく、2倍ズーム相当の写真を撮影できるほか、「ポートレートモード」を用ることで、背景をぼかした写真を撮影することも可能となっている。

また最近では、メインカメラだけでなく、エイスーステック・コンピューターの「ZenFone 4 Selfie Pro」や、ファーウェイの「HUAWEI Mate10 lite」などのように、フロントカメラにも2つのカメラを搭載する機種が出てきている。自分撮り需要の高まりから、ここ最近中国メーカーを中心としてフロントカメラを強化する機種は増えてきており、そうした流れがフロントカメラの2眼化を推し進めているようだ。

2つのカメラを搭載する機種が増えたことから、カメラセンサー最大手のソニーなどは、センサーの出荷数が増えるなど大きな恩恵を受けているようだ。だが一方でスマートフォンメーカーにとって、カメラを増やすことはコストがかさむというデメリットも抱えてしまう。にもかかわらず、なぜスマトフォンメーカーは2眼化を積極的に推し進めているのだろうか。

カメラの画質競争に限界、2眼化が新たな提案に
その大きな理由はカメラ性能競争の限界にある。スマートフォンのカメラは利用者が多い人気機能であるため、短期間のうちに急激な進化を遂げてきた。それを象徴しているのが画素数で、「iPhone 3G」は200万画素だったのが、「iPhone X」では1200万画素にまでアップしているし、中には2000万画素を超えるカメラを搭載した機種もいくつか存在する。
以下ソース
2018/02/16 06:00:00
https://news.mynavi.jp/article/mobile_business-14/
anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1518735009

【 YIEASY スマホ用 クリップ式レンズ 3点セット 】

» 記事の続きを読む

広告

【南海鉄道】高架下に宿泊施設一泊三千円 電車の騒音 交流を楽しんで。電車ごっこが捗りそうだな

交流

1: 音無さん 2018/01/31(水) 11:55:26.30
南海電気鉄道は2月1日、難波―今宮戎駅間の高架下に宿泊施設「ボン ホステル」(大阪市浪速区)を開業する。訪日観光客らの需要を見越し、あえて特別な防音対策はせず、安眠より交流を優先させるユニークな施設にした。

 鉄骨平屋建て約825平方メートルで、室内はグレーを基調とした落ち着いた色合い。客室の大半はドミトリー(相部屋)で、6人用と7人用が計16室。室内はカーテン付きの2段ベッドが並ぶ。シャワーやトイレは共用にして宿泊費は1人1泊3千円に抑えた。3人用と4人用の個室(1室1泊1万~1万2千円)もあり、計110人が収容可能。民泊サイトを手がける「百戦錬磨」(仙台市)が運営する。

 ガタンゴトン、ガタンゴトン……。30日に開かれた報道向け内覧会。客室内に入ると、数分おきに真上の線路を電車が通り過ぎ、大きな音が響いた。担当者は「電車が走る音がして、寝台列車の雰囲気も楽しめるのでは」と話す。要望があれば耳栓を配布するという。

 騒音は話し声を妨げるほどではなく、併設するカフェバーで最終電車が通過する深夜までは交流を育んでもらう。マネジャーのジェレミ・ゴダールさん(30)は「高架下ならば、近隣への音を気にせず盛り上がれる。外国人も日本人も集うフレンドリーな施設にしたい」と期待する。
no title


続きはソース先で (動画あり)
朝日新聞デジタル 2018年1月31日11時23分
https://www.asahi.com/sp/articles/ASL1Z5QS4L1ZPTIL01T.html
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1517367326

【 交流のしくみ 三相交流からパワーエレクトロニクスまで 】

» 記事の続きを読む

広告

ローランド共同開発トイレ用音響装置「サウンドデコレーター」発売。排泄音を徹底して分析した結果ww

おといれ

1: 音無さん 2018/01/30(火) 22:37:34.97 ID:CAP_USER
no title


 LIXILはローランドと共同開発したトイレ用音響装置「サウンドデコレーター」を2月1日から発売します。価格はオートタイプ(埋込形・100V)、オートタイプ(露出型・100V)が3万5424円、手かざしタイプ(露出型・電池式)が2万3544円。いずれも設置には工事費が別途かかります。

no title


「サウンドデコレーター」

 プライベート空間であるトイレにおいて、使用時の音を人に聞かれたくないというニーズから、公共施設では一般的になりつつあるトイレ用音響装置。水洗音などを擬似的に発する機能を持つTOTOの「音姫」などが有名ですが、LIXILによれば、従来の装置は流水音などを録音した音源を再生してトイレ使用時の音を隠すもので、「聞かれたくない」という悩みを十分に解消したわけではないとのこと。

 LIXILとローランドは、トイレ使用時の音の周波数帯域を細かく分析。トイレの使用時の音を聞こえづらくする「マスキング効果」(同時に異なる二つの音波が耳に届く時、弱い音波は強い音波に打ち消されてしまう効果)を発揮する音源を搭載しました。

no title


行為音の周波数帯の音圧にあわせたせせらぎ音を発生し、気になる音をマスキングする

 また、音源の「聞き心地のよさ」にも徹底的にこだわり、山奥まで機材を持ち込んで小川のせせらぎや野鳥の鳴き声など数多くのサンプルを録音。それらから音の要素を切り出してプロの技術で合成したせせらぎ音は、周波数帯をトイレ使用時の音と合わせることでマスキング効果を高めているだけでなく、森の中にいるかのような聞き心地よいサウンドにも仕上がっているとのこと。

 サウンドデコレーターの導入により、トイレ使用者のプライバシーを守る目的での無駄な洗浄を抑制し、大幅な節水促進が期待できるとしています。

https://youtu.be/VVgA2gm9QhE



http://ascii.jp/elem/000/001/624/1624484/


【TOTO 音姫 トイレ用擬音装置 トイレ 音消し YES400 】

» 記事の続きを読む

広告

AIスピーカーに特殊な音で遠隔操作が可能と判明 早稲田大学の研究グループの実験で明らかに

ビームライト

1: 音無さん 2018/01/27(土)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180127/k10011304431000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_011

声で家電製品などが操作できる「AIスピーカー」に特殊な音で指示を送ると、周囲に気付かれることなく、第三者が勝手に操れるとする実験結果を早稲田大学の研究グループがまとめました。直ちに悪用することは難しいものの、今後、より安全性の高い製品づくりが求められるとしています。
AIスピーカーは人工知能で人の声を認識し、声で指示するだけで音楽を鳴らしたり、家電製品を操作できたりするなど、私たちの暮らしをより便利にすると注目されています。

これに対し、早稲田大学の森達哉准教授らの研究グループは、人の声を特定の方向にしか伝わらない特殊な音に変換し、AIスピーカーに指示を出す実験を行いました。

その結果、周囲にいる人には何も聞こえないのに、AIスピーカーがスケジュールを読み上げたり通販サイトで商品を検索したりするなど、指示に従って動いたということです。

こうした動作は複数のメーカーの製品で確認されたほか、AIスピーカーを勝手に操る研究は海外でも進められています。

特殊な音を出す装置を用意する必要があるため、直ちに悪用することは難しいものの、声で操作する技術はお年寄り用の機器など、さまざまな活用が期待されていることから、研究グループではより安全性の高い製品づくりが求められるとしています。

実験を行った研究グループの飯島涼さんは「AIスピーカーは専門知識がない人も使うものなので、誰もが安心して使えるよう、メーカーが製品の安全性を考えるうえで参考にしてほしい」と話していました。
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1517007209

【 メモで未来を変える技術 】

» 記事の続きを読む

広告

5畳半の寝室を1部屋2万5000円で貸出。宮城に移住者向けシェアハウス完成。町起こしに尽力

家

1: 音無さん 2018/01/20(土)
移住者向けシェアハウス 完成


http://www3.nhk.or.jp/lnews/sendai/6004450861.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

東日本大震災で大きな被害を受け、人口減少が加速している山元町で、
移住者が共同で生活するシェアハウスが完成し、20日、お披露目会が開かれました。

「Cozy House」と名付けられたこのシェアハウスは、山元町で
町おこしなどを行っている人たちが、移住者を呼び込もうと、住宅地の空き家を買い取って、造りました。

20日は、シェアハウスが完成したことを受けて、お披露目会が開かれ、
招かれた地元の人たちなどがオープンを祝いました。
シェアハウスには、5畳半から8畳ほどの寝室が4部屋設けられ、1部屋あたり、
月2万5000円程度で貸し出されるということです。

山元町では震災以降、人口減少が加速していて、運営者は、シェアハウスのリビングなどを
移住者と地元の人たちの交流の場にもしていきたいとしています。

運営者の1人で、山元町の町おこしのために埼玉県から通っている向井康治さんは、
「移住する人が家を買うとなると、どうしても高くつく。
シェアハウスだと負担も軽いので、まずは気軽に山元町に移り住んでもらいたい」
と話していました。
また、地元の68歳の男性は、
「若い人が来て、町が活気づくきっかけになってほしい」
と話していました。
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1516447508

【 もし今よりいい部屋に住みたいならコレを読め 】

» 記事の続きを読む

広告

タグ

1700年前の楽器を発見、なんと今でも演奏可能 口にくわえ音を出す、「ルネサンス期の笛のような音色」と興奮気味に研究者

ph_thumb.jpg

1: 音無さん 2018/01/17(水)
ナショナル ジオグラフィック日本版 2018.01.17
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/011600144/

 ロシアで発見された古代の口琴(こうきん)が今でも鳴ることが確認され、考古学者らを喜ばせている。

 口琴は、口にくわえた本体を指などで弾いて音を出す楽器。ロシアの中南部、アルタイ共和国の山岳地帯にある2つの遺跡、チュルトゥコフ・ログ9とチェレムシャンカで、考古学者らが5つの口琴を発掘した。

「チェレムシャンカで発見された口琴を、私が自ら演奏してみました」と話すのは、20年以上にわたってこの楽器の研究を続けている、ロシア科学アカデミー極東支部歴史・考古・民族学研究所のアンドレイ・ボロドフスキー教授だ。チェレムシャンカで発見された口琴の1つは今でも演奏することができると言う。

 これらの楽器は、おそらく熟練した職人が牛や馬の肋骨から作ったものと見られる。ボロドフスキー氏が演奏した口琴は長さ約11センチで、1700年ほど前のものと考えられている。フン族とその後裔が中央アジアの大部分を支配していた時代だ。当時、中央アジアから現在のモンゴル、カザフスタン、中国東北部、ロシア南部にわたって遊牧民が幅広く暮らしていた。

 アルタイで作られた今回の楽器は、中央アジアで発見された他の古代の楽器とは異なっている。モンゴルやロシアのトゥバ地方で作られた口琴には、鹿の角など、別の材料が使われているのだ。南シベリアでも、鹿の角で作られた口琴が40年ほど前に見つかっている。

 今回ロシアで発掘された口琴は、1000年を優に超える昔に作られ演奏されたものだが、知られている世界最古の楽器――南ドイツの洞窟で発見された、鳥の骨やマンモスの牙でできた4万3000年前の笛――に比べればずっと現代的に見える。

 口琴を試奏したボロドフスキー氏によれば、その音色は「フラジオレット」というルネサンス期の笛に似ているそうだ。

文=Heather Brady/訳=山内百合子
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1516184487

【 我々は 人間 なのか? - デザインと人間をめぐる考古学的覚書き 】

» 記事の続きを読む

広告

タグ

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
カウンター
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止