月別アーカイブ:2016年01月

ソニー、お洒落な「グラスサウンドスピーカー」を発売 有機ガラス管の振動で音を360度全ての方向に

真空管
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1453286510/

1: 2016/01/20(水) 19:41:50.47
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1601/20/news119.html

ソニーは、有機ガラス管の振動で音を360度全ての方向に広げるスピーカー「グラスサウンドスピーカー LSPX-S1」
を2月13日に発売する。オープン価格で、実売予想価格は7万4000円前後。

 空間を活用して新しい体験を創出する「Life Space UX」の商品群として、
家庭用のポータブル超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」とともに発表した。

no title

no title



有機ガラス管の下に3つの加振器を置き、ガラス管全体を振動させて音を鳴らす。
ガラス全体が円筒状の音源となり、本体を中心に360度均一に音を届けるという。
 ガラス管はツイーターとして働き、天頂部に低域を再生するパッシブラジエーターを、
加振器の下部に50ミリのウーファーを搭載した。ガラス管内部にはフィラメント型LEDを搭載しており、
Bluetoothの接続状態などを光で確認できる。


 2008年に発売したガラス管スピーカー
「Sountina」(サウンティーナ)の技術を進化させ、音質を向上させながら大幅に小型化した。
低歪み、高応答性を実現し、「まるで誰かが目の前で歌い演奏しているような新しい体験を生み出す」という。
 Bluetooth接続に対応。新開発の高音質コーデック「LDAC」に対応し、高速伝送が可能だ。
スピーカー単体ではモノラルだが、2台をBluetooth接続すればステレオ再生や2台から同じ音を再生することも可能だ。
バッテリーを内蔵し、ケーブルレスで利用できる。
 NFCのワンタッチリスニング機能に対応し、対応端末を底面にかざすと手軽にBluetooth接続できる。
スマートフォンアプリ「SongPal」(ソングパル)からサウンド設定や楽曲再生操作、明るさの調整、スリープタイマーなどの操作が可能だ。

 サイズは82ミリ(直径)×303(高さ)ミリ、重さは約920グラム。

» 記事の続きを読む

広告

【画像】間違って捨てたケーブルをゴミ箱から拾おうとした男(52)

出口
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1453116462/

1: (家)@\(^o^)/ 2016/01/18(月) 20:27:42.42
ごみ箱から突き出た2本の脚、その訳は…ドイツ
ttp://www.afpbb.com/articles/-/3073564
no title


ドイツ北部ブレーメン(Bremen)で先週、路上のごみ箱に上半身を突っ込んだ状態で身動きが
とれなくなっていた男性が、警察官に救出される騒動があった。

52歳のこの男性は、ノートパソコン用のケーブルを誤って捨ててしまい、慌てて拾おうと頭を
突っ込んだものの、逆立ちした格好のまま動けなくなってしまったという。

【 ゴミひろい PCハンドル EPUT-1 】

» 記事の続きを読む

広告

カセットテープが人気再燃 若者に人気 CDより温かい音

暖かみ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1452979962/

1: (東日本)@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 06:32:42.87

カセットテープの人気が再燃している。渋谷にあるレコード店ではカセットテープの専用コーナーもできている。
中古のラジカセを販売する店も増えているが、背景にはアメリカでの動きがあったという。ミズーリ州にあるカセットテープメーカーでは、
今では唯一生産している場所だという。だが過去最高のペースで生産していた。販売本数は80年代が500万本もなく97年で1,000万、
09年で1,500万本だったが、去年は2,400万本の生産をしたという。ナショナル・オーディオ・カンパニーのスティーブ・ステップ社長も、
若者を中心に売上が伸びており、将来は明るいなどと話した。

カリフォルニアでもカセットテープの人気が高まっていた。去年オープンした店ではカセットテープの売上が好調だといい、来ていた若者は、
生まれる前に流行していたことを友達から聞いて興味を持ったなどと話した。人気を支えているのがデジタル世代の若者だといい、
ニューヨーク州でバンド活動をしている若者たちは、コンピュータのデジタル録音よりもカセットテープは温かい音などと話していた。

日本でもカセットテープが注目を集めている。渋谷の大手レコード店では特設コーナーが組まれているといい、若い世代を中心に人気を集めている。
店に来ていた若者はCDの音よりも温かい感じがするのでいいなどと語った。

カセットテープは質感や重さが素晴らしく、デジタルに対する反動から人気があるようだ。カセットテープの場合、CDと違って曲を簡単に
スキップさせることができないため、曲順に聞くことから、かえってアーティストの作品を深く理解できる。また「モノ」として持てることも愛着を生む要因になる。
中古ラジカセの展示会などもあり、USB端子がついた新しいラジカセの開発と販売も予定されている。今年はカセットテープ元年であり、
カセットテープが世の中に再び広く普及する年になるかもしれない。CDの売上が落ちてデジタルコンテンツに移行している中、
あたたかみのあるカセットテープが今、新しい。若者に支えられて再びカセットテープブームが来ているのはアメリカでも日本でも同じのようだ。

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160116-32139120-mynavis

【 足の冷えない不思議なスリッパ 】

» 記事の続きを読む

広告

「エンコーダーに拘って~MP3作って~容量減らして~」←今はこう言う時代じゃ無いんだろ?

記憶
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1452587012/

1: (秋田県)@\(^o^)/ 2016/01/12(火) 17:23:32.89

ニコンはモーターなど回転体の角度検出などを行うエンコーダー事業で、海外展開を加速する。中国の産業用ロボットメーカーを
主なターゲットに据え、現地の大手販売代理店を深耕する。現状2割弱の海外売上高比率を、5年後をめどに5割まで引き上げる。
従来は日本市場中心に展開してきたが、人件費上昇やそれに伴う自動化ニーズにより成長する海外市場を積極的に開拓する。

http://www.nikkan.co.jp/articles/view/00370544

大人のためのハイレゾオーディオ完全マニュアル 学研ムック

» 記事の続きを読む

広告

ゼンハイザーの超超超高級ヘッドホン聴いてきた。「これが650万円超えの超弩級ヘッドホンか!」

ゼンハイザー オルフェウス
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1452518909/

1: 2016/01/11(月) 22:28:29.79
http://www.phileweb.com/news/d-av/201601/10/38064.html

昨年ブランドの誕生から70周年のアニバーサリーイヤーを迎え、
プレミアムブランドとしての新たな一歩を踏み出したゼンハイザーが、「Next Milestone
」のプロジェクトを象徴するスーパーハイエンド機として発表した「Orpheus」がCESの会場に登場。
デモ展示で試聴できたサウンドのファーストインプレッションを報告しよう。

ゼンハイザーの新たなフラグシップモデルとなる「Orpheus」は、ヘッドホン部の「HE 1060」と
ヘッドホンアンプ部「HEV 1060」により構成される静電型ヘッドホンシステム。
本体の電源を入れると、フロントパネルから操作ノブなどインターフェースが、
天面からは真空管がゆっくりとせり出してくる。ヘッドホンは本体向かって左側のボックスの中に格納されており
、電源を投入するとカバーが開く仕掛けも話題を呼んでいる。以下は昨年行われた
70周年記念イベントでの実機の動作をその様子を撮影した動画だ。


「Orpheus」が大規模なイベントに展示され、試聴機会まで設けられるのは今回が初めてということもあり、
CESの開催期間中はゼンハイザーのブースにいつ訪れても長蛇の列ができていた。

筆者も本当はイベントの開催初日に試聴の予約を入れていたのだが、デモルームのエアコンが壊れる
ハプニングなどにも見舞われ、結局CESの開催最終日にようやくその音を聴くことができた次第だ。
もちろん最終日の本日も予約や飛び込みの試聴希望者が行列を作っていた。
no title

筆者にとっても新しい「Orpheus」を試聴するのはこれが初めての機会。
胸を高鳴らせながらラスベガス入りして、4日間待ってようやく試聴の時が訪れた。
デモルームに入場すると、ゼンハイザーのドイツ本社からやってきた「Orpheus」がブースの
中央に堂々と鎮座している。そして遂に自分が試聴できる順番がやってきた。
汗ばんだ手をハンカチで拭いて、「Orpheus」を手に取る。「おお、これが650万円超えの超弩級ヘッドホンか!」

手に取った感覚は「HD 800」よりも少し重さを感じるほど。筆者の前にもCES最終日のホールが開場してから
2時間の間、何人かの試聴希望者が本機の音を確かめたはずだが、アンプを内蔵する
ヘッドホン本体もアルミ製エンクロージャーの恩恵によるものか、過度に熱を帯びていることはなかった。

恐る恐るヘッドバンドをひねってみると、これもまた「HD 800」のようにしなやかに曲がる。
そのまま頭に装着してみると、何とも心地良い装着感。イヤーパッドの内側には肌触りの良いベロア素材を使っている。
「おお、これが650万円超えの超弩級ヘッドホンか!」。喜びが繰り返し胸を打つ。
no title

試聴環境にはマランツのSACDプレーヤーが用意され、「Orpheus」との間はバランス接続。
イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」のSACDをリファレンスにその音を確かめることができた。
そのサウンドは静電型らしい緻密な解像感と圧倒的な情報量の再現力に満ちていた。
ボーカルとバンドを構成する各楽器の音が驚くほどに生き生きとしていて、まさにスピーカーリスニングに
匹敵する自然な定位感と雄大なスケール感を描き出していた。
12弦ギターが奏でる前奏はオクターブの音がきれいにほぐれて、高音域がどこまでも伸びやかに突き抜ける。
音の輪郭が力強く輪郭の彫りも深い。シンバルの余韻成分が濃厚に広がって
漆黒な静寂の中にゆっくりと溶けていくような見事なS/N感だ。
低域はバスドラムの打ち込みが鋭く駆け抜けていく。ボーカルの声質もナチュラルで透明感にあふれていた。
一人ひとりが試聴できる時間は極限られたものだったが、待ちに待った「Orpheus」の音が聴けただけでも、
遠くラスベガスまで足を運んだ甲斐を心の底から感じた幸せなひとときだった。




【 トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」 】

» 記事の続きを読む

広告

おじさんは小指でレコードの針プルプルさせ持ちながらLP(レコード)の上に置いてたんだぜ。

bsc1601091714001-p1.jpg
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1452332638/

1: (秋田県)@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 18:43:58.18

 音楽の購入方法がCDからデジタル配信に移りつつある昨今、アナログレコードが復活してきた。そこで注目を集めているのがレコード針を作り続けて来年で半世紀の老舗、日本精機宝石工業
(兵庫県新温泉町)だ。日本海に面した小さな町の従業員約60人の小さメーカーが手掛けるレコード針は世界で高く評価されている。その陰には、レコードが衰退した後も新ジャンルの製品を
開発して生き残るしたたかさと、「一人でも欲しい人がいる限り」と製造し続けたレコード針への愛があった。(藤谷茂樹)

http://www.sankeibiz.jp/business/news/160109/bsc1601091714001-n1.htm


【 レコードで行こう! 】

» 記事の続きを読む

広告

タグ

全てのキャラが早見沙織ボイスで再生されるレコーダーがあったら素敵やん?

AVWorld
アニオタのためのAV機器スレッド318
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1449285496/50

670 : ┃】【┃ [sage] : 2016/01/03(日) 23:38:26.87 ID:LE7f6ARu0.net
レコの30秒スキップ機能はPCの再生ソフトじゃ実現できないのか
それさえあればPCでも見れるのに

【 家電批評 The BEST 】

» 記事の続きを読む

広告

鉄塔、送電線の魅力

鉄塔
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1452263999/

1: (神奈川県)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 23:39:59.60
中部電力、飛島名南線の送電線移線作業を公開 

◆垂れ込み防止へ安全対策万全に

中部電力は24日、15万4千V飛島名南線(愛知県飛島村、こう長9キロメートル)の鉄塔建て替え工事に伴う送電線
移線作業を報道陣に公開した。
平日でも交通量の多い主要物流道路上空で、通行止めを行わず作業を実施。
多くの車が行き交う中、交通に支障をきたさぬよう万全な安全対策を講じた。

国土交通省中部地方整備局愛知国道事務所が進める名古屋環状2号線の飛島ジャンクション(仮称)建設に伴い、
伊勢湾岸道路を横断する飛島名南線10~11番鉄塔間の送電線移線作業が必要になった。
このため、今年5月に10番鉄塔の建て替え工事に着手。新鉄塔完成後、12月から移線作業を開始した。

新鉄塔は既存鉄塔より約15メートル高く、送電線最低地上高は約20メートル高い50メートルとなる。
全部で32条を移線し、移線完了後は碍子の取り付けや電力バイパス線の接続を経て、来年2月末の送電開始を目指している。
また、この高上げ作業に伴い既存鉄塔にかかる負荷が重くなるため、周辺鉄塔4基の増強工事も実施。
特に近隣の2基に対しては大規模改修を施し、強度を上げた。

http://www.shimbun.denki.or.jp/news/construction/images/2015122505_01.jpg
旧鉄塔(右)から新鉄塔へ金車を使いながら送電線を移設した

http://www.shimbun.denki.or.jp/news/construction/20151225_01.html

【 東京鉄塔―ALL ALONG THE ELECTRICTOWER 】

» 記事の続きを読む

広告

アナログ製品が空前の大ブーム? レコードプレーヤーやインスタントカメラが好評 デジタル世代に新しい驚き

アナログ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1452086478/

1: (宮城県)@\(^o^)/ 2016/01/06(水) 22:21:18.21

アナログ製品の人気再燃 パナソニック&ソニーはレコードプレーヤー 富士フイルムはインスタントカメラ

パナソニックとソニーは6日、新しいレコードプレーヤーを年内に発売すると発表した。パナソニックは6年ぶりの復活、
ソニーは8年ぶりの新製品となる。レコードの生産量が上向くなど「アナログ」の良さがここにきて見直されており、
富士フイルムは平成28年度のインスタントカメラ「チェキ」の世界販売計画を前年度比3割増の650万台に設定する方向だ。
懐かしさだけではなく、デジタル家電に親しんだ若い世代にとっては、新しい驚きをもたらす製品として人気になっているようだ。

no title

デジタル化の時代に写真フィルムを使ったカメラの価値が見直されている(富士フイルム提供)
no title

CESに出展された「テクニクス」のレコードプレーヤー=5日、米ラスベガス(AP)

パナソニックとソニーは、米ラスベガスで6日(日本時間7日)に開幕する家電見本市「CES」に新しいレコード
プレーヤーを出展。両社とも米国で先行発売するが、国内販売も検討する。

パナソニックは22年に生産を終了していたが、復活させた音響機器ブランド「テクニクス」を冠した新製品として
今夏発売。かつてのテクニクスはターンテーブル(レコードプレーヤー)のイメージが強く、パナソニックの小川理子役員は
「嘆願書が届くなど、発売への期待が大きかった」と話す。

ソニーはレコードプレーヤーの生産を続けており、20年以来の新製品として今春に投入する。CDよりも高音質な
音源「ハイレゾ」に対応するのが特徴だ。

日本レコード協会によると、27年1~11月のレコード生産量は61万4千枚で、前年同期比で76%増と大幅に増えている。

つづく

【 メイド・イン・ジャパンのデザイン! 70 年代 アナログ家電カタログ 】

» 記事の続きを読む

広告

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止