月別アーカイブ:2017年11月

なぜ日本では「電線の地中化」が進んでいないのか?電柱愛好家がいるのは日本だけ!

電柱 空

1: 音無さん 2017/11/27(月)
 街を歩きながらふと視線を上げたら、電線にとまって羽根を休める鳥たちの姿が――実はこういった光景は、日本ならではのもの。先進国では電柱のあいだに架空線(空中に張り渡した電線)を通すのではなく、地中に電線を埋める方法が主流となっています。

 諸外国と比較すると遅れているものの、日本にも「無電柱化」「電線地中化」を目指す動きはあります。例えば、東京都では数年後のオリンピック、パラリンピック大会を意識した整備計画があり、2017年6月には「無電柱化推進条例」が可決されました。

 しかし、電柱を無くすことに対し「実現が難しすぎる」などの否定的な声もあり、一筋縄ではいかない問題となっているようです。今回は、そんなややこしい日本の電柱事情を分かりやすく解説します。

■電柱の何が問題なのか

 そもそも電柱には、どんなデメリットがあるのでしょうか。

1.景観の悪化

 「電柱や電線があると、景観が悪くなる」という考え方があります。もしも遠くから歴史的な名所、名物を眺めようと思ったとき、周囲に電柱があると視界を遮ったり、風情がなくなったりしてしまうというわけです。

 ただし、これは被写体の性質や、個人の美醜の感覚にも関わる問題。例えば、風景写真などを撮る際に、あえて電柱を入れることで味わい深い1枚になることもあります。これに近い例としては、あるプロジェクトの実行委員会が2014年に公開したキービジュアルが挙げられます。

 富士山を題材にした葛飾北斎の「凱風快晴」に電線、電柱を描き加えた画像で、ネット上で「すごくかっこいい」「電柱ある方がステキ」と話題になりました。しかし、皮肉なことに同プロジェクトが目指していたのは、国内の無電柱化。「電柱があると、葛飾北斎の美しい風景画でさえ台無しになってしまう」というコンセプトでキービジュアルを作ったところ、真逆の反応が続出してしまったのです。

この「凱風快晴」に電柱、電線を追加すると……
no title


「名画が台無し」とするか「見事なアレンジ」とするかは、人によって分かれそうです
no title


2.災害時の倒壊リスク

 災害時には、電柱の倒壊がよく起こります。倒れること自体も危険ですが、さらに交通の妨げになることで二次被害が拡大します。

 阪神淡路大震災では、倒れた電柱や電線が道路をふさぎ、消防車や救急車の通行を妨げました。火事の鎮火や救護、物資の輸送が遅れてしまい、大きな問題になりました。



配信2017年11月26日 11時00分
ねとらぼ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1711/25/news006.html
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1511743522

【 電柱のないまちづくり 】

» 記事の続きを読む

広告

タグ

アニソンこそが最もオーディオにふさわしい音楽であると言う若者が増えているらしい

リファレンス オーディオ DAP イヤホン

957: 音無さん 2017/11/24(金) 15:40:46.16 ID:W0chjddc
今の高校生大学生にアニソンが音質良いからオーディオに最適と思っている人がいて吃驚した

958: 音無さん 2017/11/24(金) 18:59:27.80 ID:o/uXaG1g
逆だよなジャンクな材料を料亭の味で食べるのが醍醐味

959: 音無さん 2017/11/24(金) 19:18:06.97 ID:f9tHk7RP
CDが微妙なのにハイレゾだけ高音質なやつもある
サントラに高音質なのが多い
アルバムが比較的高音質な人もいる
キャラソンにたまにアタリがある
シンデレラガールズ関係はCDでも比較的高音質なのが多い

こんなのか?
☆アニメ★声優 【総合スレ】 ゲーム★特撮★42awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1469778890

【 若者文化をどうみるか? 】

» 記事の続きを読む

広告

空港への騒音苦情1190人分の内容を見直したら、たった10人で全体の6割以上を占めてたでござる

電話 コール 沈黙

1: 音無さん 2017/11/22(水)
空港に届く2万件の騒音苦情の半数以上はたった10人から寄せられている
https://gigazine.net/news/20171121-heathrow-noise-complaint/

 空港と騒音問題は切り離せないもので、ロンドン・ヒースロー空港では
2017年7月~9月の3カ月間で2万642件もの苦情が寄せられています。
しかし、データの内訳を見てみると、苦情を申し立てたのは1190人で、
特にその中でも苦情件数の多いトップ10の人たちだけで1万3038件、
全体の63.2%を占めていることがわかりました。

 ヒースロー空港では地域の騒音問題への取り組みを行っており、
1四半期(3カ月)ごとの騒音レポートを公式サイト上で公開しています。

 2017年7月~9月のデータについては記事作成時点では
公開されていないのですが、ビジネスニュースサイト「City A.M.」が
先行してデータを入手して報じた内容によると、直近の苦情件数は
2017年1月~3月期が2万1547件、4月~6月期が2万1045件、7月~9月期が
前述の通り2万642件と、減少傾向にあります。

 しかし地区別でみると、件数が最も多いヒースロー空港西側に位置する
スラウからの苦情は、4月~6月期が4439件だったのに対して、
7月~9月期は6315件と増加していました。

 一方で、苦情を申し立てている人の数でいえば空港東側に位置する
リッチモンド・アポン・テムズやスラウの南にある
ウィンザー・メイデンヘッドの方が多いということもわかっています。

hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1511315832

【 クレーム対応の全技術 】

» 記事の続きを読む

広告

ティファニー、お金があまって仕方ない人のために4万のストロー 2万のクリップ 7万の定規などを発売

9_20171129114058.jpg

1: 音無さん 2017/11/28(火)

身の回り品に最高の質とデザインを--。米宝飾品大手ティファニーが年末商戦に向け、350ドル(約3万9000円)の
ストローや450ドルの定規といった「日用品」を発売した。昨年末は売り上げの不振も目立ったことから、老舗ブランドの“リベンジ”に注目が集まる。

ストローには銀などを使い、自ら「クレージーストロー」と名付けた。

https://mainichi.jp/articles/20171128/k00/00m/020/071000c

hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1511810788

【 自由なお金持ちと不自由な一般人どちらになりたいですか? 】

» 記事の続きを読む

広告

ご飯を炊飯器で保温する情弱、炊きたてをすぐに冷凍するのが情強。12時間保温したらごはんべちゃべちゃ

冷凍

1: VIPが送るよ 2017/11/26(日) 07:10:40.199 ID:Uh8BN38s0
泣く泣くご飯だったものを捨てた

2: VIPが送るよ 2017/11/26(日) 07:11:01.997 ID:RkkxGk880
食えよかす

3: VIPが送るよ 2017/11/26(日) 07:12:21.626 ID:Uh8BN38s0
>>2
いけるかなって思って一口食べたけど無理だった

viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1511647840

【 ジップロック コンテナー ごはん保存容器 】

» 記事の続きを読む

広告

デジカメ ようやく底打ち感。各社スマホによるカメラ離れつなぎとめを模索

カメラ

1: 音無さん 2017/11/25(土) 16:23:56.16 ID:CAP_USER
写真撮影をスマートフォンで済ませるユーザーの増加で、市場縮小に直面するデジタルカメラ。日本メーカーのデジカメ出荷額が平成28年11月から11カ月連続して前年比プラスで推移し、底打ち感が強まってきた。各社はスマホでは難しい高画質を実現するミラーレスカメラの高級機種を相次いで投入し、巻き返しを図っている。(柳原一哉)

 業界団体のカメラ映像機器工業会によると、出荷額は28年1~10月はほぼ前年同月比割れ。特に熊本地震が起きた昨年4月以降は部品供給が滞り、大きく落ち込んだ。画像センサーの生産を手がけるソニーの基幹工場が被災し全面復旧に半年近くかかった。

 その反動もあって28年11月から29年9月まで前年比プラスが続いており、「ようやく底打ち感が出てきた」(業界関係者)。キヤノンは量産態勢を拡張するため宮崎県に新工場を建設し、31年の稼働を目指す。

 もっともコンパクトデジカメに取って代わったスマホがカメラ市場を侵食する事態は変わらない。そこで、メーカー各社はスマホにはない高付加価値カメラに活路を見いだす。

 今月16日にはパナソニックがミラーレス一眼デジカメ「LUMIX(ルミックス)G9PRO(プロ)」を発表。オートフォーカス(AF)速度が世界最速の約0・04秒という性能をアピール。

 一方、ソニーのカメラ担当幹部も「台数よりも金額を追う」と強調し、最高20コマ毎秒の高速連写機能を持つミラーレス一眼「α9」の売り込みに余念がない。富士フイルムは大型画像センサー搭載の中判ミラーレスを投入し「10万円以上の高級ミラーレスの世界シェアを約5割に引き上げる」と意気込む。

 ただ、会員制交流サイト(SNS)の利用者は、スマホで撮影した写真を投稿するケースが多い。キヤノンは自社のデジカメで撮った写真をスマホに転送できる連携機能を強化し、顧客のつなぎとめを狙う。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-00000094-san-bus_all
anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1511594636/

【 異世界はスマートフォンとともに。 】

» 記事の続きを読む

広告

【画像】こんな服装をしていると女子から確実に嫌われます。

服装

1: 音無さん 2017/11/25(土)

お前らええんか…

no title



6: 音無さん 2017/11/25(土) 03:24:35.57 ID:HREF2e+x0
年収1000万もあればこれでもモテモテだろ

7: 音無さん 2017/11/25(土) 03:24:57.54 ID:NvRquze00
このおじさんがどんな服着ても格好良くはならない



【 おしゃれが苦手でもセンスよく見せる 最強の「服選び」 】

» 記事の続きを読む

広告

ぶっちゃけ流行りの音楽聴いてる人のが純粋な音楽好きが多くね?

純粋なカメラ好き

1: VIPが送るよ 2017/06/11(日) 06:43:27.449 ID:31J9bPIRa
マイナーや昔の音楽聴いてる奴は 承認欲で音楽聴いてる奴がかなりいる
逆みたいに言われてるけど

3: VIPが送るよ 2017/06/11(日) 06:44:23.975 ID:bmmICz/s0
どうでもよすぎワロタ

6: VIPが送るよ 2017/06/11(日) 06:47:27.196 ID:31J9bPIRa
>>3
よくねーよ
本人は気づいてないもしくは薄々気づいてるだろうが マイナーな音楽が好きな自分が好きな自分がいることに



【 僕の音楽畑にようこそ 】

» 記事の続きを読む

広告

【朗報】ソニーの完全無線イヤホン「1000X」音質ではアップルに圧勝

1000X Airpods

1: 音無さん 2017/11/24(金) 09:13:29.37 ID:CAP_USER
iPhone 7/7 Plusからイヤホン端子がなくなり、アップルが「AirPods」(1万6800円)を発売して、注目されるようになった完全ワイヤレスイヤホン。そこにソニーが、業界初のノイズキャンセル対応モデルである「WF-1000X」(2万4880円)を発売した。2機種を使い比べて、WF-1000Xを選ぶ価値があるかを検証してみよう。

■ずれる心配がないWF-1000X

 まず、ソニーのWF-1000Xの外見からチェックしていこう。WF-1000Xを箱から取り出しAirPodsと並べてみると、サイズはWF-1000Xのほうが大柄で6.8gと重め。ただし、AirPodsは完全ワイヤレスイヤホンのなかでも超小型かつ軽量なので、WF-1000Xは中程度のサイズともいえる。

 WF-1000Xはカナル型(耳栓型)タイプで、耳穴へのフィット感を決めるイヤーピースも素材別に2種類、サイズ含め合計7個が付属する。完全ワイヤレスイヤホンで心配な、耳からの落下を防ぐフィッティングサポーターも装着済み。実際に耳に付けてみると、首を振ってもズレる気配がない。

AirPodsも装着時に落下することはあまりないが、冬場はコートの襟に当たってズレる心配がある。より安心して使えるモデルはWF-1000Xだろう。

■音質はWF-1000Xの圧勝

 気になるWF-1000XとAirPodsの音質の違いをテストしていこう。

 まずは静かな室内で音楽を聴き込んでみた。AirPodsもナチュラルで聴き心地のよいサウンドだが、ソニーのWF-1000Xに付け替えてみると、曲冒頭のエレキギターの音の刻みの解像感などで圧勝。高域までダイナミックに響くし、ベースの低音の質感もタイトで歯切れよい。ボーカルの歌声もバンド演奏のなかで立体的に浮かび上がる。

ジャズの音源でも楽器の質感が表れ、音の情報量が多いソニーのWF-1000Xが優れていた。AirPodsは聞き疲れしないよさはあるが、改めて比較すると音の情報量を出し切れていないようだ。

 騒音の響く電車や駅構内へ持ち出してみると、ノイズキャンセリングが働くWF-1000Xはなおさら有利だ。

 まず、AirPodsは遮音性の低いイヤホンで外音が耳に届くが、WF-1000Xは元の遮音性の高さに加えてノイズキャンセルで電車の走行音の重低音をほぼカット。ほぼ無音の状態から音楽を鳴らせるので、元の音質差以上に音情報、低音の量感に差が出た。

また遮音性が低いAirPodsはボリュームを上げないと音楽を聞きづらいし、電車の車内で音量を上げるとシャカシャカ音が漏れる。一方、WF-1000Xはノイズキャンセルでボリュームを上げる必要がなく、しかもカナル型なので音漏れもしない。

 遮音性の低いAirPodsは周囲の音が聞こえるから安全という面もあったが、ノイズキャンセリングのWF-1000Xは、本体ボタン一つで外音を取り込む機能も備えている。
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO23355190Q7A111C1000000



» 記事の続きを読む

広告

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止