8周年 8

2018年3月16日 Sound Field は8周年を迎えました。

初期からご覧になったいる方も今日偶然この記事へ辿り着いた方も
Sound Fieldにお越し頂きありがとうございます。

今年はじめてテンプレートを大々的に見直しまして、PC・スマホ用どちらも刷新いたしました。
とりあえずは、大方今の形でもうしばらく運営していくと思います。


【 マンガでわかる「続ける」習慣 】



コピペブログの平均寿命は約3年と言われています。(SF調べ)
多くのブログは、簡単に儲かるというふわっとしたイメージを元に始めてみたら
全く儲からない、マゾすぎる、伸ばし方が分からなかった、などの理由であっという間に辞めます。
特に、大学生やニートがはじめてすぐ辞めるパターンは多いですが
意外にも副業として始めて大きく育てられているにもかかわらずサイトを閉じたり売ってしまったりするケースは多々存在します。

当ブログは、うんこだクソだゴミだと言われながらも長らく運営してしまっており
辞め時を完全に逃してしまい、果てには自分から辞めることを放棄却下してしまったブログです。
オーディオもしばらく昔に落ち着いてしまって音楽の魅力もよくわからくなってきてしまったこの頃
毎日更新することを目的として、もはや生きるゾンビのような様なサイトです。
しかしながら、今年元旦にYoutubeを始めたいと書きましたが、まだむずかしいかなと感じます。

理由は二つあって、
このブログ自体が足枷になっていること
妙な知名度を武器にYoutubeに切り替えることは可能だと思いますが
8年もの間2ちゃんをずっとコピペしてきたことがなんとも後ろめたさを感じます。

そして体力的に動画編集や動画撮影が安定して出来ないこと
日々のルーティンワークを活力に生きている現在
動画撮影と動画編集作業のきつさはコピペブログの比ではありません。
コピペブログは、低気圧が来て風邪を引いて頭がドロドロの日でもなんとかできるんです。


そんなわけで、人気のコピペブログも過疎ブログももすぐに閉鎖してしまう理由をまとめてみたいと思います。

・作業があまりにも単調すぎる
現在では専用のまとめツールが充実しておりマゾさは昔に比べると軽減さていますが
毎日同じようなスレをポチポチ選択して色つける作業が日夜続きます。
加えてコピペブログは毎日安定して大量の記事を作らなければ集客ができません。
休みもなく毎日ずっと編集作業をしているのは案外苦痛なのです。

スレの内容も年がら年中ほぼループしていますし
変化があるとしても、掲示板というテキストサイトということもあって代わり映えがしません。
通常、2年も運営すると十分かなと。なります。

・内容の割に人を集めすぎる
普通にブログやサイトを1から運営しても1日1000PV程度いけば成功している方です。
それがコピペブログでは簡単に1万、センスがある人なら10万pv/日はいけます。
数の暴力と言えば良いのか、自分の能力に伴わないこの収集力が不安にさせます。
メリットと思いきや、多くの人の目に触れるため、コメント欄が荒廃したり最悪炎上したり…デメリットは多々あります。

・結局あまり儲からないので割に合わない
毎日休むことなく地味で単調な編集作業をこなし沢山人が集めて広告収入を得るのがコピペブログですが
多くのブログがグーグルアドセンスすら導入できない状況です。
アドセンスのような広告は記事の内容に応じて広告が配信される仕組みですが
Youtube以上に厳しいコンプライアンスが存在します。
記事の質によって表示できる広告というのが決まっていてコピペブログでは単価が低くなりやすい傾向にあります。
月間100万PV以上を対象とする特別なアドセンスもありますが中間マージンが発生してしまいあまり儲からない様子です…。
なにより儲けようとすればするほどステマや質の低い広告が多くなりグレーゾーンへとひた走ることになります。
そうしていくと記事単価が下がるのでそれを補おうと記事更新を増やさないといけなくなり負のスパイラルへ陥るのです。

・まとめブログは斜陽産業。
ネット業界で隆盛を誇っていた2ちゃんねるもここ数年では利用者が大幅に減っています。
多くの若者がYoutubeやSNSなどに流れてしまい掲示板の多くはお化けが出る廃墟と化しています。
それと同時にコピペブログ自体の人気も危ぶまれていると感じます。
大手ブログのカウンターやコメント数を観察すると全盛期より大きく数字を下げているのが分かります。

さらには、長く続ければ続けるほど反アフィブログ勢力からの嫌がらせや
5ch運営から今日明日にでも訴えらられるかもしれない恐怖と戦うことになります。


・それでも需要はあるのでサイト売買へ回される
なぜかまとめブログを始めたいという人は後を絶ちません。
またビジネスとして型を作り上げた人にはある程度育っているドメインをほしがります。
故に、ある程度育てられた中古の物件がそこそこの値段で売れるのです。
しかしながらそれも斜陽していてこの業界では買取価格は下がる一方です。
そんなのでマゾい作業を終わりにして値段が落ちる前にさっさとサイトを売ってある程度のお金を得る人は多いようなのです。


頭の出来がまともなら、まとめブログはすぐに辞めて当然なのです。


・現在運営されているまとめブログの3タイプ
1.古株
2005年にニュー速VIPブログから始まったこのコピペブログという産業?は今では10年以上運用されているブログサイトがいくつもあります。
初期スタート組はそれぞれに運営方法を開拓し絶大なアクセス数と知名度、安定した人気を誇っています。
しかし現在では地位を確保しつつも、2ちゃん上の様々な衝突や過疎などでネタ探しアクセス収集で苦しんでいるブログも多く見受けられます。
多くのブログが更新停止やサイト売買などでタイトルやドメインだけを残し形を変えて存続しているケースも多々存在しているようです。

長く運営していてもう取り返しがつかない、儲かってる、ただの習慣?…続ける理由はそれぞれかも知れません。

2.趣味特化型
膨大な情報量とアクセス収集が簡単に行えるまとめブログですが近年では細分化が著しくなり
新しいサービスや商品が発売されるとそれに応じて新しいまとめブログが誕生するようになりました。

なかでも、伝統的な趣味やマイナー系のジャンルでは趣味色が非常に強く利益よりも
情報を収集することブログを更新することが目的になっておりそれだけで一つのコミュニティーが形成されているブログも珍しくはありません。
車やソシャゲーなどのメインの趣味がありつつ2ちゃんねる、ブログ運営が趣味な人が当てはまります。
ビットコインやFate GOなどのトレンドブログもこれですが運営期間はどこもやはり短いようです。

3.自動、利益追求型
いわゆる業者や、大学サークルなどが、ネットビジネスとしていくつもブログを運営し沢山のバイトを雇い時に自動ツールも使いながら
1日に大量の記事を生産し利益を生み出しビジネスとして確立しているグループです。
業者に買い取られた多くの巨大ブログは新たな経営社のもと、焼畑農業のようなアナログで大規模な経営に切り替わります。
現在のまとめブログでは多ドライヤホンもびっくりな1日に20~50更新程度の記事数が必要とされていて
過去の記事を使い回したり、他サイトからコピって来たり手法は様々ですが、サイトの質が問われています。
副業の副業として、まとめ記事をYoutubeへ流す手法もとられていましたが現在ではYoutube側の規制が入り厳しい様子です。
トレンドブログのように新しいサイトを次々と新設し上手く運営して一時的な収益を出している運営者も多いですがこちらも焼き畑なのは同じようです。


業者などによって焼き尽くされた土壌からはなにも生み出せず
ただ流れ着いて居ついてしまったのか、そこが好きでずっといるような人のみが残り
本来の2ちゃんねるの姿に戻っていくと予想されます。

日々の全く代わり映えしない作業とちょっとした収入と、たまにくるコメントを糧に
SoundFieldが長年運営を続けてきた理由がここにあります。
残念な頭で頑張って書きました今後もよろしくお願いします。

いや、ヒカキンって神だ

次回、コピペブログがうみだしてしまったもの。インターネットの将来

これだけは知っておきたい「副業」の基本と常識

フォレスト出版
売り上げランキング: 55,600

カテゴリ
タグ
follow