レコーダー

去年より、Youtubeでのオーディオ動画の活性化により、「空気録音」がより活発に行われるようになりました。
この「空気録音」と言う言葉は、10年ほど前に出来た造語であり割と新しい概念です。

それでまでは、近い言葉として「生録」「生録音」がありましたが、これは、1960年頃からテープレコーダーの普及とともにSL機関車や花火、海部など、音を録って楽しむ文化でした。[要出典]

それが10年ほど前に、家庭用ビデオ環境と動画サイトの普及から、オーディオシステムをビデオカメラで撮ったオーディオ動画が出現しました。Youtubeなどで海外のオーディオマニアのお宅や新しいスピーカーのインストール風景など、音を紹介していると言うよりも、まだVlogのようなものでした。
しかしそのような動画でも、オーディオシステムからでている音色がうっすらと確認できることが一部のオーディオマニアの間では分かっていたようです。[要出典]

そのような流れから、ニコニコ動画やYoutubeを中心に、自宅のオーディオシステムを手軽なリニアPCMレコーダーなどで撮り動画や画像を添えた「空気録音動画」が出現しました。
それまでのオーディオ動画との決定的な違いは、名前にあるとおり「空気」です。オーディオ動画はそれ以前からある程度ありましたが、アナログプレイヤー、テーププレヤー。DACなどのオーディオ出力から直接電気信号をそのままケーブルで繋ぎアナログ録音するようなものでした。
空気録音では、スピーカーから出てくる音を、空気を媒介として録音する新しい録音手法です。

オーディオから出てくる音を録音してネットにアップしてさらに音質を吟味する。これには多くのオーディオマニアが大変強い反発や違和感を感じ取っていたと思います。 普通に考えたら、録音された音を再生したものをさらに録音して再生して聴くという録音再生環境が二重になっており、大変に意味不明でした。 これは、4Kテレビの画質をビデオカメラでとってYoutubeでみて評価するというような感じです。まだ一部ではこの感覚は根強く反発は未だに感じ取れます。

加えて、録音録画してネットに上げると言う行為自体がまだマイナーであり、ネットでオーディオの音を聴いて貰うなんて引きこもりくらいしか考えないような発想でした。それがここ数年のネットの普及と、このコロナ禍の世界の異変により、様子が一変したように思います。

結果として空気録音は、オーディオマニアの間で広く認知され利用されています。なんとも滑稽に思える空気録音がこんなにもメジャーになってきた最大の理由は、オーディオの魅力をネットを通して伝える手段としてもっとも優れていたからです。
よく言えば優れた伝達手段ですが、言い換えてしまうと、これ以上にうまく伝える手段が現状ないとも言えます。

それでも、オーディオ趣味の発現から広く利用されている、スペック数値やグラフでの客観的データや人間の聴感を通したことばでの評論よりも、よりキャッチーであり直感的な分かりやすさがありました。


※この記事はここまでで1270字です。全テキストの25%です。

TASCAM タスカム - USB オーディオインターフェース搭載 ステレオ リニアPCMレコーダー DR-07X

それまでの、RCAケーブルなどでアンプから直接オーディオ機器の音を録音しているオーディオ動画とは違い、部屋の音を含めてスピーカーの音を録音しているので、見方によってはより自然にオーディオが鳴っている音が聴けます。
また、マイクを通しているかなのか、普段聴いてるオーディオシステムを録音して聴いてみるだけでも、今まで感じ取れなかったような音を感じ取ることが出来ます。音楽を数曲録音してみると、新しい音楽の魅力だったりにも気づいたりします。
手元のスマホで動画を撮ってヘッドホンで一度聴いてみてください”何とも言えない違和感”を感じるはずです。

端的に言って、空気録音は音が劣化した音の悪い音声データーですが、天然のアコースティックイコライザーで音処理をした音楽ファイルと言い換えることも出来るでしょう。



空気録音には欠点が沢山あります。
まず、音が正しく表現ことはまずありません。完全でない録音媒体+録音環境と再生媒体+環境を2重に重ねることになるので現実の音とは大きく異なります。

録る側から見れば、何のマイクを使うのか、録音時のマイク感度やスピーカーの音量設定、さらには、マイクの角度、高さ、距離などマイクのセッティングにより音が大きく変わってしまいます。これまでの経験上位置を低くすると低域が増え高くすると低域が減りスッキリした音になります。加えて録った後の音処理もまた問題になってきます。
しかしこれは現実でのクラシックでもスタジオ録音でも、録音技師が日常的に研究し行っていることと思います。

聞く側から見ても、まずヘッドホンで聴くのかスピーカーで聴くのか。ヘッドホンにしてもスピーカーで聴くにしても多種多様です。
そう、聴く側に統一規格のような、”モニター環境”がありません。もしかしたらスマホのスピーカーで聴かれているかもしれません。

ただでさえ、録音条件によって大きく音質が左右されてしまうですが、再生環境にも大きく左右されてしまうのです。

しかしこれは、日常的にオーディオで音楽を聴く事を考えたら同じ事が起きていると思います。言ってしまえば、ここにあるのは圧倒的なアナログライクな「”趣味性”」だと感じます。

オーディオマニアの多くが空気録音を楽しむようになったのはこの音を操るような録音再生の面白さがあるからだと思われます。
録音を再生してさらに録音して再生するという、一見すると滑稽に感じるこの行為が思いの外、面白いのです。 極端な話、オーディオマニアが音をよくすること、音色が変わることに喜びを感じてオーディオをやっているように、多種多様な音を奏でる空気録音は新しい一つのオーディオ文化として花開きました。


空気録音は二重の録音にて元の音が劣化していますが、本質はいつも聴いているアコースティック音楽の録音再生となんの変わりもないと私は思っています。 もしオーディオシステムが演奏だといえるのなら、空気録音はヴァイオリンが奏でている音をレコーダーで録音しているに過ぎないのです。

オーディオ業界には、「音は人なり」という有名な言葉があります。
この言葉を借りるなら、「空気録音もまた人なり」です。パラメーター配分が多数に渡る空気録音は、録る人の人間性そのものだと言っても過言ではないと思います。



空気録音の醍醐味として、「鳴らす音楽」が上げられると思います。
本音で言うとここが一番重要なのではないかと思うほどに、空気録音に使う楽曲で試聴の印象は大きく異なると感じます。
YoutubeをはじめとするSNSでは、初期頃から空気録音で使われる音楽に強い魅力を感じました。前述したとおりアコースティックで冗長な響きが加わる空気録音ではいつものように聴く音楽とは違う魅力が感じられます。普段気に留めていなかったようなジャンルのアーティストや音楽に琴線が触れる事がしばしばありました。

動画サイトを越えて、Twitterが盛んになってくると今度は、スマホでお手軽空気録音が流行ってきます。
自宅のシステムから、試聴会などで手軽に音を録って場の雰囲気を伝えたり、実際になっている音楽を音として伝えることが出来ます。これには多くのオーディオマニアが熱狂しているように思います。

しかしその中で、絶対に超えなければならない壁が現れます。
「音楽著作権」です。
空気録音の多くは有名レーベルの音楽をスピーカーで鳴らしたものをそのまま録ってネットへ掲載するために完全に著作権違反にあたります。[要出典] 海外のYoutubeやニコニコ動画と言った大手動画サイトでは、フェアユースやレーベルによってJASRACと許諾契約などで、問題なく使える事がありますが、現状では多くが著作権違反です。

Youtubeを初めとする動画共有サイトの隆盛以前から、音楽著作権はずっとグレーゾーン扱いであり非常に難しくややこしい問題です。近年、ネット上での著作権の法整備が活発ではありますが、混迷を極めています。 これは空気録音だけでなく、個人でネットパフォーマンスを行う多くの人が悩んでいる問題でもあります。中でもYoutubeでの踊ってみたやオタ芸ジャンルでは、原曲が使えず渋々歌ってみたやボカロでの代用などの工夫がされています。

しかしオーディオの空気録音では、音楽が非常に重要視されており、原曲でなければならない理由があると思います。
オーディオシステムは音ではなく音楽も同時に聴いているのです。


あるとき、Youtubeを始める際に、これまで著作権を侵害してしまう音楽から著作権フリーで利用できる楽曲による空気録音を始めました。しかしこれが思いの外、つまらないのです。ここで私はある種のパニックに陥りそうになりました。
音を聴いているはずの空気録音は、適当なフリー音源では全く面白みがないのです。これは真理をつけば空気録音そのものの全否定です。おもしろいと思っていた空気録音の実態は、自分の好みの音楽を音を悪くして聴いているに過ぎなかったのでしょうか?それはつまり、空気録音での音質評価が出来ないという意味でもありました。

しかしこれは杞憂だったかもしれません。著作権フリーの楽曲は、空気録音ではなく、そのまま聴いても大して面白くないのです。これはオーディオマニアの嗜好によっても大きく変わるとは思いますが、音楽と音質という切り離せない要素は相乗作用によって面白さをもたらしてくれると思います。音楽に重きを置くのか、音質に重きを置くのかの違いであり、音楽に重心があれば一般の音楽ファンであり、音質によっていくにつれオーディオマニアとなるでしょう。
ゆえに、元々から音質も大したことないフリー音源を聴いたところで楽しくないのは当たり前でした。

話は少しずれますが、フリー音源の多くは著作権切れのクラシックやジャズなどの古い楽曲か、DTMなどで作られた打ち込み主体の音楽です。フリーなのでどうしても安っぽさは否めなく、低域が浅いことや録音環境が悪いことなどオーディオを評価する上で必要な要素が足りていないように思われます。
この話題を深掘りしていくとアニソンオーディについても、だんだんと否定してくる感じがするのでここではこのあたりで止めておきます。


そんな著作権に縛られている空気録音ですが、利用価値は十分にあると思います。
SNSの発展により新しい出会いが増えましたが、それは空気録音も同じで新しい楽曲やオーディオ機材の発見。使いこなしや聴き方の再発見など、新たな人との出会いすらももたらしてくれるでしょう。
著作権が厳しい楽曲についてはネットに上げなくとも、個人の範疇で楽しむことも出来ます。
一部周波数が強調されて聞こえる空気録音ですが、部屋の残響感だったりオーディオセッティングの客観的な評価や記録には十分な優位性があります。

さらに、著作権フリーの安っぽさのある音源を使っても、同じ録音環境でのスピーカーの比較などでは違いの差は分かりやすくなります。もちろん完璧な比較は出来ませんが、実際に聴くよりも分かりやすくなることもあり利用価値は十分にあります。

以前からある生録と同じように、空気録音という行為自体を楽しむ事もまた非常に面白いです。
どのように録ったら空気録音上でよりよく聞こえるのかはどこまで追究できるでしょう。



空気録音にはまだ可能性が十分にあると思います。
現在、StereoSoundやオーディオショップなど企業が空気録音を活用するようになり、自社の音源だったり、アーティストに直接使用許諾を得た楽曲を空気録音として使用する場面が急速に増えてきました。 また録音環境に関しても、専門的な知見が入り成熟してきたと感じます。

これからさらに空気録音が活発に行われることでさらなる発展が望めます。

一部では、空気録音によって詐欺のような悪用が為されているとか、著作権侵害のイメージが強いなど負の要素もいまだに深いようではありますが、それはまさしく全く新しい文化が出現した過渡期である故の副作用であると思います。

現代のネット時代にふさわしい、オーディオの楽しみ方が一つ増えたと思いますし、なにより十人十色の空気録音を感じ取ることはオーディオ趣味同様にさまざまな出会いや面白さをはらんでいると思います。

空気録音についてはまだまだ語りたいことが沢山ありますが今日のところはこのあたりでおしまいにします。
最後までお読みいただきありがとうございました。

※この記事はここまでで5070字でした。2時間半で書かれました。

ソニー リニアPCMレコーダー 32GB ハイレゾ対応 PCM-D100



◇コロナ
GoogleのAI「大晦日の東京の感染者数?…う~ん…800ちょいやな」 : 暇人\(^o^)/速報 - ライブドアブログ
老人ホームにサンタが訪問→入居者26人がコロナに感染、死亡 : 暇人\(^o^)/速報 - ライブドアブログ
初詣に来た日本人「コロナが早く治りますように!」 ゾロゾロゾロゾロゾロ:キニ速
VIPPERな俺 : 【速報】東京、ついに緊急事態宣言へ
【速報】東京都、政府に緊急事態宣言発出を要請へ : 暇人\(^o^)/速報 - ライブドアブログ
【速報】無観客開催になった紅白歌合戦の視聴率wwwwwwwwwww : 暇人\(^o^)/速報 - ライブドアブログ

◇社会
ヤマダ電機←こいつで買ってるやついるんか? : 暇人\(^o^)/速報 - ライブドアブログ
クレジットカードの裏面にサインしてる奴wwww:キニ速
今年の「大晦日」感のなさは異常 : 暇人\(^o^)/速報 - ライブドアブログ


◇話題
インドの予言者、ヤバ過ぎるwwwww:キニ速
カオスちゃんねる : ひろゆき「東大生の多くは親が賢くて金持ちだったから合格した。学歴は公平な指標ではない」
VIPPERな俺 : 平成生まれがもうすぐ32歳になるという事実

◇ネット
【悲報】Amazon、本の詳細検索ができなくなる 何でこいつらどんどん不便にするんだ? : 暇人\(^o^)/速報 - ライブドアブログ
もみあげチャ~シュ~ : 【悲報】宮迫博之さん、家族や芸人仲間ではなくYouTuberと大晦日を過ごしてしまう - ライブドアブログ
【朗報】黒人さん サングラスに動画を写してyoutubeに違法アップロードしてしまう : 暇人\(^o^)/速報 - ライブドアブログ
なんJ民「M-1つまらん、笑ってはいけないつまらん」:キニ速

◇ヘルス
カオスちゃんねる : 医学界「寿命を伸ばす最強の手法は結局『カロリー制限』です」←コレ流石に残酷すぎるやろ………………

◇カルチャー
LiSA「どの番組でも鬼滅の歌ばっかり…たまにはSAOとか劣等生歌いたいなあ…」:キニ速
もみあげチャ~シュ~ : 【悲報】梶浦由記さん、レコード大賞取ったのに超他人事 - ライブドアブログ
もみあげチャ~シュ~ : 「香水」の瑛人さんの元カノ画像wwwwwwwww - ライブドアブログ
ジジイになっても一生ハマる自信のない趣味 : 暇人\(^o^)/速報 - ライブドアブログ

広告



広告




<Sound Field最新記事はこちらから(`・ω・´)>