ソーシャルディスタンス

今年の年末年始はどこもかしこも自粛で正月気分が全くなかった、そんな気分の人が多いようですが、時間が過ぎるのははやいもので1月も半分が終了しました。 静かなお正月が終わりお供えの鏡餅も片付け、いつもの生活に戻りきった今日この頃ですが、テレビを見ているとなんだか強い違和感に襲われます。 例年であれば華やかな年末年始を無事終えてホッと一息、冬の生活を楽しんでいる所ではありますが、今年は重苦しい空気に押しつぶされそうな息苦しい日々が続いているようです。一体この息苦しさの原因はなんなのかふと考えていました。

日本では、あのクルーズ船でのコロナが始まってもうすぐ1年が経とうとしています。2度目の緊急事態宣言が発令され、世界では約3000万人ほどの人が1回目のワクチン接種を終えたと言います。それでも感染の勢いは世界の各地で猛威を振るい、連日発表される感染者数の報道にもウンザリしてきた頃でしょう。テレビをつけてもYoutubeを見てもコロナのニュースが引っ切りなしに入ってきます。

しかし今年は、それだけでありません。あの激甚災害、東日本大震災からちょうど10年の年となりました。
例年、1月の終わり頃から少しずつ震災の報道や特集が増えていくわけですが、今年はコロナも重なってその陰鬱さが二重にも三十にも感じられます。
ちょうど1月17日は阪神淡路大震災の日でもありました。NHKでは、特別特集を組んでいました。
「巨大地震と“未治療死” 〜阪神・淡路から26年 災害医療はいま〜」

ふと、日常的に触れるテレビを初めとするニュースのあまりの陰惨さにはっと足がすくむような思いをするのでした。

※ここまでで700字です。この記事は全体で3千字あります。※

セルフケアの道具箱

私だけなのでしょうか?この頃またSNSをはじめとするネット界隈がかなり強くざわめきだしたように感じます。
コロナから1年が経ち、代わり映えしない毎日にストレスを募らせている人も多いことでしょう。ニュースを見ても毎日毎日終わりが見えない同じ話題、そしてそこへ付け足される震災の話題。
実際に経済的に苦しくなってきた人、自粛が本気で疲れてきた人、コロナに罹ってしまった人、この状況が理解できない人と様々なではあると思いますが、社会全体で今までにないくらいの非常に強いストレスが感じられます。

この状況はもはや”巨大災害”といっても過言ではないのではないでしょうか?

京アニの放火テロや大阪地震熊本地震などで、このブログでは、エア被災や無意味な気分の落ち込みに気をつけてくださいというような記事を数本出しました。いずれの記事にも、共感のコメントよりも、「そんなことあり得るのか?」「私実際に被災したけどメンタルおかしくなるなんてことはなかったよ?」「それおかしくね?」というような批判が多かったように思います。
前回のHSPの記事でも触れました通り、人には色々な特性や強弱があります。100m走をしたらみんなが同じタイムで同じ疲労度になることはあり得ません。同じ部屋でエアコンが効き過ぎて寒いという人熱くてあせだらだらな人、悪くなった食べ物を食べても何にも感じない人下痢になる人さまざまです。どちらが良い悪いというようなシンプルな問題ではありません。

PTSD、発達障害、HSPなど、現代社会では弱い立場に立たされている人達では、今のこの状況は、かなりの試練になっていると感じます。そうでなくても、なんだかよく分からないけどイライラする人や落ち込む人やる気の出ない人、もはや自分にストレスが溜まっていることに気づかずさらにストレスを溜める人など、作用は少ないにしても多少のストレスは受けているように思います。
中でも、強いストレス下にいることに気づかずに、知らないうちに人へきつくあたったり、暴言を吐いたり、いつもより運転が荒っぽくなったりとより不安定になってしまう人が一定数いると思います。

たかだか、ネットのニューステレビのニュースが暗い程度の話ですが、思いの外ストレスは強いように思います。
アルコールの量が増えたとか、買い物衝動が抑えられないとか、食べ過ぎるとか、よく眠れないとかストレスが高まると出てくる反応は人によって様々ですが、何らかの不利益は被っていると感じます。
テレビも各メディアも見て貰うことがまず第一目標ですから、より多くの人の目を引くようにより鮮烈に強烈に情報を伝え、「ストレス強い人は見ないで!」とか「見なくて良いよ!」なんてことは声を大にして言えるわけがありません。このあたりは国営放送であるNHKがちゃんとやってほしいところではありますが。



震災から10年の節目の年、特にPTSDの人の中ではかなり強いアニバーサリー反応がでるのではないかと危惧しています。
このコロナ禍で好きな人に会えなくなったり、自分の好きな場所へ行けなくなったりと不自由が増えた今年、過度な東日本大震災の追悼番組だったり企画はやらないで欲しいとも思います。コロナと被災地のニュースは大々的に報じられますが、このような本当に”心に寄り添った話”はあまり聴きません。
10年という節目で気持ちを切り替えることは非常に大事で意味のあることではありますが、この状況下ではそれを受け入れるだけの余力がある人がそれだけいるでしょうか? いつも通りの生活の中にそれぞれの追悼をすれば良いと思います。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)」という言葉が、最初に世間へ出てきたのは、阪神淡路大震災です。それから、米軍のえひめ丸事故、9.11同時多発テロ事件などを経由して、東日本大震災をきっかけにようやく本格的に世間へ知り渡ったように思います。
それでも、このような大震災や事件事故などで、メディアを中心として”人の心”への配慮は未だに不十分だと思います。
人は感情なくしては生きていくことは出来ないのです。時として人は感情をスルーして大事なものを忘れたまま過ごしてしまう事が多いです、それは他者ではなく自分自身への心への関心すらも低いのです。

これだけ技術や文明が発達した今、ただの災害復興や事件の報道ではなく、さらに精細で親身なメンタルサポートを期待してもいいのではないでしょうか?今後も恐らく悲惨な事件や事故、大災害は起きてしまうと思います。これこそ阪神淡路大震災や東日本大震災の教訓をいかして、さらなる高次元での”人”へのケアや個々への幸福を求める時に来ていると思います。
そうはいっても、3.11では阪神淡路大震災や中越沖地震の教訓が沢山いかされていていることは言うまでもありません。

個人的な話ですが、雪が溶けて春が来た頃にはなにか大きな事件が起きるような気がしてなりません。
いつもいっていますが、気温が高くなってきた頃にスイッチ入ってしまう人が一定数いるのです。
とはいってもいつもの取り越し苦労になると思いますが。
また、今期のアニメ作品は、「Re:ゼロから始める異世界生活」「ひぐらしのなく頃に 業」「約束のネバーランド」「進撃の巨人」「無職転生」「ワンダーエッグ・プライオリティ」「裏世界ピクニック」ちょっとキツイの多いかなと感じます。景気と音楽が同調するように創作作品にもまたなにか関係しているのかなとうっすら思うのでした。


まとめると
・コロナ禍でみんな例年よりずっとストレス溜まっている
・東日本大震災10周年+コロナ報道でテレビニュースやメディアの特集がエグイので見ないこと推奨
・自分や他者への”心”へ目を向け落ち着こう
です。


配慮や思いやりの社会になってくれることを願います。

「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる  「繊細さん」の本


(´・ω・`)オリンピック決まってから福島第一原発の報道がめっきり減った気がするけど、どうなってるの?
広告



広告




<Sound Field最新記事はこちらから(`・ω・´)>
カテゴリ