雑誌

冬の気圧配置が緩み、春を感じる今日ですが、今年もまた冬があっという間に終わって嵐の春がすぐに来るのかなと感じます。
さて、ブログを書いてもう15年くらいになりますが、オーディオ趣味とブログは割と相性が良いように思います。しかしながら、そんなブログもしばらく前からオーディオ業界の以上の縮小に転じています。

オーディオレビューの変遷
社会の中心は言わずもネットであり、ネットの世界はSNSやTwitterといった場がメインストリートになっている今日この頃。紙媒体の雑誌の販売数は年々減少していき、一時期ブームになっていたブログサイトですら趣味でも仕事でも表立って取り扱われることは少なくなりました。

そんな現状ですが、オーディオ趣味の皆様は、新しくオーディオ製品を買うとき何を頼りにしますか?
オーディオ趣味を本格的に始める前のことをふと思い出すと、価格.comの口コミやAmazonレビューを熱心に漁っていたことを思い出します。ヨドバシカメラで適当に試聴したり、ヘッドホンブックやスピーカーブックなどを買って読んでいました。併せて、2ちゃんねるのメーカースレを見たり、質問スレで聴いてみたりとネット上だけでも意外に多くの切り口があったと思います。

2010年頃の私のオーディオまだポータブル寄りのヘッドホン主体で、2ちゃんねるに人が多く集まっていた頃、新製品の話題や趣味の話は専門のスレでほぼ完結していたように思います。
それが、自分がが買うオーディオ機材の高額化とネット社会の変貌を境に、価格.comにはもう該当製品の口コミどころかページすらもない。2ちゃんねるでは、過疎と煽り合いで欲しい情報がない。雑誌に関してはどこもバックにスポンサーの存在があり、文章の真意を読み解くのが非常に難しいと感じていました。プロが書くレビューは精度こそ素人よりも高いものの、どうしてもメーカーへ忖度した、メーカーカタログの付録のようなレビューになっていて、読者が欲しい情報がうまくカモフラージュされたようなレビューになりがちです。

近年では、コロナによって大規模なイベントが相次いで中止され、話題の製品や新製品だったりの情報を得る機会がばっさり減ってしまったように思います。


寄り添うツイッター わたしがキングジムで10年運営してわかった「つながる作法」
使える媒体って結局なんだ?
近年では、オワコン化してしまった2ちゃんねるの代打として、オタク層をメインにTwitterが繁栄していますが、Twitterは拡散力さえあれど、オーディオのレビューを後から追うには大変に使いづらいです。
まず、140字制限では深く掘り下げたレビューは書くにも伝えるにも不都合です。またTwitterでは最新のツイートが優先されるために過去このツイートを掘り起こすのは非常に手間がかかります。なので、基本的にTwitter上では、マニア同士の毎日の軽い挨拶や、新しい機器を買ったという報告くらいしか出来ていないと感じます。
○○のメーカーのスピーカーのレビューが欲しいと思ってもTwitterでは、ツイートの情報量が少ないために検索そのものがほぼ機能していません。自分で書いたインプレッションですら、1年後3年後に見るのはかなり面倒です。
Twitterが流行りだしてから、オタク同士のコミュニティはより限定的になり、情報の多くは仲間内やリアルタムでのみの共有となり、閉じていったと言えましょう。文字や映像はネット上に拡散しているもののそれを拾える人は限定されているのです。

そんなわけで、ブログという媒体が、オーディオレビューを”残す・広める”上で非常に都合が良いと感じます。
今では、Youtubeなどの動画媒体も手段の一つとしてありますが、空気録音を除いては、テキストでのレビューの方が、作り手からも読み手からも効率が良いように思います。

一つのブログとして運営を続けていれば、オーディオ業界の場合は検索エンジンで拾い上げるのはとても容易ですし、蓄積した記事からその人の癖もわかりやすいです。オーディオ機器のレビューでは趣向であったり、環境といった個人の癖を前提を読み取ることが非常に重要だと思います。 過去の視聴歴や機材の変遷など年単位での、その人の経験値だったり好みの傾向や表現の癖を読み解くのです。ブログでは、ページだけでなく、集合体としての情報価値は非常に高いように思います。そして、人とのより親密で正確なコミュニケーションに繋がるはずです。



しかしこれまで書いてきた”自分のブログのレビュー”を読み返してみると…。
ブログでのレビューって本当に役に立つのか?
上記にある通り、テキスト主体の媒体としては、ブログがおそらく最も使い勝手が良いように思います。
しかし、実際問題、そのレビューはどのくらい役に立つものなのかとふと考えたときに、あまり役になっていないなと感じました。

原因として、4つ上げられると思います。

1.試聴や購入直後のインプレションで正しく理解できていない
2.知識不足
3.客観的データの不足やポエム表現の伝わりにくさ
4.結局、自分へ誰かへ忖度している



1.試聴や購入直後のインプレッションでは正しく把握できていない
自宅視聴やオーディオイベントでの試聴は特に顕著ですが、非常に短い期間での試聴は、オーディオを理解するには短すぎます。なにより、沢山の複合的要素を含むオーディオでは、そのオーディオ機器だけのレビューをピンポイントで行うのが難しいです。 実際に買ったオーディオ機器に関しても、結局1週間から1ヶ月使ってみても全貌が掴んで表現するなんてことは難しいです。

2.知識不足
私のような素人が書くブログではどうしても知識が不足がちです。その知識は、そのオーディオ機器についてのスペックや工学的な要素から、ブログとしての文章構成なども含まれます。 メーカーやプロが書くレビュー以上の知識が入ることはほぼありません。

3.客観的データの不足やポエムの伝わりにくさ
ブロガーの中でも手前での計測データを載せたりしている方はいますが、データそのものの信頼性の問題もあります。そもそも、うちでは客観的なデータが完全に不足しています。その上で、レビューがポエムに頼りきっりになってしまい、非常にわかりにくいです。

4.結局、自分へ忖度している
バックにスポンサーがいるプロのレビューではないですが、自宅視聴にしたって自分で買ったモノにしても高額であればあるほど、聴けた嬉しさだったりテンションが上がりすぎてるなどから楽しかった!面白かった!と褒めるだけのレビューになりがちです。
また、実費で好きなオーディオを買って楽しんでいるわけですから、ネガティブな感想というのがマスクされてしまい、そもそも客観的な評価は出にくいです。自分が楽しむためにオーディオを買って楽しかった良かったというのは至極自然なレビューではありますが端から見たら結局、信頼性が薄いですし実用性に薄いです。


ブログのレビューは広告を貼っている場合が多いですが基本は無償の提供です。個人の感想でしかないので、そこにレビューやデーター信憑性であったり責任はほぼ発生しません。ネガティブに捉えがちですが、お金のやり取りは、必ずしもプロの忖度した記事になるわけではありません。逆にお金のやり取りがあるからこそ、責任が生じて情報の質が上がります。有料noteは無料ブログより確率的に質が上がるなどの例がそうでしょう。
これはオーディオ分野に限らず、ネット上にあるあらゆる個人のコンテンツに言えます。


それでも、ブログを書く理由や意味ってなに?
ブログを理由それは、結局、日記とコミュニケーションだと思います。
オーディオを買ったりショップから機材を貸して貰ったりのその時の感情の記録であったり日常的なスナップショットに近いかも知れません。 それは、借りたショップへの感謝の気持ちであったり、製品を作ったメーカーへのリスペクトだったり、過去の自分を客観視するための未来への投資だったりするかもしれません。よくオフ会の記録やオーディオショウでの感想がブログに書かれますが、多くはより身内よりでコミュニケーションや記録的なものが多いように思います。

また、レビューだったりの記事には実用性がなくとも、エンターテインメントとして成り立っている事がおおいです。一部ではプロレスのような煽り合いをやっているかも知れませんが、それもまた現在のネットでのエンタメの一つです。
「あの記事嘘書かれているな」とか、「このブログ気に入らないな、俺こそが真実、もっとまともなレビュー書け!」とか思ったそこのあなた!その思いを原動力にブログを書いても良いのです。そうやってネットのコンテンツは成り立ちエンターテインメントとしての役割を果たすこともあります。


それでも、ブログを立ち上げて、試聴して写真を撮ってちまちま文章を書いて…とブログの記事作成は非常に面倒です。
私みたいにとりあえずキーボード叩いて適当な文章を作ることに幸せを感じる異人種もいますが多くの人にとって、ブログでコンテンツを作って他人へ広く見て貰う…なんてことに抵抗があると思います。 なにより書いたところで、大して見られませんし称賛もありません。共感すらもあまりないです。

なので結局、Twitterで「着弾!」と宣言してそのあとに軽くインプレッションを続けるくらいでちょうど良いのかも知れません。
しかしそれだとコミュニティがどんどん閉じて縮小していってしまうのです。

他人のレビューで本当に役立った例
・オーナーしか分からないオーディオ機器の欠点であったり特異な分部
AVALONのお漏らし、Dan D'Agostinoの初期モデル、ConstellationAudioのボリューム、FMAcousticsの修理代、lumen whiteのセラミックコーン、WILSON AUDIOのウレタン劣化修理
代理店のサポート状況など。
ハズレ個体の識別方法だったり、並行輸入品や中古で買わない方がいい機材など失敗談はかなり助けられます。

・ネットショップでのトラブルの実例
ヤフオクの業者から実店舗のオーディオショップまであそこは気をつけた方が良いとか下取り価格が安すすぎるとかサポートが杜撰すぎるとか。


まとめ
プロアマ問わず、他人にあまり期待しない方が良いというのがこの記事の結論です。ほとんどのブログが善意かなんとなくかアフィリエイトで運営されています。
聴いている音楽も部屋も機材すらも同じにはならないオーディオ趣味では、やはりどうしたって信じられるのは自分だけす。
それでも、新しい発見であったり役立つレビューはありますし、導入記だったり雑誌にはないような個人的な小話は見ていて楽しいので、やる人が増えないかなと思います。

質の高いブログを書いてるよ、とか知っている方今したら是非メールフォームでもDMでもいいので教えてください。
こちらから多少のアクセスを送ることも可能です。

最近の人達は、Google検索よりもSNSやTwitterで検索をかける事が多いとは言われていますが、今からオーディオ始める人達はどこから情報を拾ってきているのかすこし疑問ではあります。
これから、オーディオを始めようと思ってネットで調べても、良い情報に辿り着かないのではないかなと思うのです。
このブログは調べようにもGoogle検索上ではほぼ出てこないのでご安心を!w

おわり。


他人の期待に応えない ありのままで生きるレッスン

広告



広告




<Sound Field最新記事はこちらから(`・ω・´)>
カテゴリ