新聞

この頃、クラブハウスという招待制の新しいSNSが話題ですが、こういう新しいものが出てきたときにすぐ適応出来る人が、今後のネットで勝てる人だと思います。しかしながらそういう情報への敏感さだったり適応能力の高い人って結局、そういう場所でなくても一定の成績が出せるいわゆるエリートであることは間違いないでしょう。そういう意味で、現実世界は有象無象の一般人以下の人間にとても厳しいと感じます。

そんな社会でも、少しの労力と知識でまあまあ良いところまで行けたのが2ちゃんねるまとめブログでした。以前も説明したとおり、初期~中期のまとめブログは本当に適当にコピペしているだけでほぼすべてのブログが一定の水準まで行けたと思います。
それが、近年ネット社会の変化と競争率の過激化により集客も仕事としての面白さもさっぱり無くなってしまいました。

詳しくはこちら→【令和最新版】まとめブログの育て方、昔のコピペブログとは?

ネットの中心的存在になったYoutuber
2015年あたりからYoutubeを中心に広告がネットへ集中しはじめ、Youtuberという言葉が一般へ浸透し、一部では莫大な資産を築くまでの一大産業へと変貌しました。この頃から、Youtuberはもう新規参入は無理だとかトップYoutuberも後数年で終わりとか…今でも相変わらず言われ続けてますが、結局世界の人達にYoutubeという動画サイトを見る習慣ができ、主力ネットコンテンツとして今後も健在でしょう。
規約が厳しくなってオワコン化するとか、広告収益が下がっていくとか、職業としてのYoutubeに懸念されることは考えていたらキリがありませんが、取りあえずは、今もっとも注目がつまっていて実際にクリエイターも視聴者も多種多様な人が集まっている人気プラットフォームには変わりありません。

しかしながら、まとめブログをやるような人種にYoutubeは非常にハードルが高すぎます。理由は3つです。
1.圧倒的で且つ持続性のある作業量
2.カリスマ性や独自性のセンス
3.マネジメント

一度に説明すると、動画コンテンツでありSNSであるYoutubeで成功できる人はそうそう多くありません。故に莫大な利益が上げられるのですが。 競争が激しさを増し、より伝わる話し方やより見やすい編集と撮影、アイディアの独創性など非常に高いレベルが求められ続けます。加えてSNSであるがために、とにかく炎上が起きやすいですので個々の社会的な能力が要求されます。ぶっちゃけいってしまうとそこまで出来てしまう人は、普通に起業してもある程度の成功を収めそうであります。
もちろん趣味でYoutube動画投稿をしたいとなれば、カメラはスマホで編集も簡素で、参入ハードルは非常に低いです。

そうして、より質が高く、濃いコンテンツがYoutubeに集まるわけです。
全盛期のまとめブログ管理人のトップ層と、現在の日本Youtuberのトップ層を比較してみるとそのバイタリティであったり実際の年収であったりは10倍~100倍程度違うのではないかと感じます。まとめブログもある意味で金の鉱脈でしたが、Youtubeはそのスケールが何倍も違うのです。


それだけ大きなプラットフォーム、マーケットなので、ニッチ産業いわゆる「コバンザメ」「二匹目のどじょう」「三番煎じ」が狙い目だと思います。一つの巨大産業には都市部のようなより複雑でマイナーな産業が広く浅く栄えます。

大きすぎるが故に2番煎じ3番煎じとコンテンツを形骸化させても金額的には十分な収益が見込めます。これは初期の日本Youtuberが、海外のトップYoutuberからネタを拝借してきていたことを見れば分かると思います。現在では、少し前のアルミホイルを叩いてみたのようなプラットフォーム全体に影響を与えるようなネタ被りは発生しなくなりましたが、逆に、バラエティ系Youtuberを中心に人気テレビ番組のネタをそのまま拝借して自身のコンテンツとしているところは多々見受けられます。ゲーム実況動画でも人気ゲームが出現したらほとんどの実況者が後を追い揃いもそろって同じゲームをして同じようなことを言っているのです。
Youtuberがテレビ局の人気番組の真似をして、タレントや芸人が大食い企画だったり高級品買って開封してみたとかのYoutuberみたいなことをしている奇妙な状況です。こうして文章にしてみるとYoutubeってかなりつまらないように感じますね。

独創性とセンスが要求されると言いつつも、結局はパクリパクられ、オマージュの世界です。

思考法図鑑 ひらめきを生む問題解決・アイデア発想のアプローチ60


そんな、Youtubeのコンテンツですが、ここのところ画期的な収益方法が開発されました。

「切り抜き動画集」です。

もうすでに、Youtubeのおすすめなどで何となく利用している人、ちらっと見たことある人は多いのではないでしょうか?

あまりにも多くの配信者と動画があるYoutubeですが、そのコンテンツの飽和を逆手にとったのが切り抜き動画です。1時間以上の生放送を頻繁にやるクリエイターや過去に1千本以上の動画を上げているYoutuberの動画の面白いところだけを数分切り取って自身のコンテンツとしてあげるのです。
忙しい現代人の生活の中で、数時間にわたる生放送をだらだら見続けられる人はそうそう多くありません。この頃では2時間映画でもスマホで暇つぶししていないと見られない、本ですらまず要約で中身を確認しないとみたくないなどという需要に応えたサービスが人気です。いわゆる「時短」サービスですが、Youtubeの中でも人気コンテンツとして、ドラマ、映画やビジネス書の概要を10分でまとめた動画などが人気です。しかしこれには動画を作る側としては、実際に読んで内容を整理したり編集してアテレコして…と結構な労力が必要です。

それに対して切り抜き動画とはどのようなものなのでしょうか?
まず自分でネタを拾う、編集する手間が少ないのが特徴です。人気実況者などを中心に、”コメント欄”の反応を見ながら面白発言や問題のシーンを切り抜くだけです。
またこの切り抜きは一見するとグレーゾーンや黒に見えますが、極めてホワイトです。なぜなら多くの切り抜き動画マンが、素材元のYoutuberに許可を取っているのです。無料とか、素材使用料に収益の50%をなどと契約しています。切り抜き動画を作ってうまく拡散して貰い、本編を見て貰うという、映画やゲームの予告編みたいな感じです。またこの切り抜き動画は、現代のTwitter主体のネット社会にとても相性が良いです。1.2分から数十秒の面白いMADや切り抜きは、1つのつぶやきが数秒で流されてしまうTwitterのつぶやきコンテンツとしてもメリットが多いです。
とにかく違法性、Youtubeの規約違反などがなく、転載される側する側両者にとってwin-winの関係なのです。

セイキンMADなど勝手に作って笑いのネタにしかならなかったYoutubeの切り抜き素材に価値が出てきたのです。


今後、有名実況者や大物Youtuberには専属の”切り抜き広告マン”がつくことが当たり前になると思います。切り抜き側からは、大物タレントのマネージャーのようなステータスシンボルになることでしょう。
Youtuberは自分の動画をより多くの人に安定して見て貰うために日々試行錯誤をしています。TwitterやYoutubeでバズるフラッシュ的な広告の需要が高まっていると思います。Twitterで話題にするにも、あまり長すぎるととにかく初手で見て貰えなくなります。 事実、このブログもこうして文字数を稼げば稼ぐほどに視聴者を置いてきぼりにしていってます。もし、この記事が面白いとか問題の発言があるとかでTwitterでも2ちゃんでもこの記事を紹介したり晒しても、文章が長すぎるとそこで多くの人が読むことすらしないのです。そこで、うまく140字以内で要約したり、面白い部分だけをピンポイントで抜き出すことで多くの人はそこだけは読んでくれる確率がかなり上がります。Twitterでwebページのスクショが良く拡散されるのはそういうことです。要約されたコンテンツのアクセスから本文やメインコンテンツへのエンゲージメントが上がっていくのです。


”広告塔”として役立つこと、”編集作業の簡易さ”、面白い所を”ピンポイントで切り抜いて拡散”するというこの作業はまさにまとめブログ管理人のスキルが活きるところです。さらに、まとめ的なスキル要素はもう一つ、”煽り”です。煽りときくと世間ではあまりよろしく見られていませんが、やはりYoutubeでもブログでもタイトルやサムネがぱっとしないとみて貰えません。
定番の、【悲報】や【衝撃】などはもちろん、その切り抜いた動画をどう面白く表現するかは、まさにセンスです。Youtubeでは一世代前のまとめブログのタイトル様式を採用していますが、ここだけは、恐らくまとめブログ管理人のほうが最先端です。

ただ、その一方で、切り抜き動画の競争自体が過激化してしまうとそれに比例してタイトルやサムネの煽りも今のまとめブログ以上の過激になり炎上してしまうようなケースが出てきそうです。内部で契約内容や内輪もめなども想像に容易いです。また動画の付加価値としてテロップや効果音を付け加えたり、ナレーションが加わったりと切り抜き動画もコンテンツとしての充実化と差別化が図られると思います。私も一時期ゲーム実況動画の実況動画を考えていたことがあります。海外でもリアクション動画として一つのジャンルがありますがそんな感じです。
そのあたりどうなるかは、契約元であるYoutuberの匙加減だと思いますが、現在あまり秩序が保たれているとは言えない感じなので、どんな展開になるのかかなり興味があります。


「切り抜き動画」は、一時期流行った、文字スクロール動画やランキング動画などとは違うホワイトで安定した、新しい寄生型コンテンツです。動画は日夜投稿され、新しい人材も途切れることなく増え続けています。この切り抜き市場はまとめブログくらいの市場にはなるのではないかと推測しています。

この動画の最も注目すべき点は、Youtubeの規約に潰されない事はもちろん、動画オーナーとのコミュニケーション能力と、切り抜き広告センスが要求されることです。
本当に誰でも出来た文字スクロール動画と違いかなりの差別化が可能でありつつ、ある程度の人間力が必要になります。落ち頃ぼれYoutuberや、編集マンの副業としても人気職になりそうです。

中堅~大手ゲーム実況者などから、求人依頼として切り抜き動画マンを募集するのが当たり前になる日はすぐそこでしょう。
しかしながらAIに仕事奪われる日もまた近そうです。現在のYoutubehレコメンド機能が非常に優秀ですが、そのレコメンド機能の進化形として、人気動画の視聴率が高い部分だけを見せてくるみたいな広告が出てくることが予想できます。

私はと言うと、まだ自分のチャンネルが芽吹くのをゆっくり待ってもし駄目だったら挑戦してみてもいいかなと思うくらいです。

いかがでしたか?(迫真)
切り抜き動画について、結構利用している!すぐオワコンになるぞ!やってみたい!寄生コンテンツはマジで辞めた方が良いぞ!などご意見をください。

ちょっと手を怪我してしまってタイピングミスが多発していますがご容赦ください。

おわり。

センスがなくても大丈夫! まねるだけで伝わるデザイン
広告



広告




<Sound Field最新記事はこちらから(`・ω・´)>