Sound Field
Sound Field

カテゴリ:オーディオニュース

Xperia Ear Duo発表。耳を塞がずに音楽が楽しめる、完全ワイヤレスタイプのスマートヘッドセット

earduo_situation_s.jpg

1: 音無さん 2018/02/26(月) 17:54:45.52 ID:CAP_USER

ソニーがMWC 2018で発表したXperia新製品群の中で、隠れた注目モデルとも呼べそうなのが、『Xperia Ear Duo』(エクスペリア・イヤー・デュオ)です。

これは音声アシスタント機能とハンズフリー操作を重視した「スマートヘッドセット」と呼ばれるジャンルの、完全ワイヤレスタイプステレオヘッドセット。2016年11月に発売した『Xperia Ear』に連なるモデルです。原稿執筆時では、日本での発売予定や価格は未公開。

特徴は装着形状。初代Earはいわゆるヘットセットタイプの、耳にプラグを挿して装着するタイプでした。しかし本機はソニーが独自に開発した「音導管設計」により、耳を塞がずに周囲の音を聞きながら音楽や会話が楽しめるのが特徴。左右独立の完全ワイヤレスタイプなので、ケーブルも気にせず、気軽に使えます。
https://o.aolcdn.com/images/dims?crop=1200%2C828%2C0%2C226&quality=85&format=jpg&resize=1158%2C800&image_uri=http%3A%2F%2Fo.aolcdn.com%2Fhss%2Fstorage%2Fmidas%2F5302f234fd237bb82d53b095872df411%2F206159713%2Fearduo_gold_s.jpg&client=a1acac3e1b3290917d92&signature=f952957c9b0e07f3db0dfc924de04821ee327883

耳を塞がずに音楽や会話を楽しめる、という特徴から、ソニーは「本機で新しいリスニングスタイル「デュアルリスニング」を提案します」とアピール。モデル名のDuoもそこから来ているものと思われます。

なお本機は、ちょうど1年前のMWC(Mobile World Congress) 2017にて『Xperia Ear Open-style Concept』として、参考展示されていたモデル。1年を経ての製品化となります。

また本機の音導管設計とは、ソニーの技術・研究開発プログラム「Future Lab Program」で開発されたもの。今回の発表では詳細は語られていませんが、同種の技術はWiLとソニービデオ&サウンドプロダクツのジョイントベンチャーであるambieにより製品化されています。

ポイントとしては、同様の結果が得られる骨伝導技術ではない、という点が挙げられます。詳細は下記記事を参照ください。


動画:耳ふさがない「ながらリスニング」イヤホン ambie sound earcuffsインプレ。音楽定額時代の没入しない聴き方

音声アシスタントとの連動およびハンズフリー操作に関しては、初代Earと同様に、音声エージェントを介したコミュニケーションや、頭の角度変更(上下の首振りで「OK」、左右で「NG」など)で操作する「ヘッドジェスチャー」操作に対応。通話やメッセージの送受信といった比較的シンプルな操作であれば、ハンズフリーで行えます。

音声エージェント機能では、LINEやFacebook Messengerのメッセージを音声で読み上げ、そのまま音声で返信できる機能や、「空港までの道を案内して」「Wikipediaでこれを検索して読み上げて」と音声で指示すると対応してくれる、といった機能を備えます。

詳細は初代Earのレビュー記事を参照ください。

待望の「Xperia Ear」が発売。寿美菜子さんが耳元で囁いてくれるだけで幸せいっぱいになったレビュー

このようにXperia Ear Duoは、「屋外の音と音楽をミックスして楽しめる完全ワイヤレスイヤホン」としての機能に加え、音声アシスタントやヘッドジェスチャーによる操作も可能、という欲張りなモデル。初代EarはXperia以外のAndroid機でも使用可能でしたが、本機もXperiaユーザー以外から注目されそうなモデルです。
http://japanese.engadget.com/2018/02/26/xperia-ear-duo/
anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1519635285

【 ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X : ハイレゾ/Bluetooth対応 最大10時間連続再生 カナル型 マイク付き 】

» 記事の続きを読む

広告

Apple 今年中に高音質のハイエンドヘッドホンを発表するとの噂。全く新しいデザインのヘッドホンがお目見えか

ビーツ Apple ロゴ

1: 音無さん 2018/02/26(月)
Appleは現在、高音質のハイエンドヘッドホンの開発に取り組んでおり、自社ブランド製品として早ければ今年第4四半期の発売を計画しているとのことです。著名アナリストが予測しています。

オーバーザイヤー型ヘッドホンを開発中
Apple関連情報の正確さで知られるKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏による、新たな調査メモの内容が明らかになりました。

クオ氏によれば、Appleは自社ブランド(AppleなのかBeatsブランドなのかはわかりませんが)で、完全に新しいデザインのオーバーザイヤー型ヘッドホンを開発中で、早ければ2018年第4四半期(10―12月)に出荷開始する見通しです。

AirPodsとHomePodに続くAppleの次なる新製品はハイエンドのオーバーザイヤー型ヘッドホンで、これによって音響アクセサリーのラインナップがより完全なものになる。

すでにAppleのサプライヤーリストに名を連ねている、iPhone向けのデュアルレンズカメラモジュールやHomePod向け部品供給の台湾Primax Electronicsと、金属射出成形(MIM)部品供給の台湾SZSが、新ヘッドホンの製造で大きな役割を果たすと見られています。Primaxが組み立てを担当、SZSが独占的にMIM部品を供給する見込みです。

AirPods充電ケースの製造プロセスが変わる
またクオ氏は完全ワイヤレスイヤホンAirPodsについても、先日のBloombergの報道と同じく、機能アップデートされると予想しています。

次期AirPodsは現行モデルと見た目はそれほど変わらず、最大の違いはワイヤレス充電ケースと、性能向上したW1チップを搭載している点だとクオ氏は述べています。

同氏によれば、ワイヤレス充電時の温度変化に対応するためにヒンジの価格が60~80%上昇し、「外観の変化」のために、充電ケースの製造プロセスが変わるとのことです。

しかし「見た目はそれほど変わらない」と述べていることから、「外観の変化」というのは、以前画像が流出した、AirPodsの充電状態を示すステータスランプが本体外側に移動することを意味しているのかも知れません。

Bloombergは次期AirPodsについて、「Hey, Siri」の呼びかけでSiriが起動でき、W2ワイヤレスチップを搭載し、耐水性能が追加されると報じています。
2018年2月25日 23時34分
https://iphone-mania.jp/news-204020/
anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1519581400

【 Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 】

» 記事の続きを読む

広告

アマゾンのAIスピーカー、電子書籍の“朗読”も可能に。一体今度は何が捗るのか?

アシスタント 読み上げ

1: 音無さん 2018/02/23(金) 14:55:13.42 ID:CAP_USER9
アマゾンジャパンが発売したAI搭載のスピーカー端末「アマゾンエコー」
no title


 アマゾンジャパンは22日、人工知能(AI)スピーカー「アマゾンエコー」で電子書籍の読み上げができるようになったと発表した。呼びかけるだけで気軽に読書が楽しめるほか、視覚障害者の読書へのハードルを下げることが可能となる。アマゾンが販売する電子書籍「キンドル本」のうち文芸書やビジネス書などが対象で、絵本や漫画、アダルト商品などは除外される。

2018.2.22 22:34
産経ニュース
http://www.sankei.com/economy/news/180222/ecn1802220054-n1.html
ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1519365313

【 心とカラダを整える おとなのための1分音読 】

» 記事の続きを読む

広告

電動工具メーカーのマキタのBluetoothスピーカーがカッコイイ!これぞ漢のスピーカー

00_588x.jpg

1: 音無さん 2018/02/19(月) 09:51:57.18
マキタのBluetoothスピーカー「MR200」は音も仕様も構造も斜め上

 あのマキタがBluetoothスピーカーを売っている。型番は「MR200」。例に
よって電動工具用のリチウムイオンバッテリーを使う、青緑色の強そうな
やつだ。建設会社の会社員である私は、うちの現場でどうだろうと、編集部
経由でメーカーから広報機材を貸していただいた。この製品をオーディオ
専門店で見たことはないが、工具などを扱うモノタロウでなら普通に買える
(1万1772円)。そこがまず気に入った。

 ちなみに同社からはコーヒーメーカー(CM500DZ)、ラジオ(MR050、MR051、
MR052、MR102、MR103、MR106、MR107、MR108)、ロボット掃除機(RC200DZ)
など、家電系機器が数多くラインナップされている。いずれも電動工具
メーカーの製品という意外性から、ネット民の間では評判だ。
 もちろんメーカーとしては「あのマキタがまたwwwww」のようなウケを
狙っているわけではない。電動工具メーカーとしての現場感覚から「どこで
誰が何の目的で使うのか」を企画として明確に打ち出せるため、家電メーカー
のマーケティングから生まれた製品とは一線を画す。そこがおもしろい。
 そしてオフロード走行を目的とした四輪駆動車を街で使ってもいいように、
マキタの製品を一般の家電として使ってもいいはずだ。実際、この製品には
実用に即した作り込みがいくつも見られ、機能的なデザインには惚れ惚れする。
おまけに音もいい。現場やガレージだけでなく、インドアアウトドア夏冬問わず
使える携帯スピーカーの決定版だとさえ私は思っている。(略)
http://ascii.jp/elem/000/001/634/1634175/

【画像】

no title

no title

hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1519001517

【 マキタ リチウムイオンバッテリー BL1015 10.8V 1.5Ah A-59841 】

» 記事の続きを読む

広告

ギブソン、倒産する可能性。ONKYOとエソテリックはどうなってしまうのか…

Gibson ギター

1: 音無さん 2018/02/19(月) 19:55:59.32 ID:CAP_USER
有名ギター・メーカーのギブソンが倒産する可能性があると報じられている。

レス・ポールやSGといった有名ギターを製造しているギブソンはジミー・ペイジやスラッシュ、カルロス・サンタナなど、数々のギタリストに愛されているメーカーとなっている。ギブソンは100年以上前の1902年の創業となっている。

しかし、そのギブソンについて『ナッシュヴィル・ポスト』は次のように報じている。「年間10億ドル(約1060億円)以上の収入のある、ナッシュヴィル拠点のこの楽器メーカーが直面している状況は正常とはかけ離れています。CFOのビル・ローレンスは1年を経たずして会社を離れており、6ヶ月後には3億7500万ドル(約400億円)の担保付き上位債が支払期日を迎えます。それに加え、2013年に借りたこの債権が7月23日までに解消されない場合、さらに1億4500万ドル(約155億円)の銀行ローンも支払期日を迎えるのです」

報道を受けて、ギブソンのCEOであるヘンリー・ジャスキヴィッツは『ナッシュヴィル・ビジネス・ジャーナル』に自身の計画を次のように述べている。「株や不動産といった資産、期待するほどの成功を収めていない事業を我々はマネタイズしてきています。これらの資産のマネタイズによって我々は負債を減らし、活況な事業に充てるための資金を生み出すことができます。我々の事業にとって重要なのは財政的な成功に舞い戻ることです。我々の資金繰りにおいて最高の条件を達成しなければなりません」

ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュは昨年、ギブソンの初代グローバル・ブランド・アンバサダーに就任することが決定している。

スラッシュは今後エピフォンやギブソン、ギブソン・カスタムといったブランドで新シリーズを開発していくことになるという。
https://nme-jp.com/news/50466/
anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1519037759

【 あの会社はこうして潰れた 】

» 記事の続きを読む

広告

羽生結弦プーさんもらっても困る韓国のファンにくばる。羽生きゅんの心を掴むならナイスなイヤホンを投げろ!!

プーさんの憂鬱

1: 音無さん 2018/02/17(土) 07:43:05.86
平昌(ピョンチャン)冬季五輪の男子フィギュアスケートで、16日のショートプログラム(SP)で圧巻の演技を見せて首位に立った羽生結弦(はにゅう・ゆづる、ANA)が同日、
演技後に氷上に投げ入れられた「くまのプーさん」のぬいぐるみを地元韓国のファンにプレゼントすると語り、羽生のファンが多いスケート王国のロシアでも話題になっている。

http://www.sankei.com/west/news/180216/wst1802160093-n1.html
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1518820985

【 羽生結弦が生まれるまで 】

» 記事の続きを読む

広告

今はヒット曲一曲だけ買ってDLする時代だから捨て曲の多いCDなんて買わないよなぁ

量産

1: 音無さん 2018/02/12(月)
ほしい楽曲がある時にCDではなく、ネットで購入する人が増えている。そのため、「CDが売れない時代」と表現されることも多い。
そんな中、この「CDが売れない時代」についてのあるつぶやきが、「的を射ている」と話題になっている。
https://sirabee.com/2018/02/12/20161422942/
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1518438360

【 音楽の未来を作曲する 】

» 記事の続きを読む

広告

【朗報】伝説のプレイヤー「winamp」復活! え? いまさらだって? じゃあ何使えっていうのよ(´・ω・`)

DAP mp3Player

1: 音無さん 2018/02/10(土) 22:26:41.97

米国のジョーダン・エルドリッジ氏はブラウザー・エミュレーターを作ることで伝説的なメディアプレイヤーの「Winamp」の復活に成功した。
プレーヤーはエルドリッジ氏のサイトでアクセスが可能。音楽トレックを加える、プレイリストを作り、コントロールする、イコライザーを使って音作りをするなど、
オリジナルの「Winamp」のあらゆる可能性が自由自在にできる。
フリーウェアの「Winamp」のサポートサービスは2013年12月末をもって終了。「Winamp」のファンは数千万人に及んでいた。

https://jp.sputniknews.com/science/201802104563738/
no title

配布所
https://jordaneldredge.com/projects/winamp2-js/
hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1518269201

【 Lepy デジタルアンプ LP-2024A + Tripath TA2024 + 12V 5Aアダプター】

» 記事の続きを読む

広告

耳のうどんが焼きうどんに。AppleのワイヤレスイヤホンAirPodsが突然爆発した男性

爆発

1: 音無さん 2018/02/09(金)
フロリダ州に住む男性がAirPodsで音楽を聴いていると、突然装着中のAirPodsから煙が出てきて、すぐに耳から取り外したものの、煙の出ていたAirPodsが破裂したと報告しています。
Appleは調査中

この男性はAirPodsからの発煙に気づき、すぐに取り外してトレーニング機器の上にAirPodsを置き、係員を呼びに行きました。そして戻ってきた時には発煙していた右のAirPodsは破裂しており、本体は焦げていたと話しています。またこの男性はAppleにも事故を報告しており、これ以上の被害が広がらないように今回の事故のことを多くの人に知ってもらいたいとしています。

Appleはこの問題について男性と連絡を取り、調査しているとしています。男性は今回の発煙、破損の原因はバッテリーの異常だと推測しているようですが、現時点では原因は判明していません。幸いバッテリーから炎が出て、本体が破裂した時にはすでに耳から取り外されていました。しかしもし発煙に気づかなければ、さらなる被害が発生していた可能性もあり、Appleには今回の事故の原因究明と再発防止はしっかりやってもらう必要があります。
バッテリーは危険と隣り合わせ

AirPodsに限らず、iPhoneやAndroidスマートフォン、モバイルバッテリーなどの発煙、発火事故は後を絶ちません。Galaxyの発火事故は記憶に新しいのですが、これ以外にも発火事故は国内外を問わず非常に多くあります。事故原因は本体の問題、利用環境の問題、ソフトウェアの問題と多岐に渡りますが、信頼の置けるメーカーの製品を適正に利用することで事故はある程度防げます。

iPhoneのバッテリーを交換するときは正規のサービスプロバイダやApple Storeで交換することもバッテリーの故障や事故の防止に役立ちます。また故障や事故が起きた際のAppleによる補償も正規サービスプロバイダやApple Storeでのバッテリー交換にしか適応されません。iPhoneの修理やバッテリー交換も信頼の置ける業者をお勧めします。
https://iphone-mania.jp/news-202519/
anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1518153547

【 ヤマトプロテック エアゾール式簡易消火具 】

» 記事の続きを読む

広告

Amazon.co.jp

<オーディオ新着RSS>
Sound Field
カウンター
スポンサードリンク
Copyright © Sound Field All Rights Reserved.

テキストや画像等の転載転用販売禁止